人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(119)
(77)
(41)
(33)
(14)
(13)
(9)
(9)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
私も、替芯がらみでこちら..
by あむ at 16:47
お久しぶりです、あむです..
by あむ at 16:19
オオギリンピックふせん、..
by 日本海沿いのSです at 14:25
いいですね。ちょっとした..
by MIYAZAWA at 00:30
すみません、何故か3回も..
by さやえんどう at 00:07
こんばんは。 受験時代..
by さやえんどう at 00:04
猫町さんが無地の紙から作..
by alchemie0629_a20 at 16:35
イオンでコクヨのエラベル..
by alchemie0629_a20 at 19:49
初コメ失礼します。 猫..
by パペ at 02:40
安っぽいボールペンは備品..
by まこ at 07:46
猫町さんご無沙汰です。 ..
by cheery_box at 09:02
 猫町さん、こんにちは。..
by pitasumin at 18:47
「みてない」に思わず声に..
by まお at 23:31
本来なら値引きされた金額..
by alchemie0629_a20 at 11:25
お久しぶりです。 まだ..
by 松 at 13:38
 猫町さん、こんばんは。..
by piyas at 22:00
どうも、通りすがりのボー..
by S6061_K at 20:52
よく考えたらシグノRTの..
by パソ活 at 14:06
参考にしてくださりありが..
by パソ活 at 20:24
デルガードで頻繁にノック..
by ななし at 15:12
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:筆記具・鉛筆( 76 )

三菱・hahatoco (ハハトコ)シリーズ。

先ほどは三菱のhahatoco (ハハトコ)の鉛筆について書きましたが、三菱鉛筆のHPを見るとhahatocoには他の商品もあるのです。

そのすべてがかわいい…

当の学童たちはピンとこないかもしれませんが、男児用女児用の押しつけもあまり感じられず、また幼すぎず品も良くていい感じがするんですよね。

いや「かもしれない」じゃなくて実際キッズたちはピンときていないようです。
鉛筆を渡した時の反応を観察した限りでは…(猫町調べ)

でもそれはそれ。
自分などはこれはむしろ大人が使ったらいいんじゃないかと思うわけです。

だってかわいいだけじゃなく、中身は三菱の鉛筆ということで品質は折り紙付きなわけですよね。
それにこのシリーズにはパワフルネームや消しゴムまであるんですよ。

文房具好きなのに知らない人がいたらもったいないなあ。
学童文具のコーナーまでチェックしていない人は出会えていないんじゃないかしら。

大人になると鉛筆や消しゴムはあまり使わないし…と思うかもしれませんが、ダースの箱を見てご覧なさい。
まずは買って、それから使い道を考えようという気持ちになりますよ(誰?)。

でもシリーズの名前がちょっと…

これは初めて記事にした時から書いていますが、自分にはちょっとギョッとするような名前に思えてうーん…となりました。

「hahatoco (ハハトコ)=母と子」って…
自分以上にこういう表現に抵抗がある人たちの顔がばーっと浮かんでしまって、あちゃーとなりました。

それに「ko」を「co」にすればなんでもかわいくなる=許される、みたいな風潮もそろそろやめたいですよね。
なんかそういうネーミングが多すぎて…

でもまあそのあたりに目をつぶってでも使ってみたくなる素敵なシリーズではあります。
とりあえず売っているところを一度も見たことがないhahatocoバージョンのパワフルネームを得ることを人生の目標にしたいと思います。

by mukei_font | 2020-07-06 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

三菱・hahatoco (ハハトコ)を削る。

というわけで、最近新しく鉛筆を削りました。

三菱鉛筆のhahatoco(ハハトコ)シリーズの「宇宙&海」柄です。
三菱・hahatoco (ハハトコ)を削る。_f0220714_09422441.jpg
三菱・hahatoco (ハハトコ)を削る。_f0220714_09422798.jpg
もともとキッズにあげるごほうび鉛筆として購入しましたが、自分も使ってみたいという気持ちが日増しに強くなり、鉛筆期の到来を祝して使い始めることにしたのです。

~♪

普段はBが好きだしどちらかというとトンボ派なので三菱の2Bを使うのは久しぶり。
紙が湿気を多く含むこの時期、シャープ芯の濃さに不満があって鉛筆に乗り換えるのだから芯は濃い方がいいと2Bを選んで大正解。

うんうん。
欲しかったのはこの濃さよ。
書いた文字をこすってももわっとならないし最高。

それに久しぶりの鉛筆は軽さがとてもありがたかったです。
ぺんてるのP207はそれほどでもないのですが、コクヨの鉛筆シャープTypeMxはやはり重いんですよね。
置くとゴトッと音をたてる感じで。
その点鉛筆は転がしてもカラン、です。
あー自分は今まで結構気を遣って鉛筆シャープを使っていたんだなあと転がすたびに思います。

しかし鉛筆に感動する反面冷静になる部分もあり、やはりこれは湿気の多い季節ゆえだろうなと思うのです。
湿気の多い今がベストなものは季節が移り変わるにつれて居心地が悪くなるものです。

例えば今ちょうどいい濃さの鉛筆を濃すぎると感じる時期が来るのです。
逆に物足りない濃さだったシャープ芯の2Bがしっくり来る季節が、しかもひかえめな濃さのぺんてるのシュタイン2Bが抜群にはまる季節が必ずめぐってくるのです。

ここまで分かっているのであれば、鉛筆期や太芯シャープ期というのはもはや個人の好みの問題ではなく、季節に連動したあたりまえの選択ともいえそうです。

夏には扇風機を出し、冬にはこたつを出すように、夏には鉛筆を手に取り、冬には太芯シャープを手に取ればいいのではないでしょうか。

日本の夏、鉛筆とともに楽しく過ごします。


by mukei_font | 2020-07-05 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

ハイカラ兄弟。

ようやく6月の記事が書けそうです。

以前「ここ数ヶ月の世の中と文房具ライフ~猫町の場合~」という記事を書きましたが、いわゆる「ここ数ヶ月」で一番大きかったのは比較的頻繁にブログを書くことができたことだと思います。

が、少しずついつもの日常が戻り始めるとなかなかそうした時間もとれず、あっという間にリアルな日付と記事の日付の差が広がり始めるいつものパタン。
まあ忙しいくらいが平和なわけで、ぼちぼち頑張りたいと思います。

というわけで、今回は最近買った文房具について。
買ったのはこちらのハイカラ鉛筆ホルダー。
ハイカラ兄弟。_f0220714_19350453.jpg
え、以前も買ってなかった?
はい、買っていました。

「新しい生活様式」とやらを意識するといつもの仕事も少しやり方を変える必要があり、その結果ポケットにはさめるハイカラ鉛筆ホルダーがむちゃくちゃ便利だということに気づいたのです。

ハイカラ鉛筆ホルダーには赤鉛筆を入れて使っているのですが、青鉛筆もぜひ同じように使いたいという気持ちが日に日に高まり、ついに購入してしまいました。

が、前回と同じものを購入してもおもしろくない…ということで今回はあえて「赤」をチョイス。
どんな赤鉛筆が挿してあるのかということにも興味がありました。

ということでこちらなんですが、まずはこの「赤」のシールが気になります。
なんか…貼ってる?
ハイカラ兄弟。_f0220714_19350822.jpg
そっとはがしてみると「HB」という文字が出てきて、あー前回の台紙に「赤」を貼っただけだこれ…

赤鉛筆は何のブランド名も入っていない謎の赤鉛筆でしたが、色が濃く、しっかりと書けるとてもいいものでした。
ハイカラ兄弟。_f0220714_19351406.jpg
ハイカラ兄弟。
かっこいいなあ。
ポケットにはさめるのが本当にありがたい。
ハイカラ兄弟。_f0220714_19351131.jpg
エプロンを着て働く接客の仕事が長かったせいか、自分はどうもエプロン的なものと親和性が高いような気がします。
着ていると安心感があるし、ポケットにいろいろ入れられるのも便利。
今後はそういうファッション(?)を積極的に取り入れていこう。

それにしてもコロナの騒ぎがなかったら2本目のハイカラ鉛筆ホルダーを買うことはなかったでしょう。
そう考えるとこれもまた「ここ数ヶ月の世の中と文房具ライフ」の延長線上にあるものなのかもしれないと思ったりするのです。

by mukei_font | 2020-06-01 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

ハロー!ワゴンメイツ・その1(オレンピツ)。

前回の記事には少し嘘が混じっておりまして、
ガタリと立ち上がってマントを羽織り、馬を強く駆ってイオンへと馳せ参じました(すべてイメージ)。
と書きましたが、実際にガタリと立ち上がったのはチラシを見た翌日でした。
チラシを見た当日は行けなかったのです。

なので、猫町が馳せ参じた時のワゴンは初日にいいものが売れてしまったあとのワゴンだった可能性があります。

それでもワゴンセール大好きっ子の名にかけて猫町は素晴らしい掘り出し物を手にすることが出来ました。

こちらです。
クツワのオレンピツ・2B!
ハロー!ワゴンメイツ・その1(オレンピツ)。_f0220714_09433348.jpg
ハロー!ワゴンメイツ・その1(オレンピツ)。_f0220714_09433698.jpg
クツワは昨年買ったホクサインがとてもよかったのでオレンピツにも興味があったのですが、普段は少々お高くて、キッズへのごほうびに使うにしても他の鉛筆と単価が違いすぎるぞ…と躊躇していたのです。

それが庶民の猫町にも手が届く価格になっているのだから買わざるを得ません。
ハロー!ワゴンメイツ・その1(オレンピツ)。_f0220714_09433943.jpg
うれしいことにオレンピツはワゴンにはたった1つしかありませんでした。
前述のように猫町が馳せ参じたのは在庫一掃セールの2日目だったので、初日にはもっとあったのかもしれません。

ワゴンセールの醍醐味はいつもよりもお得な価格で文房具を買えるということの他に、思いがけない掘り出し物に出会えるということだと思います。

ワゴンセールの神がワゴンセール大好きっ子に微笑んだ瞬間でした。

by mukei_font | 2020-05-27 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

えんぴつけずりーず2(いかつい野郎)。

鉛筆削りたちが何かを話しています。

「はじめまして、ユニパレット先輩」
「誰?…てゆうかでか!」
えんぴつけずりーず2(いかつい野郎)。_f0220714_19004746.jpg
「実は長い間木琴堂で眠っていたのですが、つい先日小宇宙(コスモ)を感じてこちらにやってきました」
「はあ…てことは同業者の方?」
えんぴつけずりーず2(いかつい野郎)。_f0220714_19004955.jpg
「もちろん。ほらここに…」
えんぴつけずりーず2(いかつい野郎)。_f0220714_19005259.jpg
「ほんまや!ちょっとでっかくて変わってるけど仲間やな」
「はい」
えんぴつけずりーず2(いかつい野郎)。_f0220714_19004955.jpg
「こないだも新入りが来たんやけど、なんやかんやで旦那はまだ俺をこき使おうとしてるから仲間が増えるのはありがたいわ」
「頑張ります」
「しかし君かなりいかついな」
「はい、自分でもそう思います」
えんぴつけずりーず2(いかつい野郎)。_f0220714_19005819.jpg
(怖イ…)

by mukei_font | 2020-05-24 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

はたらくぶんぼうぐ〈コーリン鉛筆・コア5050〉。

文房具は基本的に働いているので皆「はたらくぶんぼうぐ」ですが、その中でも特に「君、めっちゃ働いてるね!」というのがこの「はたらくぶんぼうぐ」に登場する文房具たちです。

ということで、今日の主役はこちら。
コーリン鉛筆のコア5050です。
はたらくぶんぼうぐ〈コーリン鉛筆・コア5050〉。_f0220714_07583094.jpg
単に短くなった古い鉛筆を見つけて写真を撮っただけのように見えるかもしれませんが違います。
この人はめっちゃ使われていました。

どこで?
裁縫場面で。

裁縫をする家人のアイロン台の近くにいつもこの人がいるのが気になっていました。
なんか短い人がいる…

おそらくチャコペン代わりに使っているのでしょう。
手のひらに握り込めるくらいの短さに4Bという濃い芯。
やはり職人の選ぶ道具は理にかなっていて渋いところがあります。

それにこの短い鉛筆…
この短さにして「CORE」のロゴが残り、ぎりぎり「5050」の数字も見え、硬度の4Bだってぎりぎりの位置に残っています。
はたらくぶんぼうぐ〈コーリン鉛筆・コア5050〉。_f0220714_07583325.jpg
なんてなんてかっこいいんだ。
ここまで来ても自分を見失ってはいないのです。
むしろきらりと光る文字で静かに自分を語っているではありませんか。

「これすごいな」

思わず家人に感動を伝えると、

「めっちゃ使いにくい」

え…そんな。
それならなぜ使っているのだこの短い鉛筆を。
握り込める短さを愛しているのではないのか。

家人によると4Bという芯の濃さを愛していただけで、短い鉛筆は普通にとても使いにくいとのこと。
この流れで濃い鉛筆を所望された猫町は、濃すぎて持て余していたステッドラーの5Bの鉛筆をそっと差し出したのでした。
はたらくぶんぼうぐ〈コーリン鉛筆・コア5050〉。_f0220714_00211407.jpg
どんとはらい。

by mukei_font | 2020-05-20 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

えんぴつけずりーず。

鉛筆削りたちが何かを話しています。

「やあ。新顔やん」
「ユニパレット先輩」
「これまではえらいこき使われてきたけど、あんたが入ってくれてこれでちょっとは楽になるわ」
「初メテナンデ緊張シマス…今ハ歓迎サレテマスガ、ソノウチガッカリサレルンジャナイカト」
「そんなんようあること、ようあること」
えんぴつけずりーず。_f0220714_18332324.jpg
「トコロデ私タチモシャベレタンデスネ」
「あーなんか立ったらしゃべれるシステムらしいで」
「ソウナンデスカ?誰ガソンナコトヲ?」
「旦那」

「……」
「……」

「イツ?」
「さっき」

「……」
「……」
えんぴつけずりーず。_f0220714_18332698.jpg

by mukei_font | 2020-05-16 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

続・ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)。

せっかく素敵な鉛筆削りを買ったのに削ったところの写真がないのもさみしい気がして、テキストサーファードライと記念撮影。
続・ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)。_f0220714_18331408.jpg
これまでカッターナイフで削っていたネオンピンクとネオンイエローです。

芯がもったいないもったいないと減った芯の部分だけカッターでちまちまちまちま削って使っていたので驚くほど短くなっていません。

これからは気持ちよく削れる分、短くなっていくのかなあ…

仲良くしようね。

by mukei_font | 2020-05-15 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)。

ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)。_f0220714_06090410.jpg
よっしゃ、大吉!

ということで、前回の続きです。

通販でステッドラーの蓋付きシャープナー(2穴)を購入した猫町でしたが、注文時に色を選ぶことができず、何色が来るか分からない状態で開封したら一番欲しいライトブルーが見事出てきたという話です。

小さいものなのでライトグリーンやピンクでも気にならなかったのですが、なんとなく好きな色が出てほしいなーとは思っていました。

こういうのをライブ配信?みたいなのでやるとスリルも伝わったと思うのですが、ほんまにびっくりしたしラッキーでした。

というわけでおそらく今年のダービーも猫町の馬券は(以下略)。

閑話休題。

あらためて見てみましょう。
ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)。_f0220714_06090833.jpg
フタを開けるとこんな感じになっています。
ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)。_f0220714_06091183.jpg
この右側の大きな穴の方で、ステッドラーのテキストサーファードライを削ることができます。
ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)。_f0220714_06091496.jpg
もちろん早速削ってみました。
まずはこれまでカッターで削っていたネオンイエローとネオンピンクの2本です。

穴に入れてさて何回転させたでしょうか。
あっという間に新品のような削り口になってたまげました。

なんちゅう優秀な刃や…
わいは今までこんなええもんを知らんと何やっとったんや…

今度は左側の普通サイズの方で愛用のトンボ・ippo!丸つけ用赤えんぴつも削ってみました。
こちらもほんの数回転で完璧に削れました。

新しいから?
すさまじい切れ味に震えてしまいます。
これまでの苦労はいったい…

ちなみにこれまでは三菱のユニパレット・ポケットシャープナーを使っていたのですが、なんといっても100円だしそれ以上に酷使しすぎました。

最近は回しても回しても空振りすることが多くなり、それだけに今回のステッドラーの鉛筆削りに感動してしまったしだいです。

きっと小型鉛筆削りの世界も深いものがあるのでしょう。
そういえば昨年末も布団の中で小型鉛筆削りについて考えていました。

これを機にどんどん増殖…という風にはならないと思いますが、ユニパレット・ポケットシャープナーの経験から鉛筆削りもまた消耗品であり、そういう点で今後も長い目で研究していけたらなと思います。

以前、日本海沿いにお住まいのSさんからいただいたクツワのBABY-Kももったいなくてまだ使えていません。

使うとまたとんでもない感動があるはず…
心がすさんでどうしようもない時(受験シーズン等)に使い始めることにします。

by mukei_font | 2020-05-14 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

最近の買い物~ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)~

前回の続きです。

一つの買い物が次の買い物を呼び起こすという流れにまんまとはまり、ステッドラーのテキストサーファードライを削ることのできる鉛筆削りを購入してしまいました。

こちらです。
なぜ写真に色がないかについては後述します。
最近の買い物~ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)~_f0220714_08551950.jpg
さて、この鉛筆削りにたどり着くまでには紆余曲折がありました。

一番迷ったのは小型の鉛筆削りにするか、卓上型の鉛筆削りにするかでしたが、卓上型はカールのエンゼル5ロイヤルを持っているし…ということで今回は見送りました。

ステッドラーのマルス卓上鉛筆削りには正直かなりそそられましたが、買うとしても今じゃないんじゃないか…と思ったしだいです。

そうだなあ…
テキストサーファードライをどれも短くなるまで使って、やっぱり卓上タイプの鉛筆削りじゃないと間に合わないYO!となった時に考えることにしようかなあ…

ということで小型の鉛筆削りでテキストサーファードライのような太軸を削ることができ、さらに色鉛筆にも安心なものという条件で探したところやはりステッドラーのものに落ち着きました。

本当はブルーとシルバーのステッドラーカラーの蓋付きシャープナー(品番:512 001)が欲しかったのですが、いつも利用しているネットショップになかったのと、割と切迫していたので今回はこちらを買うことにしました。

さて、この鉛筆削りは4色展開されているのですが(ステッドラーの鉛筆削りのページ参照)、いつも利用しているネットショップでは色を選ぶことができません。

ピンク
ライトブルー
ライトグリーン
イエロー

鬼が出るか蛇が出るか。

ライトブルーなら大吉、イエローなら中吉、ライトグリーンとピンクなら小吉だ。
小吉でもなんでもいいわ、来い!(続く

by mukei_font | 2020-05-13 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(1)