猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こん○○は。今回の大雨大..
by YAS at 14:26
はじめまして。 包装紙..
by noinoi13 at 16:30
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:筆記具・鉛筆( 35 )

今年の文具的日常を振り返る・その1(鉛筆篇)。

今年もあとわずか、ということで、今年お世話になった文房具たちを振り返ってみたいと思います。

今年もっともよく使った文房具は以下の3点。
鉛筆、消しゴム、無罫のルーズリーフです。

使用頻度が高まるとその文房具への感度も上がり、学びも大きくなるもので、これらについてはずいぶん詳しくなりました。
詳しいというのは知識的なことではなく、手が学んだ、手が好き嫌いにうるさくなった、という類いのものですが。

鉛筆は昨年から興味を持ち始めたのですが、そんなに買い増すこともなく、初期に買った三菱鉛筆たちトンボ鉛筆たちを使い続けている感じです。

よく使うといっても四六時中使うわけではないので、複数の鉛筆をちびちび使う程度で事足りるのです。
さずがにずいぶん短くなってしまいましたが。

今年入手した鉛筆でよかったものはトップバリュの3本入り鉛筆・B
f0220714_17375369.jpg

ベトナム製なので中身は結局三菱鉛筆かトンボ鉛筆、ということになるかもしれないそうですが(文房具に詳しい友人談)、軸の色といい、猫町のためにあるような鉛筆で、イオンに行くたびに(よし、まだあるな)とチェックしています。

そういえば先日我慢できずに買ってしまったんだった。
これ、猫町の初リピート。
どの鉛筆が気に入るかな、と思って始めた鉛筆ライフでしたが、この鉛筆に軍配が上がったようです。

というか、もともと3本入りなわけだし、複数使ってまだ好きというのは相当好きなんですね。
軸色重要。

そのほかセブンプレミアムのかきかたえんぴつにも学びがありました。
こちらは長くなりそうなのでまた稿を改めます。
[PR]
by mukei_font | 2016-12-01 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

鉛筆ライフのざっくりとした感想。

そんなこんなで鉛筆についても消しゴムについてもたっぷりと語ってみたいのですが、「いつか書くかもしれない大作」が脳内でむおおおと巨大化するばかりなので、たまにはただのつぶやき的なものを吐き出してみたいと思います。

お気に入りの鉛筆の硬度は相変わらずBですが、メーカーやシリーズによってずいぶん違いがあり、また季節的な要素や紙との相互作用もさまざまあり、日々いろんな顔を見せるのが鉛筆かなと思っています。

また、鉛筆は「書きっぱなしか、消すこともあるか」で使うものを選んでいます。
書きっぱなしなら多くの鉛筆が候補に上がりますが、消すこともあるとなると、明らかに消しゴムで消しにくい人は避けなければなりません。

しかし、書き上げた文字の美しさも捨てがたいものがあり、「絶対に間違えずに解く」というプレッシャーをかけながら硬めの芯で数学の問題に挑戦することもあります(大抵泣く泣く消す羽目になる)。

また、2B以上の軟らかい芯は英語日記の下書きに非常に向きます。
英語日記の清書には硬めのBを使うのですが(筆記体が流れすぎても苛々するので)、下書きは小さめの筆記体をうねうねと書き連ねるだけなので、芯の軟らかさがとても気持ちいいのです。

鉛筆は短くなっていくのがとてもよくて、知らぬ間に短くなっている人を見て(案外気に入っていたんだな)と自分の好みに気づいたり、いつまでも背の高い人を見て申し訳なくなったり…
そのたたずまいの一つ一つにドラマがある気がして、時間を忘れて鉛筆立てに見入ることもしばしばです。
[PR]
by mukei_font | 2016-06-26 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(2)

トップバリュ・3本入り鉛筆。

鉛筆に興味を持つようになってから1年が過ぎました。
まだまだ素人ですが、使えば使うほどにおもしろく、鉛筆熱が冷める気配はまったくありません。

現時点で言えるのはBという硬度が好きということのみで(国内メーカーの鉛筆の場合)、お気に入りは日によってくるくると変わっていきます。

最近のめっけもんはこちらの鉛筆。
どこの鉛筆か分かりますか?
f0220714_17365947.jpg

実はイオンのプライベートブランド、トップバリュの鉛筆なんです。
f0220714_17375369.jpg

惹かれた理由は…言うまでもありませんね。
光沢のあるネイビーの軸にブルーとシルバーのライン。
誰かが猫町のために作ってくれたとしか思えない鉛筆なのです。

このシリーズは硬度によってラインの色が違うのですが、一番好きなBがブルーのラインというのに運命を感じます。
手に取るたびに完璧な見た目に震えてしまいます。
f0220714_17383793.jpg

削った時の木の色が他の鉛筆よりやや白っぽいのですが、それがまたネイビーと好相性。
青ざめた男前みたいな感じでかっこいい!(何やそれ)
f0220714_17392255.jpg

さて、この鉛筆のすごいところは書き味も素晴らしいところ。
あくまでもBの濃さをキープしつつ、吸い付くようななめらかさを味わうことができます。

これ、どこのメーカーの鉛筆だろう…
イオンのPB商品はどこのメーカーのものか分からないのがもどかしいですね。

すでに外見が100点満点なので、別に元の姿を探さなくてもいいのですが、本当の名前があればぜひ知ってみたいと思ってしまいます。

「お気に入りは日によってくるくると変わっていきます」と書きましたが、実はひそかに(これが運命の鉛筆かもしれない)と思っている猫町であります。
[PR]
by mukei_font | 2016-04-04 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(2)

セブンプレミアム・かきかたえんぴつ。

前回は姪のメイちゃん(仮名)にプレゼントをリクエストする妄想について書きましたが、実はもっと切実にリクエストしたいものがありました。

メイちゃんの筆箱拝見の時に出会ったセブンプレミアムのかきかたえんぴつ。
実はあれが欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくてたまらない日々を送っていたのです。

もちろん自分でイトーヨーカドーに行くことも考えました。
が、先日の大阪文具旅では到底そこまで足をのばせず、姫路方面も車がないと厳しく、本当に途方に暮れていたのです。

で、ついに恥を忍んで文具店員時代の元同僚にお願いし、先日送ってもらった次第です。
この元同僚とは毎年三菱の展示会や文紙MESSEに行くので、猫町が文房具のことで頭がいっぱいになっている感じも分かってもらえたようでした。
ありがとうヒヨコちゃん(仮名)。

というわけで、セブンプレミアムのかきかたえんぴつですよ!
f0220714_21595160.jpg

プライベートブランドとは言え、パッケージにはしっかりトンボ鉛筆のマークが入っています。
f0220714_21593322.jpg

中の鉛筆はこんな感じ。
f0220714_222124.jpg

硬度の表示しかないシンプルな軸がかわいいーーー
人工的すぎないカラフルさがかわいいーーー
木に色を塗りました的な微妙な発色が最高ーーー

というわけで、早速使ってみているところなのですが、実はこの鉛筆を使う前に、猫町がしたことがあります。

この鉛筆を受け取ってすぐに思ったことは、HBも買うんだった、ということでした。
というのも、毎日Bの鉛筆を中心に使ってはいるものの、たまにHBを手にするとまた違った楽しさがあり、やっぱりHBもおもしろいなあと思い始めた矢先のことだったからです。

が、そう何度もヒヨコちゃんに頼るわけにはいきません。
ネット通販とか何か方法があるんじゃないのか?
近所にヨーカドーがなくても大丈夫なやつ…

ありました。
近所のセブンイレブンで受け取れば送料無料という「オムニ7」なるナイスな通販がありました。

というわけで、HBも即購入し、今は両方を使っています。
感想はまたじっくりと書きたいですが、まず一言だけ。

とっても薄い…

パッケージにはトンボ鉛筆のマークが入っているのでおそらくトンボの一番安い鉛筆のシリーズ(8900番)だろうとふんでいたのですが、HBはびっくりするほど薄く、Bも…
君たちは本当にトンボ鉛筆なのかい?(たぶん続く)
[PR]
by mukei_font | 2016-04-01 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(4)

USED文具(補助軸)。

古いものを扱う仕事をしている関係で、古い文房具というものにしばしば出会います。
しかし、古い文房具にもいくつか種類があり、扱われ方もさまざまです。

例えば古さに価値がある文房具であれば使用品でも展示しますし、場合によっては売れることもあります。
また、古いのに保存状態がよい、あるいは未使用の文房具ということになればかなりの人気商品です。

これらは状態に差はあれ、「古いもの」というおもしろさがあり、ある意味扱いやすいわけですが、一番微妙なのは、古さに価値があるほど古くはなく、しかもすでに誰かが使ってしまっているという文房具です。

それらはほぼ「ゴミ」としてやってくることが多く、小さくて処分しやすいこともあり、無慈悲にも捨てられていきます。
そりゃそうですよね。
古道具としての価値はなく、リサイクルショップが引き取ってくれるほどの状態でもないわけですから。

が、やはりまだ使えそうな文房具をゴミ袋にがらがらと投げ入れることなど自分にはできないのでした。
文房具に限りませんが、いろいろな引き出しから出てきたガラクタをどうしても捨てられず、昨年は木琴堂で「引き出しの中のガラクタ展」という展示をやったりもしたのですが、その中にあった文房具を今使っているという話をしたいと思います。

こちらなんですが、銀色のよくある補助軸です。
f0220714_10454912.jpg

これは先ほどの「引き出しの中のガラクタ展」の写真でいうと、セルロイドのペンケースに入っていたものなのですが、汚れてくすんでいたのをきれいにして使っています。

ご覧のとおりへこんでいますが、伊東屋のおしゃれ補助軸(見た目がいいだけで、長い鉛筆が入らない補助軸としてはかなり残念な代物)よりはずいぶん使いやすいのです。
f0220714_10463385.jpg

いったいどこの誰が使っていたものか分かりませんが、ありがとうございます。
人のものを使うなんて、と中古品に抵抗のある方もおられると思いますが、自分の場合は汚れを落として気の済むまでみがいたらもう自分のもの、という感じです。
そもそも古道具というのはそういうものなので。

もちろん、古道具といっても眺めて飾るようなものは誰かの使ったものでもよいけれど、実際に手にして使うものは新品がいいという方もおられますよね。
これは古着愛好家でも肌着は新品がいいというのに似ているかなと思っています。

文房具はとくに筆記具や紙製品の場合肌着に近いところがあるので、小引き出しやペーパーウェイトはレトログッズを好んでも、実際に書くものは新品がいいという感覚は非常に分かる気がします。

それでもまあ、道具は使われたがっているに決まっているので自分が率先して使うことにしています。
こういうものはいくら古道具屋とはいえ売り物にならないので。

ということで、古いといっても案外似たり寄ったりの年齢かもしれない銀色の補助軸をなでまわしている猫町でした。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-19 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(2)

カッチカチやで。

いい感じで借金がたまっていきます。
今年の大晦日もまた修羅場でしょうか。

さて、ブログの借金に比例して育っているものがあります。
ペンだこです。

ペンだこについては以前も記事にしましたが、まさに鉛筆によって「養成」されています。
六角形パワーはすごい。

ペンだこ養成ギプス。
ペンだこ考。

あの細さがまたいい感じで指に食い込むんですよ(悪い持ち方)。
人差し指もいい感じにしなって力が入れやすいですしね(悪い持ち方)。

ペンだこなんてお行儀が悪いものなんでしょうか。
正しい持ち方をしていたらできないものなんでしょうか。

しかし、指先の形状で人間が決まるわけでもないし、自分が楽しければいいということにしておきます。
現に自分はペンだこを積極的に楽しんでいるので。

いろんなことにもやもやして暗い気分の時も、カチカチになった人差し指の先にふれるとなんとなく元気がわいてきます。
そこに努力した時間が凝縮されているような気がするからでしょうか。

とはいえ、自分はパソコンもよく使うので、いわゆる「マウスだこ」もあるんですよね。
いずれにしても、書くことは自分にとっては生きることと同じなので、どちらのたこも重要な体の一部には違いありません。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-06 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(2)

トンボ鉛筆との蜜月。

いろいろなことを並行してやらなければならないのに、まったくできていない猫町です。

中学生との勉強ももっと自分が納得できるまでやりたいし、英語日記もみっちり書きたいし、手紙も書きたいし、もちろんブログも書きたいし、まとめ記事にもいくつか書きたいテーマがあるのに…

さぼっているわけじゃないのに、はかどってもいないというこの残念な感じ。
頭を使う作業ばかりなのもよくないのでしょうか。

そんなヨボヨボな日々を支えてくれる素敵なアイテムはこちら。
トンボの鉛筆たちです。
f0220714_2253458.jpg

これらは先月の姫路文具旅で購入したものですが、こんなに買ってよかったと思えるものはそうそうありません。

どの鉛筆がいいとか悪いとかいう話ではなく、今まで使ったことのなかった鉛筆を使うという行為そのものが非常に刺激的なのです。

自分はトンボ鉛筆にはとんと暗く、パッと見てもじっと見てもどの鉛筆が高級かどうかについての知識がありませんでした。
これまでいかに三菱鉛筆にばかり囲まれてきたのかということになるでしょうか。

しかしこの見分けのつかなさは、自分の大好きなブラインド実験に非常に向いていました。
すなわち、商品への先入観なしにそのものと向き合えるのです。
鉛筆でのブラインド実験なんて無理だろうと思っていたのですが、自分の無知が吉と出ました。

その結果、どうも自分は価格のあまり高くない鉛筆が好みなようです。
これは三菱でもそうでした。
トンボ鉛筆ならモノR、三菱鉛筆ならユニスターあたりが一番しっくりくるようです。

もっともこれは暫定的な結論で、実際は三菱鉛筆やステッドラー、ファーバーカステル、そしてトンボ鉛筆の鉛筆をランダムに使いながら、いろんな発見をしている最中です。
[PR]
by mukei_font | 2015-11-12 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(4)

ステッドラー・テキストサーファードライ。

色鉛筆の話が出たので、最近買った色鉛筆のことを書きます。

こちらなんですが、先日の大阪文具旅の終着点、大丸の東急ハンズで見つけました。
f0220714_10365451.jpg

さんざん散財の限りを尽くした後だったので、ポケットにはコインがわずか…というわけでもなかったのですが、もうあまり多くを見たくない!文房具しんどい!となっていたので、視界に入ったこれだけをレジに持って行きました。

いつの間にかこんなものが出ていたんですね。
テキストサーファードライかなるほど。
f0220714_1037439.jpg

昔から蛍光色鉛筆というものがどうにも好きで、結局マーカーよりも色鉛筆だよなあと思いながら過ごしてきました。
マーキングしたいものに限って紙が薄いので、裏写りや裏抜けの心配のない蛍光色鉛筆がありがたかったのです。

当時自分が使っていた蛍光色鉛筆は何かの作文コンクールの景品か何かで、今考えると粗悪なものでしたが、ためらいなく辞書や聖書のようなぺらぺらの紙にマーキングできる点が便利でした。

そもそも辞書などにマーカーを引くほうが愚かですが、13歳の猫町はそれなりに幼く、やっちまった後は「羹に懲りてなますを吹く」の典型で、蛍光マーカー自体を避けるようになりました。
そんな時に出会った蛍光色鉛筆は相当画期的だったのです。

蛍光色鉛筆に出会う前は普通の色鉛筆を使っていました。
今も日常的に使っています。
先日の補助軸の中の人はその中の1人です。

色鉛筆は小学生の時に使っていたものの中から、好きな色や目立つ色を選んで使います。
これがなかなかなくならず、先日の補助軸に入れたものも含めて、たぶん死ぬまでに使い終わらないでしょう。

先日のものは「やまぶきいろ」ですが、手帳などに黒文字で記入した項目の下にぐいぐいと引いて、ちょっと目立たせるアンダーラインみたいにして使っています。
たったこれだけの用途なので、色鉛筆を削る機会さえなかなかないというのが現状です。

さて、先ほどのテキストサーファードライですが、使ってみると芯もやわらかく、鉛筆も太けりゃ芯も太いので何とも頼もしいです。
今は新聞のスクラップの際、残したい記事をぐるっと囲むのに使っていますが、ピンクやオレンジも買えばよかったかもしれません。

おそらくこちらも死ぬまでに何センチ減るかのレベルだと思うのですが、なかなかご機嫌なアイテムであることは確かです。
[PR]
by mukei_font | 2015-08-28 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(10)

伊東屋・鉛筆補助軸(木製)。

鉛筆の話が出たので、鉛筆補助軸のことを書きます。

こちらも鉛筆削りと同様、自分でまとめ記事を書いている最中に欲しくなってしまったのですが、記事を書いている最中からなぜか「伊東屋の鉛筆補助軸で、しかも木軸の赤色が欲しい」ときっぱり思ってしまったのです。

それがこちら。
伊東屋の鉛筆補助軸には木軸の他にラバー塗装タイプもあるのですが、猫町の目には木軸の赤色しか映っていません。
f0220714_2353972.jpg

が、よくあることに2つほど落とし穴がありました。
まず1つめの落とし穴は、木軸ゆえに軸内に空きスペースがさほどなく、本当に短い鉛筆しか入れられないという点。

補助軸を買い求める方というのは、短くなってしまった鉛筆を何とかしたいと悩んでいるわけで、理解はできるのですが、どのくらいの鉛筆を短く感じるのかというのは個人差があるのではないでしょうか。

そろそろ補助軸だな、と思って補助軸に入れると長すぎるくらいの長さになってしまってはかなり戸惑います。

ということで、本当に短くて困っているこちらの色鉛筆を入れて使っているのですが、長さはこんな感じ。
f0220714_23532139.jpg

これを入れてこんな感じになります。
三菱のマークの位置に注目してください。
さほど入らないのがお分かりいただけるかと思います。

なので、短くなりかけ、くらいの長さの鉛筆だと、補助軸に入れるとシャキーーーンと長くなりギョッとします。
ちなみに、ラバー塗装タイプの補助軸にはある程度の長さの鉛筆が入るようです。
f0220714_23533057.jpg

2つめの落とし穴は色合い。

伊東屋の鉛筆補助軸はそのカラー展開からも分かるように、伊東屋の「イートン鉛筆」の延長線上にあるものです。
同色の鉛筆を入れて一体感を持たせてもいいでしょうし、他の色を入れて組み合わせを楽しんでもいいでしょう。

しかし、自分の場合はおそらくこれに普通の鉛筆を入れるわけで…
いや、木物語なら似合うか。
uniの海老茶色はどうだろう?
三菱の9800とかなら大丈夫か?

これはせめて黒色にしておけばよかったか?
なんで「木軸の赤色が欲しい」ときっぱり思ってしまったんだろう。

いや、天啓侮るべからず。
きっといつか買ってよかったと思える日が来るはず。
たまたま今回の色鉛筆との組み合わせが微妙なだけのはず。
[PR]
by mukei_font | 2015-08-27 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(6)

5Bでどうだ。

鉛筆削りの話が出たので、鉛筆のことを書きます。

以前、ステッドラーのマルスルモグラフの2Bについて記事にしたことがあります。
ステッドラーの2Bが日本のBくらいかと思って買ったらまだ薄かったという内容でした。

このたび大阪文具旅の中で、ステッドラーやファーバーカステルの鉛筆をずらりと並べた店に足を踏み入れてしまいました。
これらの鉛筆は地元では気軽に買えず、気軽に買えないものはどうにも好きになれないことから、正直素通りしようかなと思ったのです。

が、見た目だけはかっこいいマルスルモグラフにまんまと立ち止まってしまいます。
うーん、2Bがだめなら次は3Bを買うところだが、なんかまだ信じられん…
4Bにするか?

と迷っていると、横に並べてあるファーバーカステル(以下ファー様)の9000は芯が削ってあり、軽くなら試し書きできそうな雰囲気。
そこで3B、4B、5Bあたりを試してみて、これなら大丈夫だろうと選んだのが5B。

ファー様が5Bならマルスルモグラフも5Bというのはいささか乱暴ですが、しかたがありません。
安かったら男らしく迷った分を全部買うのですが、君たち高いんだよ!
トンボの木物語に換算したら泣きわめきたくなります。

ということで、こちら。
5Bなんてちょっとしっくりこない硬度のような。
いや、単になじみがないだけなんですが、なんとなく硬度は2Bとか4Bとか6Bとか、偶数のイメージ。
f0220714_23524433.jpg

で、使ってみたのですが、さすがに二人ともやわからくて気持ちいいです。
もはや日本の硬度Bからも遠ざかってしまいましたが、やっと打ち解けてくれたかのようなうれしさがありました。
f0220714_23525714.jpg

写真を見ても分かるように、マルスルモグラフのほうがファー様よりも濃いです。
芯がやわらかくてほろほろします。
2Bのグモグモ感を思えば、3Bや4Bで何が起こったのか非常に気になる…
結局全部買ってしまいそう(舌打ち)。

ファー様はやわらかいのに筋が通っている不思議な感じ。
濃さにこだわらなければ、むしろこちらのほうに手が伸びます。
芯がぐずぐずになっていかないので、頼れる感じがあるのです。

今回分かったことは、5Bまでくればマルスルモグラフもやわらかくて濃いということと、同じ硬度ならマルスルモグラフのほうがカステル9000よりも濃いということ。

結局日本の硬度Bが彼らのどれくらいになるのかは謎のまま。
買い物の仕方が明らかに下手でした。
高いといっても鉛筆にしては、という話だし、やはり男らしくがさっと買うべきだったかもしれません。
[PR]
by mukei_font | 2015-08-26 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(4)