猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:〈猫町とEDiT〉( 24 )

猫町とEDiT・その22(手書き文字をスクラップ)。

以前、EDiTの使い方に関して「貼ることを楽しむ」という記事を2つほど書きましたが、こうした気楽なスクラップにEDiTは最適で、ページに収まりそうなサイズの記事を見つけると小躍りしてしまいます。


新聞の4コマ漫画もぎりぎり収まるサイズで、いい感じのものを見つけると逃さず貼っています。

こういう小さいサイズの記事のために新聞を取っておくときりがないし、コピー用紙に貼り付ける形の本気のスクラップをするにはあまりにも軽いネタすぎる気がしてつい流してしまいそうになるのですが、そういう受け皿にEDiTはいいですよ。

ということで、前回記事にした手書き文字に関するスクラップがこちら。
f0220714_09101992.jpg
前科21犯ということですが、なんて美しい字…
こんなに字がきれいだったら一日中字を書いていたい…

何で書いているんだろう。
極細のゲルインクボールペンかな。
そもそもなんで赤色で書いているんだろう…(稲川淳二さんも確か…)

いいないいな!
こういう字こういう字!

と思いながらスクラップするのです。

[PR]
by mukei_font | 2018-03-26 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(4)

猫町とEDiT・その21(EDiTのここが好き・その2)。

すぐに新しい年が始まるわけですが、2017年という年が終わるタイミングに合わせて、いろいろな記事を締めていきたいと思います。

まずは「今年一番楽しかった文房具」だったマークスのEDiT。
今年最後のEDiTの記事は「EDiTのここが好き」の続きです。

1つ目の「好き」はマンスリーを月曜始まりから日曜始まりにカスタマイズできるところでした。
あれは本当にありがたいものです。

2つ目の「好き」についてはずいぶん考えたのですが、自分がEDiTで楽しんでいること(例えばいろいろなものを貼ったりすること)は他の1日1ページ式のダイアリーでもできるんですよね。
うーん、EDiTにしかないいいところ…

そこで自分はEDiT(1日1ページ/Daily)のフォーマットをあげたいと思います。
薄いグレーのドットからなる罫幅5ミリの罫線の圧してこない感じ。
これがまず自分にはありがたいものでした。
f0220714_9532046.jpg

本当は無罫がいいのですが、無罫とてダイアリーともなればなんらかのレイアウトの介入はあるわけで、それが自分好みとは限りません。
それならばいっそ自分の書く文字のサイズにぴったりの横罫ダイアリーでもいいのではないかと思ったのです。

あとは白色度高めで適度に薄い中紙や、ページの開きも気に入りました。
比較対象はほぼ日手帳やNOLTY U365なのですが、ほぼ日は方眼がどうしても駄目で、NOLTY U365はドット罫とダイアリーの開きが気になりました。

まさか無罫派の自分が横罫の1日1ページ式のダイアリーを使うことになるとは思ってもみませんでしたが、空気のようにさりげない5ミリ幅の横罫に導かれた365日でした。
[PR]
by mukei_font | 2017-12-23 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

猫町とEDiT・その20(317日目でエナージェル0.3登場・下)。

前回の続きです。

ハイブリッドテクニカのことになるとついカッとなってしまい、脱線してしまいました。
上下に分けるような記事でもないのにすみません…

というわけで、今回はエナージェル0.3のペン先の話。
0.3mmというボール径ですが、これはさすがに細すぎました。

細かく正確な文字を書くことに関してはこの上ない筆記具のように思うのですが、そもそもダイアリーにそこまでの完成度を求めていないんですよね。

軽い気持ちで書くくらいでいいのに、なんだか本気の活字のような字を書いてしまいそうな、むしろ書かなければならないようなしんどさがあるというか。
学級新聞の下書き原稿でも書くのならいい感じのペンなのですが(手書きの学級新聞なんてもうないか)。

あと、いくらニードルチップが頑強で頼もしいとは言え、0.3のペン先でいつもの大きさの字を書くのは少し窮屈でした。
ペン先に強い圧がかかっているのが分かり、無理をさせている感じがつらいのです。

その結果つい力を加減してしまい、いつもより字が小さくなってしまうのですが、これは老眼にはちときつい。

こちらがエナージェルの0.3で書いてみた感じなのですが、ボール径が0.38mmのシグノRT1やジュースなどではベストだった5mmという罫幅が少し広いように感じられるのです。
f0220714_0235759.jpg

この罫線の中に微妙に隙間ができる感じも慣れないというか、罫線にびちびちに字を書いていた時には感じなかった罫線内のバランスなども気になり、下をぴったりそろえてだいたい75~80%くらいに収めることにしようかな、などと考えている自分!

あかん、あかんよそんな苦労。
もっと楽に生きましょうや。

ということで、エナージェル0.3からは「インクの黒色は素敵だがペン先の0.3はやりすぎ」ということを学びました。
[PR]
by mukei_font | 2017-12-17 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

猫町とEDiT・その19(317日目でエナージェル0.3登場・上)。

それでは前回の続きで、残り少なくなったEDiTと遊んでいる話を書きます。

が、そもそも(リピートするからEDiTで遊んでやろう)と思った訳ではないのです。
話せば長くなるのですが、いろいろなペンと戯れているうちにふとこのペンを使ってみたらどうなるのかな、と興味がわいたことがきっかけでした。

それがこちらのぺんてる・エナージェル(0.3)。
いつぞやの限定ネコ柄の時に買っていたもので、未使用のままペン立てに立っていました。
f0220714_23413035.jpg

軸目当てで買ったペンの芯はたいてい家族に使ってもらうのですが、0.3はかなり細く、高齢の家族には申し訳ないなとそのままになっていたのです。

自分にとってエナージェルというのはどこまでも複雑な気持ちにさせるペンです。

同じくニードルチップのボールペンだったハイブリッドテクニカという素晴らしいボールペンが、エナージェルの登場のせいで廃番に追いやられた気がしているからなのですが、水性染料インクのエナージェルが水性顔料インクのハイブリッドテクニカの代わりになれるわけがないのに、おぬしなんちゅうことをしてくれたんじゃ、というやるせない気持ちに支配されてしまうのです。

本当に悔しいし情けないしわびしい。
年に何回かはこの怒りにまかせて発電できるいきおいで自転車こいでますからね。
畑と山と空を眺めながらうおおおおおと立ちこぎしています。

とは言うものの、水性染料インクというのが気に入らないだけで、エナージェルのペン先は勝手知ったるニードルチップ。

0.3だから染料インクといってもにじまないだろうし、ダイアリーだから顔料インクじゃなくてもいいか…と自分を納得させ、11月の中旬からEDiTに記入するペンをジュースアップの0.4(青)からエナージェルの0.3(黒)へとチェンジ。

ペンを替えてみてすぐに思ったことは、黒インクが落ち着くということでした。
今となってはなぜメインの筆記具のインク色を青にしたのかと思うのですが、EDiT初心者の猫町は好きなペン(ジュースの青)の力を借りなきゃ、と思っていたのです。
実際、ジュースの青の素敵さに引っ張られてEDiTが軌道に乗ったというのはあります。

が、以前も書いたように青インクで書くダイアリーは寒々しいものになってしまいます。
同時にアンダーラインの色鉛筆との色合いも毒々しいものになり、自分はいったい何をやっているんだろうと思うことも何度かありました。

それがどうでしょう。
黒インクで書くだけで見た目に落ち着き、アンダーラインの色もぴたりと決まるではありませんか。

むう…
大多数の人がやっていることの素晴らしさに気づくのに317日もかかってしまったのか…

インク色の問題はこれで解決です。
来年は絶対に黒色で書くことにしよう。
やはり実際にやってみていろいろ学ぶものですね(長くなりそうなので上下に分けます。続きはこちら)。
[PR]
by mukei_font | 2017-12-16 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

猫町とEDiT・その18(リピーターの余裕)。

皆さんはいつから新しいダイアリーを使い始めますか。

12月?
それとも新しいダイアリーの始まりのページに合わせて?
かなり早めに始まっている場合でもすぐに乗り換えてしまう?

猫町はできるだけダイアリーをきっちり使いたい派です。
きっちり、というのは1月1日から12月31日まで丸1年かけて1冊のダイアリーを使いたい、ということです。

もし自分がダイアリーなら1月1日から12月31日までしっかり勤め上げたいから、というのがその理由ですが、そうやってきっちり使ったほうが後で見やすいダイアリーになる気がします。

さて、猫町は現在EDiTを使っており、来年もリピートすることにしたのですが、このEDiTというのはまさに1月1日から始まって12月31日で終わるダイアリーです(マンスリーは10月始まり)。

1日1ページ式のダイアリーなので当たり前なのかもしれませんが、これは365日分きっちり使いたい自分にはもってこい。
ダイアリーの最後がうやむやになってしまうのはなんだかせつないですからね。

このように「来年のダイアリーに今から手出しできない」EDiTですが、リピートするということは、気になることを今のダイアリーで試しておけるということになります。
これぞリピーターの余裕。

ということで、11月あたりから試していることについて少し書いてみたいと思います(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2017-12-15 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(2)

猫町とEDiT・その17(EDiTのここが好き・その1)。

小回りの利く100均ダイアリーと戯れるのも楽しいですが、EDiTのような存在感たっぷりのダイアリーも楽しくて、今年は結局EDiTと100均ダイアリー2冊という布陣でした。

EDiTを来年もリピートする話は以前書きましたが、あらためてEDiTの魅力について考えてみると、マンスリーページをカスタマイズできる点が案外大きいことが分かりました。

これは以前も記事にしましたが、このカスタマイズによってEDiTのマンスリーページが死なずにすんだのはとてもよかったです。

猫町とEDiT・その2(日曜始まりにカスタマイズ)。

なので来年のEDiTもマンスリーページのフォーマットをすぐに確認しました。
一番左端の欄は本来ウィークリーToDoに使うらしいのですが、本当にこれはありがたい空欄です。
f0220714_9294985.jpg

が、今年は大きな予定の管理や自分の体調のメモくらいにしか使えなかったので、来年はここを怖いくらいに使い倒して、出馬表のようなマンスリーをここで試してみたいなと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-11-06 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

猫町とEDiT・その16(ブリリアントの表紙の言葉の意味)。

先日、EDiTのブリリアントの背表紙に書いてある言葉の意味が分からないと記事に書いたところ、親切な方が教えてくださいました。
f0220714_10423028.jpg

「失われない輝き・今日もまた、一筆一筆と書く」という意味だそうです。

EDiTのブリリアントのページには「失われない輝き」としか書かれていなかったので、そんな続きがあったのかと思いました。

非公開コメントで教えてくださった方、本当にありがとうございます。
おそらくこれからも書きながら生きていくであろう自分には何よりの言葉となりました。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-24 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

猫町とEDiT・その15(EDiTカテゴリを作る)。

EDiTをリピートするという大きな決断を下したことを記念して、〈猫町とEDiT〉というカテゴリを作りました。

なんとなく「1日1ページ手帳」に惹かれ始めたのが昨年の夏。

猫町、1日1ページ手帳に惹かれる。

この時はNOLTY U365にそそられていたのですが、その後実物をあれこれ手に取りEDiTに落ち着きました。

実際に使ってみると、たくさん書ける分情報が埋もれてしまったり、全体を俯瞰するのにむいていなかったりと不便な点も多々あったのですが、とりあえず不恰好ながらも頼れる1冊がある、というのが心強かったです。

さらに小さな切り抜きを貼ったりという遊びも楽しく、こういうのは「1日1ページ手帳」ならではですよね。
こんな中年でもそうしたことが潤いになるというか、小さなことですが大きなことだなと思いました。

1年使ってみたのがとてもいい経験になったので、来年はEDiTだと苦しかったところを他のダイアリーで補ったり、もっとEDiTのマンスリーを使い込んだりと今年歯がゆかったあれこれを改善していけたらと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-18 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

猫町とEDiT・その14(購入後にもっといいのを見つける)。

タイトル通りなのですが、軽くショックを受けています…
まさかEDiTのリフィルに分冊があったとは…

B6変形 1日1ページ 分冊リフィル

色もブルーとグレー(ベージュにも見える)で落ち着いた感じだし、表紙に「2018」と入っているし、地味でいいじゃないかー
なんだよー
もう少し早く気づきたかったよー

背表紙の画像がないけど、やっぱりのっぺらぼうなのかな。
本棚に並べた時のことも考えてほしいなあ。

でもいいや。
ボリューミーなEDiTで1年やって来れたんだし、持ち運ぶ時も自転車なので重みも関係ないんだし。

来年の今頃、またもう1年EDiTを使いたい気持ちがあればその時は分冊に挑戦してみよう。
来年もどうかこの色のままでありますように。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-17 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

猫町とEDiT・その13(来年のEDiT購入)。

本当に使いこなせるのかドキドキしていた1年前の自分が聞いたら驚くでしょうが、EDiTをリピートすることにしました。

リピートの理由はまたおいおい書いていくとして、今回は来年のEDiTをどれにしたのかという話。

カバーはさりげないのがいいので嵩高いやつはいらないし、ゴムバンドも特にいりません。
というわけで、今使っている「ブリリアント」の色違いを考えました。

が、欲しい色がない…
今使っている「ブルー」がちょうどいいくすんだブルーで(公式サイトのブルーは少し明るめに見えますが実際は落ち着いたブルー)、これ以上の色はないような…

本棚に並べるところを想像して、ブルーとダークグレー(あるいはベージュ)を交互に並べていくところも想像したのですが、1年間ダークグレー(あるいはベージュ)のダイアリーを使っている自分がどうしても想像できず…

来年もブルーでいいか。

とほぼ決定した直後、待てよ、リフィルだけ買えばいいんじゃないか?と思い、リフィルだけ買ったのがこちらです。
f0220714_1039523.jpg

カバーはほとんどいたんでいないし、白いダイアリーを棚に並べていくのも楽しそう。
何よりこのカバーには猫の思い出もいっぱいつまっているし、使い続けるのがいい気がする。
f0220714_10403866.jpg

それにEDiTは背表紙がなんだかよく分からず、棚に並べた時に普通に分かりにくいなと思ったんですよね。
分かりやすく何年と書いてあればいいのに、なんじゃこりゃ…
f0220714_10423028.jpg

もしかしてフランス語で「2017年」と書いてあったら申し訳ないのですが、分かっていない時点で意味をなしてないので…

ということで、来年の元日はリフィルを入れ替えてまた新しいEDiTを楽しんでいきたいと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-16 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(2)