人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(88)
(51)
(33)
(31)
(9)
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
昨夜はあまりにもガッカリ..
by テヅルモヅル at 23:21
結論から言いますと、ダメ..
by テヅルモヅル at 22:52
このたびは記事にしてくだ..
by くら at 00:41
こんにちは。 こちらの..
by ゆいとまる at 10:24
そっちかぁ〜(ノ∀`)
by alchemie0629_a20 at 18:43
以前、景品で鉛筆を用意し..
by あみ at 08:06
一昔前ならエスパークスや..
by alchemie0629_a20 at 23:46
モノだと折れやすいですし..
by 輪音 at 03:53
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 07:40
ステッドラー・マルスプラ..
by alchemie0629_a20 at 16:50
ちなみに最近のスーパーサ..
by alchemie0629_a20 at 08:48
あれからまたちょくちょく..
by alchemie0629_a20 at 17:11
そうそう!!いつのまにか..
by りお at 11:49
ご無沙汰しております。プ..
by なぎねこ at 16:38
はじめまして。地方のハウ..
by まっくす at 15:41
クロスの油性リフィル(細..
by psw at 07:17
パイロットDr.Grip..
by ky at 21:46
知人と共に、二日目の文紙..
by 輪音 at 19:08
サクラクレパス消しゴムは..
by horenso39 at 18:56
こんにちは! 私も今年..
by ともこ at 12:17
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:筆記具・油性ボールペン( 87 )

東寺のありがたいボールペン。

先日帰省していた妹に素敵なボールペンをもらいました。

これはいったい…
f0220714_11113682.jpg
「特別展『国宝 東寺ー空海と仏像曼荼羅』」とありますが、何が頭についているのかな…
f0220714_11115597.jpg
むう。
これは象?
f0220714_11120860.jpg

一緒にもらったポストカードを見ると「帝釈天騎象像」とあり、このボールペンの頭に付いているのはその象のようですね。
f0220714_11124569.jpg
うおお…
なんてありがたいんだ…
そして美しい…
f0220714_11122055.jpg
さて、ボールペンといえば替芯がどうしても気になる猫町は一目見た時から繰り出し式のボールペンと予想、芯はクロスのねじ込み式と当たりをつけておりました。

が、実際は三菱のSK-8…
わーん、なつかしいSK-8…
久しぶりー元気にしてたー?あたしゃ田舎暮らしも板についてきたよー

おもしろいのが芯を繰り出す感触で、片手でふにっと芯を出したり引っ込めたりできる工夫か、回転がめちゃくちゃやさしい。
やさしいどころかちょっと頼りない?
いやでも今はこういう配慮も重要なのかも…

頭についた象の存在感はもちろん、軸色のゴールドもとても上品で老若男女あるいは和洋を問わないファッション性もあり、さらに片手で芯を繰り出せる慈愛に満ちたボールペンとくればこれは「オフィスの視線も独り占め」のナイスアイテムというやつではないか、などと思いつつ一人にやにや眺めて喜んでいます。

by mukei_font | 2019-07-08 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(1)

真ちゃんボールペン&シャープペン。

この記事の日付の頃、妹が帰省していました。

妹には年に数回しか会えないので、前回預かっていた『黒子のバスケ』の真ちゃんボールペンをこの機会に返却しました。

残念ながらカスタマイズはできませんでしたが、知恵者にいろいろアドバイスをいただいたのでそのあたりを参考にしてもらうことにします(といいつつ伝え忘れ…次の機会にはぜひ)。

さて、妹によると真ちゃんボールペンには同柄の真ちゃんシャープペンがあるらしく、中の芯がキュッキュすると言われ、以前PILOTのグラファイトをすすめたことがあります。

というよりも、すでにグラファイトを持っているというので、そっちにしたら全然違うよ、と言っただけなのですが。

妹はどうやらグラファイトのBを持っていたようで(『進撃の巨人』とコラボしていた時のものらしい)、HBでも十分やわらかくて濃いのにグラファイトのBってどんなんだろう…とできたら試筆させてほしいと思っていたのですが、すっかり忘れていました。

記事を書いている今になって思い出している場合じゃないですね…
いつか機会があれば試してみたいです。

妹にはいつの気の利いたものをもらってしまうので、せめて文房具のことくらいでは役に立ちたいのになかなかです。
ちなみに先日の「ふたり展」の時にもらったのはこちらのピンバッジ。
f0220714_09304142.jpg
文房具ではありませんが、あまりにも猫がかっこよくて好みなので載せておきます。
いつも素敵なものをありがとう。

by mukei_font | 2019-03-27 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

ZEBRA・アルベスピールトと8年後の世界。

東日本大震災から8年ということで、この日もZEBRAのアルベスピールトを手に祈りました。
f0220714_08431395.jpg

以前も書きましたが、自分自身にもっともあの日のことを強く思い出させてくれるのがこのアルベスピールトなのです。

上記のアルベスピールトは油性ボールペンのインクの寿命を無視し、今も現役ですが(さすがに苦しくなってきてはいる)、当時一緒に買った黒軸に青の三角が入った軸のほうはずいぶん前に書けなくなってしまいました。
電気製品と同じで文房具もずっと使っていたらOKみたいなところがあるのかもしれません。

でもチープを極めたような細くて軽い軸はペンケースの中でもかさばらず、ノック式ではなくひねって芯を出すもったいぶった作りも気に入っているのです。
今後も芯を替えてずっと使い続けようかなと思っていたら、なんとZEBRAの電子カタログによるとSK-0.7芯から突起がなくなるそうではないですか。

NOOOOOOOOOO!!!!!
あかんあかん!

アルベスピールトは単色ボールペンなのにSK-0.7を入れる珍しいボールペンで、中はバネと突起が重要な作りなんですから!

発売当初は「これからはZEBRAもデザイン方面に力を入れる」なんて言っていたのに、もうアルベスピールトのことなんて忘れているんだな…

8年というのはつまりはそういう年月なのかもしれないし、それだけに今後もアルベスピールトと震災のことを心に刻んでいきたいと思うのでした。

by mukei_font | 2019-03-11 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

名も無いボールペンだけど。

最後が近いので猫町らしくボールペンの記事を書いてみたいと思います。
こちらは今年猫町が出会った素敵なボールペン。
f0220714_18532547.jpg
f0220714_18543220.jpg
家のペン立てにあったので、おそらく家人が注文したサプリメントのおまけか、出かけた時にもらったおまけではないかと思います。
このボールペン、一見何の変哲もない油性ボールペンなのですが、いくつか素敵な点があるのです。

まず軸が若干細めであること。
細めなのにラバーグリップがあり、グリップ部分が「!」模様になっていること。
f0220714_18534072.jpg
さらに、分解してみると実にシンプルな作りで、ほぼ「芯で書いている」感覚を味わえること。
がたつきが一切無く、普通の芯であるはずなのに特別な芯が入っていると錯覚する書き味であること。
ノックすると飛び出すボタン(ノックの解除の際に押すボタン)が限りなくさりげない凸であること。
f0220714_18535416.jpg
唯一の欠点はシンプルでギリギリな構造ゆえに、ノックしてもノック解除ボタンが引っかからずスカスカすることがあること。
これは焦ります。

でも普通に使う分にはまったく問題がなく、おそらく何かのノベルティであるはずなのにこのむっちりみっちりした書き心地は悪くないぞ、と思っています。
ノックしてノック解除ボタンがが引っかかった後は芯と軸が一体となり、「昔ながらの油性ボールペン」の職責を果たしてくれる頼もしさを堪能できます。

もちろんこのボールペンで長文のレポートを書き上げたわけではなく、使い方によってはぼろを出すのかもしれませんが、買い物メモを書いたりするには十分すぎるボールペンなのです。

ノベルティによくあるタイプのボールペンでもなく、少し変わったこの人を猫町はひそかに気に入っており、昔ながらの油性ボールペンもいいな、と感じさせてくれたボールペンなのでした。

by mukei_font | 2018-12-29 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

キャラクターボールペンをかっこよく(できず)。

思わせぶりなタイトルを付けがちなので、今回は潔く結論を先に書いてみました。

妹から依頼があったのです。
真ちゃん(『黒子のバスケ』の緑間真太郎)のボールペンがむちゃくちゃ書きにくいのでインクを書きやすいものに替えてほしい、と。

こちらがそのボールペン。
NBAとのコラボとのことで、びっくりぽんな価格だったとか(恐ろしくて聞けず)。
f0220714_09082233.jpg
こちらが真ちゃん。
いい感じの芯が入って妹にきれいな字を書いてもらえたらいいねえ。
f0220714_09083249.jpg
さてさて肝心の芯ですが…
ジャン!(昔のMacの警告音Indigo)
f0220714_09084198.jpg
出たーーーーー
ちょっと曲がった白い芯出ましたーーーーー

かつては(自称)替芯マスターとしてならした猫町も下野して久しく今や一般人。
それでも昔取った杵柄でこれはビクーニャの芯が使えると見ました。
f0220714_09085030.jpg
長さぴったり。
突起の位置もまあOK。

しかし…
入るけど窮屈…

チップ(芯の先の銀色の部分)の径が違うようで、真ちゃんボールペンのほうが細いのです。
f0220714_09085867.jpg
ビクーニャの芯を突っ込んだものの抜けなくなり、以前似たようなボールペンで本当に抜けなくなってここでチップが芯から外れ、インクでぬたぬたになってしまったことがあり、焦りました。

何とか抜けましたが高いボールペンなのにおお怖…
見た目はごついのにペン先部分の穴が小さいんですね。
とほほ。
f0220714_09090531.jpg
このあともいろんな芯を入れてみましたが、ペン先付近は細く見えてもそこまで入らないものがほとんど。
入ったと思うと抜けなくなるし、これは…

あるいはチップが出てくる部分の穴を大きくするなどすればビクーニャの芯が入ると思うのですがそこまでは…
ということで、そっと終了したという話でした(敗北)。

by mukei_font | 2018-09-21 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(3)

ジェットストリーム・シックde深みカラー。

おいおい、いまだに「パンチDEデート」かよと言われてしまいそうですが、「de」の汎用性の高さに甘えたタイトルで恐縮です。

以前、「気になる新商品」として記事にしたジェットストリームの限定カラーを結局購入してしまいました。
これで「気になる新商品」シリーズ完全制覇です。

もはや猫町の「気になる」は遠回しな「買う」であるといっても過言ではない?
物欲から解放されたのは錯覚だったのか…

またこれについては別途考えることにします。

買ったのはこちら。
めっちゃ買ってるやん。
f0220714_09501331.jpg
いやいや落ち着いてください。
全部自分のではないのです。
上からUグレー、Uオリーブ、Uボルドーですが、真ん中のUオリーブは妹へのプレゼント。

素人目に見て「黒子のバスケ」の緑間真太郎のカラーである緑に近いと思ったし、妹はジェットストリームの愛用者。
以前も緑系の限定軸を探していたし。

妹に言わせると、今回の限定カラーは「キセキ」カラーに見えるそうです。
実物を見ると少し印象も違うのでしょうが、確かに青峰、黒子、緑間、黄瀬、紫原、赤司に見えなくもないかも。
ということで、いわゆる「推し色グッズ」としても使えるんじゃないかという今回のジェットストリームです。

6つの中では妹用のUオリーブが一番素敵でした。
f0220714_09502386.jpg
というか、どの軸もかなりよくて、遙か昔に三菱の人にZEBRAの「和心」みたいな落ち着いた色の軸を出してほしい、いつもと違う色の軸を使いたいユーザーは女子だけではないはず、と話したことを思い出しました。
たまにはこういうのを出してほしいです。

自分はUグレーをUMR-85N用の軸に、Uボルドーを赤ボールペン用の軸にと買いました。
中の芯(SXR-5)はUオリーブの軸と一緒に妹に送りました。
f0220714_09503314.jpg
早速使っていますが、Uボルドーむちゃくちゃかっこいいですよ。
赤ペンという存在がどうも好きになれないでいたのですが(えらそうだから)、これならなじむ気がして手に取るたびにかっこいいな、と思っています。

これがいわゆる気分が@@るというやつ、すなわち高揚文具なのでしょう。

by mukei_font | 2018-04-02 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

夜中の小人はビクーニャがお好き。

以前「小人が夜中に使うペン。」という記事を書いたことがあります。

使った記憶がないのにインクが減っていくペンの話で、その中にもちらと書きましたが、どうやら夜中の小人がもっとも愛しているペンはぺんてるのビクーニャのようです(猫町調べ)。

というのも先日ふとかつての「BLUE-4」を分解してみると、なんとビクーニャのインクが完全に使い切られているではありませんか。

誰?

上記の記事で線引きという労役につかせたと書きましたが、あまりにも不安定で使いものにならず、その役目もお払い箱となり、それ以降放置していたのです。
ちなみにアクロボールとスラリの替芯は上記記事の写真のままでした。

もしや記憶にないだけで労役をまっとうしたのか?
それなら絶対に記録に残しているはずだが…

うーむ、うーむ。

まあビクーニャのインクが勝手に減っていくのはこれが初めてではないし、薄々分かっていたことなので今さら騒ぐのも大人げないですね。
夜中の小人はなめらか系インクが好き、ということで。

それにしても自分が書いた記事ながら昔の記事を読むのは楽しいですね。

他人様の評価が高かろうが低かろうが、自分で使ってみて「なんじゃこりゃあ」(太い声で)となった経験は本物で、その時の「なんじゃこりゃあ」な自分をリアルに思い出し、にやにやが止まらないのです。

by mukei_font | 2018-03-27 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

気になる新商品・その3(三菱・限定ジェットストリーム)。

ほとんど自分へのメモですが、気になる新商品について書いておきます。

何度目やねんと思うのですが、限定カラーのジェットストリームに少々心惹かれています。
少々、というのはパソコンの画面で見る写真では判断できないため。

シックで深みのある落ち着いたカラーながら、カジュアルにもビジネスシーンにもアクセントになる軸色

なるものを早くこの目で見てみたい。

猫町の分析ではこの手の新商品はイオンに高確率で並びます。
ドラッグストアに並ぶこともあります。
早く来い来い新商品☆

気になる色は「Uネイビー」と「Uグレー」。
この色展開はZEBRAのクリップオンマルチが昔やっていた「和心」みたいなシリーズを彷彿とさせますね。

「Uネイビー」があの時の紺青みたいな色ならいいなと思っているのですが…
「Uグレー」も青みがかったブルーグレーなら最高なんだけど…

これらの軸に入れるのはもちろんUMR-83です。
さらに0.5を使いたい時用にUMR-85Nも買ってあるのでそれを入れてもいいな。

これが店頭に並ぶ頃にはいろいろなことが終わっているはずなので、自分へのごぼうびと洒落込みたいところです。

by mukei_font | 2018-02-28 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

続・PILOT・スーパーグリップGとGの話。

前回の記事にhorenso39さんからいただいたコメントに衝撃を受け、続けて記事にしています。

horenso39さんのコメントはこちらなんですが…(一部抜粋)

猫町さん、スーパーグリップGは新インキだそうですよ、、、
それからホームページによると「『スーパーグリップG』の、"G"は、GRIDGRIP(グリッドグリップ)、Global product、宇宙的なデザイン(銀河=Galaxy)の頭文字の"G"から取ったものです。」だそうです。
何が宇宙やねん。


ええ…
まさか宇宙を意識したかなり本気の新製品だったとは…
それがああなってしまうのが拍子抜けというか…

プレスリリースはこちら。
なんだろう、グリッドグリップがすごいのかな。

油性ボールペン『スーパーグリップG』(ノック式/キャップ式)発売

たとえすごいグリップだったとしても、Dr.グリップの時にもフリクションの時にも出てこなかった「宇宙」というどでかい概念になんだか少し戸惑ってしまいます。
加圧式ボールペンの「宇宙でも書ける」みたいなコピーだとなるほど、と思えるのですが。

そしてそんなことよりももっと大事なことがhorenso39さんの指摘で分かったのですが、「新インキ、新チップを採用」って…

替芯の品番は変わっていないから、三菱のUMR-83の時みたいにマイナーチェンジのすごいやつをするということなんでしょうか(シグノRT1が出たタイミングで芯がかなり改良された)。

アクロインキほどじゃないけどこれまでのBSRFに入っていた昔ながらの油性インクよりは粘度の低いインクにするってことなのかな。

えーーー
その微妙な書き味の違いだけ味わいたいーーー
芯だけ欲しい芯だけーーー

UMR-83が新しくなった時はしばらく替芯を買う時に緊張しました。
以前の替芯と品番が変わらず、今店頭に並んでいる替芯が改良後のUMR-83なのか、以前の在庫の残りなのかが分からなかったからです。

今回のBSRFもパッケージを見ただけでは分からない感じなのかな。
どの程度変わるんだろう。
従来の油性ボールペンファンの中にはがっかりする人もいるかもしれませんね。

それにしてもなんでもかんでもなめらかにする風潮!

グルメ番組の「あま~~~い」「やわらか~~~い」の連発にも似たものを感じますが、なんだかなーと若干鼻白んでしまう猫町です。
by mukei_font | 2017-12-12 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(6)

PILOT・スーパーグリップGとGの話。

新製品が出た時はできるだけポジティブなことを書くようにしています。
そもそもネガティブなことをわざわざ書く必要もないと思うんですよね。

などという殊勝な気持ちでブログを書いているわけではない猫町です。
ブログは自分の好きなことを好きなように書く息抜きの場であり、これまでもこれからも忖度する必要性を感じておりません。

ということで、PILOTの新製品スーパーグリップGに心底がっかりしています。

スーパーグリップGノック式
スーパーグリップGキャップ式

新製品を出すというのはメーカーにとって一大プロジェクトだと思うのですが、わざわざこのペンを出さないといけないと思った理由がいまいち分からないというか、なんだろうこのこれまでどこかで見たことのある人たちの合体物感は…

今までのスーパーグリップは?
ノック式もキャップ式も廃番?

自分の愛した透明プラスチック軸のスーパーグリップはいずれ廃番になるのでしょうか。
インクの残りがよく見える透明プラスチック軸が素敵な「ザ・100円ボールペン」な外見が好きだったのですが。

PILOTはHI-TEC-Cマイカを出した時も、HI-TEC-Cを知らない若い人たちにアピールする、と言っていましたが、もしかしてスーパーグリップGもなめらか系じゃない昔ながらの油性ボールペンの良さをアピールするために立ち上がったスタッフたちの熱いハートが生み出したボールペンなのかも…

昔ながらの油性ボールペンの良さ、というのは確かにあると思うので頑張って欲しいですが、主張のあるグリップが苦手な猫町はこれまでの軸でいいかなと思っています。

ところでスーパーグリップGの「G」は「グリッドグリップ」から来ているのでしょうが、

グリッド(GRID)のG?
グリップ(GRIP)のG?

その両方を含んでいるのかもしれません。
考えた人、楽しかっただろうな。

一方、PILOTのゲルインクボールペンのG-2G-3の「G」はゲルインク(GEL-INK)のGですよね。

セーラーのG-FREEの「G」は重力(GRAVITY)のGだったように思います。

ちなみに猫町のお気に入りの「G」はぺんてるのハイパーG(廃番?)。
確かこの「G」は顔料(GANRYO)のGだったと思うんですよ。
日本語!

いやあ楽しいですね。
安価なボールペンにもそれぞれ考えられた名前がつけられていて。

そんな風に考えるとどのボールペンもかわいいなと思うのですが、手に合う合わないはシビアなものがあるので、それぞれに頑張っていこうな!と思うことにする猫町でした(続く)。
by mukei_font | 2017-12-11 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(4)