猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他筆記具( 48 )

オールウェイズ勇気凜々。

前回の記事にたくさんのコメント、誠にありがとうございます。
こうしたアンケート形式の記事を書く時はいつもものすごく緊張します。
誰も反応してくれなかったらどうしよう、やっぱりやるんじゃなかった、いっそ消してしまおうか、そもそも何様のつもりなんだ、などとわーーーっとなってしまうのですが頑張って記事にして、さらに勇気凜々でTwitterにも書いてよかったです。

皆さんそれぞれに蛍光ペンへのこだわりがあって、こうした意見は何よりも貴重で興味深いものですね。
遠慮なくどんどん書き込んでいただきたいですし、皆さんもコメント欄を楽しんでいただければと思います。

Twitterでいただいた回答もコメント欄に転記しておきました。
引き続きよろしくお願いいたします。

[PR]
by mukei_font | 2018-01-26 17:08 | その他筆記具 | Comments(0)

# 蛍光ペンといえば何色?

猫町が中学生と勉強する時のルールの1つに、「間違えた問題番号を蛍光ペンでマーキングする」というものがあります。
このマーキングにPILOTのフリクションライトを使っているという話は以前書きました。


時間の関係で間違えた問題すべてを繰り返し解くところまでなかなかいきませんが、それでも解きっぱなしにしたくないところはこんな感じでやっています。

さて、その問題番号をマーキングする蛍光ペンの色ですが、これは中学生自身に選んでもらっています。

使う蛍光ペンはフリクションライトと決めているので、イエロー、ピンク、グリーン、オレンジ、ブルー、バイオレットの中から選んでもらうのですが、グリーンを選ぶ生徒が多いです。
f0220714_23112416.jpg
「何色でもいいでーまあ間違えまくったらどの色でもうんざりしてくるけどー」と笑顔ですすめることにしているのですが、そんなことを言うからできるだけさわやかな色合いになりそうな(?)グリーンが選ばれるのでしょうか。
それとも蛍光ペンといえばグリーン、な生徒が多いのか?

ここで思い出すのは妹のことです。
以前妹の筆箱を見せてもらったときに蛍光ペンの色に驚きました。
なんと水色を使っていたのです。
水色なんて妹のもっとも嫌いな色なはず…と思ったら、「え、蛍光ペンいうたら水色ちゃうん」みたいに言われた記憶が。
え、そうなん…?

かくいう猫町は蛍光ペンといえばまず黄色が思い浮かびます。
続いてオレンジ、そしてピンク。

皆さんはどんな感じなんだろう、という訳でコメント欄に自由に書いていただければと思います。
知りたいことをまとめるとこんな感じです。

Q1:蛍光ペンといえば何色を使いますか
Q2:お気に入りの蛍光ペンがあればどうぞ(メーカーや商品名)
Q3:複数色使う場合のおすすめの色の組み合わせがあれば教えてください
Q4:学生さんかどうか(社会人の方でももちろんOK)教えてください
Q5:その他(何に使うか、自分だけのこだわりなど)何でも書いてください

なお、蛍光ペンではなく、蛍光色鉛筆等を使われている方も同様です。
蛍光系の筆記具をマーキングに使おうとする時にいったい何色を優先的に手に取るのかが知りたいのです。

こちらの記事へのコメントには個別にレスをいたしません。
皆さんが眺めて楽しいコメント欄になればと思っています。
お時間のある方はぜひどうぞ。



[PR]
by mukei_font | 2018-01-25 23:59 | その他筆記具 | Comments(27)

赤ボールペンを求めて・その8(赤青鉛筆の誘惑)。

あれよあれよという間に今年もあと@日…みたいな話になってきたので、思いついたことからどんどん書いていきます。

時々記事にしてきた赤ボールペンの探究ですが、とりあえずサラサドライの0.5を初代王者に選んだという記事は以前書きました。

が、途中ボールペン以外の筆記具に浮気をしていたのです。
赤ボールペンじゃないのでこの記事の流れで書くべきか迷ったのですが。

それがこちら。
急に欲しくなったので吟味する間もなく100円ショップの店頭で見つけたトンボの「丸つけ用赤青えんぴつ」です。
f0220714_21171483.jpg

丸つけ用の赤ペンに赤鉛筆を使ってみたい、というのは当然といえば当然の興味なのですが、自分はむしろ青鉛筆の方に興味がありました。
f0220714_21191874.jpg


f0220714_21193886.jpg

というのも中学生との勉強の際、一度間違えた問題をもう一度解き直してもらったものを青色で採点することにしているのですが、ある時たまたま手近にあった青鉛筆を使うと勢いよく丸をつけてもやわらかい太い線がやさしく、青色もきれいでなかなか素敵だったのです。

おとなしくその青鉛筆を使い続ければよかったのに、これば買わねば!と思ってしまうのはどうしたわけなんでしょうね。
赤鉛筆だって絶対にどこかにあるのに、冷静さを失った猫町は決然と赤青鉛筆を求めて自転車を走らせておりました。

さて、入手して早速使い始めたのですが、確かに色鉛筆というのはいいなと思いました。
まずインクの乾きについてまったく心配しなくてもいいのが気楽。
サラサドライを評価したのもこのあたりのことだったので、色鉛筆となるとますますノーストレス。

あとは筆記線が太めなのもいいなと思いました。
線が太くても色がうるさくないのがボールペンやマーカーとの違いです。

が、それらは物足りなさと裏表の関係というか、筆記線が太めゆえに細かい指示が書き込めなかったり、発色がいまいちなのでぼんやりした感じになってしまったり。

それに色鉛筆はやはり芯がやわらかく、書いているときや削っているときに芯が折れたりするんですよね。
理屈は分かっていたつもりでも、実際に芯を折るとがーんと思ってしまいます。

まあ人間わがままなものです。
ああ言えばこう言うを一人で実践しております。

ということで赤青鉛筆が天下を取ることはなかったのですが、ぐるっと元気に青丸をつけるために、あるいはひかえめにそっと赤色のアンダーラインを引くために赤青鉛筆を愛用している猫町です。

なお、これまでの記事はこちら。

赤ボールペンを求めて・その1(探究開始)。
赤ボールペンを求めて・その2(先ずジュースより始めよ)。
赤ボールペンを求めて・その3(単色ボールペンの喜び)。
赤ボールペンを求めて・その4(エナージェルとサラサドライ加わる)。
赤ボールペンを求めて・その5(アンケート再掲)。
赤ボールペンを求めて・その6(アンケート再掲)。
赤ボールペンを求めて・その7(初代王者にサラサドライ)。
[PR]
by mukei_font | 2017-11-26 23:59 | その他筆記具 | Comments(0)

赤ボールペンを求めて・その7(初代王者にサラサドライ)。

ちょうど1年ほど前に赤ボールペンの探究を始めたのですが、とりあえずの結果が出ました。

リピートのために替芯を買ったのはこちら。
ZEBRAのサラサドライの0.5です(この軸に入れて使っています)。
f0220714_2245135.jpg

自分はあまりサラサとは縁がないのですが、こうして替芯まで買うはめになるとは感無量。
f0220714_22465544.jpg

替芯のパッケージがまた好きなんですよね。
品番からしてかっこいいし、システマティックに管理されているところに非常に安心感を覚えるのです。

しかし替芯も昔はこんなナイスなパッケージに入っていませんでした。
透明でわしゃわしゃしたビニールみたいな袋に入っていて、それらがミシン線でつながっていたりして(メーカーにもよりますが)。

いつからこんなナイスなパッケージになったんだろう。
替芯を店頭に並べて客自身に選ばせるようになってから?
きっとトラブルを避けるために分かりやすくしたんだろうな。

パッケージだけじゃなく、替芯本体に書いてある品番もいつのまにか見やすくなっていますよね。
ZEBRAの替芯の品番はthe most見にくいことで有名だったのですが。

話がそれましたが、赤ボールペンの話です。
使い比べたのは(下の写真左から)ジュース0.38、エナージェル0.5、サラサドライ0.5でしたが、やはり0.5というボール径とインクの乾く速さが魅力ですぐにサラサドライしか手にしなくなりました。
f0220714_6222433.jpg

ところで以前「白軸の筆記具は汚れるか」みたいな記事を書いたことがあるのですが、めちゃくちゃ汚れるし、汚れすぎて嫌になってしまったのでエナージェルはまた別の軸を探すつもりです。
白軸がダメなのではなく、白いラバーに無理があるのでしょう。

軸探しという点でいうと、サラサドライの軸も替えようかなと思っています。
赤ボールペンには赤い軸がやはり使いやすく、あまり奇をてらった軸には入れたくないのですが、どうも気分が高揚しないのです(「高揚」という言葉についてはこちらの記事のホウレンソウさんのコメントから)。

今ちょっと考えている軸があるので、また定着したら記事にしたいと思います。

なお、これまでの記事はこちら。

赤ボールペンを求めて・その1(探究開始)。
赤ボールペンを求めて・その2(先ずジュースより始めよ)。
赤ボールペンを求めて・その3(単色ボールペンの喜び)。
赤ボールペンを求めて・その4(エナージェルとサラサドライ加わる)。
赤ボールペンを求めて・その5(アンケート再掲)。
赤ボールペンを求めて・その6(アンケート再掲)。

アンケートの結果もまとめて記事にする準備をしていたのですが、機会を逸してしまっていました。
今年は年末年始に時間を作れるはずなので、いずれ記事にできればと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-11-08 23:59 | その他筆記具 | Comments(2)

POSTA・はがきサインペン黒。

いつも日付のずれた記事ばかり書いているのでたまには日付通りの記事を書きます。

7月14日。
この日は1つ文房具を購入しています。

前日の7月13日、「郵便局で買ったこのサインペン、水性顔料で最高」的なツイートを見かけ、最初は半信半疑だったのですが、はがきサインペンのことと分かり、すわ、と立ち上がりました。

こちらです。
f0220714_5421747.jpg

いかにもぺんてるのサインペンの外見をしていて、実際ぺんてる製なのですが、ぺんてるのはがきサインペンよりも見た目がやさしく価格もお得…
f0220714_5423712.jpg

文房具も郵便局も好きな者としてはPOSTAはもっと盛り上がってもいいブランドのように思います。
パッケージもかわいい。
f0220714_5425296.jpg

郵便局における文具コーナーは、必要な時に必要なものが手に入る安心感を与えるのみならず、普段は文房具にさほど関心のない多くの人たちにさりげなくアピールできる可能性に満ちた場だと思います。

が、がんがん新しいラインナップが登場しないところを見ると、そんなに盛り上がっていないのでしょうね…
猫町がいいなと思うものはたいていマイナーでお金儲けにつながらないので…

こんなことならはがき&便箋に最強のボールペン、ということでハイブリッドテクニカでも推してほしかったです。
そしたらなんとなく受け入れられて、廃番になることもなかったかもしれないのに…
POSTA仕様になったハイブリッドテクニカ、見てみたかったな…

とまあ妄想も楽しいのですが、三度の飯と水性顔料インクの好きな猫町としてはいいものを教えてもらったぞという気分です。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-14 23:59 | その他筆記具 | Comments(2)

赤ボールペンを求めて・その6(アンケート再掲)。

前回も少しふれましたが、採点用のペンに関するアンケートは現在も募集中ですので、コメントへのレスは今回はしていません。
どれ、猫町の相手をしてやろうかい、というやさしい方のご協力をお待ちいたしております。

なお、コメントは下記の記事のコメント欄に「公開」でお願いいたします。
コメント欄をざっと眺めるだけでおもしろい感じになればと思っています。
メールで回答してくださる方もおられるので、春になればまとめてみたいと思っています。

猫町と中学生31(採点用のペンに関するアンケート・教師篇)。
猫町と中学生32(採点用のペンに関するアンケート・学生篇)。

さて、猫町はこの3人を愛用中。
f0220714_6222433.jpg

それぞれに良さがあるので、もう探究なんてしなくてもいいのでは?という気分になっています。
裏抜けしない程度にインクが出てダマにならなければ、そして乾きが速ければ問題なしであります。

これまでの記事はこちら。

赤ボールペンを求めて・その1(探究開始)。
赤ボールペンを求めて・その2(先ずジュースより始めよ)。
赤ボールペンを求めて・その3(単色ボールペンの喜び)。
赤ボールペンを求めて・その4(エナージェルとサラサドライ加わる)。
赤ボールペンを求めて・その5(アンケート再掲)。

猫町がずっとそうだったように、赤ペンは使わない人は本当に使わない筆記具だと思います。
それだけに貴重な赤ペン期を過ごす学生さんの意見を聞いてみたいなと思うのです。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2017-01-31 23:59 | その他筆記具 | Comments(2)

赤ボールペンを求めて・その5(アンケート再掲)。

前回書いたように、現在猫町が使用している赤ボールペンは、

PILOT・ジュース0.38
ZEBRA・サラサドライ0.5
ぺんてる・エナージェル0.5

となっています。
0.5にしたのは正解で、やはりペン先への負担を考えると0.38では窮屈でした。

単純なもので、「自分は大きなサイズの丸は付けない」などと言っていたくせに、0.5の余裕ある書き味に気をよくし、どんどん丸のサイズが大きくなってきた猫町。
サラサの0.5だけを使っている時はそんなに感じませんでしたが、0.38と比較するとその差は歴然としています。

ということで現在、「採点ペンをゲルインクボールペンにする場合は0.5以上のボール径の単色ボールペン」というところまで来ています。
サクサクとファイナルアンサーに近づきすぎでしょうか?

でもまあこれはゲルインクボールペンに限っての話ですから、ゲルインクボールペンのファイナルアンサーが出たら次は油性ボールペンやサインペンや色鉛筆について考えることにします。

今後の予定としては、上記のラインナップにシグノを加えたいと思っています。
シグノRT1のリフィルであるUMR-85Nとシグノ307のリフィルであるUMR-85E。
その両方を使うか後者だけにするかは少し迷っていますが、来年早速入手したいと思います。

なお、採点用のペンに関するアンケートは下記のとおり。

猫町と中学生31(採点用のペンに関するアンケート・教師篇)。
猫町と中学生32(採点用のペンに関するアンケート・学生篇)。

ちょうど今むちゃくちゃアクセスが少ない時期で(通常の半分くらい)、誰宛てのメッセージやねんと思いながらこれを書いているのですが、猫町の相手をしてやろうという方はぜひどうぞ。

また、ゆずなさんのように親御さんがお子さんにヒヤリングするのもOKです。
その場合もアンケートの項目にそってご回答くださいね。

以上、来年は採点ペンについて究める一年にしたい猫町でした。
[PR]
by mukei_font | 2016-12-29 23:59 | その他筆記具 | Comments(0)

赤ボールペンを求めて・その4(エナージェルとサラサドライ加わる)。

それでは赤ボールペン探究の話の続きを書きたいと思います。
これから年末にかけて一気に記事を更新するので、この記事もすぐに流れていくでしょう。

12月の終わり付近にもう一度赤ボールペンの記事を書く予定なので、そこにこれまでの記事のリンクを貼り、またアンケート調査の記事へのリンクも貼ることにします。
とりあえずこれまでの記事は以下の通り。

赤ボールペンを求めて・その1(探究開始)。
赤ボールペンを求めて・その2(先ずジュースより始めよ)。
赤ボールペンを求めて・その3(単色ボールペンの喜び)。

さて、前回はジュースの0.38を使い始めたところまで書いたと思うのですが、あの後、新しいメンバーが増えました。

ぺんてるのエナージェル0.5とZEBRAのサラサドライ0.5です。
0.38は丸付けには頼りないことが分かり、今回からボール径を0.5にしました。

これらは芯だけを購入し、手持ちの軸に入れたのですが、こんな感じになっています。
左からジュース0.38、エナージェル0.5、サラサドライ0.5です。
f0220714_6222433.jpg

エナージェルは純正の軸も持っていましたが、インクが見えるプラスチックの軸が好きなのと、ジュースの軸が好きなのでこのようになりました。
コメント欄でどんさんも書かれていましたが、ジュースは軸が細いところがいいんですよね。

これらは使い始めたばかりでまだ全然何かを言える段階ではないのですが、水性染料インクのエナージェルとサラサドライはさすがに赤色が鮮やかで新鮮ですね。
乾きの速さや裏抜けの具合などをこれからじっくりと観察し、そのうち記事にしたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-12-20 23:59 | その他筆記具 | Comments(0)

赤ボールペンを求めて・その3(単色ボールペンの喜び)。

ということで、現在のジュース(0.38・赤)です。
前回書いたようにやはり透明軸じゃないと盛り上がりに欠け、一番最初にジュースを買った時の黒軸に入れてみました。
f0220714_0521825.jpg

かなり違和感がありますが、かっこいいと言えなくもない…はず。
f0220714_0523662.jpg

で、早速使ってみているわけですが、やはり丸付けに0.38は細すぎました。
丸付けの動作は自分が思っている以上に勢いがあり、ペン先に相当負担がかかっている感じです。
が、字を書くにはやはり0.38がベストなので、丸付け用は0.5、書き込み用は0.38という風に使い分けるのがいいのかもしれません。

0.38の赤というと、スタイルフィットのシグノリフィルの0.38をぺんてるのアイプラスに入れて使っているのですが、同じ0.38でも今回のジュースと全然違いますね。
ジュースのほうが圧倒的にいいです。

これはジュースとシグノの問題ではなく、単に単色軸と多色軸の違いです。
より正確な比較をしようとすると、シグノの単色軸(シグノRT1)とスタイルフィットのシグノリフィルを比較すべきですが、まあ一般的に単色軸のほうが書きやすいと思っています。

何と言っても多色軸は芯が斜めに出てくる難しさがあるし、リフィル自体もインク量の多い単色リフィルのほうが安定感があるはず。
なので、仮に単色ホルダーに入れたスタイルフィットシグノとシグノRT1を比べても、その書き味はイコールにはならないと思っています。

常日頃、ダイアリーのためにしかたなくスタイルフィットを使っていますが(ホルダーはアイプラスやプレフィール)、自分は本当に多色のゲルインクボールペンとは相性が悪く、上向き筆記などは絶対にしていないのに、どうも筆記線が薄かったり、書き味がカサカサしていたりして使っていて全然楽しくありません。

そんないまいちの体験しかしてこなかったので、単色軸の赤色ゲルインクボールペンの素晴らしさには目を見張るものがありました。
これまでのせこい書き味とは違い、いつまでも書いていたくなるような頼もしさがあります。

考えてみれば黒や青は単色軸を使っていたのだから、赤だって単色軸さえ使えば快適だったのです。
ただ、使用頻度的に赤色の単色軸を買うのに抵抗があっただけなのです。

単色…万歳!
理想の赤ボールペンの第一条件はまず単色であること。
これはもう決定といっていいでしょう。
[PR]
by mukei_font | 2016-11-25 23:59 | その他筆記具 | Comments(0)

赤ボールペンを求めて・その2(先ずジュースより始めよ)。

さて、赤ボールペンの探究をそろりとスタートさせた猫町です。
前回もちらと書きましたが、まずはジュースの0.38の替芯を入手することから始めました。

赤穂にジュースの替芯が売っているのか非常に不安でしたが、イオンの替芯コーナーで発見。
ちゃんと定番商品扱いされているのは素晴らしい。
f0220714_01634100.jpg

この替芯がまたいいんですよ。
見てください。
「顔料」と書いてあります。
猫町の大好きな水性顔料インクです。
うれしいなあ。
顔料、ってこんなにアピールしてあってうれしい。
もうきゃあきゃあ叫び出したいほどうれしくて、ああ、ここにうさむしがいればたとえ反応が薄くてもこの興奮を言葉にできたのに!と思いました。
確実にスルーされるのですが…
f0220714_0165557.jpg

さて、替芯を握りしめ、レジに向かおうとした猫町に脳内のフミヲが話しかけてきます。

フミヲ「ほんまに芯だけ買うて大丈夫?PILOTの芯はシグノみたいに何にでも入らんで。ちゃんと入れる軸ある?」
猫町「ド素人ちゃうちゅうねん。LG2RFが入ってた名入れ軸が何本かあったやろ。Gノックみたいなやつ」
フミヲ「透明軸がえんちゃうん」
猫町「一番最初にジュース買うた時の軸もあるで」
フミヲ「でもあれ店(木琴堂)やろ」
猫町「あー…」

というわけで、最初はとりあえずこちらの軸に入れることに。
そのうち使い終わったジュースの軸に入れることにしましょう。
インクが見える透明軸がやはり一番好きなので。
f0220714_0171981.jpg

[PR]
by mukei_font | 2016-11-24 23:59 | その他筆記具 | Comments(2)