猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
【追記】 あと、キップ..
by 輪音 at 01:53
お徳用日東紅茶のティーバ..
by ふりふりばなな at 23:26
私の買い物メモはジャスト..
by なぎねこ at 22:59
馬油も効きますよ。 一..
by 輪音 at 02:21
仕事が仕事なので、ほぼ毎..
by alchemie0629_a20 at 19:15
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

PILOT・丸芯ツインマーカー。

次々出る新商品に、さすがの文具好きも感覚が麻痺してしまい、罰当たりにも「ふうん」といった感想しか持てないことも正直ある。

PILOTの人が「ねこまっちゃん、ほれ」と持って来たマーカーを見たときも最初はそうだった。
へえ…クラフトテープにも書けるって?そんなん前からあったでしょ?
Vスーパーカラーだっけ?

「…てゆうかこれ両方丸芯じゃないですか!すご!」

今まで見えてなかった「丸芯」の文字に突然テンションの上がる猫町。
それがどうしたん?という周囲に、マーカーの太字がたいてい角芯であること、それが使いにくくて嫌いであることを力説。
PILOTの人のニヤリとした顔。
こういう反応を求めていたんだろう。

しかし本当に素晴らしいな丸芯ツインマーカー
太字を求めて買ったはずなのに角芯の縦とか横とかの方向性で、案外ひょろひょろの文字しか書けず、こんなはずじゃなかったとイライラする人は多いはず。
まさにグッジョブだ。
f0220714_8215046.jpg

[PR]
by mukei_font | 2010-06-10 08:25 | その他筆記具 | Comments(2)

君の名は。

「これに合う芯があればいただきたいんですけど」

はいはいはいはい。
いらっしゃいませいらっしゃいませ。
猫のようにピンと真っすぐにしっぽを立て、きらきらと目を輝かせていると、お客さんの鞄から出てきたのは…

またお前かーーーーー!
f0220714_834248.jpg

見てすぐにピンときた。
お前はにっちもさっちもいかなかったあのときの…(替芯番長が白旗をあげるとき。参照)

どんなに頑張っても無理だった事情を手短に説明すると、納得してお客さんは去って行った。

なんだなんだ。
巷で出回っているのか。
いかにも替芯がありそうな思わせぶりな形をしているからなあ。

お前は誰だ。
誰なんだーーー
[PR]
by mukei_font | 2010-06-09 08:47 | 替芯 | Comments(8)

復帰第一作。

POP復帰第一作はマルマンのニーモシネシリーズにした。

ニーモシネは以前の職場において、最初の生きたサンプルとなった思い出深いノートだ。
サンプルのために同僚や先輩と交換日記をしたのは2年前のちょうど今頃だったろうか。

ニーモシネは特に力を入れなくても売れる商品だった。
そのうえニーモシネ開発者による『ノートは表だけ使いなさい』という本も話題となり、ますますビジネスマンを中心とした人気商品になった。
が、われわれの怪しげな交換日記のサンプルにより、ビジネスマン以外の客層にも大いに売れたのは確かだ。

ニーモシネはビジネスマンのマストアイテムだけれども、ビジネスマンだけのものじゃない。
いかようにも使える。
マルマンが誇るあのなめらかでコシのあるオリジナル用紙を試さない手はない。

そんなニーモシネへの熱い思いを文章にして、なんとか今日は一つPOPを仕上げて来た。

ちなみに正統な猫町POPの特徴は二つ。
POPの四隅をはさみで角丸にしてある点と、どこかに必ず猫のシールが貼ってある点。

少しずつ、しかし確実にそんなPOPが増えていく店であればと思う。
[PR]
by mukei_font | 2010-06-08 23:51 | フォント屋猫町 | Comments(0)

フォント屋猫町再臨。

昨日の疲労は筆舌に尽くしがたいものがあった。

通常の仕事をしながらチラシのコメントを考えたり、POPを書いたり、サンプルを作ったりしなければならなくなった。
確かにこれらの効用を力説したのは私自身だし、それは本当にあると思う。
が、急にできるわけではない。
今までのPOPにしろサンプルにしろ、じっくり言葉を練って筆記具を選びながら時間をかけて作って来たものばかりだ。

あまりにも簡単にできると思われていることに恐怖を感じて、今までのPOP等を見せ、爆発的に時間がかかると何度も念を押したが、むしろ分かってほしいのは書くのに時間がかかることよりも、時間をかけてでもやろうとすることの意味や、今後のビジョンのようなものだが、それらに共感してくれる人はほとんどいないのだった。
したがって時間や場所の確保も難しく、元来小心者であることから周りの目も気になり、商品は先行してどんどん入って来るし、それにともない現場は混乱するし…

本気で出奔を考えた。

できたら細く長く働きたい。
燃え尽きるとかそんな不器用なことを繰り返している場合じゃない。
何かうまいやり方があるはずだ。
すべてを一人で抱え込めば完璧なものを仕上げることはできるだろう。
でもそれじゃ前と同じだ。
せめて今だけわがままを許してもらうしかない。
あと、焦らないこと。

ちなみに今抱えている仕事の内で一番気が重いのはチラシのコメントだ。
なぜか特定メーカーの商品8点についてコメントしなければいけなくなった。
8点は好きに選んでいいのがせめてもの救いだが、最終的にメーカーの人間がチェックすると思うと気が重すぎるのだった。
適当なことは書けないし、くだけた表現もどうかと思うし、猫町節を崩したくはないし。
猛烈なストレス。

今日も頑張ります…
[PR]
by mukei_font | 2010-06-08 08:44 | フォント屋猫町 | Comments(2)

キョクトウ・F.O.B COOP(B6リング・無罫)・¥300(税抜)。

新しいプロジェクトのために買ったのはキョクトウのF.O.B COOPシリーズのB6リングノート。
もちろん無罫をチョイス。
意外にも初F.O.B COOP。
白色度の高い紙はなめらかで、ジェットストリームとの相性もばっちり。
f0220714_23565770.jpg

[PR]
by mukei_font | 2010-06-07 23:48 | 本日のお買い上げ | Comments(0)

お宝☆ぺんてる・ピアニッシモボール。

商品点数が異常に多い筆記具売り場は管理が行き届いておらず、ときどきぎょっとするようなお宝に出会える。
その一つがこれ。
ぺんてるのピアニッシモボール。
サイドノック式の油性ボールペン。
廃番商品。
f0220714_11493937.jpg

サイドノック式シャープペンのピアニッシモは現役のはずだが、油性ボールペンもあったんや。
ノックの感触がちゃちでノック音もひかえめ。
ピアニッシモという名前はここから来ているのだろうか。
だとしたら素敵だし、看板に偽りなしだ。

売り場で見つけたときはすっかりインクが出なくなり、売り物にならなくなっていたので上司とメーカーさんに相談して数本譲り受けた。
替芯はBKS7Hだが、わざわざぺんてるの芯を入れなくても一番汎用性の高い形の芯だ。
とりあえずPILOTのBSRF-6Fを入れて書き味を楽しむ。
うーん、悪くない。
悪くないぞ。

もともと安い筆記具が好きということもあるが、背伸びしたところがまったくない安いなりの素直なデザインや、非常に原始的なノックのメカニズムを存分に眺めることのできる透明ボディは好感度大。
クリップ部分の青色とノック部分の青色が違うところが謎だがそれも微笑ましい。
いったいどういう議論の末にこんな配色になったのか想像するだけで和む。

しかしこんな素敵なピアニッシモを分かち合える人間は職場にはいないのであった。
ということで、文房具好きの友に見せびらかしたり、久しぶりに会った前職場の先輩にプレゼントしたり。

文具好きの心をくすぐる何かがぺんてるにはある。
[PR]
by mukei_font | 2010-06-06 12:20 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

只今準備中。

サンプル帳のための材料をかき集め、プランを練る。
来週、スムーズに始められるようにしておかなければ。
[PR]
by mukei_font | 2010-06-05 23:55 | わたくしごと | Comments(0)

ノートありき。

いずれにせよ新しいプロジェクトには新しいノートが必要だ。
これ常識。

ということで今日はノートを買おう。
A5でリングで無罫の。

品出しされるのを箱の中で待っている白い人を朝イチでいただきに行く。
[PR]
by mukei_font | 2010-06-04 08:13 | 文具屋日記 | Comments(2)

愛と熱弁の果てに。

一つ言えることがあるとすれば、それは「熱弁しすぎた」ということではないだろうか。

事態が思わぬ方向に転がっていく。
悪い方向ではないと信じたいから「身から出た錆」とは言いたくないが、それでもほとんどそれに近い状態になってきた。

このたび新しく作ることになった(らしい)チラシ用の原稿を頼まれる。
みんなでコメントを寄せ書きにするはずじゃなかったのか。
いつのまに私が全部することになったのだろう…
デジャヴュ?
いやこれ前にもありました。
ありましたよ。

そして来週は大幅な棚替えが。
それにともないPOPとサンプル作りが。
さらになんでか知らんがダイアリ類の発注も考えなあかんくなった。
なんで?

本当はレジで接客するのが一番好きだ。
限られた時間内での替芯トーク。
さりげない宣伝トークや洗脳トーク。
替芯の引き出しを開けたり締めたりしながら減りをチェックし発注するのも楽しいし、カタログであれこれ調べものをするのも楽しい。
手のあいた時に小さな商品(消しゴムとか認印とか)を入れる紙袋を自作するもまた楽しくて、単純作業好きの私はかなりの完成度でそれらを仕上げることができる。

なのになぜだ。

いいだろう。
すべて引き受けてみせましょう。
やり遂げてみせましょう。

猫町文具店再興のときが来たと思えばいいのだ。
もう二度と実現しないと思っていた夢のプロジェクト。
前回以上のクオリティで、ただし前回より細く長く続けられるように。

ただ、どうにもさすがに今日は混乱がまさり、今季初のチウハイをあおり、布団に転がって泥のように眠った。
[PR]
by mukei_font | 2010-06-03 23:58 | 文具屋日記 | Comments(0)

紙製品革命。

某紙製品メーカーと約2時間に及ぶ商談。
燃え尽きた。

まだ「研修中」のバッジをつけたアルバイトの人間が、社長の隣で商談に参加するなんて異例すぎるだろう。
だが、今や誰も私を止めることなどできないのだった。

社長とはそんなに普段ゆっくり話さない。
本当は就職の面接のときに見せるべきだった、前職場でのPOPやサンプル帳も見せたことはない。
今の職場に来てから書いたPOPはたった2つで、どちらも私の実力の数分の1も発揮できていない代物だ。
それでも「この人間が間違いなく心のこもったPOPを書きますから」と言ってもらえてうれしかった。

私の本領というものがあったとしたら、それは替芯に通じていることでも、文房具についてのマニアックな知識でもないと思っている。
ただ熱弁すること。
それも自分にしかない文字と言葉で。

今の店で今の立場でいったい私にどれだけのことができるかは分からない。
が、もうここまで来たら思い残すことなく存分に発揮すればいいのではないかと思う。
セーブすべきものは何もない。

絶対に変わることがないのだろうとあきらめかけていた紙製品関係の商品見直しが始まった。
単にふわふわと根拠のない理想を追究する品揃えではなく、きちんと理由のある、そして見通しのある品揃えについて考えたい。
どこまで関与させてくれるかは謎だが。

紙製品。
手書き。
猫町フォント。

再び多くの出会いを演出できればと願ってやまない。
[PR]
by mukei_font | 2010-06-02 23:55 | 文具屋日記 | Comments(0)