猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こん○○は。今回の大雨大..
by YAS at 14:26
はじめまして。 包装紙..
by noinoi13 at 16:30
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 11月 ( 44 )   > この月の画像一覧

限定プレラ待ち。

メーカーや問屋から届く荷物を開けて検品したり、値付けをして品出ししたり、といったことは、れっきとした仕事である。
別に新商品見たさにハイエナのようにバックヤードをうろついているわけではないのだ。

が、やはり心待ちにしている新商品の納品書を見つけてしまうと、たとえそれがすぐには開けなくていいと言われている商品であっても、とりあえずその顔を見ておきたくなる。
有無を言わさずばりばりとガムテープを破りながら箱を開け、緩衝剤を取り除き、ぴかぴかの文房具にこんにちは。

本日入荷のPILOTのネオックスグラファイトにもまずご挨拶。
シャープ芯の外見(ケース)そのものはいわゆるオーソドックスなデザイン。
思わず唇の間にはさんでみたくなるぺんてるのシュタインのほうがよっぽどいい。

が、芯は使ってみないと分からない。

芯の比較研究用にシャープペンもすでに買い込んでいることだし(実験用シャープペン入手。参照)、あとは各社のシャープ芯を買いそろえるのみ。
今週末あたり、一気に買ってみたい。

さて、待ちこがれているアイテムは実はもう一点あって、それはPILOTの限定プレラ「色彩逢い〜いろあい〜」。
万年筆だ。

このプレラ、カラーインクの色彩雫とコラボした、コンバータ(CON-50)付きのスケルトンボディのプレラで、キャップの頭と胴軸のお尻にワンポイントで色が入っている(おそらく色彩雫の色と対応。しかし全色分はなかったように思う)。

ペン先はFとM。
ワンポイントの色はFとMとでちょっと違う。
色が違うのではなく、見え方が違うというのか。
例えば同じ青色にしても、Fだとくっきりした不透明な青、Mだと透明がかった青、といった感じ。

まあなんといってもプレラだし、ペン先にはまったく期待していないが、スケルトンのボディとワンポイントの色がむちゃくちゃ素敵で…またそれらがずらっと並んだ姿が圧巻で…
9月のPILOTの見本市では文字通り、ハアハアしか言ってなかった小生(ベテラン風の万年筆担当者もやや戸惑い気味)。

これを待っておるのですよ。
このプレラを。

小生は必ず1本買う予定。
小生の洗脳によって万年筆の色インクに目覚めた同僚の一人もほぼ買う予定。

PILOTの万年筆のペン先は細いからMでも十分いけるだろうな。
早く実物が見たいのだ。

バックヤードのハイエナ活動は続く。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-11 00:01 | 文具屋日記 | Comments(0)

休憩中。

あかん…
今週はいつも以上にヨボヨボの予感。

LIFEのVINCENTについては少々お待ちください。

しかし、そんなボロボロな小生が荒れ果てたバックヤードで見つけた光り輝く段ボール箱は…

PILOTの新しいシャープ芯、ネオックスグラファイト。

待ってました!

これでやっとシャープ芯の実験始められる。

頑張れフミヲ。
くたばるにはまだ早い。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-10 14:12 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)

休日ノート。

さんざんロフトに足を運び、手帳について、あるいは手帳を使いこなせない自分について懊悩していたはずが、気づいたらまた1冊ノートを作ってしまっている…

その名も「休日ノート」。

休日にだけ使う、休日一日をいかに過ごすかについてメモするノート。

そんなんいる?
いります。

そもそもは買い物メモだったこのノート。
しかし、破って捨てるには案外面白い。

買い物メモを見ると、その日に作ろうとしていた料理が分かるのがまず楽しい。
もちろんメモに反して買い物の途中で予定が変更し、全然違うことになってしまうこともしばしばだが、それとて記録しておけばあとで見て楽しい。

休日の過ごし方にしても同様で、ToDoリスト的なものを作っても、ぼんやりしているうちにその数分の1もこなせないまま一日が終わってしまったりする。
が、それをそのまま記録しておけば、次の休日にこなすべきことが分かるし、まあそこまで計画的でなくても、単に休日のゆるゆるっぷりを楽しめればそれでいい気もする。

このノートの素敵なところは休日にだけ使えばいいこと。
ページが進むのがゆっくりでもかまわない。
休日には必ず買い物をするから、使わないことはまずない。
着実にノートを使うことができて、挫折の心配もなし。

ということでノート選び。

片手に持って買い物したいから、大きさはB6以下。
ぐるりと折り返したいからリングノート希望。
もちろん中身は無罫で。

というわけでLIFEのこの人。
VINCENTのA6サイズ(横型)。
中は無罫。
f0220714_9321170.jpg

中はこんな感じ。
f0220714_1743513.jpg

なかなか楽しいです。
おすすめ。

VINCENTについては今夜また続きを書く予定。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-09 09:34 | ノート | Comments(2)

文房具ブーム!?

帰宅後ちょっとした事件があり、すっかり消耗し、今の今までこたつで事切れておりました。

消防士のお兄さんたちがむやみに男前であったこと、警察の人がジェットストリームでメモを取っていたことをここに記録しておきたい。
疲れた…

閑話休題。

先日買った買ったとはしゃいでいた、おもしろ雑誌「すごい文房具」

なんと、エキサイトニュースで取り上げられているではないですか。
Excite Review:文房具ブームの決定版!『すごい文房具』

やっぱりプロは違うなー
どこからまとめていいのか分からない雑誌の内容を上手にまとめておられます。

記事の最後のほうには「ここへ来て増刷がかかったようで、アマゾンでも再入荷」って。
入手がまだの人は是非是非。

それにしても、エキサイトニュースのタイトル、「文房具ブームの決定版!」て…
ブームなんですか、文房具。

年がら年中一人盛り上がっているのでよく分かりません。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-09 01:01 | 文房具与太話 | Comments(0)

猫マグネット(Shinzi Katoh)。

いろいろあって燃え尽き(←プロ野球ファン)、今夜はノートについて語ることができそうにないので、久しぶりに猫文具のご紹介。

昨日、同僚の誕生日プレゼントを探しに立ち寄った雑貨屋で、まんまと出会ってしまったど真ん中ストライクの猫文具。

猫のセラミックマグネット。
なかなか強力です。
f0220714_23244628.jpg

てゆうかこれ…
小生にクリソツ(死語)。

すぐさま友人のうさむしに、「自分そっくりの猫見つけた!」と写メ。
うさむしからの返事は「フミチャンこんなに愛想よくない」。

愛想あるよ…
ちょっとくらい…

明日から職場のロッカーで使おうと思います。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-07 23:51 | 猫文具 | Comments(0)

ブギーボード。

連日手帳の話もあれなので、箸休め的におもしろ文具のご紹介。

年末が近いからか、いろんな商品が連日入荷して来るわが文具店。
何だかよく分からないものが入って来たと思ったら、電子メモパッド。
その名もブギーボード

このブギーボード、以前このカテゴリで紹介した、キングジムのマメモの超シンプル版。
マメモは画面ごとに保存したり消去したりすることができたが、ブギーボードは画面に書いて消すのみ。
保存機能はなし。

でも、圧倒的にこちらのほうが使い勝手がいい感じ。

まず面積。
広々として書きやすいA5サイズ。

次に大きさ。
面積はあるもののとにかく薄く、これなら持ち運ぼうかという気にもなる。

そして何と言っても素晴らしいのは書き心地。
付属のスタイラスはかなり細かい線も書け、試した感じでは細字〜中字のサインペンで書いている感じ。
描線がクリアなのがうれしく、電子メモパッドだということを忘れてどんどん書きたくなる、ぬるぬるとした快適さ。

余計な機能が付いておらず、パッド上部中央にあるボタンを押せばパッと画面が消去されるという分かりやすさもありがたい。

ぜいたくな使い方だが、店頭では例えば領収証の宛名をお客さんにたずねるときなどにささっとこのボードを取り出せば、ちょっとした楽しい時間が過ごせそう。

あと、小生のように外国のお客さんと筆談でしか会話できない店員とか、もちろん耳の不自由なお客さんとの筆談にももってこいだろう。

猫、猫、としきりに試し書きする小生に「それええやろ」とにやり顔の店長。

楽しい…
欲しい…
この書き心地くせになる…

パパ(石油王)!
パパ(石油王)!
[PR]
by mukei_font | 2010-11-07 15:12 | おもしろ文具 | Comments(0)

手帳激祭@ロフト。

えー実は昨日もまたロフトに行っておりました…

「NOTE&DIARY」を予約した書店がロフトと目と鼻の先にありまして…
駅からきっぱりとした足取りで書店に近づいて行ったつもりが、なぜかきっぱりとした足取りで黄色の看板の方に歩いて行ってしまったという…

週末なので手帳売場はさらなる人だかり。
仕事帰りの疲労も手伝って、前回のような興奮はさすがになし。
冷静にサンプルを手に取ってレイアウトを吟味していく。

手に取るのは基本的にマンスリーだが、デザインがよかったり、青色が素敵だったりするとウィークリーでもバーチカルでもつい手に取ってしまう懲りない小生。
そして無理無理無理無理…とそっと元に戻すのであった。

無理な理由は一にも二にも面積の広さ。
ウィークリーならレフト式はおろか、見開き2週間でも厳しい感じ。
バーチカルにいたっては絶対に書くことナッシン。

思うにこれは、小生が数々のノートを同時進行で使っているからではないだろうか。
もし小生に与えられたノートがダイアリー1冊であったなら、妄想も、夢日記も、仕事のアイデアも、全部ダイアリーに書く必要があり、それには相当なボリュームとスペースが必要になってくる。

要するにダイアリー以外のところに書き散らしすぎているのだ。

いいんです…
いろんなノート使いたいから…(ぼそ)

というわけでブロックタイプのマンスリーをチェック。
ファンシー系ダイアリーなら先日も書いた(手帳大祭@ロフト。参照)RYU-RYUのA6マンスリーがやはりすべての条件を満たしている。

日曜始まり。
クリーム色がかった紙。
リーズナブルな価格(¥400)。
かわいさ(RYU-RYUのかわいさは好きなかわいさ)。

もし月曜始まりに妥協するなら、次なる候補はユナイテッドビーズの「クラシコクラシコ」のA5サイズ。
普通の大学ノート風のダイアリーで表紙の色やデザイン、質感がおしゃれ。
ダイアリーぽさがないところがマル。
でも、月曜始まりはどうしても…
結局却下。

しかしダイアリーは見ているだけで相当楽しい。
ノートはどう使おうかと一から考える必要があるが、ダイアリーは日付やら何やらすべてがお膳立てしてあって、あとは必要事項を記入すればいいだけなのだ。
言わばもっとも入っていきやすいノートがダイアリー。
多くの人がダイアリーを手にするのも分かる気がするのだった。

この「お膳立てしてある感」というのは本当に大事なことで、例えば普通のノートに一生懸命線を引けばダイアリーも家計簿も作ることができるが、面倒だし、だいたいが地味でぱっとしないレイアウトになってしまうのがオチ。
いかにも書きこんでくださいといわんばかりのレイアウトや罫線は、一から線を引く手間よりももっと大切なこと(例えば貴重な情報を記録すること)に時間を割くよう促すやさしさそのものといえる。

ありがとう。

って全然使ってない人間が言うのもなんですが。
無罫に日付からもそもそ書いて、妄想もスケジュールも混然一体となっている駄目な小生です。

で、昨日の発見。

モレスキンのデイリーダイアリーのハードカバーXSがかっこよかった。
使ってみたい。
はい嘘ですもう言いません。

手のひらサイズのモレスキン。
1日1ページというハードルにはどきどきするが、ページの面積の狭さと何より無罫なのがうれしい。

無罫といってももちろんページの隅には日付が入っていて、それだけじゃなく天気と気温のマークまでページの下の方に入っていて、かわいいなあと思っていたら、昨日購入した「NOTE&DIARY」にも載っておりました。
でへへ。

でも、このサイズが曲者で…
いや、もちろんサイズだけじゃなく、冷静になると数々のノートが他にあるのに1日1ページとか絶対無理なので購入は検討しなかったのだが、でも一番のネックはサイズ。

このサイズについては明日また続きを書くつもりです。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-06 23:58 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(4)

エイムック・NOTE&DIARY vol.5・¥1575(定価)。

ついに出ました「NOTE&DIARY Style Book vol.5」。
予約までしてつんのめって購入。

帰宅するなり部屋で立ち読み。
せめて座ろう。

一読、前号の方がハアハア度が高かったように思ったが(前号はGMUNDに心奪われすぎた)、パラパラ(ハアハア)、パラパラ(ハアハア)…
そのうち、あまりにも良さげな商品が多すぎて苛々し始めるといういつものパタン。

今すぐ手に取ってみたいのにたぶんどこにも置いてなくて、取り寄せできるかどうかも分からなくて、仮に取り寄せられる小売店があったとしても間違いなくロットの縛りがある魅惑のノートたちよ!
なんて憎らしい君たちなんだ!

内容についてはぼちぼち語るとして(次号が出るまで一年あるし)、一つだけ言わせてほしい。

表紙の写真。
ASHFORDのHB×WA5サイズのシステム手帳。

小生の審美眼に狂いなし(手帳大祭@ロフト。参照)。
キラーン。

明日は週末文房具の日。
あれやこれや買うぞ。
そして力つきるまであちこちに足をのばす。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-06 03:08 | 本日のお買い上げ | Comments(2)

何度だって無印文具。

繰り返しになるが昨日は無印良品に炒めごはんの素を買いに行ったのである。
が、ロフトの1階ですっかり文房具モードになってしまった小生。
無印良品で文具売場を素通りすることなどできるだろうか。
むしろいつも以上の情熱で徘徊してしまったではないか。

相変わらずノート売り場にはドット方眼が跋扈。
PPカバーでダブルリング、サイズ展開も豊富なだけに残念すぎる。
誰が支持しとんやろなあもう。
気づいたら普通サイズの声で独り言。
あぶないあぶない。

昨日の発見。

上質紙、というシリーズのノートが良さげだった。
万年筆でも書けます、みたいな感じの少しクリームかがった紙。
ノートやらパッドやらがある。

罫線の種類は…?
横罫と…方眼と…?
無罫はなし…
迫害しおってからにーーーーーーーーーー

権力プリーズ。
カモン!始皇帝の権力!

無罫なんて一番簡単にできるでしょうよ。
3ミリ方眼を作れとか、特殊罫を作れとか言ってないのに。

しょんぼりしながら文庫本ノートや単行本ノートを手に取る。
こちらは完全な無罫だが、ノートの開きが病気。
こんな開きで落ち着いて書き物ができるかっつの。

でもやっぱり無印良品は楽しいところ。
いろんなアイテムがあっても、テイストが同じなのが落ち着くというか。

筆記具売り場で「低重心ボールペン」なるものを発見し、そのボディの青色が激しく好みの青色だったので、たぶん近々買ってしまう。
あかんやろそんなもん、と思いつつ、アルミ丸軸万年筆も欲しい。
こちらは絶対に我慢しなければ。

ああ。
誰か小生の文房具の研究のために投資してくれたら。
文房具好きの石油王とか(妄想)。

コメントへのお返事が遅れがちで申し訳ありません。
たくさんの方にお読みいただいていることが、何よりの心の支えです。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-04 23:46 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

手帳大祭@ロフト。

わざとじゃない。
無印良品に炒めごはんの素を買いに行っただけなのだ。
素通りするはずのロフトの1階がまさかあんなことになっているとは。

手帳大祭。
手に取る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら手に取らな損々…
えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ…

あっぱれでござった。
あそこまで広げられたら。
あそこまで並べられたら。

前回(手帳祭@ロフト。参照)もステーショナリーのフロアを存分に使って盛り上がっているように見えたが、まだほんの序の口であったらしい。

今回は前回は見つけられなかったダイゴーのCONNECT GRAPHIC - コネクトグラフィックも発見。
ただしA5サイズのしかなく…もう少し小さめのを見たいんですけど…

しかし熱い。
実は手帳脱落者のくせに、来年はどれにしようかしらフフン、みたいな手帳上級者のふりをしつつ結局ハアハア。
真実手帳を選んでいる女の子たちの会話も興味深く、ふむふむそういうところ重視か…と感心したり。
例えばギョッとするほど手帳自体のデザインが奇抜でも、判断の基準は重さとか。

今日の発見。

ASHFORDのHB×WA5サイズのシステム手帳がかっこよかった。
使ってみたい。
はい嘘ですもう言いません。

HB×WA5サイズとは、高さがバイブル(HB)で、幅がA5(WA5)という新サイズ。
「バイブルでは書ききれない、A5では大きく重くて持ち運びづらい。そんな声を元に開発された」とHPにはあるが、大きさは正方形で十分でかく、でもそのたっぷり感が豊かな感じでよかった。

こんな手帳を使いこなせたらどんなにかっこいいだろう。
どんな鞄からこの手帳が出て来るのかな。

で、結局リアルに買うとしたら…と徘徊を続け、候補にあがったのはRYU-RYUのA6マンスリー…
ペンギンのにする。
青いから。

だってこれくらいしか自信ないもん。
真っ白のまま終わらせたら手帳がかわいそうやもん。

でも、消去法で消極的に選んだわけではない。
RYU-RYUのマンスリーが好きなのは、ここのは日曜始まりだから。

はい。
手帳は「日曜始まり」派です。

理由はカレンダーと同じなのが使いやすいから。
カレンダーが日曜始まりで、手帳が月曜始まりとか混乱する。
まあ小生が「手帳」というときは、「ブロックタイプのマンスリー」を指すわけで、要するにカレンダーなわけです。
壁のカレンダーと手帳のカレンダーが違うかったら困るでしょ。

うーん。
それにしてもすごい盛り上がりだった。
脱落しているのは小生だけなのか。
リポビタンDのCMみたいに歯を食いしばって何かに挑戦してみるべきなのか。

とりあえず購入は保留(また行く気だこいつ)。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-03 22:56 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(4)