猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こん○○は。今回の大雨大..
by YAS at 14:26
はじめまして。 包装紙..
by noinoi13 at 16:30
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧

予告。

今夜はPILOTのアクロボール0.5について書きます。
そのためにも今日一日仕事で使ってみなければ。
楽しみです。
[PR]
by mukei_font | 2011-02-14 08:12 | わたくしごと | Comments(0)

仁和寺にある猫町。

旅行中にもやっと頭をかすめたことがひとつあって、それは「岡山に万年筆のカフェがあった気がする」というものだった。

が、スマートフォンどころか携帯電話をネットに接続することさえ怖い小生が旅先で検索できるわけもなく、まあ岡山も広いしなあ…と晴れ晴れとあきらめそれきりにしてしまったが、帰ってきて「NOTE&DIARY Style Book vol.4」を開くと…

なんと場所は岡山禁酒会館1階。
名前は「珈琲屋ラヴィアンカフェ」。

行ったがな。
扉の前まで行ったがな。

本当は入りたかったのに、棒高跳びのバーくらいの敷居の高さを感じさせる「濃い」雰囲気に扉を押すこともできずにしょんぼりと退散。
まさに「ゆかしかりしかど」状態(徒然草第52段参照)。

ああ…
小生に足りないのは無鉄砲さや。
空気なんか読まんでええのにアホや。

でもまあもし扉を押せたとしても、あいにく愛用の万年筆を1本も連れてなかったし、本当に万年筆なんて使うの?ってくらい知識もないし、やっぱりつらかったかもしれない。
きっとつらかったはず。

そう思うことにしよう。
[PR]
by mukei_font | 2011-02-13 19:56 | わたくしごと | Comments(6)

倉敷とマスキングテープ。

昨日、今日と岡山・倉敷を旅してきました。

表向きは長年頑張りすぎてくたびれてしまった妹の慰安旅行ということになっていますが…当初の目的を忘れ、なんかもうむちゃくちゃ満喫してしまい、恥知らずにも妹に多額の借金をするほど散財し…本日無事帰ってまいりました。

今日は主に倉敷の美観地区と呼ばれるあたりを散策していたのですが、立ち寄るカフェ、立ち寄る雑貨屋どこもカモ井のマスキングテープやマスキングテープ関連の書籍が山積みで、なんだなんだ町をあげてやけにマスキングテープを推してくるなあと思っていたら、カモ井加工紙って倉敷の会社だったんですね。

小生と違い、文房具屋や雑貨屋を徘徊する習慣のない妹はマスキングテープとは初対面だったらしく、興味津々でいくつかお買い上げ。
ラッピングや封緘やスクラップの用途がメジャーだけど、それ以外にもいろいろ使えて楽しいよ。

それにしてもちまちましたものをあれこれ買いすぎました。
またしてもレース鳩のような勢いで飛び去った小生のなけなしのお金たちよ!
f0220714_0415426.jpg

[PR]
by mukei_font | 2011-02-12 23:38 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(2)

旅先にて。

昨日とは一転、文房具から遠く離れて旅に出ています。

今日はさすがに替芯のことやノートのことを考えませんでした、と言いたいところだが、旅に連れて来たマイジェットストリームとF.O.Bコープ(B6リング無罫)が大活躍。

やっぱりノートは無罫のリングが、走り書きには新油性のなめらか系ボールペンがいいですね。

旅が終わったらスクラップブッキングの楽しみも。
どんな小さなことも漏らさないよう、明日もペンを走らせます。
[PR]
by mukei_font | 2011-02-12 00:23 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)

履歴書とフリクション。

PILOTの見本市に行った日の夜です。

目にしたきらきらしたもの、新たに学んだ知識、商品開発にたずさわる人たちの清々しい情熱。
そんなものにふれすぎて、考え込みすぎて、興奮して眠れそうにないので(子どもか)、今日聞いた素敵な一言についてだけ書いておきたい。

それはフリクションのコーナーでフリクションの担当者と話していたときのこと。
一通りインクの説明が終わって一段落した時に尋ねてみたのだった。

「もしも履歴書とフリクションを一緒にレジに持って来た人がいたら何て言いますか」

これに対するフリクション担当者の答え。

「誰にでも消せますよ、と言いますね」

かつて履歴書に最適な筆記具について考察した際、小生はフリクションをはじめとする「消せるボールペン」について、「人事担当者がどこに履歴書を置くか分からない」からと、それを「消えてしまうもの」としてとらえたが、フリクション担当者は「消せてしまうもの」ととらえている。

これはかなり感動の一言。
何度思い出しても心が揺さぶられる一言。

さすがというか、開発担当者からするとフリクションはあくまでも能動的なものであること。
消えてしまうのではなく、消せてしまう。
消せてしまうだけではなく、書き換えられてしまう。

「誰にでも書き直せてしまえるようなペンで大切な書類や長く残す書類を書きますか?それでもいいんですか?と言いますね」

しびれました。
まったく恐れ入りました。

ということで履歴書用の筆記具にフリクションを考えている皆さん。
それでもいいという方のみよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2011-02-11 00:04 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

PILOT春の見本市。

実は昨夜から本気で祈っていたことがあって、それは「社長の気が変わりませんように」ということだった。

もしかしたら今日、PILOTの見本市に行かせてもらえるかもしれない話が昨日あって、でも小生は本当にただのアルバイトだから、店も忙しいしやっぱり無理、となる可能性も十分にある。
もし駄目になったときはそのときは潔くあきらめて誰も恨んだりしないけど、行けるものなら行きたい。

神様。
文房具の神様。

そして見事祈りが通じて、行って来ましたPILOT春の見本市。
神様はいます。

さて、見本市。
昨夏の展示会同様(おたくが通る!参照)、いやそれ以上にPILOT担当者は小生を自由にしてくれ、完全に放牧状態。
会場に足を踏み入れるや否や(as soon as)早速ハアハア質問を開始する小生のところにやってきて、「この子すごいから。おたくなの」とにやりと言い残して去って行く当店の担当者。

各商品のところに立っている担当者もさすがにぼんやりと記憶にあるのか、昨夏の続きのように話し出す小生の相手をしてくれるのはありがたい。
当たり前のことだが各担当者さんはそれぞれに個性があり、内に秘めるタイプというか静かに燃えるタイプというか、小生がいくら興奮しても冷静な人もたくさんいるが、やはり心底楽しんでいる人間というのは嬉しいようで、どの人も本当にあたたかかった。

本当はものすごい速さでメモを取りながら回りたかったが、さすがにそれはできず、その代わりに脳みそフル回転。
納得するまで質問を繰り返し、ひたすらあらゆる知識を吸収、理解を深めた。
ここまでして初めて誰かに語れるというもの。
分かっていないことを熱弁できませんから。

最初はどうしても一般的なトークから始まるが、すぐに日々の疑問や分析を口にしてしまう小生。
しがらみもないので堂々と他社製品と比べるし、別にPILOTの製品をよいしょする必要もない。
ただただ真実が知りたいと思うし、ただただもっと素晴らしいものが出来ればいいと思う。

そんな小生にさんざん話し込んだあとであらためて名刺を渡してくれた人(すごい肩書きの人だった)。
まだ発売になっていない新商品をこっそり握らせてくれた人。
続きはいつでもメールで質問してくださいと名刺をくれた人。
「楽しそうにしている人に出会ったときだけ」特別にすることにしているという実演をしてくれた人。

みんないい人だった。

忘れないうちに全部ノートに書き留めておこう。
そして吸収したことを店頭やこのブログで少しずつ語っていければと思います。
[PR]
by mukei_font | 2011-02-10 21:58 | 文具屋日記 | Comments(0)

ホントのフォント。

今さらという感じだが、このブログ「無罫フォント」はフォントとは何の関係もないブログである。

自分が一番好きなノートの「無罫」に、一番自分らしい「フォント」という言葉をくっつけただけのタイトル。
真っ白な紙に好き勝手に自分の文字で言葉を綴るみたいなイメージで文房具について書いていこうと思って。

でも、フォントにまったく興味がないかというとそれは違っていて、本当はかなり興味津々丸。
ただふれる機会がないだけで。
その機会がひょんなことからめぐってきたんですね。

このたび「名入れの機械」なるものを購入したらしい社長から、「なんかわくわくするキャッチフレーズない?」と頼まれた猫町。

うーむ…
うーむ…
名入れかあ…

わくわくしすぎて思いつかねっつの。

だってあれですよ。
かつては名入れを夢見てこんなさみしいことしちゃった人ですよ(文房具ぶんぶん倶楽部の思い出。参照)。

社長によると、今度の機械はボールペンやUSBメモリのような小さいものからA3サイズまでのあらゆる文房具にカラーで美しい印刷がほどこせる相当ナイスな機械の様子。
印刷はUV印刷と呼ばれるもので、名入れ部分をカリカリ引っかいてもぼろぼろはがれないようなしっかりしたもの。

従来このような仕上がりの名入れをメーカーに注文した場合、まず版を作る必要があることからお金ももちろんかかるし、何と言ってもロットの制約が大きかった。
100本以上とか500本以上とか。

文房具ぶんぶん倶楽部の名入れ計画が頓挫したのもロットの問題が大きかったからだったと思う(そうだろうか…それは他メンバーとの温度差ではなかったか…いやそれは気のせいだろう)

が、今度の機械でこのような夢の名入れが小ロットからできるというからこれはもう興奮するなというのが無理な話。
しかし実際、明らかに興奮し、値段表をぎらついた目で見ているのは小生だけで、他の面々は事態を静観。

なんで?
安物のボールペンがオンリーワンになるんじゃぜ?

で、社長の依頼だが、「異常にわくわくしすぎる」小生に頼むのはそれもちょっと違うかもしれませんよ、とやんわり保留に。

だって、「夢にまで見たあなたの1本!」とか「エセ名入れよさらば…これからは本物志向」とかなんとか、小生に任せたら狭くて片寄ったことになるの目に見えてるし。
たぶんもっと違う文房具も視野に入れたキャッチフレーズじゃないとあかんやろし。
猫町も成長しました。

そして、その際に出てきたのがフォントの話。

社長「なんなんそんなに名入れ好きなん?」
猫町「好きです(キラキラ)…もう入れたい言葉が多すぎて(キラキラ)…座右の銘はどんなフォントにしようかとか(キラキラ)…」
社長「座右の銘とかあるんや…でもフォントやったらむっちゃ持ってるで?見る?」
猫町「はいっ(体育会系の返事)」

聞くところによると社長はフォントおたくであるらしい。
若かりし頃、むちゃくちゃ集めたらしい。
その成果(?)は太めのチューブファイル5冊に及ぶ膨大なものであった。
それを休憩時間に見せてもらいました。

もうハアハアでした。
もちろんプロじゃないので、同じように見えるのもたくさんあるのだけど、ああ、このフォントで自分の名前を入れたい、座右の銘を入れたい、というのもたくさんあって、ひそかにいくつかメモしました。

名入れキャンペーン等が一段落して、その機械の操作等が軌道に乗った頃、こっそり頼んでやってもらおうと思います。
そんな瞬間が来るのかどうかは謎ですが。

そしてもしそういう素晴らしいことができたら、もちろんここで紹介させていただきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2011-02-09 23:34 | 文具屋日記 | Comments(0)

消えいろつめ替え大作戦。

大作戦というほどでもないが、以前書いたトンボのスティックのり消えいろPITの続き。

前回はスタンダードな消えいろPITの紹介だけだったが、実はこの消えいろPIT、つめ替えタイプがあるんです。
もう「スティックのりはトンボの消えいろPIT」と心に決めた小生のような人には嬉しい限り。

ずらり消えいろファミリー。
今日はこのつめ替えタイプの全貌を明らかに。
f0220714_2152208.jpg

そもそもスティックのりってこんな感じで最後まで使えません。
ここまでが限界というか。
f0220714_21553520.jpg

ここまで来るとたいてい紙にくっついてのりの中身がぴょこっと飛び出してきたりして…苛〜となるんですよね。
ほじって使えるというものでもないし。
固形のりって案外かたいから、強引にかき出してもすんごいかたまりがねちねちなるだけ(やったんかい)。

ということでつめ替えタイプの登場です。
残念ながら当店での取り扱いはなく、自分のためだけに一つ取り寄せて使ってみました。
いったい最後の方はどうなっているのか。
わくわく。

最後の方になるとなんか黄色いものが見えてきます。
見えてきてからもしばらくは頑張って側面をしつこく使い続け、ついにここが限界。
f0220714_2285660.jpg

つまみ出してみましょう。
こんなんなってます。
おそらくここを取り替えるものと思われます。
f0220714_2292313.jpg

さて、ここでつめ替え用のりの出番。
こちらも店頭での取り扱いはなく、自分のために取り寄せました。
さて、いったいどうやって入れ替えるのか。
どきどき。

上は天寿をまっとうしたつめ替えタイプ本体から引っこ抜いたのりの本体。
この抜いたところに新しいつめ替え用のりの黄色い部分をはめこみ、ぐるぐると回してのりを本体に取り込んでいく要領のよう。
f0220714_2211296.jpg

分かりやすく、本当はケースに入ったままつなげてぐるぐるするんですが、むき出しにしてみたところが下図。
f0220714_22191361.jpg

なるほどなるほど。
よく分かりました。

これがはたして従来品に比べてどれだけエコであるかとかは正直あまり興味がない。
ただ、従来のスティックのりの最後のかたまりの溝に残るのりがあまりに不憫で。
それがなんとかなるのならという思い一つで。

ということなので、消えいろ派の皆さん。
つめ替えタイプもよろしくお願いいたします。
店頭になくても文房具屋が取引している問屋によっては1個から注文できると思います。
[PR]
by mukei_font | 2011-02-08 22:35 | 切・貼・修正系 | Comments(4)

替芯番長、敗北。

今思い出しても腹が立つが、戒めのために書いておく。

あろうことか替芯のことで痛恨のミス。
全盛期のジェフ・ウリアムス(阪神)をしのぐ防御率の小生がっ(言いすぎ)。

先日同僚に「S-7S(三菱)を太くすることができますか」と聞かれたのだった。
「SXR-80-10は?」とジェットストリーム多色の1.0をすすめてみたが…

前にバネがいるやつやった。

印章ペンか何か。
バネをとめる突起のないSXR-80-10アウト→返品に。

あー腹立つ。
自分に腹立つ。
なぜあのとき勝手に多色だと思ったのかーーー
どうしてどの軸をお使いか聞かなかったのかーーー

スタッフ全員が小生のような替芯マニアなわけじゃない。
お客さんならなおのこと。

ああああああああああ!
自分が許せんーーーーー
[PR]
by mukei_font | 2011-02-08 00:58 | 替芯 | Comments(2)

オーダーメイドペン立て。

今日はとっておきの文房具をご紹介。
なんとオーダーメイドのペン立てです。

小生の生まれ育った町にほど近いところにあるアンティークカフェ木琴堂
懇意にしているそこの店主にわがままを言って小生だけのペン立てを作ってもらいました。
f0220714_22574768.jpg

ごらんのとおり、古い引き出しを利用したペン立て。
古物や骨董に疎い小生は何の考えもなしに、ペン立てによくある高さである8〜10センチの高さのものをリクエスト。
が、これが相当難しい条件だったらしく、引き出しというのはそれよりも深いか浅いかがほとんどとのこと。
言ってくれればもう少し深くても良かったのに…すみません。

元々文房具屋の店頭にあるようなマス目状の什器に憧れがあり、ああいうのにぎっしりマイ筆記具たちを詰め込んでみたいものだと夢想していた小生。
前職場の先輩のように店頭で不要になった什器をもらって帰るという手もあったし、無印良品などにはアクリルの什器もそう高くない値段で売っているけれど、どうせなら木でできた重厚感のある安っぽくない物がいいなと店主に図解付きでリクエスト。

上から見たところ。
f0220714_23115116.jpg

リクエストどおり見事にマス目状に仕切られています。
引き出しってまっすぐなようでまっすくじゃないらしいです。
そのまっすぐじゃないものをまっすぐ風に仕切るのはさぞかし至難の業だったはず。

左端だけ2マスなのは、引き出しのとっての金具がある関係で。
正月に帰省したときにこの件について相談があり、おまかせしました。
ここでまでしていただいてさらにわがままを言うとか絶対ないです。
で、この2マスにはハサミやカッター等の刃物を入れることにし、底にフエルトを敷いてもらいました。

こうやって立てて使ってもおもしろそう。
どっしりとして安定感抜群です。
f0220714_23192649.jpg

さあ、早速筆記具たちを入れてみましょう。
今まではお菓子の箱に入れたり、ゆず茶の瓶に立てたりしていたのですが…
f0220714_23221256.jpg

ぐはあ!
めちゃくちゃ素敵!
どんどん入る!
まだまだ入る!
てゆうか安もんの筆記具ばっかりや!

大切に使います。
本当にありがとうございます。

なお、アンティークカフェ木琴堂はJR坂越駅の北側で、木・金・土曜日のみ営業中。
だから木琴堂っていうんです。
古いものや珍しい物が好きな方はぜひ一度立ち寄ってみてください。
おもしろいものがいっぱいですよ。
f0220714_23391766.jpg

詳細をお知りになりたい方はコメントかメールで猫町までご連絡くださいませ。
ちなみに上記のオーダーメイドペン立ては¥5000也。

実は木琴堂で入手した珍しい文房具たちが増えてきたので、あらたにレトロ文具のカテゴリを作りました。
少しずつ紹介していければと思います。
[PR]
by mukei_font | 2011-02-06 23:43 | レトロ文具 | Comments(2)