猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
こうゆう週間ブロック?の..
by なぎねこ at 17:30
包装紙って、色柄だけじゃ..
by ふりふりばなな at 22:34
Q1:水色と黄緑と赤(ピ..
by えぬ at 23:30
白玉だんご@次回本番2月..
by mukei_font at 14:51
さくさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧

セーラー・インクカートリッジ青墨・¥600(税抜)。

ガチガチガチガチ…
ちょっと寒すぎるんですけど…

ようやくセーラーのインクカートリッジ「青墨」を入手。
顔料インクは初めてなのでドキドキ。
洗ってスタンバイしていたプロフェッショナルギアスリムに早速入れて書いてみると…

こ、これは…(少年漫画にありがちなぶっとい汗をたらしながら)

いい!
この青はいい!
青好きの小生がいつも探し求めているような、ひかえめでくすんだひっそりと静かな青でした。

こんなに素敵な青色ならインク瓶で買うんだった。
そしたらいろんな万年筆で使えたのに。

小生は万年筆のインクカートリッジというものが好きではありません。
すべてコンバータでインクを吸い上げて使います。

もちろんカートリッジの方が便利なのは分かっているのですが、束縛される恐怖を感じるというか。
コンバータに比べてインクの浮気がしにくいというか(たっぷりインクの入ったカートリッジを途中で捨てられない小心者)。

したことがないので分からないのですが、カートリッジはなんとなく「結婚」のイメージ(すみません「束縛」と「恐怖」を感じております)

が、この「青墨」は結婚してもいいかなと思いました。
しばらくはこの青でいってみよう。
この青で頑張って年賀状書きます。

開運フミヲくじ、まだまだ参加者募集中です。
もちろんどなたでもOK。
元日に届くかどうかはあやしいですが、楽しみながら頑張ります。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-25 23:11 | 本日のお買い上げ | Comments(0)

クリスマスの朝のひとこと。

おはようございます。
サンタクロースからプレゼントは届きましたか。

小生はサンタクロースのからくりに気づいてからもずいぶん長く「25日の朝の枕元のプレゼント」というのを続けてもらいましたが(赤面)、独り暮らしをするようになりついにその「奇跡」は途絶えました。

が、やはり相当さみしかったので何度か一人でやってみたことがあるんです。

爆発的にむなしくせつないんでやめとけ。

これが先達からの言葉です。
ほんまにあれはやる前よりさみしくなります。
やめておきましょう(それを複数回やった小生…)。

さて、極寒です。
着ぶくれながら今日も楽しく働きたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-25 09:35 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)

聖夜のひとこと。

トナカイのソリが空を駆けめぐっている頃ですね。
子どもたちはぐっすりと眠れているでしょうか。

こんな夜までたくさんのアクセス本当にありがとうございます。
相変わらずコメントへの返信がとどこおっており、申し訳なく思っております。
はじめましての方もたくさんおられるのに、大変失礼をいたしております。

コメントへのお返事、今しばらくお待ちくださいませ。
いつも本当にありがとうございます。
心から感謝申し上げます。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-25 00:12 | わたくしごと | Comments(0)

開運フミヲくじのお知らせ。

なんて大変なことを始めてしまったんだ。

なんとか消しゴムはんこの龍を彫り終え、ようやくスタンプを開始したものの、これは…
これは…はてしなく手間がかかる作品のようだ…

連休どころか休みもない、そして今まさに右手の人差し指があかぎれでひび割れんとしている小生にとってはあまりの厳しさ。

でもそのぶん完成度高し、です(たぶん)。
消しゴムはんこで年賀状を作り始めて6年目。
今までで一番かっこいいはず。

こんな調子なのではたしてうまくいくかどうか謎ですが、「開運フミヲくじ」なるものを思いつきました。

1.希望者に年賀状を送ります
2.元日の当ブログのアクセス数の下一桁を当選番号とした「開運フミヲくじ」を行います(番号はお年玉くじの番号を利用)
3.当選者には文房具がいっぱいの福袋進呈

本当は「使用した筆記具当てクイズ」とかをしたかったのですが、さんざんセーラーの「青墨」やらハイブリッドテクニカやら書いてしまってますし…

はたしてうまくいくでしょうか…

興味のある方はぜひ!
[PR]
by mukei_font | 2011-12-24 23:57 | 文房具与太話 | Comments(26)

ハッピー・ホリディ。

クリスマスですね。
小生はキリスト教徒ではありませんが、中学から大学までカトリック系の学校に通っていた関係で、クリスマスを非常に身近に感じます。
街をにぎわすアホみたいなあれではなく、思想的になんとなく。

今でも歌える聖歌がいくつもあって、その中の一つ「オーカムオーカムインマヌエル」は夜道の友(怖い)。
「インマヌエル」というのは「主は私たちとともにいます」というような意味だったように記憶しておりますが、いつもなんとなく神様を意識して生きている小生にはぬくもりのある言葉です。
もっとも小生が意識している神様は文房具の神様であることが多いですが(全然あかんやん)。

まあ、グローバルな「無罫フォント」で宗教の話はよしましょう。
なので、タイトルも「ハッピー・ホリディ」(すぐに筋少の「ビッキー・ホリディの唄」が聴きたくなり、爆音で聴いたのは言うまでもない。ハッピーからはかけ離れているがむちゃくちゃかっこいい。あのイントロは素晴らしい)
「ホリデーズ」にすべきか迷いましたが、今日が年内最後の休日だという嘆きを込めて単数形で。

今日はもう何が何でも龍を彫ります。
彫ってみせますとも。
彫り上げたあかつきには迷惑を顧みず、あちこちに年賀状をお届けしたいと思います。
すでに馬鹿げたプランも考え中。

続きは今夜。
f0220714_1241124.jpg

[PR]
by mukei_font | 2011-12-24 12:44 | わたくしごと | Comments(0)

キラキラコレト。

あー…
あほやー…
クリスマスを満喫するために買い込んだ文房具を全部店に忘れて来た…
替芯たちが!青墨が!

気を取り直して、今夜はクリスマスっぽい素敵な文房具のご紹介。
PILOT・HI-TEC-Cコレトの限定アイテム、スターコレクション。

限定品ゆえかPILOTのHPには掲載されておりませんが、以前ハートコレクションというのがありまして、それの星バージョンです。
画像を見ていただければお分かりになると思うのですが、要するにコレトのリフィルのレバー部分が星の形をしております。
f0220714_22571215.jpg

ただそれだけのことなんですが、これが大人気なんですね。
いわゆる女子(範囲広し)を中心に。

小生は文房具を楽しげに選んでいるお客さんたちの会話を聞くのが好きですが、このスターコレクションを見つけた女子高生たちは大変でした。
かーーーーーわーーーーーいーーーーーいーーーーー
ほーーーーーしーーーーーいーーーーー
かーーーーーいーーーーーたーーーーーいーーーーー

お、おう、という感じで見守るしかなかった小生ですが、通常小生はこの手の限定商品にはまったくそそられません。
三菱のスタイルフィットにしてもそうですが、あまりにも女子女子したものはノーサンキュー。
ピンクにもドットにもハートにもラメにもディズニーにも全然ときめきません。
それはもう単に好みじゃないとしか言いようがありません。

なので、展示会や日々の新商品案内でこの手の商品の情報を見聞きしてもブログの記事にするほど印象に残らないのです。
このブログにそういったキラキラしたアイテムの情報が極端に少ないのはそういうわけです。
展示会等で限定ものアイテムに人が群がっている横でレギュラーアイテムの替芯について質問しまくっているような人間ですので。

が。

これにはくらっと来てしまった。
胸を射抜かれてしまった。
f0220714_23114975.jpg

リフィル10本セットがなんと専用ケースに入っておる!
この絶妙の薄さがなんとなくコスメチック!
コスメとか実際よう知らんけど!

正直、入荷して初めて触ったのが昨日。
問い合わせがあって初めてしげしげスターコレクションの什器を見つめたという。
どんだけ興味ないねんて話。

で、これがリフィルセットか…と手にした瞬間、心は10歳に戻っておりました。
ああ、10歳の自分は間違いなくこれが欲しかったです。
今も欲しがっているんじゃないかと思うほどです(意味不明)。

以下文房具との脳内会話。

猫「ええなあ…(ハアハア)」
星「…」
猫「この薄さええなあ…(ハアハア)」
星「あんたコレトあかんやん」
猫「そうやん、これコレトなんよなあ…」
星「ほんまに欲しい人に買ってもらう。帰れ」
猫「何色がええかな…水色はなんかちゃうよな…ピンクもちょっと…白…?」
星「帰れ」
猫「このケースがええやん」
星「ケース、ケースて。それともカスタマイズのパーツにする?(ニヤニヤ)」

そうか。
これシャープユニットや消しゴムユニットに付けたらノックできるんちゃう?
こんだけ飛び出してれば。

すっきりしているのが売りのコレトをなんでわざわざハートや星でがちゃがちゃさせてまうねんと思っていたが、もしこのパーツがシャープユニットや消しゴムユニットのものものしいレバー部分と交換可能なら…

もしそうならスターコレクションは男性にとってもちょっとおもしろいアイテムになりはしないか。
一箇所だけ星形のリフィルが入っているとか相当おしゃれ。
それもアクセントになる色をわざと選んだりして。

やってみたよ、シャープユニット(or消しゴムユニット)ノックできるよ/ノックできんよなど情報お待ちいたしております。
願わくはノックできてほしい。

でも仮にノックできなくても、皆さんの大好きなカスタマイズにこの星形パーツが使えるかもしれませんよ。
コレトのミーやルミオにスタイルフィット芯を入れておられる方おられますよね。
ちょっと遊んでみませんか。

それにしてもこのケースの素敵さよ。
入れ物そのもののかわいさももちろんあるのですが、何と言ってもこれは「芯入れ」という発想がいいですよね。
f0220714_23474262.jpg

芯1本1本にちゃんと居場所があるとか、替芯好きにはたまらない光景です。
もちろんコレトのリフィルだからこそこんなに楽しげに見えるのでしょうが(普通の替芯ばかりのところを想像してみよう)。

もしもクリスマスの朝に枕元にこれがあったなら。
コレトの軸と一緒にプレゼントが届いて、お母さんに入れ方を教えてもらって、大はしゃぎで芯をあれこれあれこれ入れ替えてみて、あんまりそんなんしてたら壊れてまうで、ってちょっと叱られて、実際ちょっと壊れかけて焦って、でもお気に入りの数本を選んでノートに絵を描いたり、手紙を書いたり…

嗚呼。
なんて自分は遠くまで歩いて来てしまったんだ。

追記:スターコレクション、バラ売りもあります!
[PR]
by mukei_font | 2011-12-23 23:59 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(1)

朝のひとこと。

おはようございます。

連日仕事で燃え尽きております。
たいしたことはしていないはずなのですが、帰宅して夕食を終えると呆然としている自分がいます。
やりたいこと、書きたいこと、さっぱりできておりません…

さて、もうすぐクリスマスですね。
サンタクロースを10歳まで本気で信じていた小生としては(トナカイのソリまで見たと思っていたおめでたさ)、クリスマスの朝に子どもたちが枕元に発見するプレゼントというものに思いをはせずにはおれません。
あれは本当に「特別」な瞬間でした。

それに比べると大人たちのなんという薄っぺらさ。
「タイミング」や「イベント」として利用しやがって。

今日はそんな「特別感」を思い出させてくれるアイテムをご紹介できたらと思います(大人になりきれない永遠の女児限定)。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-23 09:50 | 手のひらより愛をこめて | Comments(1)

夜のひとこと。

今朝電車の中でひらめいたアイテムについては、結局今日は買いませんでした。
新しい実験の前にまず年賀状を。
消しゴムはんこを完成させ、セーラーの青墨で宛名を書く。
それを終えてこそ今年が終わるというもの(ほんまに終わるんやろか…)

さて、文房具屋は毎日大忙し。
インクカートリッジのセットがぼこぼこと売れて行きます。
あれ本当に高いですよね。
レジ打ちしながら申し訳なくなります(ときどき怒り出す人もいてドキドキ…)。

その他、筆ペン、クリスマスカード、ぽち袋、年賀状シール、ダイアリー…
年の瀬ですなあ。

今夜も龍が彫れないままこたつでうたた寝の小生でした…zzz
[PR]
by mukei_font | 2011-12-22 01:39 | わたくしごと | Comments(0)

朝のひとこと。

おはようございます。

給料日直前のかなり切羽詰まった今日、突然また心踊る実験を思いついてしまいました。

替芯買うぞ…
ハアハアハアハア…

お金は手のひらから取り出す!
[PR]
by mukei_font | 2011-12-21 10:44 | 手のひらより愛をこめて | Comments(1)

カタログチラリズム。

毎年この時期になると各メーカーから新しいカタログが届きます。
今夜はそんなカタログの話。

カタログというのは商品の目録のようなもの。
PILOTのカタログにはPILOTの商品が、キングジムのカタログにはキングジムの商品がずらずらと載っているわけです。
それらは美しい写真で構成され、商品名や品番から検索できるようになっており、商品の価格はもちろん、ありとあらゆる興味深い情報が満載。
文具店にとってはなくてはならない大切なアイテムなのです。

近年はカタログ冊子を作らずWebカタログだけにするメーカーもちらほら出てきているようですが、まだまだ紙媒体のカタログは主流であり、いくらネットであれこれ調べられる時代になってもなお重要な役割を果たしているのが現状。
そして小生はこのカタログというのがどうにもこうにも大好きなのであります。

カタログの入れ替えの時期になると、一年間使ってぼろぼろになったカタログと送られて来たばかりのぴかぴかのカタログを入れ替えていきます。
古いカタログはすべて捨ててしまわずに保管したり、複数冊ある場合は捨ててしまったり。
通常はこれだけで作業は終了です。

が、こんな素敵なアイテムを小生が見逃すはずがありません。

猫町「いっぱいあります?」
同僚a「いっぱいあるよ」
猫町「欲しいです」
同僚a (´_ゝ`)

同僚a「ほい」
猫町「!!!」
同僚a「めっちゃうれしそうやん」

猫町(カタログを抱きしめている)
同僚b「え、持って帰るん」
猫町(コクリ)
同僚b「家で何するん」
猫町「普通に見たりとか…夜中に急に調べたくなったときとか調べられるし」
同僚b ┐('〜`;)┌

どうやらカタログをハアハア持って帰っているのは小生だけの様子。
いや、ほんと楽しいんですって。

カタログのおもしろさはいろいろあって、まずメーカーごとに個性がある点。
メーカーごとに見事に違う構成&レイアウト。
これは本当におもしろくて、慣れない頃は(みんな同じ並び順にしてくれーーー)と思ったものですが(苦手ジャンルに関しては今なお)、すっかり慣れてしまった今では各メーカーのカタログごとの「クセ」のようなものとうまくつきあえるようになり、素早くカタログをめくれるようになりました。

次におもしろいのは、単にそれぞれのカタログに個性があるというだけではなく、それぞれがカタログを分かりやすいものにするために最良の工夫をこらしている点。
例えばファイル系のメーカーのカタログなんかだと、「穴をあけてとじる」とか「穴をあけずにとじる」とか「ページが増やせる」とか「ページが増やせない」といった非常に分かりやすいキーワードに沿ってカタログが構成されていたりして、探す方としてはパニックになりそうな気持ちを落ち着けてカタログに従っておればいつかは見つかるというありがたさがあります。

なお、カタログの構成やレイアウトは各メーカーごとには違うものの、メーカー間ではある程度一貫しており、PILOTのカタログはいつもPILOTぽく、キングジムのカタログはいつもキングジムぽい感じになっているのですが、マイナーチェンジというか、バージョンアップというか、毎回少しずつ分かりやすく、見やすく、サービス精神旺盛になっていくのは見ていて本当にうれしいものです。
そういう細かい違いを見るのもカタログをめくる楽しみの一つなんですね。

ここから数行は業界人にしか分からない内容になってしまいますが、カタログでダントツに見やすいのはPILOTですよね。
あの筆記具の分類はいい。
値段の順に並んでいるのもいい。
カタログからも王者の風格。
それに比べると三菱の分かりづらさは病気。
いつもピュアモルトが見つからない不思議。

さて。
こんな風にいろいろあるカタログの楽しみ方ですが、もっとも楽しいのは新旧比較です。
新しいカタログと古いカタログの比較。
あれには載っていたのにこれには載っていない。
いわゆる「廃番決定」というやつです。
これは血湧き肉踊ります。

新しいカタログをぱらぱらっとめくっていく→古いカタログとほぼ同じレイアウトなので違いに気づきやすい→あれ?あれがなくなってる…廃番!?

今回の廃番の発見は例えば三菱のウルトラファイン。
油性ボールペン最激細の0.38はウルトラファインだけだったはず。
芯は残ると思うけど、なんだかさびしいなあ。
じゃあ油性で一番細いのはZEBRAのタプリクリップ0.4ということになるのか…

激細といえば「世界初スーパー超極細」のシグノビットもカタログから落ちています。
確かに置いている店をあまり見なくなったもんなあ…
世界初なのに廃番になっちゃったか…
あとジャンポップも今年のカタログには載っていません。
定着せずか…

さらに地味なところでは小生愛用のNO.550がもはや黒だけになっていたり。
おいおいおいおい。
こちとら青を復活させてほしいくらいなのに。
黒は死守でお願いしますぞ。

あとパワータンクのノック式1.0の青が廃番になった様子(芯は生きてます)。
地味に減らしてくるなあ。

まあこんな感じで、カタログをめくっていると時間がたつのも忘れるという話。

さらなるカタログの楽しみ方は、「フライング新商品」のチェック。
これに尽きます。
カタログが出来た時点ではまだ新商品案内さえもらっていない、まるで見たことのない商品が「NEW」という文字とともに載っている。
これまた血湧き肉踊ること間違いなし。

これは今のところリヒトのカタログに散見されますが、まあ「フライング新商品」についてこのブログでフライングしてしまっていいのかどうかは微妙。
そのうち少しずつふれることにいたしましょう。
同様のことがPILOTについても。
おそらくPILOTの新商品の氷山の一角的な人がちらりと。

まあこれはあとのお楽しみ。
時間切れのようでございます。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-20 23:46 | 文具屋日記 | Comments(4)