猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
【追記】 あと、キップ..
by 輪音 at 01:53
お徳用日東紅茶のティーバ..
by ふりふりばなな at 23:26
私の買い物メモはジャスト..
by なぎねこ at 22:59
馬油も効きますよ。 一..
by 輪音 at 02:21
仕事が仕事なので、ほぼ毎..
by alchemie0629_a20 at 19:15
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧

朝のひとこと。

おはようございます。
今年も残すところあと十日余りとなりました。
なんなんですかねこの速さは。

さて皆さんは手帳や年賀状の準備はもうお済みでしょうか。
小生は両方ともまったくです。

消しゴムはんこは龍の体と尻尾が彫れていない状態のまま放置。
もう生首だけでいいかな…みたいな…
そして「謹賀新年はんこ」は6年連続挫折。
これでも途中まで真面目に下書きしてたんです方眼パッドまで買って。
はー………

こんな感じの小生ですが、今夜はちょっとWAKUWAKUするような話をしたいと思っております。
業界人ならではのもぎたて情報を少々。

それでは今日も一日はりきって頑張りましょう。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-20 08:39 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)

ノック式消しゴム付太軸多機能ペン後日談。

昨日の「ノック式消しゴム付太軸多機能ペン」、依頼主様よりメールがありました。
「スタイルフィットマイスター5色ホルダーバージョン」にされるそうです(グリップも?ドキドキ…)。

決め手はスタイルフィットマイスター5色ホルダーの後端ノック。
コレトの消しゴムユニットのレバー部分の出っ張りが嫌だったようで、レバー部分がスリムになる点を気に入ってくださった様子。

うっうっうっ…
今までさんざん「相変わらずむちむち」「どこがマイスター?」などと揶揄されてきたスタイルフィットマイスターにもついに春が…

後端ノック、いいですよ本当に。
それから、グリップをジェットストリーム4+1のに替えるのは本気でおすすめ。
バランスもぐっとよくなって持ちやすさも書きやすさも全然違います。
多機能好きで、スタイルフィットマイスターを主軸アイテムにしようかと考えておられる方はぜひお試しいただきたい。

いやーそれにしてもお役に立ててよかった。
いつかスタイルフィットやコレトのカスタマイズのことをちゃんと書かなきゃなあと思っていたので、良い機会を与えていただけて感謝しています。

ご覧のとおりコメントへのレスはおろか、メールの返信もろくにできないありさまですが、これからも文房具のあれこれを熱く語っていけたらと思っております。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-19 22:58 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(0)

あったらいいなこんなペン・ノック式消しゴム付太軸多機能ペン。

さあさあ始めましょうか。
カスタマイズの時間です。

まず依頼内容および条件の復習。

依頼内容:黒ボールペン、シャープペン、ノック式消しゴムから成る太軸多機能ペン
条件1:ジェットストリーム0.5、HI-TEC-Cコレト消しゴムユニットを使用
条件2:アルファゲル多機能ペン系、Dr.グリップシリーズ、HI-TEC-Cコレトなど太くてすべらない軸希望

最初に結論から発表。
考えられるのは大きく分けて2パタン。
PILOTのHI-TEC-Cコレト「ミー」採用パタンと、三菱のスタイルフィットマイスター5色ホルダー採用パタン。
f0220714_1475180.jpg

それでは以下に詳しく見ていきましょう。

まずHI-TEC-Cコレト「ミー」バージョンから。
はっきり言ってこれは簡単です。
依頼内容を見た瞬間に思いついた方多数だと思われます。
が、今回は今までカスタマイズなんてしたことのない方にも分かりやすい感じで進めたいと思います。

そもそもカスタマイズとは何ぞやというと、例えば普段使っているペンのここがもしこうだったらもっといいのになーという希望をなんとか実現しようとする試みのようなもの。
もちろんペンだけではなくノートでもファイルでもやろうと思えばあらゆる文房具をカスタマイズすることは可能(ただしものによっては技術が必要だったり、お金がかかる場合も)。
が、筆記具のカスタマイズは比較的安価かつ手軽にできるのが◎。

さて、ノック式消しゴム付太軸多機能ペンその1・HI-TEC-Cコレト「ミー」バージョンを見ていきましょう。
今回の依頼内容および条件をふまえると、コレト軸を使ったこのパタンはいわば王道。
王道すぎて最初はあえて避けたのですが、最終的にどうしてもコレト軸、スタイルフィット軸でなければならないという結論に達しました。
理由は一つ。

消しゴムをノックするため。

後述のようにHI-TEC-Cコレトの消しゴムユニットに手を加えることは可能です。
改造すればあらゆる多色・多機能ペンの中に仕込むことも可能です。

が、どうしてもノックできなかった。

一番いいのは依頼者の第一希望であるユニアルファゲルの多機能軸に消しゴムユニットを入れ、ノックできることでした。
ユニアルファゲルに内蔵されている替芯S-7Sはジェットストリームの多色芯SXR-80シリーズと互換性があるのでボールペンの問題は解決。
多機能なのでシャープペンも付いている。
消しゴムがノックできればその時点でこの依頼は終了です。

しかしできたのは消しゴムユニットを入れるところまで。
どうしてもノックができない。

そりゃそうです。
レバーを押し込んだあとの引っ込んだレバーをさらにノックする必要があるのですから。
ここでコレトのリフィルを見てみましょう。
f0220714_14363821.jpg

上が消しゴムユニット、下が普通のリフィル。
レバー部分(芯のお尻についているプラスチックの部品)を見てください。
f0220714_15121120.jpg

消しゴムユニットのほうが出っ張っているのが分かると思います。
これはレバーを押し下げた後にノックできるための工夫なのです。

ここで少し思い出していただきたいのが後述するスタイルフィット軸について。
スタイルフィットの3色ホルダー、5色ホルダーのミサイルのようにものものしいレバー部分を思い浮かべることができるでしょうか。
スタイルフィットはコレトとは異なり、リフィルそのものを工夫することができません。
なので、どのタイプのリフィルがホルダーのどこにさされてもいいようにホルダーのレバー部分を工夫するしかなかったのです。
つまり、どこにシャープリフィルが入っても(あるいはすべての箇所にシャープリフィルが入っても)ノックできるように大きく出っ張らせる必要があった。
ただし、この問題はスタイルフィットマイスター5色ホルダーの登場とともに解消されています(後述)。

まとめると、消しゴムをノックするためにはコレト軸かスタイルフィット軸しか選択肢がなかったということ。

もちろん果敢にいろんな軸にチャレンジしたのは言うまでもありません。
が、ジェットストリーム4&1でもDr.グリップ4+1でもクリップオンマルチでもだめ。
そして3回とも消しゴムユニットのパーツの一部が本体に残ってしまい肝を冷やすというスリル。
それでもやってみたい方は必ずピンセットをご用意ください。

話を先へ進めましょう。
というわけで、結局行き着いてしまった王道、HI-TEC-Cコレト「ミー」バージョン。
何しろ王道ですから、消しゴムユニットとシャープユニットは軸に入れるのみ。
カスタマイズすべき点はたった1点。
ジェットストリーム0.5のリフィルに少々手を加えるだけ。

ちょっと注意が必要なのはこのカスタマイズに使うジェットストリーム0.5のリフィルが、通常の多色芯SXR-80-05ではないという点。
使用するのはスタイルフィット用のリフィル。
長さが違うんです。

スタイルフィットリフィル>コレトリフィル>通常のジェットストリーム多色芯

SXR-80-05だと短すぎてコレトに入れることはできません。
なので長いスタイルフィットリフィルをコレトリフィルに合わせてカットしてコレトに入れる。
これだけです。
f0220714_15273629.jpg

上のコレトリフィルに長さを合わせてカットしてからレバー部分を付ければ完成。

以上でHI-TEC-Cコレト「ミー」バージョンの説明は終わり。
注意点は3つ。

1つめは繰り返しになりますが、スタイルフィット用のジェットストリーム0.5のリフィルを使う点。
2つめはカットしたリフィルのお尻には必ずレバー部分を取り付ける必要がある点(なので、少なくとも1回はコレトのリフィルを買う必要あり。あの部分だけ売ってませんから)。
そして3つめはHI-TEC-Cコレト「ミー」軸じゃないとだめということ。
忘れてはならないのは依頼者が太くてすべらない軸を希望しているという点。
コレトは全体的に細軸で太さは足りない気がしますが、すべらない工夫をもっともこらしているのは「ミー」軸のみ。

続いてノック式消しゴム付太軸多機能ペンその2・スタイルフィットマイスター5色ホルダーバージョンを見ていきましょう。

スタイルフィット軸に行き着いたいきさつは前述のとおり。
スタイルフィットには消しゴムユニットがありませんが、シャープリフィルをノックするための工夫はこらしてあるわけです。

加えてスタイルフィットにはスタイルフィットマイスターという優秀な軸が。
どう優秀かというと、後端ノックが可能なんですね。
後端ノックというのは、普通のシャープペンシルのようにペンのお尻をノックすることで芯の繰り出しが可能なんです。
なので今までのものものしいミサイル的なレバーにグッバイ。

さて、軸が決定したらあとは要素を詰め込むのみ。
ジェットストリーム0.5に関してはスタイルフィット用のリフィルがあるので解決。
シャープペンに関しても同様にシャープリフィルがあるので解決。

難関は消しゴムユニット。
スタイルフィットには消しゴムユニットがないのでコレトの消しゴムユニットを拝借するしかないんですね。
先ほどもちらとふれましたが、これは改造が可能です。

まず消しゴムユニットをしげしげと見てみましょう。
f0220714_15401485.jpg

芯にレバー部分がくっついている通常のリフィルに比べると、消しゴムユニットは3パーツから構成されているもよう。
消しゴム部分(ここは取り替え可能)+下駄パーツ+レバー部分。

下駄パーツというのは勝手に考えた名称ですが、筆記具をカスタマイズする上で「下駄」というのはよく耳にする言葉です。
例えば入れたい軸に入れたい芯の長さが足りない時に芯を延長することを「下駄をはかせる」と言ったりします。

そして通常は小生はこの「下駄」はやらない主義です。
理由は「かっこわるいから」。
これにつきます。
技術的にはもちろんできます。
が、「そこまでせんでも」という冷めた気持ちになってしまうのでやりません。
同様にバネ止めの突起を自作するのも美学に反するのでよほどのことがないとやりません。

しかし、今回の消しゴムユニットを見た時、これはイケると思ったのです。
下駄っぽいがこれは安定感がある。
いやこれは下駄ではなくむしろパーツ。
この部分を少し長くするだけでコレトの消しゴムユニットをスタイルフィットリフィルの長さにすることができるのなら。

やってやろうじゃん。
f0220714_15543269.jpg

やることはシンプル。
消しゴム部分+下駄パーツの長さがスタイルフィット用リフィルと同じになるように下駄パーツを作ればよいのです。

下駄パーツ作りにはいらなくなったボールペンの芯が必要です。
だいたい3.5センチくらい必要なので新品の芯は厳しいかも。
使い終わった芯、かなり使った芯がベストです。
そしてここ注意。
テストに出ます。

ZEBRA以外で。

部屋に無数のボールペンや替芯がひしめく小生も、替芯への愛ゆえになかなかインクが残っている芯を切ることができません。
そこですでに死亡しているタプリクリップ0.4の芯SK-0.4を切ったところ入らず。
ええ、あの消しゴム部分のお尻のプラスチックが全然入らないのです。
とほー…
泣く泣くまだ書ける楽ノック0.7の芯SA-7CNをまさに断腸の思いで切り、完成に至りました。
f0220714_1624412.jpg

真ん中の緑色っぽい芯がSK-0.4。
下がSA-7CN。
PILOTの芯でもうまくいくと思います。

これが完成したスタイルフィット用消しゴムユニット。
f0220714_1651350.jpg

作ってみて思ったのが、もともとの消しゴムユニットの下駄パーツよりもがっちりはまります。
なので改造した消しゴムユニットをスタイルフィットマイスターの本体に何度出し入れしても下駄パーツだけが本体に残ったりはしませんでした。
もともとのパーツはそこまでがっちりしていないので、本当に何度も本体に残ってそのたびに(逝ったか!)とハラハラしたものです。

さあ、カスタマイズの話もいよいよ大詰め。
消しゴムユニットがスタイルフィットに入ることになった今、もうあとはリフィルを装着するのみで完成です。

が、ちょっと待ったーーー!

依頼者の第2条件を思い出してみましょう。
「太くてすべらない軸希望」。
スタイルフィットマイスターは確かに太い。
が、それだけです。
これならまだ細軸のコレト「ミー」の方がましなくらいです。

くそう…
SA-7CNを人柱にしてまでたどり着いたスタイルフィットマイスターなのに…
こうなりゃ今度はグリップを求めて三千里だ。

数日前に少しお時間をいただいたのはそういうわけでした。
もうテッテ的にいろんなグリップをはめこんでみようと思ったのです。

そして唯一見つけたのがこれ。
f0220714_16184860.jpg

ジェットストリーム4&1の出番です。
チェイング!(古)
f0220714_1623215.jpg

キターーーーー
f0220714_16234952.jpg

かっけーーーーー
ただし下のみーーーーー
上にははまらずーーーーー
どないすんねんジェットストリーム4&1はーーーーー

もうね、グリップは奥が深すぎました。
長さとねじのところのバリエーションの多さよ。

小生は筆記具マニアの中でも替芯マニア(RM)の部類ですが、これはグリップマニア(GM)がいるなと心底思いました。
きっといるんでしょう日本のどこかには。
もしわれこそはGMな方がおられたら、さらに素敵なグリップをお教えください。

これでスタイルフィットマイスター5色ホルダーバージョンの説明は終わり。
注意点が3つ。

1つめは繰り返しになりますが消しゴムユニット作りのために用意する替芯のこと。
2つめはグリップをジェットストリーム4&1に替えられるのはスタイルフィットマイスター5色ホルダーのみということ。
通常の5色ホルダーはグリップの形状がまた違います。
グリップにこだわらなければもちろん通常の5色ホルダーや3色ホルダーでもいいのですが、それらにはまるナイスなグリップをついに見つけられませんでした。
3つめはグリップをジェットストリーム4&1に替えたバージョンだとグリップからまったく色の識別ができなくなる点。
でもこれはもうマイスターになった時点で皆さんあきらめてますし大丈夫ですよね。

最後にもう一度だけご尊顔を。
f0220714_16372710.jpg

惚れるわ…
本来のマイスターよりもかっこいいのはもちろん、本来のジェットストリーム4&1よりも多機能でリフィルが長いとか…
消しゴムとか使うことないのに、もうこの人と生きていく…
これこそがマイスター。
スタイルフィットマイスター猫町バージョン。

今回のカスタマイズで思ったのは、いろんな筆記具を衝動買いしてきてよかったということ。
ジェットストリーム4&1もコレト「ミー」もスタイルフィットマイスターも、買った時も後も正直(なんで買うたんやろ)なものだったのですが(そうなのか)、自分のものだからこそめいっぱい実験できました。
ありがとう過去の自分。
これからもがんがん衝動買いしようぜ未来の自分。

長々とマニアックな話におつきあいいただきましてありがとうございました。
カスタマイズマニアの方にはすでにご存じの話ばかりだったと思いますし、結論も平凡なものだったと思います。

でも、まだまだ文房具にそんな可能性があることを知らない方もたくさんおられます。
日々店頭で小生が口にするちょっとしたヒントに目を輝かせてくださる方々の顔を思い浮かべながら今回は書かせていただきました。

最後の最後に一つだけ。
さて、この夢のアイテム「ノック式消しゴム付太軸多機能ペン」のお値段はいかほど?(以下の価格はすべて税抜価格)

HI-TEC-Cコレト「ミー」バージョン:
本体…¥500
シャープユニット…¥180
消しゴムユニット…¥280
ジェットストリームスタイルフィット用リフィル…¥80
合計…¥1040

スタイルフィットマイスター5色ホルダーバージョン:
本体…¥500
グリップ…¥1000←三菱は部品取寄不可…
シャープリフィル…¥180
消しゴムユニット…¥280
ジェットストリームスタイルフィット用リフィル…¥80
合計…¥2040

高っ。

後日談はこちら
[PR]
by mukei_font | 2011-12-18 17:02 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(20)

夜のひとこと。

こんばんは。
まだ地下鉄の中です。

明日はペンの改造の話をします。
一応小生なりの答えに行き着きました。

苦労の末作り上げた改造ペンをもはや愛し始めている小生です(相変わらずの思い込み)。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-17 23:56 | 手のひらより愛をこめて | Comments(2)

あったらいいなこんなペン(予告篇)。

今夜はペンの改造の話をするつもりでした。
「でした」…?

ある方から依頼を受けてあれこれ考えていたのですが、実はまだ答えが出きっておりません。
何通りか考えられるのですが、もっといい答えがあるのではないかと。

というわけで明日も引き続き実験してみたいと思います。
それからせっかくなので改造の過程を写真付きで解説したくなりました。
ちょっと今週末まで延期させてください。

以下に依頼の内容だけ記しておきます。
分かった方もコメント欄に書き込むのは週末までお待ちくださいね。

依頼内容:黒ボールペン、シャープペン、ノック式消しゴムから成る太軸多機能ペン
条件1:ジェットストリーム0.5、HI-TEC-Cコレト消しゴムユニットを使用
条件2:アルファゲル多機能ペン系、Dr.グリップシリーズ、HI-TEC-Cコレトなど太くてすべらない軸希望

さて。
@@を引いた可能性が非常に高いので今宵はこれにて。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-15 22:53 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(0)

朝のひとこと。

おはようございます。
今夜は皆さんの大好きなペンの改造の話をします。
といっても小生はそんなに改造が得意ではないのですが…(替芯を切るところまで。下駄をはかせるのはしない)
替芯好きの方、カスタマイズ好きの方、どうぞご期待ください(大風呂敷)。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-15 07:47 | わたくしごと | Comments(4)

夜のひとこと。

いわゆる忘年会というやつでした。
普段は声や名前しか知らない他店の人と出会えたのは本当によかったです。

そして意外と人気者でした。
小生ではなく猫町フォントが。

普段の何気ない文字でのやりとりを皆さんしっかり記憶してくださっているんですね。
他店の人同士でやいやい猫町フォントについて語り合っているのを聞いていると、まさに一年分の疲れが吹き飛ぶような気持ちになりました。

字を書く時はどんな時でも気持ちをこめます。
そういうものが少しでも伝わっていることがうれしかったです。

しかし飲み過ぎた…

「ねこまちさんて意外と飲むんですね」

はい。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-14 23:45 | わたくしごと | Comments(0)

三菱・フィールドHB・¥700(税抜)。

アミーゴたちよ!
遅ればせながら小生ついに三菱のフィールドをゲットいたしました!

すでに持っているステッドラーの2ミリシャープと並べるとこんな感じ。
フィールドの方が少し長いです。
f0220714_2229377.jpg

ローレット加工(ザリザリした金属のグリップ部分)の触感を言葉で説明するのは非常に難しいですが、ステッドラーの方が目が細かく、フィールドの方が目が粗いです。
が、ザリザリ感が強いのはステッドラーで、フィールドはさほどでもない感じ。

あと、口金部分に違いがあります。
上記写真でお分かりいただけると思いますが、ステッドラーの方には段差(というのか)があり、フィールドにはありません。
グリップと口金の境目あたりを握って書く小生にはフィールドの方がやさしい感触。

まずは実際に店頭で触ってみてくださいと言いたいところですが、後述のようにこれ個包装されて売られてるんですよね…(そうじゃない店もあるのかな?)
ローレットの触感とか重要なところだと思うのですが、太い芯がぴんぴんに尖ってる2ミリシャープだし裸で売るのは難しいのかも。

フィールドの詳細は三菱のプレスリリースを見ていただくとして、でもこれやっぱり写真がきれいすぎるなあ…
いや、実物も十分かっこいいのですが、実際に手に取るとちょっともの足りない部分もあったりして、でもそれは写真では分からないですもんね。

案外軽いんです。
あれ?という感じ。
デザインはシンプルでとてもいいのですが、もうちょっと重くてもよかった…かな…
単に小生が重めの軸好きというだけなんですが…

それでも十分かっこいいです。
このクールさはヤバい。
f0220714_22503666.jpg

もうね、文房具はかくあるべしですよ。
ストイックな色気がたまらん。
ステッドラーの数字だけの品番とか…ハアハアハアハア…

なのに。
なのになのになのに。
このフィールドはこんなだっさい袋に入れられて売られているのでした。
f0220714_22543711.jpg

男前台無し。
事前にこの商品を知らずにいきなりこれを見たら小生もこの商品の素晴らしさにきっと気づかなかったと思う。
「建築用」ってそんなでかでか書く必要ある?
いろんな人に出会ってほしい2ミリシャープなのに、販売戦略がウンコすぎ。

でもまあ皆さんはもう大丈夫ですよね。
こんなにかっこいいのに¥700(税抜)は安い。
失敗してもいいじゃない。
男なら黙って真っすぐレジへGO!

あ、ぱぴこさん。
2ミリシャープの楽しみ方についてはまたいずれ。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-13 23:03 | 本日のお買い上げ | Comments(8)

フリクションボール3あれこれ。

連日フリクションの話ばかりですみません。
でもまあ一応文具店員ですので時には祭りの実況も必要かなと。

さて今年のラスボス、フリクションボール3、順調に売れております。
が、フリクションがキャップ式からノック式になったときの勢いに比べたら正直弱いような気が(PILOT・フリクションボールノック。参照)。
あのときはまさに目にもとまらぬ速さで売れて行ったからなあ。

うーん。
きっとまだ気づいていない人がほとんどなんでしょう。
みんながみんな小生やこのブログの読者の皆さんのように新製品の情報にハアハアしているわけじゃないですもんね。
またフリクションも種類が増えすぎて多色が出たことがかえって分かりにくいほどの売り場になってしまっているし。

気づいていないと言えば知らない方はまだノック式の存在を知りません。
あるいは0.5と0.7の軸の見分け方を知りません。
それどころか替芯の存在を知りません。

小生はレジに同じペンをごっそり持って来られる方には「替芯もありますがよろしいですか」と言うことにしているのですが、まさにちょうど今日、フリクションを20本ほどわしづかみにして持って来られたお客さんに「そんなんあったん!」と感謝されたところでした。

そんなもんですよね。
だからフリクションボール3もこれからこれから。

それにしてもちょっと意外だったのが、フリクションボール3を買って行かれるお客さんが必ずしも替芯を一緒に買って行くわけではないこと。
まだ様子見ということなのか。
もし小生が熱狂的なフリクションユーザーなら、絶対に替芯も同時に購入するけどなあ。

ああでも多色になったとはいえまだたったの3色なんですよね。
ここまで来たら全色多色用のリフィルにして「フリクションコレト」状態にしてほしくてうずうずします。
ブルーブラックのユーザーも多いことだし。
頑張って!PILOTの中の人!

以前、鞄のポケットにずらっと何かのペンを差しているビジネスマンを街で見かけ、あまりにもそれが素敵だったので少しだけ追いかけて観察したことがあります。
あのカラフルなペンたちはいったい?と思って。
それらはすぐにフリクションボールノック(全色)だと分かったのですが、あのビジネスマンは今回のフリクションボール3をどう思ったでしょう。
もうたくさんを持ち歩かなくてすむと喜んだでしょうか。
それともまだ3色かよ全色出せよと思ったでしょうか。

まあ何にせよこれからこれから。
まずは文房具屋に遊びに来てください。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-12 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(7)

フリクションと紙。

ガチガチガチガチ…
寒い夜です…

意志の弱い小生はこたつの電源を入れると猛スピードで眠ってしまうので、あえて電源を入れておりません。
もちろんこたつぶとんはかけてありますがそれだけでは寒く、めいっぱい厚着をしてひざかけ的なものにくるまってもまだ寒いので、ついには愛猫ロドリゲス(仮名)で暖をとっております。
が、寒い者同士が本気でがっちり抱き合ってしまっているので何もできません。

さて、フリクションの話を少し。
筆記具について考える時は、書くもの(=筆記具)だけでなく書かれるもの(=紙製品)も同時に考えることにしている小生ですが、フリクションも例外ではありません。

フリクションに一番ふさわしい紙製品っていいったいどんなものだと思いますか。
逆に言えば、フリクションに一番ふさわしくない紙製品とは何か。

フリクションを使うにあたってもっとも重視すべきは「紙の丈夫さ」。
これにつきると思います。
といっても特別厚い紙を用意しろと言っているわけではありません。
何しろフリクションを使うくらいですから当然それはこすって消す可能性があるわけです。
薄い紙、もろい紙はやめておきましょうという話。

以下のエピソードはフリクションについて考える時にしばしば思い出すものですが、以前こんなやりとりがありました。

客「消えるボールペンあるやろ」
店員「フリクションですね」
客「あれ便利やけど新聞にはあかんな」
店員「あー新聞紙は薄いですからねー」
客「競馬の予想にちょうどええな思てんけど」

競馬の予想。
用途としてはまさしくフリクションの出番!という感じですが、いかんせん紙が薄すぎた…

ちなみにこれを耳にした小生が心の中でつぶやいた言葉。

(「競馬ブック」とかの競馬新聞やったらえんちゃうん。ええ紙やろあれは)

もちろん言いませんでしたが、フリクションと紙について考える時、いつもこのエピソードを言えなかったつぶやきごと思い出すのでした。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-12 00:07 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)