猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こん○○は。今回の大雨大..
by YAS at 14:26
はじめまして。 包装紙..
by noinoi13 at 16:30
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

猫の単語カード(と聖闘士カード)。

ジャジャーン。
f0220714_19543218.jpg

ブログの訪問者数の合計がついに222222。
見事に2が並びました。
ニャー!

というわけで、猫文具のご紹介。

フエキのアニマルカードメモの中に猫発見、即購入。
f0220714_206937.jpg

いわゆる単語カードですが、表紙と裏表紙がふわふわした素材でできています。
かわいさ&癒し。

猫の単語カードならミドリの単語カードの中にも猫がいるし、これもかわいいのですが、カードの形だけで猫と分かるシンプルさでフエキに軍配。

中身はこんな感じ。
f0220714_20224299.jpg

単語カードというものは両面無地ではないのかと思いきや、片面には罫線が。
実はこれが意外と使いやすかったりします。

もう学生ではない小生は単語カードを勉強に使ったりはしません。
このアニマルカードメモを買ったのは、ちょっとしたミニカードとして使えるんじゃないかと思ったから。
リングを通す穴が開いているのであらたまったカードには使えませんが、簡単な伝言カードとしてなら使えそう。

例えば出先で人に何かメモを渡す時などに便利なのですが(読んでよかった本の名前や行ってよかった店の場所など出先で人にメモを渡す機会は結構ある)、ここでうれしいのが紙の厚みと罫線。
メモ帳などに比べると存在感のある紙厚の単語カードは、渡したあとに他のものにまぎれてしまいにくく、カードの罫線は出先での走り書きでも比較的きれいに書けるという利点があります。
普段はさんざん無罫無罫と思うのですが、人に渡す時には罫線があるほうが便利。

でもこれ、本当に勉強に使おうとしている人なら罫線じゃまだろうなあ…
大丈夫なのか…

まあその心配は勉強する人たちにまかせておいて、小生はさっそく機嫌良く利用中。
幸い小生が猫好きなのはそこそこ認知されているので、猫のカード=猫町からのメッセージと分かりやすいのもありがたい。
リングから外しても形だけでまず猫と分かるフエキのほうをチョイスしたのはそういうわけでありました。

余談ですが、猫のカードを名刺代わりに使う小生は、カードを渡したり置いたり貼付けたりするたびに「聖闘士(セイント)カード」のことを思い出します。
「聖闘士カード」とは「聖闘士星矢」というマンガにおいて、「自分が(相手を)たおしたことをあきらかにするもの」という設定で登場する「自分の星座の絵と名前が書かれたカード」のことですが、これがまたほんの一瞬しか登場しませんでした。
あれはなんだったんだ…の最たるものです。
それだけにそのカードのシーンの記憶は鮮明です。

「オレは逃げもかくれもしない。いつでも来い!」(ミスティを倒した星矢、スッと胸元からカードを取り出し、ピッと投げる)

猫のカードに何かを書いて渡す時、いつもこんなことを考えながら(心の中ではピッと投げている)イタいイタい猫町です(本気で余談やった)
[PR]
by mukei_font | 2012-04-17 21:06 | 猫文具 | Comments(2)

三菱・ジェットストリームカラーインク。

発売されてから時間がたってしまいましたが、先日までこの人たちとたわむれていたのでご紹介。

三菱のジェットストリームカラーインク
ご覧の通り、ジェットストリームのカラーインクであります。
f0220714_22585586.jpg

ジェットストリームにカラーインクが出るのは今回が初めてではなく、これまでも存在しておりました。
名前はジェットストリームカラーインク。

(ノ-"-)ノ~┻━┻

そこは名前を変えようぜ…

さて、旧ジェットストリームカラーインクについては以前記事を書いておりました(三菱・ジェットストリームカラーインクシリーズ。参照)。
写真なしの記事なので分かりにくいのですが、記事中にもあるように旧ジェットストリームカラーインクは、

0.5のみ
使い切り
芯の形は従来の単色芯SXR-5ではない
色はオレンジ、ピンク、水色、黒、赤、ブルーブラックの6色

このシリーズが出たばかりの頃は、限定カラーとしてアッシュブラウンやアッシュパープルなどの個性的な色もあったのですが、それらはあくまでも限定カラー。
定番にはならず。

この商品はいろんな意味で謎な商品でありました。
0.5のみとか使い切りという点については理解できるのですが、芯の形がいつものSXRではない点や、カラーインクシリーズなのに黒と赤があり、従来のスタンダードアイテムと混乱する点が文具店員泣かせというか、まあユーザーにも分かりにくかったんじゃないかと思われます。

そこで、今回の新ジェットストリームカラーインクの登場です。

今回は、

0.5と0.7の両方あり
(赤と青以外は)使い切り
芯の形は従来の単色芯SXR-5およびSXR-7
色は青、ライトブルー、緑、ライムグリーン、オレンジ、ベビーピンク、赤、パープルの8色

替芯がSXR-5、SXR-7というのが何よりもいいですな。
好きな色の軸を選んで中の芯を黒に入れ替えればハッピーなジェットストリームライフの始まり。

ベビーピンクやパープルの軸は今までの限定軸で見慣れた感がありますが、緑やライムグリーン、オレンジあたりは今回初。
特に緑が素敵。
グリーンコレクター狂喜乱舞。

あ。
いきなり芯を入れ替える話になっておりますが、もちろんカラーインクとしても魅力的なアイテムです。
油性ボールペンのカラーインクといえばどんよりした色味と昔は相場が決まっておりましたが、新油性の台頭でカラーインクの発色も目覚ましい進歩を遂げております。

先日の三菱のPOP作りであれこれ試してみた感じでは、一番発色がいいのはパープル。
遠目に見た感じではゲルと同じくらいつまった色をしています。
発色だけじゃなくダマができにくい安定感もいい。
他の色はゲルと比べるとさすがに「油性だな」という感じがしますが、昔の油性と比べるとはるかに発色がいいのは確か。

この新ジェットストリームカラーインクの登場により、旧ジェットストリームカラーインクは廃番になるそうです。
まあ使い切りだったしなあとは思うのですが、ちょっと待ったーーーーー

ブルーブラックは?

新ジェットストリームカラーインクにはなんとブルーブラックがないんです。
ブルーブラック重要やのにーーー
ブルーブラック使いたさにあのシリーズ持ってるくらいやのにーーー
小生以外にもブルーブラックのファンはいるはずーーー

これは三菱の担当者に直接懇願してみたのですが、まったく予定がないようでした。
なんだよなんだよ。
少数派かよ。

でもまあSXR-5、SXR-7が使える軸に統一してくれたのはありがたい。
あーんなことや、こーんなことができますからね。

WAKUWAKU!
[PR]
by mukei_font | 2012-04-16 23:57 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(8)

ホワイトボードマーカーは油性でござるの巻。

相変わらず体調が安定しない日々を過ごしております。
すぐに熱が出てしまうという残念さ。
加齢とともに体質も変わるんですかねえ。

さて。
今日も文房具の話。
明日も明後日も明々後日も文房具の話です。

少しずつ部屋を片付けているのですが、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家よろしく、まさに文房具で形成されたわが部屋。
それは事務用品がびっしり並んだシステマティックな部屋という意味ではけっしてなく、針金のハンガーを拾って来てカラスが作るわしゃわしゃした巣みたいな感じであります。

要はカオス。

床に落ちているもの、棚にぽんと置いたもの、すべてが文房具。
複数のペン立て、複数のペンケース、無数のクリアホルダー、ファイルボックス、レターケース、カラーボックス、そしてその中に入りきらなかった人たちが詰め込まれたダンボール箱が1、2、3、4、5…

いったいこの人たちをすべて紹介することができるのでしょうか。
まあ、ぼちぼちやっていくことにします。

床に転がっていた文具店員時代の名札。
こういうのをもたもた置いておくから部屋が片付かないんでしょうなあ。
f0220714_12122711.jpg

見てのとおり、例のコイルコードジェットストリーム。
お世辞にもかっこいいとは言えませんが、お年寄りの方を中心に人気でした。
同じようにしたい、鍵も一緒に下げたいとおっしゃる方がたくさんおられて。
そのたびに部品のつなぎ方を説明。
つり下げたいものの重さによっても微調整が必要だし、何から吊るすのがいいかとかまあ一緒に考えたものです。

それから名札の後ろの落書きにも思い出が。
油性マーカーでぐるっと書いたの、見えますか?

ある日一人の高齢のお客さんが、どこにもメーカー名や商品名を書いていないマーカーを持って来られたんです。
これと同じものを探してほしいとおっしゃるのですが、あるのは「油性・黒色」の文字のみ。
元は書いてあったらしいのですが、本体の文字はすっかりはがれおちて解読不能。

うーむ、と考え込む小生に、「油性のマジックやったらえんやろ?」と適当に選ぼうとするお客さん。
「…でも、もしかしてホワイトボードマーカーかもしれませんよ。ホワイトボードマーカーも実は油性なんです」
「そうなん?」

そうなんです。
しばしば混乱されることではあるのですが、成分的にはそうなんです。

ホワイトボードマーカーは消える

消えるものは水性(←ありがちな勘違い)

ホワイトボードマーカーは水性

という流れで、ホワイトボードマーカーが水性だと思っておられる方は非常に多いのですが、油性は油性。
これはしょっちゅう接客場面でも混乱するところでした。

「ホワイトボードマーカーちょうだい。水性のん」と言われてブラックボードマーカーと混乱したり(ブラックボードマーカーは水性)、「水性やったら消えるんやろ?」とポスカを購入しようとしている方を全力で止めたり、まあいろいろあるわけです。

で、このときもホワイトボードマーカーの可能性を思いつき、「これ、ホワイトボードに使われていたんですか?」と聞いてみるも、「頼まれもんやから…」(←ありがち)と謎のまま。

「じゃあやってみましょう。一般的にホワイトボードマーカーはインクをフィルム状にしたり、ボードとインクをくっつかなくさせたりするために成分が油性になっているわけですが、もしこれがホワイトボードマーカーであれば、つるつるしたものに書けば指先でこすっただけで消えるはずです。あー何か適当なプラスチックが…ないですね。ここに書きます(名札を裏返して試筆)。こすります。はい、消えません。これは普通の油性マーカーですね」

まあこんな感じのことを一気にまくしたてながら接客したときの落書き、でした。

でもお客さんが笑って喜んでくれたのですべてOK。
だってたとえ小さな金額のものでも、買い間違いとか絶対嫌でしょ。
そこは店員が未然に防がないといけないと思っていました。

ことマーカー類は「油性」「水性」へのお客さんの思い込みも激しく、かといって説明すればするほど深みにはまっていくジャンル。
まずこのマーカーで何をしようとしているのかを先に聞き出し、その用途をイメージしながら接客するに限ります。

などと回想に耽っているから少しも部屋が片付かないわけなんですな。
[PR]
by mukei_font | 2012-04-15 12:58 | その他筆記具 | Comments(4)

レジェをイケてるレジェにする。

文房具の話がまったくはずまないまま終わるということが小生においてあるだろうか。

もともと文房具に詳しい人と話すのと同じくらい文房具に詳しくない人と話すのが大好きで、最近もそれを再認識。
うさむしと、うさむしの恋人N氏と3人で話していた時のこと。

N氏が仕事中に使っている筆記具に興味があって机の上に並べてもらった。
三菱のキャップ式のシグノ0.38の黒と赤。
パーカーのソネット(ニューコレクションメタル&パールCTと思われる)。
そしてPILOTのレジェ

N氏のお気に入りはシグノ。
どうも油性ボールペンが好きではないもよう。
ソネットなどは最悪らしい。
ふむふむと話を聞きながら、どうしてゲルのほうが好きなのかとか理由はなんなのかと聞き出す。

話を総合するとN氏はどうやら筆圧が弱い様子。
なおかつ筆蹟は小さめの鋭い文字。
要は弱い力でぴんぴんした小さい文字を書くタイプということ。

なので油性ボールペンだと思うような文字にならずにいらいらするのだろう。
その点シグノのようなゲルインクボールペンは弱い力でも黒々とインクが出てくれる。
一般に黒々とした文字のほうがそうでない文字よりもきれいに見えるものだ。

が、N氏の職業上、本来はシグノなどよりも見栄えの良い筆記具を使うことがのぞましい。
複写式の伝票を書く機会も多いようだ。

むー…
弱い筆圧できれいに書ける油性ボールペンで複写式にも使えるやつ…

まあ月並みだがジェットストリームを導入するというのも一つの選択肢だ。
複写式伝票に一番良いのは従来の油性ボールペンだが、ゲルよりはましかもしれない。
見栄えはシグノとどっこいどっこいなので問題はあまり解決していないが。

はたして文房具初心者であるN氏はジェットストリームを知らなかった。

いいですなこの新鮮さ!
嫌いじゃないよ!

ちょうどうさむし宅でジェットストリームのPOPを書いていたところだったので、書き上げたPOPを手にジェットストリームを紹介。
N氏が苦手としている油性ボールペンの仲間ではあるが、たぶん今までの書き味とは違うはず。

話を聞いていたうさむしが「うちにもあるやん。ほれ」とペン立てに立っていたジェットストリーム0.5をN氏に差し出す。

N「(書いてみる)…ん?うーむ…」
猫「……」
う「……」
猫「分かった!こっち使ってみて(マイジェットストリームを差し出す)」
N「?(書いてみる)あ!あ!すごいこれ!何で?」
猫「さっきのうさむしのジェットストリームは」
う「インクが減ってへんからやって。インクが減ってきたらなめらかになるらしいで。でもそんなんあかんよな?待てへんよな?どう思う?」
猫「うがーーーーー!」

まあこんな感じでジェットストリーム0.5が非常に好印象だったという話。

が、依然として話はあまり進展していない。
仮にシグノの代わりにジェットストリーム0.5を採用したとしても、見栄えの問題がまったく解決していないからだ。

N氏の職業上、高級路線のパーカーのソネットははずせない。
が、これはお客さんに何かを書いてもらう時に限定して使用してもいいのではないか。
ということでソネットはこのまま保留。

さてN氏によると、シグノとソネットの間をとってPILOTのレジェを使う場面も多いという。
やはりゲルだけでは苦戦する場面を何度か経験すると苦手の油性にも手がのびるようだ。
こういう「頭ではなく経験で手が選び取る感じ」いいですなあ!
さらにこのレジェは先輩からのいただきものらしく、できたら今後も使っていきたいとのこと。

ほほう…とレジェの替芯をチェックするとBSRF-6F。
はあん…BRF-20Fあたりが入っているのかと思ったら。

見えた!

猫「これをジェットストリームにしたらよろし!」
う「できるん?」
猫「BSRFとスタイルフィット芯の長さは同じ。スタイルフィット芯のジェットストリーム0.5に突起作ったらええだけやん。突起くらい(うさむしには)簡単やろ?」
N「???」
う「しよか?」
N「(コクリ)」

まあこんな感じで、見栄えと思い入れの両方で使い続けたいレジェに、出会ったばかりのジェットストリームを仕込んで新しい相棒としてもらうことになった。
ソネットはお客さん用、レジェは普段使い。
まあいいんじゃないでしょうか。

それにしてもN氏の発言はいちいちとても新鮮。
そして正確。
先入観がない分、自分の使い心地に対する感想に混じり気がないというか。

たとえば、多色や多機能は使わないのかと聞く小生に(ちなみに多色や多機能という言葉も初耳だったらしい。そう考えると文具店もいろいろ反省しないといけない点がてんこもり…確かに分かりにくいですよね。耳で聞く分には特に)、「あれはガタガタする」。

正しい!

ふう…多色や多機能の弱点に気づいてあえて避けていたとはなかなか…
まあものにもよるんですけどね。
全部が全部ガタガタするわけじゃないんですけど、でも単色ボールペンの安定感と比べるとどうしても。

さらに、「(ゲルは好きでも)好きなのはやっぱりシグノでこれらはあかんかった」と選抜落ちしたらしきペンを見せてもらうと、なんとぺんてるのハイブリッドとハイブリッドテクニカ。

なるほど…
キャップ式ゲルの中でもシグノは気前良くインクが出る系。
それに対してハイブリッドテクニカのニードルチップは強い筆圧を意識してのアイテム。
筆圧の弱いN氏には不向きだったか。

ふむふむ、ハアハアと夜は更けていくのであった。
[PR]
by mukei_font | 2012-04-14 13:28 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(4)

丑三つ時のひとこと。

完成したPOPを職場に持って行き、これでようやくすべてを終えることができました。
明日から猛烈に掃除を始めなければ。
そして再びいろんな文房具について書いていければと思います。
[PR]
by mukei_font | 2012-04-14 02:23 | わたくしごと | Comments(2)

リーチ。

POPもいよいよリーチ。
明日職場に持って行けると思います。

残りの中POPはあきらめました。
最後にマイジェットストリームへの愛を綴るつもりで写真まで用意しましたが、とてもPOPの面積にまとまらないのと、どうしても主観のかたまりになってしまうのが怖くて。

でもそれ以外のPOPに愛をこめたので。
みんな小生の代わりに頑張って熱弁してきておくれ。

昨日少し紹介した前回のPOP、店頭ではこんな感じでした。
f0220714_13573811.jpg

いつもPOPを書く時、字が小さすぎることが気になるのですが、よくよく店頭を見回すと実はもっと小さな字だって店頭にあふれているんですよね(活字ですけど)。
だから大丈夫だと勝手に思っています。
それに、読んでくださる方はどんなに小さな文字でも読んでくださいますから。

おそらくこのコンテストがなければこんなコーナーに並ばなかったに違いないシフトやフィールド。
POPで熱弁したかいあって、本当にたくさんの方に買っていただきました。
閉店ぎりぎりまでこのコーナーに立ち尽くし、どの芯径のシフトにするかぬおおおおと迷っておられた方、選びきれずに複数本レジに持って来てくださった方、ありがとうございました。

店頭で丁寧に接客する時間が取れないのであれば、本当はもっとこういった工夫をすべきだったのではと思うのですが、まあいろいろ難しいんですよね。
結局仕事中にPOPを書けていないわけですから。

でも楽しかったです。
大好きなんですよねこういうの。
[PR]
by mukei_font | 2012-04-12 14:15 | フォント屋猫町 | Comments(3)

愛、愛、愛。

POP、頑張っております。

現時点で中×1と小×2が完成。
残りの小×1は職場に行かないと完成しない箇所あり。
残りの中×1は今夜中に完成させる。
特大は…

まあ例によって例のごとく字だらけのPOPであります。
とにかく字が書けるまでに回復したことに感謝。
目眩がしないのが本当にうれしい。

以前もちらと書きましたが、今回のPOPは前回のPOPの続編。
某メーカーの店頭ディスプレーコンテストの第2弾にあたります。

ちなみに第1弾のときのPOPはこれ。
f0220714_22281460.jpg

さて、どこのメーカーのディスプレーコンテストか分かりますか。

そうですM菱です。

第1弾は「シャープ編」。
対象商品は「クルトガ、ナノダイヤ、アルファゲル等」ということでしたが、コンテストの概要を聞いた瞬間に小生の頭にひらめいたのは「シフト」。
f0220714_2251289.jpg

優秀なアイテムのはずなのになんとなく影の薄いシフトを紹介してあげたい。
ついでに2ミリシャープの「フィールド」も!

というわけで上記のようなPOP群になったわけですが、以前の記事でも書いたとおり、コンテストに参加している他店のディスプレー写真を見た途端に血の気が…
みんなクルトガ、ナノダイヤ推しや…
シフトとかゆうてんのうちだけやん…

が、それがよかったのか、なんと第1弾はわが店が優勝してしまったらしい…(書面で見ていないがたぶん)

よっしゃ!有終の美!
まさに辞める直前にこの話を聞き、さわやかな気分になったのもつかの間、このディスプレーコンテスト、実はそう簡単なものではなかったという…
なんと、第2弾、第3弾とコンテストを続けて行い、そのすべての合計得点で真の王者が決定するという壮大なコンテストらしい。

…帰らせてもらいま。

なんやねんそれ。
なんやねんその長丁場。

なにしろこのコンテスト、名前からして「MKB総選挙」(んなでめた具売り場)。
要は真の「センター」を決めようというミーハーな時代の流れにのっとった新感覚のコンテストなのであります。

(´_ゝ`)

まあ、残念ながら最後まで参加することはできそうにないですが、第2弾は途中まで作りかけていたのでやらせていただきます。

もう優勝とかセンターとか関係ない。
あるのはただ「愛」。
小生が書かずして誰が書く。
そう思っております。

第二弾の対象商品「ジェットストリーム」。
[PR]
by mukei_font | 2012-04-11 23:13 | フォント屋猫町 | Comments(6)

最後のPOPPER暗躍。

おそらくこれが最後のPOPです。

「頭の中では完成しているしあとは描くだけ」とは言うものの、いまだかつて描いたことのない規模のPOPにすっかり弱気に。
それとなくうさむしに協力を要請するも、返事はもちろんNO。
そりゃそうですよね…

とはいえ、今回はすでにうさむしにどかんと一つ書いてもらっており、もう何がなんでも完成させなければ…

特大サイズ×1
中サイズ×1〜2
小サイズ×3

こんな感じでいってみたいと思います。
f0220714_1483486.jpg

[PR]
by mukei_font | 2012-04-11 14:10 | フォント屋猫町 | Comments(0)

気合いのひとこと。

よし。

だいぶ焦点が合って来た。
ずっと取れなかった微熱も取れた。

昨日、もう一度病院に行って窮状を説明、抗生物質を変えてもらった。
吐き気止めや胃薬も出してもらった。

さて。
やることが山のようにある。

なんとまだ仕事の続きがあるというおめでたいワーカーホリック猫町。
どうしても描き上がらなかったPOPがありまして。

頭の中では完成しているしあとは描くだけ、時間もたっぷりあるしと余裕ぶっていたらまさかこんなことになるとは。

ということで今日はちょっと燃えてみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2012-04-10 08:27 | わたくしごと | Comments(0)

バースデーカードを自作する。

今日もう一度病院に行くという前提で、抗生物質を飲むのをやめました。
ちょっと副作用がきつすぎました。
飲むのを中止してからの体調は良好。
昨日は久しぶりに普通に食べられた気がします。
あんなに小さいのに爆発的な影響力を持つ薬…恐ろしや…

そんな体調の中、バースデーカードを手作りしてみたという話を今日は書いてみたいと思います。

とっくに過ぎてしまいましたが、先月はうさむしの誕生日でした。
うさむしというのはしばしばこのブログにも登場する小生の大事な友人。
最初に就職した書店で出会ってかれこれ9年近く、ガラスの目をした書店員時代から人生の荒波にもまれすぎた事務員時代、周りが見えないほど文房具に突っ走っていった文具店員時代にいたるまで、小生の状態にかかわらずいついかなるときも最大の関心をもって接してくれる貴重な友人であります。

贈り物というものはどんなものでも難しいものですが、それは贈りたい相手が特別である場合にその難しさを倍増させるように思います。
特別というのは相手のことを特別に好きだったり、相手が自分にとって特別に大事だったりする場合のこと。
あと、相手が特別にセンスのよい人である場合。

そのすべてに該当するうさむし…

正直毎年彼女の誕生日が近づいてくるのが憂鬱で恐怖でつらいほどであり、毎回脳みそがどうにかなるほど悩むのですが(そのわりにがらくたしか準備できない小生…)、自身の退職とかぶった今回はついに降参して欲しいものを直接聞き出してしまったという小者っぷり…
だいたい贈り物というのはもらった瞬間それが何か分からないからうれしいのであって、そのサプライズ感が贈り物にプラスαのきらめきを与えるというのに小生のいくじなし!

というわけで、前置きが非常に長くなりましたが、せめてバースデーカードは自作しようと思い立ったわけであります。

センスのよい人にありがちなことですが、うさむしというのは非常に難しい人でして、その名にあるとおりかなりのうさぎ好きですが、小生が猫グッズに目がない感じでうさぎグッズに目がないかというと全然違います(もちろん小生にもこだわりはありますが、その比ではない)。
気に入ればその場でぎゅっと抱きしめんばかりにほめちぎりますが、気に入らなければ「ウンコ」を連発。
うさぎでだめなときもあれば猫でOKなときもあり、鳥がOKなので同テイストのものを見せてみると「どんくさ!」「ピンと来ん!」。

例えばゆるキャラについての評価も単純ではありません。
鳥取のトリピーはかわいいが、熊本のくまモンはいまいち。
和倉温泉のわくたまくんはかわいいが、芦原温泉の湯巡権三くんは×。
法則性がいまいち分かりません(小生はくまモンはかわいいと思う)。

そもそもこんなリアルなカニのはんこをかわいい!とスケジュール帳に押すような人間なのですから…(トラベラーズポストカード裏話。参照)。

この難儀さは初めて出会った瞬間から1ミリも変わっていないところであり、同時に彼女の最大の魅力でもあります。

こんなうさむしに対抗するために必要なのはひたすら情報収集。
そして手間をけっして惜しまない情熱。

さて、小生はうさむしがことあるごとにかわいいかわいいを連発するあるキャラに目をつけておりました。
よく行くショッピングモールで宣伝をしている、アクアクララという水のメーカーのペンギンのキャラ「チャプリン」です。

むー…
あのチャプリンのグッズはないものか…

チャプリングッズ欲しさにうろうろする小生にすかさず勧誘員の水トーク。
無理矢理水を飲まされながら分かったことはチャプリングッズがないということのみ。
それでもこれを数回繰り返すめげない小生。
あ、でもチャプリンが載ったパンフレットを手に入れました。

というわけで、チャプリンカードを作成。
f0220714_11591293.jpg

作り方は簡単。
はさみの限界に挑戦しながらひたすらチャプリンを切り抜いて貼るだけ。
カードの台紙も画用紙で自作。
小さいほうは名刺サイズに、大きいほうはチャプリンの大きさに合わせてカット。

ちなみにカードの中でチャプリンが変な円グラフを指して説明していますが、あれはプレゼントの説明です。
本命以外にもいろいろプレゼントを用意した小生ですが、その内容のグレードを説明しています。

すなわち円グラフの中央の線よりも上のものがうさむしが喜びそうなもの。
中央の線よりも下のものはうさむしが明らかに(´_ゝ`)な顔をしそうなもの。

とまあこんなカードとプレゼントを昨日うさむしに渡してきました。

反応は上々で、(´_ゝ`)なものにはやはり(´_ゝ`)を連発、本命のプレゼントは(まあリクエストでしたから)大喜び、そしてチャプリンのカードは…

「絶対飾る!」

よかったです。
どうか素敵な一年を。
[PR]
by mukei_font | 2012-04-09 12:18 | レター用品・スタンプ | Comments(2)