猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 10月 ( 42 )   > この月の画像一覧

現代シャープペン事情~S3篇~

お待たせいたしました。
「現代シャープペン事情~S3篇~」をお届けいたします。

これまでの記事は以下のとおり。
現代シャープペン事情~クラスで人気のシャープペン篇~
現代シャープペン事情~クルトガ篇~
現代シャープペン事情~Dr.グリップ篇~
どれも長いです。すみません。

クルトガ、Dr.グリップに続いて、S3についてたずねることになった経緯は前回書きました。
クルトガの対抗馬はS3ではないかと小生が勝手に思い込んでいたことがきっかけです。

しかし、なぜクルトガの対抗馬がS3だと思っていたのでしょうか。
理由は2つ。

・街角でS3ほどよく見かけるシャープペンはない。
・店頭でコンスタントに売れたという印象がある。

特に前者は自信があったというか、マック、スタバ、フードコートなどで勉強している高校生、大学生はまず間違いなく使っている気がしたんですよ。
あの人たちどこに行っちゃったんだろう…

まあ、学生を離れて十数年。
学生とふれあう機会も特になく、リアルな報告にはかなわないものです。
それでもこの機会にS3についてのコメントも拾ってみたくなったのでした。

さて、「クラスで人気のシャープペン篇」においては大学生にしか支持されなかったS3。
森野カノコさん(大・女)からは、「売店の中で一番デザインがまともなのが理由」ではとの冷静な分析が、同じく大学生のライホウさん(男)からは、「S3と(ぺんてるの)グラフギア500で人気を二分している」との報告が寄せられました。

これだけを見ると、あたかも大学生になると製図用シャープペンが人気になる感じがしますが、何しろたった2人だけの意見ですから…(´_ゝ`)
もう少しS3についての「クラスメイトの声」のようなものを聞いてみたいところです。
大学生になると、なかなか「クラス」のようなまとまった単位になりにくいのでつかみにくいですが…

もしかしてクルトガの名前が出てこないのは、クルトガ以前の世代がそのまま育った結果なんでしょうか。
大学生なんて、文房具に興味のない人は高校生の延長で特にシャープペンにてこ入れしない印象もありますし。
クルトガは2008年に出ましたから、その頃クルトガに手を出さずに大学受験を乗り切った人たちがあるいは…
もちろん文房具好きの方はライホウさんのようにどこかでクルトガに出会うはずですが。

それにしても、森野カノコさんの大学の売店の品揃えが興味深い。
S3が一番まともに見えるシャープペン売場とはいったい…
今、大学時代の売店を思い出そうとしているのですが、ZEBRAの¥100シャープに大学名が入ったものがあったような記憶が。
もちろん買ったわけですが…(案外使いやすかった)

閑話休題。

全体の意見を聞くことのできなかったS3ですが、個人の意見というのは結構集まりました。
いやそれどころか、「愛用のシャープペン」にあげた人数がすごい。

6人です。
クルトガ、Dr.グリップの2人に比べるとかなりの支持者数ではないでしょうか。

S3を「愛用のシャープペン」に指名したのは以下の方々。

もりたかさん(中・男)
ニカさん(中・女) 
レイさん(高・男)
じぇのさん(高・男)
森野カノコさん(大・女)
あずさん長男(元高校生)

これら皆さんのコメントの内容を見ていくと、評価のポイントは細さ・軽さに関するものと、芯径やカラー展開などのバリエーションの豊富さに関するものに大別できるようです。

S3の細さや軽さを好きな理由にあげた森野カノコさんからは「手が小さいほうなので丁度いい」というコメント。
なるほどDr.グリップが苦手なのもうなずけます。
これは、けいさん(高・女)からも同様のコメント。

また、S3のバリエーションの豊富さのうち、芯径のバリエーションを好きな理由にあげたのはレイさん、ニカさんのお二人。
このお二人、偶然にもまったく同じ改造をしているんですよね。
すなわち0.5の口金を0.4に取り換えて使っているという…
本当に皆さん似たようなことをやっておられるんですねえ…(´_ゝ`)

カラーバリエーションを評価する声は、けいさん、森野カノコさん、shokoさん(中・女)、須々木さん(中・女)などの女性陣から。
カラーバリエーションはこのたびさらに増えたみたいですね。
黒とかピンクとか案外なかったみたいで。
スケルトンカラーが苦手だとおっしゃっていたよもぎんさん(中・女)、この機会にいかがですか。

一方低評価のコメントを見てみると、例えばライホウさん(大・男)からは細くて書きにくいとの意見。
おそらく太軸好きのライホウさんにはまったくノーサンキューなシャープペンであることでしょう。
さらにmattariettoさん(高・男)からは¥100シャープペンと変わらないという厳しい意見が。

また、愛用している方からも一声あるのが「口金の段差」について(もりたかさんの「ペン先の段差」をそう解釈しました)。
まあこれは製図用シャープペンですから…
あとは長時間だと軽すぎて疲れるという意見がニカさん。
すべりやすいというダメ出しが須々木さん。

Dr.グリップには肯定的なコメントを出したライホウさん、須々木さんがS3には否定的というのはおもしろいですね。
やはり太軸&グリップ重視派からすると、S3は正反対のシャープペンですものね。

こんな感じで好き嫌いは分かれるものの、クセがないのが選ばれる強みなのか、愛用されている方は多いという結果になりました。
大学生だけじゃなく、現役中高生からも支持があるのはうれしいですね。
クルトガやDr.グリップと十分渡り合えているということですから。

その一方で、「印象がない」(あんずさん・高・女)、「知らなかった」(ぽにょさん・予備校・男)、「使ったことがない」(ねぎさん・高・女)というコメントがあるのも事実。
クルトガやDr.グリップを知らないという人はいませんでしたから、浸透するのもなかなか大変ということが分かります。

ということで、最後にS3について少々補足を。

そもそもS3というのは、「使いやすい低重心設計」がうたい文句の「Sシリーズ」の入門モデル。
すなわち、プラスチック軸のS3、ラバーグリップのS5、ローレットグリップのS10、そして樹脂含浸カバ材のS20からなる「Sシリーズ」ファミリーの切り込み隊長的存在だと思うわけです。

しかしこれらのうち、S3にだけ「低重心設計」の言葉がないんですね。
「Sシリーズ」としては「低重心設計」が売りなんだけれども、S3はバランスにまで手が回らなかった。
でも、口金もクリップも金属で、口金はこだわりの製図用シャープ仕様だし、芯径の展開も豊富だよ。
そんなシャープペンじゃないかと思うわけです。

そういうことからすると、mattariettoさんがS3を¥100シャープと変わらないと評したのも一理あるのですが、バランスはさておき、口金やクリップのことを考えるとやはり¥100というのは無謀というか、まあ小生などは妥当な価格に感じます。

先ほどもご紹介したように、S3のユーザーからは細くて軽くて使いやすい一方で、長時間だと疲れるという声もあがっており、それこそがS3の魅力と限界という気がします。
さらにS3に多くを求めたい方は、S5、S10へとグレードを上げるか、他社の製図用のシャープペンを試してみるかということになるのかもしれません。

が、ここで思うのは、われわれは1本のシャープペンだけを使うのではない、ということです。
筆箱には何本かのシャープペンが入っていて、これに疲れたらあれ、あれに飽きたらこれ。
そんなふうに使っているんじゃないかと思うんです。
少なくとも人生でもっともシャープペンを使う世代の人たちは。

なので、S3が完璧じゃなくても、何かで補うことができる。
でも、スタメンから完全に外れる確率は一番低い。
なぜなら、シンプルでスタンダードだから。
突出した特徴がない代わりに、持っていると安心できるシャープペン。

そんな感じかなと思います。

なお、小生がこのS3をひいきにするのは断然次の理由です。

突針付き。

S3なんてケッと思われる方も、突針の欲しい方は大勢いるはず。
シャープペン好きの皆さんのこと、シャープペンを使う上でのトラブルも数々あることでしょう。
それらの多くが突針さえあれば解決するトラブルだとしたら?

もうここは突針のためだけにS3を入手しておきましょう。
当方回し者でもなんでもないのですが、あの突針を魔法の針としていくたびの修羅場をくぐり抜けて来た者として、断然S3はおすすめしたいシャープペンです。

また猫町が細かいことを言い始めたなどと思うなかれ。
この売り文句、なんと先日のPILOTの展示会のS3コーナーのフリップにも書いてあったんですから。
もちろん興奮して「突針ーーーーー!」と叫んでしまったわけですが。

ということで、突針ならS3。
S3といえば突針ですよ、皆さん。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-16 20:24 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(8)

夜のひとこと…(目玉ぐるぐる)

無事に大阪から帰って来ました…
高速怖かった…(助手席)

自分が運転したわけでもないのに、帰宅後はつぶれたカエルのように布団に横たわっておりました。
なんというか、刺激が強すぎた…

噂には聞いていたものの、環状線の車線変更の難しさ…(´_ゝ`)
今までホイホイ人の車に乗せてもらっていましたが、こんなに大変な作業をこなしていたとは…

何しろナビのない軽自動車で40年ぶりの阪神高速を行く店主の補佐役をつとめたド素人の小生。
もうすぐもうすぐ!右折右折!たぶん右。あ、やっぱり左!遅かった?あー通してくれた!ばんざーいばんざーい…

しかし基本的には助手席というのは非常に楽しいものです。

最近車の観察に目覚めた小生は、気になる車の名前や知らないエンブレムの形をノートに書き殴りながら今日も多くを学びました。
いつかボールペンの名前が分かるくらい素早く車種が分かるようになったら楽しいなと思います。

そんなこんなで余力の「よ」の字もない小生は今夜もS3について語ることはできませんでした…

が、最後にひとつだけ。
実は昨日某所でぺんてるの廃番シャープペンを数種類入手したのですよ。

サイドノックファン狂喜!

というわけで、シャープペン熱が冷めないうちにこれらのアイテムについてもご紹介したいと思います。
時間がないなかわちゃわちゃ選んだわりには、ツボを押さえたベストなチョイスとなっております。

お楽しみに。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-15 21:10 | わたくしごと | Comments(3)

朝のひとこと。

今日は今から大阪出張。
文房具ではなく本業のほうで。
帰宅後、力が残っていたらS3について書く予定。
高速道路怖いよー(助手席)
[PR]
by mukei_font | 2012-10-15 06:32 | わたくしごと | Comments(2)

猫町妹、選べる多色を選ぶ。

昨夜、妹から驚きの報告
なんとZEBRAのプレフィールを買ったとのこと。

選べる多色を選びやがった!(猫町妹、選べる多色を選ばず。参照)。

むう…
ここでも発揮される限定ものパワー…
ピンクxサグラダ・ファミリアは最強か…

極細好きの妹はリフィルをサラサの0.3(黒・ブルーブラック・ピンク)とシャープペン0.3にしたもよう。
今日になって「サラサ0.3の書き味が云々」というメールが来たが(試し書きをしなかったらしい)、「小さい字を軽く書く分には問題ない」ことが分かったとのこと。
よかったよかった。

妹はプレフィールの他にPILOTのS3の0.3も購入。
先日のシャープペントークがよかったのか?
それともシャープペンで頭がいっぱいの猫町をあわれんだのか?
一度は捨てた(捨てるなよ…)S3に再挑戦することにしたらしい。
めでたい。

妹という人は猫町となかなか対照的な人で、以下にちょっと特徴を列挙してみた。
左側が妹、右側が猫町。

犬派⇔猫派
薄着⇔超厚着
おしゃれ⇔x
ネイル⇔x
ピアス(右3つ、左4つ)⇔x
コーヒー党⇔紅茶党
バイク⇔自転車
美しすぎる完璧な部屋⇔ゴミ屋敷
圧倒的な字のうまさ⇔なんとかフォント
言うときゃ言う⇔言いたい事も言えないこんな世の中じゃ

妹については先日「非文房具マニア」としていろいろ新鮮な意見が聞けたので、「現代シャープペン事情」が一段落したらまた妹のあれこれについて書いてみる予定。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-14 17:19 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(4)

昼のひとこと(お詫びと訂正)。

おっとうっかり猫兵衛…
今朝のRMX-708さんへのコメントにミス…

須々木さん愛用とおぼしきDr.グリップ(HDG-50R)、まだ現行品でした。
ボールペンと勘違いしていました。
2012年のカタログにも載っています。
申し訳ありませんでした。

さて、S3について考えなきゃ…
[PR]
by mukei_font | 2012-10-13 11:42 | 手のひらより愛をこめて | Comments(2)

現代シャープペン事情~Dr.グリップ篇~

それでは今夜は「現代シャープペン事情~Dr.グリップ篇~」をお届けいたします。

これまでの記事は以下のとおり。
現代シャープペン事情~クラスで人気のシャープペン篇~
現代シャープペン事情~クルトガ篇~
どれも長いです。すみません。

今回の調査の質問項目が非常に恣意的なものであったことは再三述べているとおりですが、今日はどうしてDr.グリップについてたずねることになったのか、ということから始めてみたいと思います。

きっかけとなったのは先日の広島旅行
そこで見た小中学生たちの握りしめるDr.グリップ。
クルトガも多いがDr.グリップもなかなか。
猫町の脳内数取機はカチカチを音を立て続け、結果はDr.グリップ≧クルトガ。

ぬう…
Dr.グリップあなどりがたし?
小生のクルトガ対抗馬予想はPILOTのS3でしたが、現役男子高校生のmattariettoさんから「クルトガの対抗馬はDr.グリップ」との指摘あり。

そうなんや…
知らんかった…
じゃあS3は…?

こんな経緯から、Dr.グリップとS3について聞いてみることと相成りました(なお、S3については明日まとめます)。

まずは、Dr.グリップがはたして本当にクルトガの対抗馬なのか、ということの確認から。

先日の「クラスで人気のシャープペン篇」において、クルトガに続き第2位に輝いたDr.グリップ。
得点はクルトガのちょうど半分ではありましたが、やはり多数の方から人気の報告がありました。

クラスで一番人気を報告されたのは時雨さんの娘さん(中学生)および、塾講師の元若者さん(男子に人気とのことですが)。
時雨さんの娘さんによると、クラスの半分がDr.グリップとか。

続いてクルトガとの2強を報告されたのは、ぽにょさん(予備校・男)、よもぎんさん(中・女)。
2番人気を人気を報告されたのはmattariettoさん(高・男)、もりたかさん(中・男)、けいさん(高・女)、ニカさん(中・女)。
そして3番人気を報告されたのはelemengerさん(塾講師)さん。
なんと小学生からの支持の報告です。

これらのことから、1位にはなかなかくい込めないものの、2番手で健闘しているさまがうかがえます。

今ふと思ったんですが、ということはクルトガが現れるまではDr.グリップが中高生たちの筆箱を独占していたんですかね…
教師および塾講師の方でこのあたりの変遷にお詳しい方がおられたら、ぜひご意見をおうかがいしてみたいところです。

ああ。
自分が教師だったらなあ…
毎年テッテ的にデータをとって、気になったらすぐに聞き取り調査をして、卒業後も調査を継続して縦断的研究をライフワークにするのに…
いったい何の科目の教師かは不明ですが…

閑話休題。

このように根強い人気のDr.グリップですが、クルトガのときと同様、はたして何人が「愛用のシャープペン」として選んだのかを見てみると…

2人。
またもや2人です。

クラスで人気のシャープペン第2位に輝いているにもかかわらず、案外選ばれないものなんですねえ。
まったくもう、皆さんの愛用のシャープペンっていったい!?
これは数日後のお楽しみとさせていただくとして、以下にDr.グリップについて好きなところ、苦手なところを見ていきましょう。

まずはDr.グリップを評価するコメントから。
「愛用のシャープペン」に挙げた一人である時雨さんの娘さんによると、「グリップの『ぷにぷに』感と安定感、適度な重さ」が魅力とのこと。
また、同様に「愛用のシャープペン」として挙げられた須々木さん(中・女)によると、「重さといい、手にフィットする感じ」が気に入っているとか。

やはりDr.グリップ本来の売りであるグリップの感触やフィット感、重さが人気を支えている様子。
お二人がお使いのDr.グリップが何か分かりませんが、もしそれがGスペックであるなら重量バランスも計算されたものであるので納得です。
グリップについてはDr.グリップの中でも種類によって違ったりするので一概には言えませんが、少なくともお二人にはぴったり合っているということでしょう。

なお、「愛用のシャープペン」にはクルトガαゲルを選ばれたライホウさん(大・男)もDr.グリップの太さや重さはお好きな様子。
どうやらライホウさんは太軸好きのようですね。

一方、Dr.グリップに批判的なコメントを見ていくと、上でファンの心をつかんだDr.グリップの売りが完全に裏目に。

たとえばグリップ。
ぷにぷにしてフィット感にすぐれていると感じるユーザーがいる一方で、硬い(ノーマルタイプに関して)と感じる方や(mattariettoさん・高・男)、すべりやすいと感じる方(レイさん・高・男、もりたかさん・中・男)も。
また、mattariettoさんからはGスペックの2層グリップは外側がビロビロになるという指摘も。

さらに、ねぎさん(高・女)、須々木さん(中・女)、よもぎんさん(中・女)からはグリップの中や外にゴミが付きやすいという苦情もいただきました。
これは小生も賛成一票。
あのしょっちゅうセロテープでゴミを取らなければならない感じ…
性質上しかたがないのかもしれませんが…

同様に太さや重さに関しても、「重いし太い。書いてると疲れる」というshokoさん(中・女)の意見を筆頭に、あんずさん(高・女)、森野カノコさん(大・女)などの女性陣から否定的な意見が。
これについても賛成一票。
もっとも小生の場合は重さというよりも太さが×。
軸の下のほうを握ることが許されない関係で、いつもの字よりも大きく、鈍くなるのがどうしてもだめで…

このような、メーカーの売りがかえってユーザーの反感を買ってしまう、あるいはさほど評価されないという展開は、クルトガの売りであるクルトガエンジンに否定的な意見が出たのと相通じるところがあります。
これはアイデア系の商品には付き物なのかもしれません。
何かを突出させるためには犠牲も出る、そういうものなのかもしれません。

あるいはそういうクセの強さが、クルトガやDr.グリップを「愛用シャープペン」から遠ざけているのでしょうか。

次回「S3篇」、次々回「愛用のシャープペン篇」、最終回「まとめと反省篇」まで、もうしばらくシャープペンの話におつきあいください。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-12 21:30 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(6)

夜のひとこと(小休止)。

今夜は「現代シャープペン事情~Dr.グリップ篇~」の予定でしたが、諸般の事情で明日へと延期させていただきます。
申し訳ありません。

記事の投稿の瞬間にネットがつながらなくなり、書いたものがどこかへ消えてしまうという事態がもう一つのブログで発生し、短い記事ながら相当へこんだので、昨日のような長文が消えてしまうとなるともうこれは発狂してしまいます。
原因はよく分かりませんが、ちょっと落ち着いてから書いてみたいと思います。

連日ペンのことを考えすぎて、今日はラブソングを聴きながら好きなペンのプロモーションビデオを作る妄想をしておりました。
ペンと戯れたり、文字を書いたり(この場合の文字はもちろん歌詞)、ああ、なんて楽しそうなプロモーションビデオなんだ…
気づけば口が半開きになっておりました。

疲れているようです。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-11 23:53 | わたくしごと | Comments(0)

現代シャープペン事情~クルトガ篇~

さて、「現代シャープペン事情」、今夜は「クルトガ篇」です。

昨日の記事はこちら。
現代シャープペン事情~クラスで人気のシャープペン篇~

昨日もあれこれと書きましたが、今回の調査は小生がずっと店頭や街中で聞いてみたかった素朴な疑問に端を発したもの。
その最たるものが今回のクルトガに関する質問です。

今一度質問項目を振り返ってみましょう。

・クルトガについて実際のところどう思っているのか(好きなところ、嫌いなところは?)

小生が文具店員になったその年に世に出たクルトガ。
見る間にスターダムにのし上がったクルトガを、店頭で売るにつけ、テレビや雑誌で目にするにつけ、街中で見かけるにつけ、とにかくユーザーの声を聞いてみたいとずっと思っていました。

クルトガがここまで支持される理由を聞いてみたい。
そしてそこに不満はないのだろうかと。

もっともそういう気持ちに駆り立てたのは自身の使用感でした。
三菱、PILOT、ぺんてる3社のシャープ芯の比較研究(ごめんなさいいまだにまとめられていないですゆるしてください)の際にたっぷりクルトガと触れ合い、そこで感じた違和感。

普通に書きにくいなこれ…

そういう思いがずっとあったわけです。
そして先日行った広島でクルトガの驚異の浸透力を目の当たりにし、ついに本気で聞いてみたくなったのです。

Do you like KURUTOGA?
君たちはクルトガが好きなのか、と。

そういう意味では今夜の記事はいきなりクライマックスです。
他の質問ももちろん重要なのですが、とにかく一番の目玉であるのは間違いありません。

それではまず、昨日の「クラスで人気のシャープペン篇」を振り返りながら、クルトガの人気の秘密に迫っていきましょう。

昨日の記事では、今回の調査からはじき出された「クラスで人気のシャープペン」を列挙するにとどめましたが、今夜はその理由や背景を見ていきます。

まずは下馬評どおり見事「クラスで人気のシャープペン」第1位に輝いたクルトガへのコメントから。

「圧倒的」とのコメントをお寄せくださったのが、けいさん(高・女)、じぇのさん(高・男)。
ほぼ全員が所持しているとご報告くださったのが、ニカさん(中・女)、須々木さん(中・女)。
半数所持とのコメントをお寄せくださったのが、leicaさん(中学教師)。
Dr.グリップとの2強を指摘されたのが、ぽにょさん(予備校・男)、よもぎんさん(中・女)。
3割がクルトガを使用と冷静に分析されたのが、mattariettoさん(高・男)、もりたかさん(中・男)。

いやはや、すごい人気、リアルな人気です。

さらに「男子はスタンダードモデル、女子は限定軸のクルトガを使用」との具体的な報告や(ねぎさん・高・女)、それらの人気を分析する声、たとえば限定軸が女子を惹きつけているのでは、という指摘をニカさんや元若者さん(塾講師)からいただきました。
ニカさんによると、「女子はみんな違うクルトガを持っている」とか…
「限定」ものの底力を見る思いがします。

やっぱり女子は「限定」に弱いのかしらん…
こういうコメントを目の当たりにすると、各メーカーがこぞって女子をターゲットにした限定ものを出すのも仕方がない気がしますね。

閑話休題。

こんなふうに、やんややんやと支持されているクルトガですが、ちょっとおもしろいことがあるんです。
今回の調査では「愛用のシャープペン」についても聞いたのですが、その結果がおもしろい。
これについては3日後くらいに正式に記事にする予定ですが、「愛用のシャープペン」にクルトガをあげたのは何人だったと思いますか。

2人です。

こんなに中高生に大人気のクルトガなのになぜ?
クルトガに何が起こっているのか?

そこで今回の質問です。

・クルトガについて実際のところどう思っているのか(好きなところ、嫌いなところは?)

まずクルトガを評価する声から聞いてみましょう。
クルトガへの評価のポイントは3つあります。
すなわち、クルトガエンジンに関するもの、限定デザインに関するもの、そしてクルトガαゲルに関するもの。

クルトガのそもそもの売りであるクルトガエンジンを評価するコメントをお寄せくださったのは、shokoさん(中・女)、ライホウさん(大・男)、じぇのさん(高・男)。
皆さんそれぞれ、細く書ける点、常に同じ太さで書ける点、綺麗に書ける点を評価されている様子。
まさにクルトガの売り文句どおりです。

限定デザインを評価するコメントはやはり女性から。
あんずさん(高・女)は複数本所持、よもぎんさん(中・女)もかわいい柄を見つけるとつい買ってしまうとか。
かと思えば、男性であるぽにょさん(予備校・男)からも「ポップな軸展開が好き」とのコメント。
デザインの持つ魅力もあなどれません。

さらにこれは今回調査するまで完全に小生の頭にはなかったことですが、意外にもクルトガαゲルが人気なんですね。
あんずさん、ライホウさん、ねぎさん(高・女)がクルトガαゲルを評価、そのうちライホウさん、ねぎさんのお二人は「愛用シャープペン」としてもクルトガαゲルを挙げておられます。

ライホウさんは「長時間使用しても痛くなりにくく、スタンダードより太くちょうどよく」、ねぎさんは「クルトガ機能は好きなのですが、出たての頃に買った最初のクルトガは塗装が剥げてみすぼらしく?なってしまうのが苦手」だったからクルトガαゲルを選ばれたとか。
それぞれの理由があるようで興味深いです。

こんなふうにクルトガを愛しておられる方も多い一方で、クルトガへのダメ出しもかなり飛び出しています。
クルトガへの不満は4つ。
すなわち、不安定なペン先に関するもの、クルトガエンジンそのものに関するもの、グリップに関するもの、塗装に関するもの。

この中で圧倒的だったのは、不安定なペン先に関する不満。
実に7人の方からの指摘がありました。
7人というのは今回の調査協力者の学生の人数(15人)の半数にあたります。
「筆記時にぐらぐらしてしまう」(もりたかさん・中・男)、「独特の沈みこみがきもちわるく」(けいさん・高・女)、「書くたびに先端が沈むのが書きにくく」(レイさん・高・男)、「ひざかっくんをされているような感じ」(よもぎんさん・中・女)、「ペン先がぐらついて不安定」(須々木さん・中・女)…皆さん同じことをおっしゃっています。

なるほど。
小生だけじゃなかったんですね。

また、クルトガエンジンそのものへの不満には、ペン先が回転しなくても自分が回してしまうという意見がレイさん、ぽにょさんから。
そこまで求めていないという方もおられるようです。
森野カノコさん(大・女)からは、そもそも削れて芯の太くなったシャープ芯が好き、という開発者が泣きだしそうなコメントも…
もちろんこれは少数派かもしれませんが…

そしてこれは学生ではなく大人からの指摘でしたが、てっつぁんさんからは「回転が逆」であるという苦情も…
これは展示会のときにも少し耳にはさみました。
そういう不満がやはりあるということですね。

グリップへの不満については、mattariettoさん(高・男)、ニカさん(中・女)ともに「痛い」とのこと(ニカさんは先端のゴムが切れた場合ということらしいですが)。
が、これについては、ラバーグリップ付きクルトガが発売される予定。
HPには載っていませんが、予定はあるはず(もう並んでいたらすみません)。
これもそういう不満から出発した新商品なのでしょうか。

そして最後は塗装に関する不満。
先ほど述べたように、ねぎさんは塗装がはげてみすぼらしくなるのが嫌でクルトガαゲルを選ばれたとのこと。
クラスメイトが塗装がはげるまで使っているとのコメントもあんずさんから届いています。
塗装への不満が出るあたり…本当に使い込む学生さんの意見だなあと思いますね。
ちょっと使ってみただけでああだこうだいう大人はお呼びでない感じがします。
本当にいろいろ貴重なご意見をありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

世の中高生に圧倒的に支持されているクルトガ。
そのクルトガにいろいろな側面があることがお分かりいただけたでしょうか。

便利なのは確かに分かる、必要な局面もある、でも書き心地がいいわけではけっしてない。
そんな感じでクルトガは中高生の筆箱にほぼもれなくおさまっているのかもしれません。
これは中学教師であるleicaさんのコメントにも見て取れます。

とはいえ、でもこのブログの読者=世の中高生じゃないのは昨日述べたとおり。
もちろん便利だ便利だと使っている中高生もたくさんいることでしょう。

でも、実際に若い読者の方からいろんな意見を聞くことができ、積年の小生のもやもやはかなりすっきりしたように思います。

長い記事におつきあいくださり、ありがとうございました。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-10 23:24 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(16)

朝のひとこと(お詫びと訂正と追記)。

おはようございます。
シャープペンのことで頭が破裂しそうな猫町です。

昨日から始まった「現代シャープペン事情」シリーズですが、さっそく間違いがありましたので先ほど訂正いたしました。
申し訳ございません。
昨日の記事の最後あたり、もう一度ご確認ください。
順位の内訳も追記しました。

なお、このたびαゲルの順位が変動したのですが、皆さんのおっしゃる「αゲル」が「クルトガαゲル」ではない、普通の「αゲル」であるとの前提で計算しております。
「αゲルのクルトガ」「ゲルトガ」などと書かれたものはすべて「クルトガ」に加えておりますので、ご了承ください。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-10 09:13 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(2)

現代シャープペン事情~クラスで人気のシャープペン篇~

金木犀のにおいとともにシャープペンについてお届けいたします。

まず初めにお断りしておきたいのは、今回の一連の調査は厳密には調査などではなく、単なる聞き取りのまねごとにすぎないということ。
データ数にしてもそうですし、質問項目にしてもそうです。
つまり本気の調査なら、しかるべき質問項目にもとづいて、多数のデータを集める必要があるということです。

なので、今回の一連の調査を便宜的に「現代シャープペン事情」とは名付けても、その内容が正確に現代の若者のシャープペン事情をうつしたものではないことを、まずはご了承いただきたく思います。

イメージとしては、シャープペンを買って行く中高生に「なんでこのペンを選んだの?どこがいいと思った?クラスで流行ってるの?普段使っているのは何?」と軽くおしゃべりする感じに近いかもしれません。
質問項目が非常に恣意的なのもその流れを意識したためです。
小生がずっと店頭や街中で聞いてみたかったままを質問項目に込めました。

しかし、今回の調査対象となった中高生をいわゆる一般的な中高生ととらえていいのかどうかについては難しいところです。
彼らははたして小生が店頭で話しかけたかった中高生と同種の中高生でしょうか。

彼らは普通の中高生よりも文房具が好きです。
関心が高いぶん、筆記具に関する感受性がすぐれ、問題意識も高いです。
これは間違いのないところです。
文房具が好きだからこそ、小生のように無名の人間の書くブログを愛読してくださる。
しかも活字だらけの理屈っぽいブログを。

このような方々を普通の中高生ととらえるのはかなり乱暴なことです。
いや、正確に言えば、このような方々「だけ」を普通の中高生ととらえるのはかなり乱暴なことです。
最初に述べたように今回の調査は多数のデータを集めるような本格的な調査ではありませんので、どうしてもデータは偏ったものになります。

以下に各質問項目について結果をまとめていきますが、以上のことは常に頭においていただきたいと思います。

それでは前置きはこのくらいにして、今回の調査の基本的データから発表していきましょう。
まず、今回の質問項目に対してコメントをお寄せくださった方々の内訳は以下の通り(メール回答含む)。

中学生5人(男1人、女4人)
高校生6人(男3人、女3人)
大学生2人(男1人、女1人)
専門学校生・予備校生2人(男1人、不明1人)
大人9人
計24人

本当にたくさんのご協力ありがとうございました。

ここで皆さんにした質問を振り返ってみましょう。

・クルトガについて実際のところどう思っているのか(好きなところ、嫌いなところは?)
・愛用のシャープペンとその理由
・クラスで人気のシャープペン
・Dr.グリップについてどう思うか
・S3についてどう思うか

まずは分かりやすくクラスで人気のシャープペンから。

この質問項目に対しては学生さんたち15人と、ご家庭や職場で小中高生から聞き取り調査をしてくださった4人の大人の合計19人の回答を対象としました。

「クラスで人気のシャープペン」としてあげられたアイテムについて、1位として名前が出たものに3点、2位として名前が出たものに2点、3位として名前が出たものに1点の得点を与え、19人の回答すべてを計算しました。

結果は以下のとおり。

1位:クルトガ(46点)
2位:Dr.グリップ(23点)
3位:αゲル(8点)
4位:S3(6点)
(5位以下は省略)

クルトガの圧勝となりました。
やはりクルトガ帝国は実在したのです。
すごいですクルトガ。

なお、クルトガの中での順位については、スタンダードモデルがもっとも使われていることは確実なのですが、2番手にクルトガαゲルが来るという意見もあれば、ローレットモデルが来るという意見もあり、今回の調査だけでは確実なところは分かりませんでした。

これらの順位の内訳をさらに詳しく見ていくと、

1位:クルトガ(46点)→中:7人、高:6人、専・予:2人が1位指名、小:1人が3位指名
2位:Dr.グリップ(23点)→中:3人、予:1人が1位指名、中:2人、高:2人、専:1人が2位指名、小:1人が3位指名
3位:αゲル(8点)→中:2人が2位指名、中:2人、高:1人、専:1人が3位指名
4位:S3(6点)→大:2人が1位指名

これらのことから、

中高生が圧倒的にクルトガを1位指名していること
2番手はDr.グリップであること
αゲルも上位に食い込んでいること
S3は大学生のみが1位指名していること

が分かります。

なお、これらの学生の人数は先に述べた調査協力者の学生の人数よりも多くなっています。
いわゆる「大人」からの聞き取りを加えたためです。

明日以降、クルトガ、Dr.グリップ、S3について、さらに調査にご協力いただいた方々の愛用のシャープペンについて見ていきたいと思います。
なお、分析の対象としたのは本日コメントを書き込んでいただいたleicaさんまでです。
それ以降に書き込まれた方のコメントは分析に反映されない可能性があります。
あしからずご了承ください。
[PR]
by mukei_font | 2012-10-09 21:15 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)