猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
こうゆう週間ブロック?の..
by なぎねこ at 17:30
包装紙って、色柄だけじゃ..
by ふりふりばなな at 22:34
Q1:水色と黄緑と赤(ピ..
by えぬ at 23:30
白玉だんご@次回本番2月..
by mukei_font at 14:51
さくさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

猫町文具店(仮)、8月の予定。

今までも十分に暑くてへろへろなのに、今日からさらなる猛暑とか、これが20日くらいまで続くとか、いったいどうしたらいいんですか。
確かにお相撲さんに比べたらやせてはいるけれど、そういう問題じゃないというか、いや、でもお相撲さんのほうがきっと大変だから頑張ろう。

とまあ、この暑さで長文の記事がなかなか書けないでいます。
筆箱拝見途中のタマミさん、どうかお許しを。

さて、この暑い中、明日は大阪へ文紙MESSEに行ってきます。
他の用事もいろいろあるのでどれくらい見られるか分かりませんが、せいぜいハアハアしてきます。

それにともない、木琴堂のほうは留守にいたしますので、明日突然店に来られても猫町はおりません(店は平常通り営業しております)。
8月は営業日が変則的になっておりますので、ご来店の前にぜひ一度ご確認ください。
よろしくお願いいたします。

詳しくは下記のリンクをご参照ください。
【重要】2013年8月の予定。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-07 22:29 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(4)

真夏のスタンプインクパッド。

夏になると油性ボールペンが書きやすくなるといった現象は「夏あるある」といってもいいだろう。

が、スタンプインクパッドに関してはどうだろう。
正直ボールペンほど自分自身の中にデータがないのだが、先日使おうとすると表面がベシャベシャで使えないものがちらほらあった。

夏はこうなってしまうものなのか。
ひょっとすると有名な話で、賢明なスタンプユーザーはスタンプインクパッドをひんやりしたところに保存したりしているのか。

都会には当たり前のように売っているあのスタンプインクパッドが田舎ではなかなか手に入らない。
それだけにまさにorzこんな感じになってしまった猫町death。

もう夏ゆるさん。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-05 23:42 | レター用品・スタンプ | Comments(2)

筆箱拝見!~タマミさん篇・上~(HI-TECマスター登場の巻)

ずいぶん時間がたってしまいましたが、先々月末に埼玉から遊びに来てくださったタマミさんの筆箱拝見へとまいりたいと思います。

すぐにでも記事にしたかったのですが、なかなかお名前が決まらず…
というのも、お名前も含めてすべてまかされてしまったからなんですね。
あれこれ考えたあげく、埼玉のタマミさんということにさせていただきました。

というわけで筆箱拝見スタート。

もうすでにお気づきの方も多いとは思いますが、このコーナー、厳密には「文房具拝見」なんですよね。
本当に1つだけ筆箱を持って来られる方のほうがまれで、筆箱を持って来てくださっても複数だったり、ペン立てごとだったり、鞄いっぱいだったり、すでに筆記具じゃなかったり。
それでも原点は「筆箱拝見」なのでこの名前のままやっています。

さて、そもそもタマミさんが猫町文具店(仮)にやって来られたのは、シャー芯プロジェクトの現場を見るため。
ですが、そのあたりの話は最終回にまわし、まずはいつものように愛用の筆記具を見せていただきましょう。

今回まず驚いたのは、タマミさんがPILOTのHI-TECシリーズ愛好家だったということ。
タマミさんとは普段文通をしている小生ですが、なんといつもきれいな青色でしたためられていた文字はこれらHI-TECで書かれていたんです。
f0220714_2231285.jpg

青系ばかりずらり。
使いこなされている…
小生には恐怖でしかないHI-TECを…
写真には撮りませんでしたが、他の色も、そしてもっと細いペン先もたくさんありました。
いやはやいやはや。

タマミさんは「0.5はまだ大丈夫ですよ」とおっしゃるんですが、それは確かにその通りで、0.3や0.4に比べるとまだしも現実味があるんですが、いかんせんおっかなびっくりで。
今まで数々の苦汁を舐めてきた経験から、完全に「羹に懲りて膾を吹く」状態の小生。

そうなんです。
挫折の数だけはすごいものがあります。
というのも、「カラフルなペンといえばHI-TECシリーズ」みたいな時代が長かったんですよね。
200円もして使い切りでも、細いペン先や豊富な色展開には魅力があったんです。

それゆえ何度も手を出してはくだけ散り、ほとぼりが冷めた頃に挑んでは跳ね飛ばされ、それでも青の魅力にさからえずに手にしては轟沈し…

で、経験だけは相当なものがあります。
色も青系だけじゃなく、相当使いました。
昔のノートにカラフルな色文字があるなと思ったらたいていHI-TECですから。

小生にとってのHI-TECシリーズはこれだけ使ってダメだからもういいじゃん的なものなのですが、そのHI-TECシリーズを日常的に愛用されている方がおられるというのがおもしろいところ。
もうこれはペンの握り方や筆圧との相性というしかないでしょう。

さて、お次はHI-TEC-Cマイカ。
f0220714_2234681.jpg
実はこちらはHI-TECシリーズを知らない世代に向けて作られたと聞いたことがあります。
前述のようにHI-TECに煮え湯を飲まされてきた世代というのは小生も含めてかなりの中年。
が、今のティーンはHI-TEC自体を知らないそうなんですね。

それじゃいかんということで、若い世代にアピールすべく登場したのがHI-TEC-Cマイカ。
女子受けする外見。
インクを少なくし、クリップを外して価格は200円から150円に。
見た目をかわいくすれば、そして価格を安くすれば若い人たちもきっと手に取ってくれるはずと信じて。
f0220714_22433694.jpg

これを見たのは昨年の展示会でしたが、まさにつんのめって小生がたずねたことはただ一つ。

猫「チップももちろん改良されたんですよね?」
P 「いいえ」
猫(´_ゝ`)
P (´_ゝ`)

そこが一番肝心なところじゃないのかーーーーー

と思ったので、小生がマイカを使うことはほぼないのでした。
が、見た目は女子どうこう関係なく素敵でかっこよかったですよ(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-04 22:43 | 筆箱拝見! | Comments(6)

汗ばむ季節と文房具。

おそらく大半の方は「ラピュタ」に夢中になっているであろう金曜の夜です。
そのどさくさにまぎれて、今夜はノートについてぶちまけてみましょう。

といってもいつものぼやき。
ボヤいてばっかりマン。

話は貧乏さんと高級ノート。の続きから。

新たに仕事用のノートにしたツバメリングノートがあまりにも素晴らしいのでサクサク使うのがもったいなく、普段は片面使いのところを両面使いにしたり、1日1ページ使うところを1ページを3分割したりしてケチケチ使おうとしたのが前回までの話。

これアカンわ。

早速不具合が生じたというか、やはり行き過ぎたMOTTAINAIには落とし穴がありますな。

一番ダメだったのは万年筆で書いていたこと。
次にダメだったのはページの端までぎちぎちに書いていたこと。
それと同じくらいダメだったのは両面のページに書いていたこと。

汗です。
手汗でページをめくるたびに字があああああなことになってしまっていたんです。
これはショック。

今までなぜこんなことにならなかったかと考えると、まず仕事用のノートで万年筆を使ったことがなかったということ。
万年筆を使う際はノートを片面使いし、ページの端まで書くこともなかったということ。
つまりそういうノートは激しくめくる必要のないノートだったということ。
そもそも高級ノートはA5サイズ以下を使うことが多く、MOTTAINAI感もB5サイズほどは感じなかったということ。

自分ではそれなりにノートもあれこれ使ってきたと思っていましたが、まだまだ甘ちゃんでした。
本当にいろいろな経験がよりタフな自分を作っていくのを感じます。

とはいえ、どうしてもこのノートは万年筆で書きたいので、いきなりすべてをやめるのではなく、ページをめくる際に指のふれそうな部分にまでぎちぎち字を書くのはやめることにしました。

と、言うのは簡単なんですが、これが結構あちこちさわるものなんですよ。
さわるのも一瞬のことじゃないですしね。
ぺらっとページを持ち上げてじーっと考え込むことだってあるわけで。
ふれそうなところをあらかじめ避けるってなかなか難しい。

余談ですが、サスペンスドラマ等で犯人が指紋を拭き取って立ち去るシーンがありますよね。
あれ、自分は絶対に無理だと思うんですよね。
どこどこさわったかとか覚えてないし、逃げたい気持ちで焦りながら指紋を完璧に拭き取るとか絶対に無理。
指紋を拭き取るくらいなら自首する!と見るたびに思うんですよ。

話はそれましたが、これはなんとなくサスペンスの指紋問題を彷彿とさせます。
指のふれるところを予測して文字を書くスペースを考えていると、なんでこんなことになってしまったのか…と犯罪者になったような気持ちになったり。
まったく貧乏性というのは厄介なものです。

もちろんここで万年筆のインクを顔料系にするという選択肢もありといえばありです。
でも、このノートの専属万年筆はあくまでもLAMY・サファリ(ブルー・EF)。
そして「朝顔」以外受け付けないLAMY・サファリ(ブルー・EF)に顔料インク(例えばセーラーの青墨)を入れるなんてことはできないわけで。

万年筆の書き心地の良さとと、どうしようもないもろさ。
自分なりの折り合いをつけていきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-02 22:44 | ノート | Comments(4)

猫町文具店(仮)より。

8月になりました。
相変わらずシャートレに励んだり、万年筆と戯れたりする毎日ですが、とにかく暑い。
夏はじっくり文房具に向き合うのが難しい季節ですよね。

さてそんな中、猫町文具店(仮)をまた少し模様替えいたしました。
詳細はこちら

なんだかどんどん混沌としてきていますが、ちゃんと実用にむくものもあったりして、楽しんでいただけるのではないかと思います。
青春18きっぷで遊びに来てね。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-01 22:35 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)