猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(58)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

包装紙で強烈な封筒を作る。

手紙関係の記事を続けます。

自分が手紙にこだわるのは、前回も書きましたが、それが文房具と密接に関係している…というよりもむしろ文房具そのものだからです。

本来手紙に込められるべき「心」「ぬくもり」「おもてなし」みたいなものも素敵ですが、何よりも文房具を使うこれ以上ない口実であることが素晴らしい。

普段あれこれ筆記具を買いすぎてしまう人は、「そんなに買って何に使うの?」といろいろな人から冷ややかにたしなめられることがあるはずです。

「手紙を書くからいいのだ」

これでいいのだ、とバカボンのパパのように言い放ってやりましょう。
黄門様の印籠よろしくそれは無敵です。

さて、手紙に使うのは筆記具や紙製品が中心ですが、時にはカッターやハサミ、のりも使います。
たまには工作気分で息抜きしましょう。

というわけで、今日も強烈な封筒を作ってしまいました。
すべて長3サイズ。
A4が3つ折りで入るあのサイズです。
f0220714_6285691.jpg

バラ売りの素敵な封筒がたくさんある洋2サイズに比べると、長3サイズの封筒には選択肢がありません。
こうなりゃ作るしかないですよね。

包装紙の楽しいところはいろんな紙質があるところ。
とてもきれいけれども薄い紙の場合もあれば、水をはじきそうな頼もしい紙の場合もあります。

こういう紙とのふれあい、みたいなものも文房具を楽しむうえで馬鹿にならないと思うわけです。
どうしても限られたものにだけ触れて日々を過ごしてしまうので。

それにしても「縁」封筒はちょっと重いなあ…
これ、変なところで切ったら罰が当たりそうで、洋2封筒にできなかったんですよね…
もちろんネタとして流してくれる人を選んで使います(一人しかいない)。

追記があります。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-10 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(2)

文通コンテスト妄想中(追記)。

文通コンテスト…

自分で言い出しておいて、なんだそれは、どうするつもりなんだ、という話ですが、とりあえずこの機会に今まで出せなかった手紙たちを書こうと思います。

だって、義理も果たさず、何をはしゃいでいるんだってことになってしまいますから。
それに自分自身もこのあたりで手紙力を回復させたいですし。

手紙のいいところは、それがひそかな文房具実験の一環であっても気づかれないということです(ってここに書いたらあかんがな)。

使ってみたかった筆記具、紙製品、手紙のアイデア…
相手が楽しいかどうかはさておき、少なくとも自分は楽しいという。

目標はふみの日のある来月文月。
それまでに猫町は借金を返せるでしょうか。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-09 23:59 | 手紙 | Comments(2)

文通コンテスト妄想中。

最近手紙について考えることが多いです。

近年は筆不精になってしまった猫町ですが、物心ついた時にはもう誰かに手紙を書きたくてたまらなかったし、事実チラシの裏に手紙を書いて近所の友達に渡しに行ったものです。

こんな風に書きたい気持ちが常に先にあり、必然的に筆記具や紙について学んでいった気がします。

この店のチラシは鉛筆で書きやすいのに、この店のチラシはダメだな、ボールペンで書いてみよう。
この店のチラシはいつも裏表に印刷がしてあって使えないけど、封筒にするにはとても丈夫な紙だな、置いておこう。

そうして書いた手紙を包装するようになり(いわゆる「ななめ包み」というやり方ですね)、折り方を工夫しないと、重なった紙の厚みで長方形にならないことを学び、少し中に紙を折り込みながら包装するようになります。
幼稚園くらいの話でしょうか。

安易に物を買い与えてくれる家庭ではなかったので、具体的な文房具に目覚めるのはずっとずっと後の話ですが、自分の根っこにあるのはこうした「書きたい」という気持ちだったなと思います。

さて、以前まとめ記事にも書きましたが、やはり手紙というものにしんどさを感じさせる最たるものはマナーではないかと思います。
あと美文字。

もちろんそれらに気を配るべき場面も多々あることでしょう。
その時はその時で本やネットでマナーを調べ、失礼のないように最大限気合いを入れればいいと思います。
自分もそうすると思います。

しかし、今から死ぬまでにそんな手紙を何通書くでしょうか。
手紙は子どもでも書ける素朴で楽しいものなのに、そんな堅苦しい手紙だけを年に数回書いて疲れてしまっているのではないでしょうか。

ということで、最近は特にふざけた手紙というもので頭がいっぱいです。
ちょっと自分であれこれ試してみて…もしかすると近いうちに文通コンテストを開催するかもしれません。
手紙好きの方、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-08 23:59 | 手紙 | Comments(0)

猫町文具店(仮)からのお知らせ(青系ロールペンケース)。

猫町文具店(仮)の記事を続けます。

木琴堂のブログもあわせてお読みいただいている方には重複した内容になりますが、「レトロ雑貨と青の世界展」に関連して、以下の青系ロールペンケース4点に限り、少しだけお安くいたします。
店頭でお買い上げの方は1つにつき50円引き、通販の方は1つにつき20円引きです。
f0220714_19205248.jpg

なんてケチなんだ!という声も聞こえてきそうですが、右2つのロールペンケースに関してはボタンも手作りしている関係で、どうしてもどーんとお安くというわけにはいかないのです。

それでもいいよーという方、この機会にどうぞよろしくお願いいたします。
夏も近いですし、父の日のプレゼントにもまだ間に合うと思います。
今月末までやっております。

猫町ロールペンケース(マリン・ハワイアン)。
猫町ロールペンケース(鳥(ブルー))。
猫町ロールペンケース(ストライプ)。

在庫状況はこちらでご確認ください。
お早めにお声掛けいただければ、マリン柄の紐は青い紐にすることができます。

しかし、このロールペンケースもロングセラーとなりました。
最近お買い上げいただいた方に聞いたのですが、内側のフェルト部分を外側にしてぐるりと巻いてペンスタンド風にする使い方もあるみたいですね。

どんな筆記具を入れるかにもよりますが、確かにできないことはないです。
もちろんそれだけでは若干不安定なので、何かコップ的なものに入れればより完璧ですが。
やわらかい個室があるペンスタンドみたいな。
皆さんいろいろ考えるなあ…

ということで、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-07 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

青色文具@猫町文具店(仮)。

木琴堂では今月「レトロ雑貨と青の世界展」という催しをやっています。
前回の記事でご紹介したガラスの青い猫を見ていて、青の世界を作ってみたくなりました。

で、そのついでに、猫町文具店(仮)に青色文具のコーナーを作ってみたのがこちらです。
f0220714_17544021.jpg

これからの季節、木琴堂の2階はサウナです。
お客さんには冗談抜きでうちわをおすすめしますし、できるだけ足早に見て立ち去ったほうがいいような空間になります。

そんなわけでこれは、そんな2階でひと夏を過ごす自分のためのイベントなのかもしれません。
事実、並べ終わってからこの棚の前で放心しながら青を浴びている自分がいました。

しかし、なかなか楽しい作業でした。
いろいろな青の濃淡にも心がときめくし、差し色になっている色の魅力に気づいたりもしました。

小規模であればたぶん自室でも自分の好きな色文具コーナーは作れると思います。
緑やピンク、紫や赤…
猫町文具店(仮)に今まで来られたお客さんの好きな色があれこれ思い浮かびます。

ほんの小さな工夫、これなら自分だってできる、帰ったら早速やってみよう、そんな気分になること自体が楽しかったりするのではないでしょうか。

木琴堂はそんな場所です。
もちろん木琴堂の中にある猫町文具店(仮)も。

青が好きではない方は青ではない色を思い浮かべながら、青好きの方は青色空間をどうぞ楽しんでください。
今月もお待ちいたしております。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-06 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

青の癒し。

もはや筆記具でもなければ文房具でもないかもしれませんが、青つながりでこのカテゴリの記事にします。

何度も書いているように青という色がとても好きです。
疲れている時に青色のものを見つめてぼんやりすることがよくあるのですが、こうして心を落ち着かせる色があることに救いを感じます。

もっとも本当に疲れている時は青の効果などなく、それでなくても普段から青に囲まれすぎて、それらはもはや空気みたいなものなのですが。

こちらは猫町お気に入りのガラスの猫。
一応ペーパーウェイトということにしておきましょうか。
数年前クラフト系のイベントで出会ったガラス作家の作品です。
f0220714_17385697.jpg

太り具合とちゅるんとした質感と青が見ていて飽きません。
f0220714_17391022.jpg

こうした余裕のあるアイテムが普通に机上にあるような生活をしたいのですが、なんだかんだと散らかっているので、普段は引き出しの中にしまっています。

で、この猫を見ていて思いついたイベントを今月は木琴堂でやっているという話に続いていきます(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-05 23:59 | 青色筆記具研究所 | Comments(2)

鉛筆専用ペンケース、あるいは寿司好き。

鉛筆の話になったところで、ペンケースの話もしてみたいと思います。

複数の鉛筆を使い始めてすぐに、これは専用のペンケースがいるなと思いました。
何しろ新品の鉛筆は長い。
それにキャップを付けるとなるとさらに長い。
こんなに細長いものはいつものペンケースには入りません。

ということで、細長ーい、いかにも鉛筆専用というペンケースを木琴堂のおかみさんに作ってもらうことにしました。
それがこちら。
f0220714_8455387.jpg

うっかりすかすか銀色キャップの長さに合わせて作ってしまったので、カラフルな消しゴム付きキャップに替えるとさすがに長さがぎりぎりに。
カラフルさんたちはさらに長いのです。

それでも十分満足。
このペンケースには鉛筆だけ、というのが潔くて好きです。
英語日記を書く時はこれだけあればいい、みたいな。
f0220714_846678.jpg

さて、こちらのペンケースは猫町のロールペンケースとおそろいです。
できたら兄弟みたいなペンケースになればと思っていたのでうれしいです。
f0220714_846181.jpg

さらに調子に乗ったのがこちら。
分かりますか?
袖口なんですが…
f0220714_8462870.jpg

もとは@年以上前に買ったイタリア製のありがたいブラウスなんですが、カフスの付いたごっつい部分をすべてはずし、袖口に縫い付けてもらいました。
イタリア人が見たらびっくりするでしょうか(怒るかな?)。
f0220714_846385.jpg

もともとこの布は青の濃淡が素敵かつ寿司好きなのでときめいて買ったものなのですが、これでいつも寿司と一緒ですよ。
こうして捨てる部分なく何かを使い切るのは本当に気持ちがいいですよね。

ちなみに好きな寿司のネタはイカと鯛とイクラと納豆です(どうでもいい)。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-04 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(6)

100均鉛筆キャップの落とし穴。

そもそも英語日記などを始めたのは鉛筆を使いたいからで、もちろんその鉛筆とは毎日仲良くやっております。
さて鉛筆といえばキャップですが、今回はそのキャップの話を書いてみたいと思います。

タイトルにもあるようにまたぞろ100均文具に手を出してしまいました。
今比較的機嫌よく使っているのがこちら。
なんとなく昭和のかほり…
f0220714_53782.jpg

なんでそんなの使うかな!
普通は銀色のあれでしょ!

ですよね?
これのことですよね?
f0220714_5372229.jpg

しかし…
これがダメだったのです。

これはダイソーで買ったのですが、お、かっこいい青色も入っているぞ、と浮かれたのもつかの間、鉛筆に挿すとすっかすか。
鉛筆を逆さに向けると、カラン…
筆箱の中でも外れてしまい、何のためのキャップやねん!

厳密に言えば鉛筆によっては比較的大丈夫なものもありました。
鉛筆のコーティングが豪華だからなのか、たまたまなのか、ハイユニだけはなんとか普通にキャップらしくはまりました。

が、ユニもユニスターもすかすか。
ダイソーのキャップはハイユニ専用?
んな馬鹿な!

さらに、すかすかのくせに鉛筆を傷つける輩もあらわれ、銀色キャップに無期限の謹慎を申し付けたところです。
かっこいい鉛筆たちが…
f0220714_5373480.jpg

うわーん…
f0220714_5374632.jpg

ということで、冒頭の昭和な鉛筆キャップですよ。
本当は消しゴムなんて付いていなくていいし、こんなにカラフルじゃなくてもいいのですが、他がもっとキビシかったのです。
スイーツとかよくわからないキャラクターとか無理無理絶対無理な感じで、これに落ち着きました。

こうしたプラスチックの鉛筆キャップの落とし穴はあらかじめ分かっています。
鉛筆をぐっと挿しすぎてひび割れることですよね。

分かっているので慎重に挿しますが、銀色の人たちのようにすっかすかじゃないのは本当にありがたい。
透明なので芯のちびた鉛筆にも気づけるし、見た目がちょっと幼いこと以外は問題ないのではないでしょうか。

それに、消しゴム部分は中学生に説明する時の指示棒によかったりします。
威圧的な音もしないし、色が派手なので目立ちやすいというか。
(また変なもの使い始めたぞ)と思われているかもしれませんが。

ちなみに、銀色キャップの名誉のために言っておきますが、普通に文房具屋で買った銀色キャップや、これまで他の100均で買った銀色キャップではこんなことになったことはありません。

ダイソーだけの問題なのか、それともたまたま残念な5人組にあたっただけなのか…
100均だし、個体差の問題もありそうですよね。

とりあえず、キャップ=銀色ということで飛びついたらギャンと言わされたという話でした。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-03 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(6)

文通における封筒の魅力(ギャザリー掲載)。

このたび封筒についてまとめ記事を書きました。

封筒だけでこんなに楽しい!脱力系文通のススメ☆

文通に関するコラムやまとめ記事を書いている割に、実は自分こそが筆不精だと最近ようやく自覚した猫町ですが(遅)、それでも手紙というものにはどうしても惹かれてしまうし、それゆえなんとかして気軽に手紙を楽しめないものかといつも考えてしまいます。

記事はいつものように見出しを追いかけるだけで内容が分かるようにしています。
興味のある項だけでもお読みいただけたらと思います。

文通に興味のない方にも楽しんでいただけるように、ちょこちょこ文房具ネタも混ぜています。
なんだか手紙を書きたくなってきたぞーという気持ちになることを願っています。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-02 08:29 | レター用品・スタンプ | Comments(4)

コメントへのお返事。

毎度のことで恐縮ですが、いただいていたコメントへのレスをようやくアップいたしました。
今回は50件近くもためこんでしまい、本当に申し訳ありませんでした。

無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。
いつもたくさんのコメント誠にありがとうございます。

続きはこちら。
[PR]
by mukei_font | 2015-06-01 23:59 | わたくしごと | Comments(6)