猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(58)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

USED文具(補助軸)。

古いものを扱う仕事をしている関係で、古い文房具というものにしばしば出会います。
しかし、古い文房具にもいくつか種類があり、扱われ方もさまざまです。

例えば古さに価値がある文房具であれば使用品でも展示しますし、場合によっては売れることもあります。
また、古いのに保存状態がよい、あるいは未使用の文房具ということになればかなりの人気商品です。

これらは状態に差はあれ、「古いもの」というおもしろさがあり、ある意味扱いやすいわけですが、一番微妙なのは、古さに価値があるほど古くはなく、しかもすでに誰かが使ってしまっているという文房具です。

それらはほぼ「ゴミ」としてやってくることが多く、小さくて処分しやすいこともあり、無慈悲にも捨てられていきます。
そりゃそうですよね。
古道具としての価値はなく、リサイクルショップが引き取ってくれるほどの状態でもないわけですから。

が、やはりまだ使えそうな文房具をゴミ袋にがらがらと投げ入れることなど自分にはできないのでした。
文房具に限りませんが、いろいろな引き出しから出てきたガラクタをどうしても捨てられず、昨年は木琴堂で「引き出しの中のガラクタ展」という展示をやったりもしたのですが、その中にあった文房具を今使っているという話をしたいと思います。

こちらなんですが、銀色のよくある補助軸です。
f0220714_10454912.jpg

これは先ほどの「引き出しの中のガラクタ展」の写真でいうと、セルロイドのペンケースに入っていたものなのですが、汚れてくすんでいたのをきれいにして使っています。

ご覧のとおりへこんでいますが、伊東屋のおしゃれ補助軸(見た目がいいだけで、長い鉛筆が入らない補助軸としてはかなり残念な代物)よりはずいぶん使いやすいのです。
f0220714_10463385.jpg

いったいどこの誰が使っていたものか分かりませんが、ありがとうございます。
人のものを使うなんて、と中古品に抵抗のある方もおられると思いますが、自分の場合は汚れを落として気の済むまでみがいたらもう自分のもの、という感じです。
そもそも古道具というのはそういうものなので。

もちろん、古道具といっても眺めて飾るようなものは誰かの使ったものでもよいけれど、実際に手にして使うものは新品がいいという方もおられますよね。
これは古着愛好家でも肌着は新品がいいというのに似ているかなと思っています。

文房具はとくに筆記具や紙製品の場合肌着に近いところがあるので、小引き出しやペーパーウェイトはレトログッズを好んでも、実際に書くものは新品がいいという感覚は非常に分かる気がします。

それでもまあ、道具は使われたがっているに決まっているので自分が率先して使うことにしています。
こういうものはいくら古道具屋とはいえ売り物にならないので。

ということで、古いといっても案外似たり寄ったりの年齢かもしれない銀色の補助軸をなでまわしている猫町でした。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-19 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(2)

猫町ロールペンケース余談。

猫町ロールペンケースに関する余談を一つ。

おかげさまでこちらのブログをお読みいただいている方や、ロールペンケースをお探しの方などからご注文をいただくことが多く、木琴堂一同喜んでいるわけですが、先日これまでにお買い上げいただいた方々を都道府県別に整理してみました。

驚くべきことに、47都道府県中、38の都道府県の方々にお買い上げいただいておりました。
もちろん何年もかけての遅々とした記録ですが、本当にありがたいことだなと思っています。

猫町ロールペンケースは名前に「猫町」と付いてはおりますが、木琴堂全員の作品です。
木琴堂に猫町が関与しなければ生まれなかった商品であり、裁縫にたけた者や、木工にたけた者がいなければ形にならなかった商品です。

いつもこのブログをご覧いただいている方にはおなじみの商品でも、ふと通りすがりに目にする方がおられるかもしれない。
そういう思いで、長年同じアイテムを販売し続けています。

さて、残り9県の方すべてにお買い上げいただき、ぺらぺらの「全国制覇」ができるのはいつの日でしょう。
こういう場合、残りの県を発表するのは邪道な気がするので、気長にその日を待ってみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-18 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

猫町文具店(仮)からのお知らせ(ロールペンケース)。

猫町文具店(仮)より、猫町ロールペンケースのお知らせです。

本当は昨年の秋に登場したもので、11月中に記事にしよう、クリスマスまでにはなんとかしよう、年内にはなんとか、いやせめて松の内までに、なんとかしてバレンタインまでに…ともたもたしているうちに今頃になってしまいました。

詳細はこちらをどうぞ。
f0220714_9501393.jpg

なお、以前イベントの告知とともに載せた写真とは紐の色が違っています。
今回の写真が現行の商品です。

上記のリンク記事をご覧いただければと思いますが、今回からポケットを10センチから11.5センチにしています。
万年筆を入れた感じの写真も載せていますのでご覧ください。

また、ポケットをもう少し深くしてほしい、浅くしてほしいなどのリクエストにもお応えできる範囲でお応えしたいと思っております。
ポケットは最大13センチまで深くなります。
リンク先に写真があります。

なお、これまでのものは在庫表でご確認ください。
在庫が1となっていても、それで終わりというわけではありません。
最後の1つになると「最後の1個です」と明記し、布が残り少ないものには*を付けています。

また、ロールペンケースの楽しい使い方についても、こちらの記事の最後に書いています。
とにかくあらかじめ用意されたベロに関係なく、自分自身のペンの長さに合わせてベロを深く折り、しっかりと巻けばペンがこぼれる心配はありません。

木琴堂が遠い方には通販もいたします。
非公開コメントもしくはメールでご連絡ください。

メールやコメント欄への書き込みは、

・お名前(最初はハンドルネームでも大丈夫です)
・購入希望の商品
・個数
(非公開コメントの方は)メールアドレス

といった簡潔なもので結構です。
折り返しこちらからメールを送信いたします。

紹介記事を書くのが遅すぎてすでに在庫僅少のものもあり、申し訳ないことになっておりますが、3月は贈り物のシーズンということで、一人でも多くの方に興味を持っていただけたらと思っています。

また、近々新柄についてもご案内する予定です。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-17 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(1)

猫町の近況(ブログという場)。

暦の上では3月になってしまいましたが、ちまちまと過去の記事を書いていきたいと思います。

1日1記事にこだわる理由はとても個人的なもので、うまく説明できないのですが、少しくらいは自分に厳しい部分がないと、と考える部分があるのは確かです。
自分に厳しくしてこれかよ、と怒られてしまいそうですが。

それにしても、更新が滞りがちにもかかわらず毎日たくさんの方にアクセスいただき、本当にありがたく思っています。
もっともらしく書いている記事もありますが、基本的に雑文ですので楽しんでいただければ何よりです。

時々思うのですが、ブログというのは終わらない文化祭みたいなものだと思います。
みんながぞろぞろと歩き回り、興味がある展示に立ち止まる。
誰も来なくても展示はそこにあり続けるし、時間がくれば落語研究会は落語を始めたり、科学同好会は実験を始めたりします。

無罫フォントは猫町が一人でやっているコントみたいなものです。
誰も来なくても「ショートコント、替芯。」などとはりきっているのが猫町であり、それが許される場所がここ無罫フォントであると思っています。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-16 23:59 | わたくしごと | Comments(2)

届かなかった手紙。

毎年バレンタインの季節に、お世話になった方々へ贈り物をすることにしています。
とりわけチョコレートに愛があるわけでもないのですが、お中元やお歳暮ほど格式張らずにご挨拶できるかなと10年ほど続けています。

が、今年は悲しいバレンタインになってしまいました。
チョコレートを届けられなかったのです。
ご自宅には届いたのですが、その方はもうお亡くなりになった後でした。

差出人の連絡先を見たご親戚の方からお電話をいただき、愕然としました。
チョコレートは仏壇に供えました、と言われてもまったく実感がありません。

あれからしばらく時間がたち、ようやく思ったことは「届かなかったんだな」ということでした。
チョコレートも、チョコレートに添えた手紙も宙に浮いてしまったのです。

猫町が猫好きなのをご存じのその方は、猫町からの手紙がいつも猫柄の便箋であることをとても喜ばれていました。
また、猫町が文房具好きで、字を書くのがこの上なく好きなこともよくご存じで、猫町の稚拙な文字もよくほめてくださいました。

そんなあたたかい反応を期待して、今年も猫柄の便箋にちまちまと手紙を書いたのですが…
いつもより長くなった手紙の最後には、普段はしない「会いに行く約束」なども書いたのですが…

自分は死んだことがないし、仮にあったとしてもその記憶がないので、死後どういうことになるのか分かりません。
仏壇に供えたら手紙が読めたりするのでしょうか。
それは封を開けて、広げたりしなくても?

まだまだ機会があると思い、その方宛ての住所を書いた封筒も残っています。
封筒を見た瞬間から楽しくなるように、猫柄のメモ帳を宛名シール風に使ったものでした。

届けたいものが届けられなくなることが、お別れということなのかもしれません。
そしてそれは突然やって来て、こちらはそれを受け入れつつ、その方の思い出の入り混じった自分のストーリーの続きを歩んでいくのだなあと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-15 23:59 | 手紙 | Comments(0)

いただきものタグ。

ふと思いついて、前回の記事より「いただきもの」というタグを作ってみました。

これまでにも「いただきもの」関係の記事はたくさんあり、それらすべてに今からタグを付けていくのは非常に困難ですが、発見し次第付けていく感じにしたいと思います。

とりあえず「おもしろ文具」カテゴリにあるものには付けました。
ゆるくてすみません。

これからの記事は大丈夫だと思います。
記事にできていない大量のいただきものたちが目をぎらつかせているのを感じます。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-14 23:59 | わたくしごと | Comments(6)

ZEBRA・デルガード0.3使用感。

ある方からZEBRAのデルガードの0.3をいただきました。
ありがとうございます。
f0220714_22572329.jpg

ご覧のとおり色は白。
自分なら青か黒かで迷ってしまいそうですが、そうか、白という選択肢があったか。
白に水色のラインが入った非常に美しい外見です。
f0220714_2257485.jpg

f0220714_2258484.jpg

これまでデルガードというシャープペンにはあまり縁がありませんでした。
というのも、学生時代からシャープペンの芯を折って苦労した経験があまりなく、自分には特に必要のないものだったからです。

しかし、それは芯の太さが0.5だったからでしょう。
0.3だとさすがに何度か芯を折っていたので、デルガードの0.3が出たら使ってみたいと思っていました。
0.3で折れないならかなりすごいなと。

ということで、早速デルガードの0.3を使ってみました。

ちょうどコクヨのキャンパスノートのA罫に英語の問題集を解いている最中だったので、続きをデルガードの0.3で書いていくことにしました。

最近は鉛筆ばかり使っていたので、線の細さにかなり違和感がありましたが、気にせず普段と同じ大きさの字を書いていきます。
記入は筆記体、筆記速度はかなり速めです。

結果的に芯は折れませんでした。
今までの0.3(PILOTのS3や三菱のシフト)ならとっくに折れていたような筆圧だったと思います。
これがデルガードシステムか…

が、不満な点がいくつか。

まず、芯の減りが速すぎること。
折れないのでつい強い筆圧で書いてしまい、その結果芯がガンガン減るはめになったのかもしれませんが、こんなに忙しくシャープペンをノックしなければならなかったことはちょっとありませんでした。

で、そのうち焦れて思わずノックしすぎると芯が折れました。
HPだと4回以上ノックするとダメとありますが、3回でも厳しかったように思います(厳密には減りかけでノックしていたので3.5回分くらいの長さになっていたのかもしれません)。

とにかく、いくら「折れない」と言われてもあんなに小刻みにノックしながら使うのは使いにくいです。
あ、今分かったのですが、芯が折れるのを恐れてノックをちょっとしかしないからすぐに芯が減るのですね…

あとは、書き心地の問題でしょうか。
クルトガよりはずいぶんましですが、やはりパイプが安定しないシャープペンは書きにくいですね。
が、デルガードはまさにここにこそこだわったシャープペンなのだから、不満を言うのは申し訳ないような気もします…(クルトガもそうか)

あとは、ペン先を見つめていると酔うこと。
最初は(おおこれがデルガードシステムか)とちょっと楽しいのですが、あとは目をそらす感じで。
ちなみに最初に使ったのが英語の筆記体だったのでこの程度ですみましたが、試しに「デルガード」と書いてみるとぺくぺく感がすごかったです。
0.5を店頭で試筆した時はこんなに感じなかったけどなあ…

しかしまあ、従来のシャープペンならとっくに折れていたであろう使い方をしても芯が折れないのはすごいと思いました。
問題は0.3のシャープペンをいつ使うかということです。

線が細いのも困りものですが、それよりももっと困るのは筆記線の薄さです。
線が細くても濃さがあれば、極細ボールペンのような感じで楽しめる可能性もあるのに、0.3の場合2B以上だと折れるとHPには書いてあります。

Bだと少しましなのかなあ。
デルガード替芯って何か工夫されているのかな?
何の説明もないけど…
パッケージをかっこよくしただけだったら笑うなあ。

まあいくら芯が折れないとはいえ、0.3のシャープペンでわざわざ問題集を勢いよく解く必要もなく、極細のペン先には極細のペン先向きの用途があるのでしょう。
美しい軸を眺めながら、ゆっくり考えてみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-13 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(6)

日曜始まり*月曜始まり。

意味もなく「花*花」みたいに間に「*」を入れてみましたが、久しぶりにダイアリーの話をしたいと思います。

今年は複数のマンスリーを使うことにした猫町ですが、今のところまあまあ使いこなせているような気がします。
ダイアリー素人が複数冊を使いこなすなんて、と思われそうですが、マンスリーばかりなので、キャー!ダイアリーの存在をすっかり忘れてた!ページが真っ白!なことになっても視覚的なダメージは少ないのです。

ちなみに今年のダイアリーはこんな感じ。
左端は金銭関係、真ん中は文通関係、右端は仕事関係に使っています。
一応メインは右端のダイアリーで、健康状態や、日常生活のこと(猫のトイレを洗ったとか、カメが冬眠したとか)も書いています。
f0220714_21464073.jpg

メインのダイアリーまでマンスリーにしたのは失敗だったと以前書きましたが、しばしばダイアリーの存在を忘れがちな自分にとっては、多少スケジュールの欄がぎちぎちしていたほうが、使っている感じがしていいかなと思っています。

これらはすべてマンスリーですが、今年は月曜始まりを使っています。
これまで日曜始まりにこだわってきただけあって、現時点でまったく月曜始まりに慣れておりません。

そもそも世の中のカレンダーの大半が日曜始まりであり、それに一致させる形で日曜始まりのダイアリーにこだわっていたわけですが、これが1マスずれるだけでかなり苛々するはめになりました。

こんなことではいかん、と思っていたところに、月曜始まりの卓上カレンダーを入手。
よし、これでカレンダーとダイアリーを両方月曜始まりにしたぞ。
f0220714_21345035.jpg

これで視覚的一致を…と思ったのですが、ダイアリー以上にカレンダーが月曜始まりということに耐えられず、ミスをしそうになったのも一度や二度ではありません。
左から3マス目は火曜日…じゃなかった水曜日か!みたいな感じで。

何もこれは月曜始まり批判がしたいわけではないのです。
むしろ、ダイアリーは月曜始まりなのに、日曜始まりのカレンダーを眺めざるを得ない人たち(きっとたくさんいるに違いない)に同情しています。
気持ち悪いですよね、あの一致しない感じ。

世の中の大半のカレンダーは日曜始まりなので、例えば歯医者などで「次回はいつになさいますか?」とカレンダーを示されるとたいてい日曜始まりです。
月曜始まりダイアリーユーザーはその瞬間マス目を1マスずらして考えないといけないわけですよね。

でも長年、「ダイアリー=月曜始まり」、「カレンダー=日曜始まり」的な環境に慣れていると、それはそれでサクサクこなせるものなのかもしれません。
両者の不一致に不満の声が噴出してないことからしても、皆さん上手に適応しておられるのでしょう。

しかし、どうやら自分は駄目なようです。
まだ2月ですが、来年は再び日曜始まりのダイアリーに戻すことを決意しました。

サブ的に使う100均ダイアリーは月曜始まりで我慢しますが、メインのダイアリーは日曜始まりに戻します。
月曜始まりのダイアリーの方が選択肢も多くて楽しいのですが、身の回りのカレンダーと視覚的に一致していること以上に確実なスケジュール管理はないと気づきました。

来年はどこのダイアリーにしようかなあ…
[PR]
by mukei_font | 2016-02-12 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(6)

如月の背中。

いやはやいやはや。
一月はいぬ、二月は逃げる、三月は去る、などと言いますが、二月の逃げ足の速さたるや。

流されつつも「日常」の背中を追いかけていたつもりでしたが、2月15日あたりから急にぐんと時の流れが加速し、ToDoも英語日記も真っ白、記憶がほとんどありません。

時の流れというのは、「光陰矢のごとし」の「矢」のような直線的なものではないように思います。
ぬめっとして案外動きの遅い顔を見せる時もあれば、あきらかに加速する瞬間もあり、時計で一応確かめられることになってはいるものの、まったく油断のならない奴です。

などと真剣に腹を立てても仕方がありません。

おかげでバレンタインも猫の日も終わってしまいました(リアルな日付では今日は2月25日)。
毎日文房具に触れない日はなく、何も思わない日は1日もないのに、それを書き残せずに流されているだけなんて。

ということで、あきらめの悪い自分は今から過ぎ去った日々のアウトプットをかき集めていきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-11 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

三菱・プロパスウインドウ〈クイックドライ〉。

まあそんなこんなで相変わらず文房具屋や100円ショップをふらふらしています。
田舎なので新商品等の入荷は遅いのですが、いつか手に取れればいいや的なゆるさで楽しんでいます。

が、通販してでも欲しかったのがこちらの蛍光ペン。
三菱・プロパスウインドウ〈クイックドライ〉
f0220714_901182.jpg

勉強がらみで蛍光マーカーを使うことが多くなってきたのですが、一番困ったのは乾きの遅さでした。
蛍光マーカーを引いたページをうっかりめくって戻ると隣のページにべったり…

でも、乾くのを待っていると案外時間がかかり、地理→歴史→理科→地理とはしごしながら勉強する羽目になり、記憶の定着には案外こうした勉強法もいいのかもしれませんが(適当)、自分は何をやっているんだ!みたいな感じになってしまい…
そこでこちらの蛍光ペンに強く心惹かれた次第です。

蛍光マーカーを遠巻きに見ていた時は、派手すぎない色のZEBRAのマイルドライナーに心惹かれたものですが、中学生の教科書は想像以上につるっつるでマイルドライナーなど薄すぎてまったくお呼びではありませんでした。

もちろん蛍光マーカーの善し悪しは紙質や用途に左右されます。
マイルドライナー向きの紙質があることも容易に想像できます。
が、少なくとも理科や社会の教科書に自分が求めるのは、適度に目立ちつつ、乾きの速い蛍光マーカー。
目立ってほしいし、素早く乾いてほしい。

で、プロパスウインドウ〈クイックドライ〉なのですが、確かにコクヨのWiLLのマーキングペンよりは速く乾きます。
が、色が薄いので何度も重ね塗りしてしまうという欠点もあり、結局あまりクイックドライ感を体験できていないような…

使い初めだから色が薄いのかな?
それだけ教科書がつるっつるなんですよね。

ちなみに「ウインドウ」はあまり役には立っていません。
クルトガがない世代の人間がセルフクルトガをするように、窓がなくても普通にマーキングできるのです。

もちろん1ミリもはみ出さないのか?と言われると困りますが、そんな厳密な作業はしていないので。
それに「お、これが窓か?どこを見るんだ?ここを見るのか?なんか遠近感がおかしいぞ?いつ止めるんだ?うわっはみだしてもた…」を何度かやってこりました。
できるだけ窓はのぞかずに使っています。

しかし、蛍光マーカーというのもなかなか楽しい世界ですね。
少し前には知らなかった世界に足を踏み入れることにわくわくします。
いよいよ学生チックに楽しんでいきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-10 23:59 | その他筆記具 | Comments(2)