猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(58)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

無罫リーフ。

もし今街頭インタビューで「今ハマっているものは?」と聞かれたら即答したいものがあります。
無罫のルーズリーフです。

はい。
結局ルーズリーフにはまってしまいました(ルーズリーフライフ。参照)。

本当は無罫のノートが使いたい、無罫のリーフなんてただの紙だ、と思っていたのですが、ただの紙だからこそ熱いものがあるように思えてきたのです。
何の罫線のごまかしもなく、穴だけが開いた真っ白な紙に文字なり図なりを書いていくしかないシンプルさ。

こうなってくると、いろんな無罫リーフを使ってみたくてたまらなくなります。
コクヨ(さらさら書ける/しっかり書ける)、マルマン、100均アイテム…

ノートに手を出す時は「使うかなあ」と躊躇することも多いのですが、無罫のリーフはばんばん使うので買うのが怖くありません。
効果的すぎる鼻先のニンジンを見つけてしまったかもしれません。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-11 23:59 | ノート | Comments(0)

大阪文具旅(強行軍)1:あじわい筆記具~阪急文具の博覧会2016~

書くべき記事が山のようにあるのですが、とりあえず先日の大阪文具旅のことから書きます。
が、このあと2、3…と続いていくかと言えばそうでもなく、要は気まぐれです。
記事の日付と書いている日の日付がずれているのもいつものことです。

さて、先日は大阪に行って来ました。
主な目的は友人のうさむしが出店している「OSAKAアート&てづくりバザール」というイベントに行くことでしたが、もちろん早い時間の電車で大阪に到着、朝からあちこちを徘徊していたことは言うまでもありません。

一通り予定をこなし、最後に梅田の阪急の文具売り場に行くことにしたのは何やらイベントをやっているらしいというような告知を見た気がしたからでした。
で、行ってみると、「あじわい筆記具~阪急文具の博覧会2016春~」みたいなイベントをばーんとやっているではありませんか。
しかも、王冠をかぶった文具王が熱弁しているし…

イベントはいろいろな筆記具メーカーがブースを出してそれぞれの筆記具を販売したり、名入れをしたり、中央には自由に試し書きできるコーナーがあったり…
筆記具メーカーだけじゃなく、オリジナルノートが作れるブースや、いろんなペンケースが並んだコーナーがあったり…

また、阪急の文具売り場には月光荘のグッズをはじめとするかわいい雑貨や、大阪の紙メーカーの楽しそうなノートやメモ帳がいろいろとあり…

要するに非常に楽しそうなイベントで、むしろこのためだけに大阪に出てきてもよかったような、そんな空間が広がっていたわけです。

が、ここに到着した時点で猫町の疲労はMAX。
目に飛び込んでくる情報のすべてがしんどく、こんなに物があるのに友人の探し物(文房具)が見当たらないことにも腹が立ち、雑貨系ばかりにうつつを抜かしやがって、と阪急の文具売り場に毒づきながらイベントスペースの階段にへたり込んでしまう始末。

それでも転んでもただでは起きぬ猫町、ナガサワ文具センターの「神戸インク物語」の色サンプルに果敢に立ち向かいました。

「神戸インク物語」というのは、ナガサワ文具センターのカラフルなオリジナルインクなのですが、普段は店頭で色見本を見るくらいしかできません。
しかもその色見本も印刷されていたり、実物があったとしてもラミネートされていたり、さらには退色していたりで色の感じが非常に分かりにくいのです。

それがすべて試し書きできるというのだから頑張らざるを得ません。
ということで、運よく持って来ていたジョッターに活躍してもらいました。
f0220714_920113.jpg

いつも以上に字が残念なのは混雑しているところで荷物を抱えながら立って書いたからということにしておいてください。
それにしても画面では色が分かりにくいですよね。
これでも実物に近くなるように色を調整してみているのですが、難しいです。

まあ、自分が分かればいいか。
この中では限りなく緑に近い「須磨浦シーサイドブルー」か「栄町インディゴ」あたりがいいな。

でも、たった数文字書いただけなのでその時の万年筆のコンディションによるというか、正直「京町レジェンドブルー」、「港島アイランドブルー」、「波止場ブルー」が毎回こんな感じなのか、この時だけたまたまこんな感じになったのかが、自分が書いた実物を見てもよく分かりません。

すでに万年筆のインクは大量にあり、これ以上買うのは正気の沙汰ではないと分かってはいるのですが、もし次買うならこれ、と危険な買い物リストが脳内にできてしまいました。

というわけで、大阪文具旅(強行軍)についてはまたおいおい書いていきたいと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-10 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

けしごむーず3(空気スリーブの巻)。

消しゴムたちが何かを話しています。

「アーチちゃん、あんた空気スリーブやろ(消しゴム界のシークレットブーツの意)」
「な、なんやねん藪から棒に」
「あんたみたいに減るのが速い人がいまだにこんなに背高のっぽておかしいやん」
f0220714_23205821.jpg

「ばれたらしゃあないな」
「背低!ほとんど一緒やん!ブーツ履きすぎやろ!」
「知らんやん!旦那が(スリーブを)切ろうとせんからや。(スリーブの上の)フィルムをアーチ状に切ってるぐらいやで」
f0220714_2321201.jpg

「愛されてるんや」
「無印先輩…!」
「実は俺も普段はちょっとだけブーツ履いてんねんけど、どうもスリーブがきれい過ぎたり好き過ぎたりしたら切るのがもったいない、みたいなことらしいで」
「そういえばエアタッちゃんもかなり長いこと空気スリーブやったよな」
「旦那はトンボのトリコロール好きやしなあ」
f0220714_23213696.jpg

「逆にわざとくちゃくちゃになるまでスリーブをいじめて、一気にぱーんと切るのも好きやろ」
「テトリスの長い棒を待つ感じ?」
「そうそう」
「俺がそんなんやったわ。CESSちゃんもそんなんやったよな」
f0220714_23215028.jpg

「写真あるで」
「ほんまや!」
「テトリスの長い棒待ち感あるな!」
f0220714_2355257.jpg

f0220714_23551758.jpg

(楽しそうやなあ…)
(アレガ「リア充」…)
f0220714_23221417.jpg

[PR]
by mukei_font | 2016-03-09 23:59 | 〈けしごむーず〉 | Comments(4)

家計簿と青の戯れ。

「家計簿」というほどちゃんとしたものではありませんが、一応「金銭出納用ダイアリー」というものを自分なりに作っています。

こちらの記事の一番左のダイアリーなのですが、以前書いた100均ダイアリーのまとめ記事の中でその詳細を紹介しています(一番最後に登場するキャンドゥのダイアリー)。

このダイアリーを金銭出納用にしたのは、「収支メモ」という気の利いた欄があったからですが、ここをどうやって使うかしばらく悩みました。

わざわざ1冊のダイアリーを金銭出納用にしているのだから、普段の支出はマンスリーのページに書きたいのです。
一目で全体が見渡せるところが好きで、マンスリーをジャンル別に3冊も使っているわけですから。

いろいろ考えたあげく、ここにはネットショップで買ったものを記録していくことにしました。
ネットショップで買う時はあれこれまとめ買いすることが多く、そうなってくるとマンスリーの小さなマスには買ったものを書ききれなくなるからです。

さっそく収支メモを使い始めたのですが、なんとなく色分けがしたくなりました。
@マゾンで買ったもの、@天で買ったもの、@@書店で買ったもの…これらを色分けしたら楽しいのではないかと思ったのです。

色についてもあれこれ考えましたが、結局いろんな青色を使うことにしました。
ペン先を0.38に統一しても、

シグノRT1の青
シグノRT1のブルーブラック
ジュースの青
ジュースのブルーブラック
ジュースのアクアブルー

といろいろ持っているのです。

で、やってみました。
さすがに実物の写真をアップするのは生々しいので、同じ色とバランスで作ったサンプルがこちらです(買い物の内容は適当)。
f0220714_21192065.jpg

はい。
めちゃくちゃ分かりにくいです。

一応この色は@マゾン、この色は@天と決めながら書いていたのですが、似ている色が隣り合ってくると、そもそもの色の定義が自分でも分からなくなり、ああ、もっと個性的な青でやるんだった…と後悔してももう遅い。

結局色だけで見分けるのは難しくなり、ネットショップの頭文字を横に小さく書く羽目になりました。
写真のサンプルはまだましですが、月によってはそっくりの青同士がひしめきあう結果になってしまい…

でも楽しいんですよね。
もはや青と戯れているだけの家計簿です。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-08 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(2)

若者たち@猫町文具店(仮)。

春休みということもあるのでしょうか。
こんな辺鄙なところにある店に、西から東から若者がやって来てくれます。
本当にありがとうございます。

愛用の文房具もたくさん見せていただき、ああ、記事にしないとと思いながら時間がたっていきます。
数年単位で気長にお待ちください(ひどい)。

しかし学生さんとおしゃべりをするのは楽しくもあり、苦くもあり、なんだかよく分からない気持ちになるものですね。
どうしても自分が学生だった頃のことが重なるのですが、思い出そうにももはやその記憶は正確なものとはほど遠く、勉強法も、それに使った文房具も、伸び悩んだ成績やそれへの焦りや絶望も…何もかもが色あせてしまっていて。

結構泥臭く頑張ったはずなのに、なんとなくスマートにやり遂げたような錯覚さえして、いやいや、むちゃくちゃ頑張ってたんやで、と過去の自分から怒りの鉄拳が(当時好きだった漫画でいうと「霊丸」や「黒龍波」が)飛んできてもおかしくないなと思ったりもするのです。

そんなほろ苦い思いとともに聞いたたくさんの文房具話を、近いうちにまとめてみたいと思います(政治家の約束)。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-07 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

玉結び地獄。

新学期が近いということで、量販店の文具売り場ではコクヨのキャンパスノートが山積みなわけですが、もはや普通の罫線のノートを探す方が難しい状況ですね。

ドット入り罫線。
きゃつらがこの春一気に侵食してきた気がします。

もちろんドット入り罫線のノート自体は以前からありました。
中学生に熱烈に支持されていることも知っています。

が、限定柄のキャンパスノートは普通の罫線のノートにゆずり、ドット入り罫線のノートはあくまでも機能的なノートとして、せいぜい5色展開に甘んじていたという印象だったのです。
そしてそういう硬派なところをひそかに好もしく思っていました。

ところがどうでしょう。
少なくとも市内のイオンの文具売り場に限っては、限定柄のキャンパスノートはすべてドット入り罫線になっているではないですか。

実際これらはユーザーのニーズに応えたものでしょう。
中学生も、「限定柄はかわいいけど、ドットがないのが残念」と何度もこぼしていましたから。

もともと強く支持されてきたドット入り罫線に限定柄というファンシーさを加えて一大展開。
当然の流れとはいえ、まさに鬼に金棒。
もはや限定柄の普通のキャンパスノートは見当たりません。

無罫派の自分にとって横罫もドット入り罫線も縁のないものです。
が、限定柄のキャンパスノートというのは不思議なもので、見慣れない柄のキャンパスノートがぎゅっと5冊パックになっているのを見ると、こんな自分でもふらふらとしてしまうものなのです。

まして今はB5の横罫ノートを使おうと思えば使える状況にあります。
問題集等を解くノートにしてもいいわけですから。
@ィズニーのキャラクタには興味がなくても、@ヌーピー的な人のアイテムならちょっと使ってみたいかな、と思ったりもするわけです。

が、横罫はまだゆるせてもドット…
ドット入り罫線はコンセプトからしてあまり共感できませんが(ドットがなくてもレイアウトくらい自力でやろうよ)、視覚的にドットがきついというか、自分には玉結びにしか見えません…

キー!玉結び!
これもこれも玉結び!

もうそろそろあきらめればいいのに、もしかして普通の罫線の限定柄があるんじゃないかと、ノート売り場のチェックがやめられません。
結局誰よりも楽しんでいるのでしょう。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-06 23:59 | ノート | Comments(2)

諸行無常100均文具。

相変わらず100円ショップめぐりも楽しんでいます。
もしかして100均文具を愛すことが、文具メーカーや日本経済を追い詰めているのかもしれないと思うこともあるのですが、じゃあ田舎の人はどうすればいいのかと思うようなところもあり、まあ両方ぼちぼち買わせてもらっています。

自分が楽しむ100均文具のほとんどは紙製品なのですが、ノートやレター用品などなど、使っていてまず不満はありません。
値段が安い分基準が甘くなっているのかもしれませんが、それでもダメな商品なら再び購入することはなく、リピートしている時点で相当満足しているということです。

が、お気に入りの100均文具が淘汰されていくのもまた100円ショップの運命。
店員に聞いたわけではないので廃番かどうか定かではありませんが、少なくとも近所のダイソーに入荷しなくなったアイテムとしては、B5無罫ノート(ツバメノート風)があります。

ダイソーのB5の無罫ノートは他にも「コンプリート」というシリーズや、表紙がクラフトのシリーズもあるのですが、ツバメノート風のノートが一番紙質がよかったんですよね。
何しろ万年筆で書けましたから。
あの紙質で60枚もあるノートが100円というのが奇跡だったのです。
素敵な夢をありがとう…

また、昨日ダイソーに行ったら、スケッチブック(B5)が薄っぺらくなっていました。
100枚だったものが、70枚(たぶん)に…
まあ廃番になるよりましか。

このノートは中学生に毎日の勉強(殴り書き的な)に使ってもらっているので、ひそかに廃番を恐れていました。
ページ数が少なくなったということは、まだしばらくはあるということですよね。
小さいサイズのスケッチブックもいずれ薄くなるのかな。
もっともあれはもう少し薄くてもいいですが(180枚は重すぎる)…

自分が注目しているアイテムでこんな感じなので、100円ショップ全体で見るとまさに栄枯盛衰。
その一瞬の輝きに出会えたことを感謝しながら生きていくことにします。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-05 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

ブログのランキング的なこと。

先日(例によって3月4日の話ではありません)、「にほんブログ村」のステーショナリー雑貨部門ランキングで初めて1位になりました。
パチパチパチパチ。

ブログのランキングについてこれまで記事にしたことはほとんどないんじゃないかと思うのですが、それは恥ずかしいからです。
クリックしてね、と宣伝するのも恥ずかしいし、順位を気にしているのも恥ずかしいような気がして。

なら、そんなものに参加すんなよ!と怒られそうですが、皆さんがどんなものに興味をお持ちなのか、記事のタイトルを眺めているだけでも楽しいようなところがあり、末席に加えていただいています。

「にほんブログ村」も、もう1つ参加している「ブログランキング」も、ランキングは指定のバナーをクリックした数で集計されます(画面の左端にあるやつです)。
が、そんなものをクリックする人はほとんどいません(自分でも忘れています)。

なのに、毎日数人の方がクリックしてくださっているみたいで、感動しています。
誰だろう、こんな細かい作業を毎日続けてくださっている方は。
ただの1クリックでも数字になるとうれしく、それが積み重なって大きな数字になることは、地味にブログを続けている者にとって何よりの祝福です。

が、こういう順位はごほうびだとも思っていて、本当のアクセス数はちゃんと把握しているのでそれだけで十分幸せなのです。
特に最近は更新も間遠なのに、毎日毎日本当にありがとうございます。

しかし、ブログのランキングで上位だからと記事に期待してやって来ていただいても、なんじゃこりゃ!となっているだろうなあとも思うのです。
写真は少ないし、たまにあると思ったら消しゴムがしゃべっていたりしますからね。

なんかいろいろすみませんねえ。
でも単純にうれしくて、1位になった画面はスクリーンショットを撮ってしまいました(子どもか)。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-04 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

使わなきゃ文房具。

前回の記事の続きですが、大阪で人にもまれながら文房具を見たり買ったりして帰ってきた感想は、

使わなきゃなあ…

というものでした。
使わないと何も始まらないというか、心地よければそれを使う楽しみが、不満があればその理由を考える楽しみや、次の文房具へと夢を膨らませる楽しみがあるように思うからです。

特に自分は使って考えるのが好きなので、単に美しいものを集めて眺めるだけでは満足できません。
持っているだけで素敵、とか、胸に挿しているだけでかっこいい、みたいな価値観も理解できますが、それがめちゃくちゃ開きにくいノートやどんくさい書き味のペンだったら…やっぱり笑ってしまいます。
見た目だけやん!と突っ込んでしまいます。

というわけで、あれこれ全力で使いたいなと思いをあらたにしました。
筆記具は書きまくり、消しゴムは消しまくり、ノートは使いまくり、マスキングテープは貼りまくり、スタンプは押しまくり、レター用品は手紙を出しまくり…
筆記具にも鉛筆、シャープペン、ボールペン、万年筆、蛍光マーカーといろいろあるし…

ああ、一人じゃとても使いこなせない、手も時間も足りない、そんな風に身もだえしながら生きていけるのはとんでもなく贅沢なことですよね。
使いながら感じながらこれからも文房具と転がり続けたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-03 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

大阪文具旅(概要)。

例によって時系列はめちゃくちゃですが(これを書いているのは3月21日)、先日大阪に行って来ました。

都会に行くのであれば、と用事の合間に文房具屋もあちこち見て回ることにし、難波→本町→ATC→梅田と駆け足で回りましたが、まあ疲れました。
連休中ということもあり、とにかくすごい人で人で…

毎回大阪ではあれこれ買いすぎてしまい、最後の方は筋トレ状態になることをさすがに学習していたので、今回は最初から荷物を極力減らして行きました。
本当は持ち歩きたいメモ(ダイソーのスケッチブック)も重すぎるのでジョッターに変更という風に。

が、慣れないことをしたからか、なんと鞄に筆記具が1本も入っていなかったという…
結果的には筆記具がなくてもなんとかなりましたが、その心細さたるや。
せっかくジョッターにペンループがあるのに、なぜそこにペンを挿しておかなかったのか!(ペンループが嫌いだからです)

しかし、そんなジョッターが意外と役に立つ場面がありました。
それについて語るにはうめだ阪急での文房具のイベントについて語らねばならず、そこで偶然繰り広げられていた文具王のトークショーについても語らねばならず、その際の精神状態について語るにはそこに至るまでのあれやこれやについて語らねばならず…

詳細を語るのはずっと先のことになりそうです。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-02 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)