猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
まさかの正解に驚いていま..
by さくらんぼ at 22:13
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

猫町と中学生56(野次馬ノートと抜け駆けノート)。

昨年一番使った文房具はダイソーの無線綴じの無罫ノート(B5サイズ・60枚)でしたが、今年もそうなる気がします。

何しろ中学生との勉強にはこのノートを黒板代わりに使うと決めているので、もし廃番になったり仕様が変更になったりしたら困ってしまいます。

先日ダイソーに行くと、B5サイズのいい感じの紙のノートが売っていました。
もしかしてこれが噂の上質紙ノート?と思ったものの、自分が恐れたのはこれを機にいつものノートが廃番にならないかということでした。

自分がダイソーの無線綴じの無罫ノートを何よりも愛している理由の1つが60枚というボリュームです。
もちろん紙質にも相当満足していますが、紙質を追求しすぎて上質紙ノートになってしまうと、ボリューム問題が振り出しに戻ってしまいます。

売り場をチェックするといつものノートがない…?
そんな…横罫と太罫だけに…?
いいや、無罫もどこかにひそんでいるはず、と横罫や太罫のノートの下までチェックすると下の方にひそんでいました。

危ねえ…
これは今のうちに救出するか(まとめ買いの意)、客注などして熱いユーザーがいることを店員さんにアピールをするかしない…

さて、この無線綴じの無罫ノートは先ほども述べたように通常は「黒板ノート」として使います。
なので、背表紙には中学生のイニシャルと通し番号を書いて貼っているという話も以前書いたと思います。

が、それ以外にもこのノートを使う場面があって、それがタイトルの「野次馬ノート」と「抜け駆けノート」です。

前者の「野次馬ノート」は野次馬的に解きたい問題を解くためのノートです。

中学生が持っているワークやプリントに心惹かれる問題がある場合、「ちょっとこれやってみていい?」と中学生が別の問題を解いている間に解かせてもらうのが野次馬ノートです。
ひねった感じの応用問題や、猫町の大好きな放物線と直線が交わっているグラフの問題などがしばしば選ばれ、ギラギラしながら解きます。

後者の「抜け駆けノート」はそれが仕事だろ、と言われてしまいそうですが、こっそり理科の特訓をするノートです。

普段は英語や数学が中心で、ふいに理科について聞かれるとあやふやになってしまうので、こっそり精進しているわけです。
ミドルエイジなので意識的に頑張らないといけないという現実があります。

というわけで、これらの背表紙にはこんな感じのマスキングテープを。
f0220714_09130196.jpg
いずれもバッタさんにいただいたスペシャルファイルについていたものです。
こうしてちびちびと使わせていただいております。

[PR]
by mukei_font | 2018-01-31 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(0)

来ない「いつか」と来る「いつか」。

断捨離の際にしばしば言われる言葉に「『いつか』は来ない」というものがあります。
いつか使う時のためにと物をため込んでも、そんな「いつか」はたいてい来ないのだから、捨てるなり売るなりして物を減らしましょう、というアドバイスですよね。

捨てるということがまずできず、「いつか」のための物に埋もれて生活している猫町にとっては実に耳が痛い言葉です。

実際自分でもそう思います。
いいノートを買った時に必ず思う「いつかとんでもなく素敵な用途を思いついたらその時に使おう」の「いつか」はまず来ません(それで高級ノートを雑記帳に使うことにしたのですが)。

が、たまには来るんですよ、という話をしてみたいと思います。
以前「猫町はそれが捨てられない」という記事の中で包装紙について書きました。
とにかく包装紙が好きで捨てられません。
和菓子や洋菓子はもちろん時には漬物なども素敵な包装紙に包まれています。

一番いいのはこれらを封筒にすることですが(下の写真参照)、以前の記事にも書いたように友人に荷物を送る際の箱を包むのにも重宝します。
f0220714_19425414.jpg
普段は「またためこんで…」と家族に白い目で見られる包装紙ですが、送る荷物にちょうどいいサイズの包装紙を見つけるとためててよかったと思うのです。
そう、来ないはずの「いつか」が来るときもあるのです。

これはあれに似ています。
テトリスの長い棒。
たいてい長い棒を待っているうちにどんくさいことになるのですが、それでも来るとうれしい長い棒。

ということで、今日はテトリスの棒的喜びを感じながら発送作業をしました。
受け取った人が包装紙を見て、「やった!@@屋の@@だ!」→「違うやん」となることも考えられますが、そんなことに目くじらを立てるような人には包装紙を使わないので大丈夫でしょう。



[PR]
by mukei_font | 2018-01-30 23:59 | 文房具与太話 | Comments(1)

猫町、新入学準備セールに立ちどまる。

バレンタインシーズンですね。
友人のうさむしは大変なチョコ好きで、年がら年中バレンタインの催事を心待ちにしながら生きているようなところがあるのですが、猫町はさほどチョコレートに関心がありません。

が、バレンタインコーナーを見るのは好きです。
なんだかキラキラしているし、きれいな箱や缶やリボンを見ているだけで楽しいのです。
もちろん青系を中心に見るのですが、紺色系から青緑系、水色系と幅広く、本当にときめいてしまいます。

このときめきは、田舎のスーパーの一角がこの時期だけ華やぐこと、いわば非日常のイベントであることとも無関係ではありません。
おそらく都会のデパートなどはこんな規模ではないはずですが、たとえ小規模であってもイオンの一角がキラキラしているのはうれしいことです。

さて、これと同様の現象が文房具売り場でも見られます。
すなわち、新入学準備セールと題した文房具フェアです。

バレンタインデーのチョコレートと同様、この時期にしか店頭に並ばない文房具というのがあり、中でも猫町の目には鉛筆がまぶしく映ります。
わあ、いろいろある…(欲しい)
パソコンの画面で見るよりもかわいい…(欲しい)

こういう場合イオンよりもドラッグストアやホームセンターで掘り出し物に出会えるのですが、残念なのは2Bの鉛筆しか並ばないことです。
何しろ「新入学準備セール」なので2Bかそれよりも軟らかい芯の鉛筆になってしまうのです。

ああこれがBなら!と思いながらあきらめきれずにネットショップなどを見るといろいろ高くついてしまい、いや、そもそもドラッグストアやホームセンターでの特価を見てしまっているので定価でも高く感じるだけなのですが、しょんぼりしてしまうのでした。

ちなみに昨年(ぬあああ!)とこらえきれずに買ったのはこちらの鉛筆です。
f0220714_23502462.jpg
すでに同デザインのセブンプレミアムの鉛筆を使っており、シンプルなのにカラフルでかわいい見た目が好きなシリーズです。
やはり2Bなのですが、2Bを味わってみるという目的もあり、夏と冬とで書き比べたりして楽しく使っています(まだ残ってるやん)。

[PR]
by mukei_font | 2018-01-29 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

Kaweco・パケオ万年筆・オールドシャンブレー。

訳の分からないやりとりでごまかそうとしましたが、正直に書くと新しい万年筆を買ってしまいました。

このところ日に日に万年筆熱が高まり、これまで寝かせていたいろいろな万年筆を手に取って再会を楽しんでいたのですが、つい出来心でかねてより気になっていた万年筆をネットで検索、その素敵な外見に胸を撃ち抜かれ、気がつけば注文していたという…

届いた万年筆は期待を1ミリも裏切らないものでした。
Kawecoのパケオ万年筆・オールドシャンブレー。
ペン先はFです。
f0220714_22595064.jpg
くすんだ青色とライトグレーに近いホワイトとの色合いの素晴らしさ。
キャップは嵌合式で容易に開けることができ、材質的にも重さ的にもまったく気負うことなく使うことができます。

付属のインクカートリッジを入れて早速使っているのですが、今のところは猫町の悪い持ち方(ペン先を真横に向けて書く持ち方)でも普通に日本語を書くことができます。

そのうち(やっぱり日本語は書きにくいな)となれば英語日記の下書きに使うので問題ありません。
この逃げ道的な使い道に本当に救われます。
書いててよかった英語日記。

というわけで、にわかに机上にはいろいろな万年筆が入り乱れ、俄然にぎやかになってきました。
あまり新入りを増やすと古参のペンに申し訳ないので、これ以上数を増やすのはやめようと思いつつ、初めましての万年筆を楽しんでいます。


[PR]
by mukei_font | 2018-01-28 23:59 | 筆記具・万年筆 | Comments(1)

A new fountain pen.

おや。
これは何でしょうか。
f0220714_22373290.jpg
f0220714_22435108.jpg
f0220714_22440500.jpg
二人の会話を聞いてみましょう。

Someone:Hi,Fumiwo.
Fumiwo:Hi.
S:What's this?
F:It's a new fountain pen.
S:Wow! I've never seen such a nice fountain pen!
F:Me too.
S:By the way, who gave it to you?
F:... I don't know.
S:What?
F:... I did.

続く


[PR]
by mukei_font | 2018-01-27 23:59 | 筆記具・万年筆 | Comments(0)

オールウェイズ勇気凜々。

前回の記事にたくさんのコメント、誠にありがとうございます。
こうしたアンケート形式の記事を書く時はいつもものすごく緊張します。
誰も反応してくれなかったらどうしよう、やっぱりやるんじゃなかった、いっそ消してしまおうか、そもそも何様のつもりなんだ、などとわーーーっとなってしまうのですが頑張って記事にして、さらに勇気凜々でTwitterにも書いてよかったです。

皆さんそれぞれに蛍光ペンへのこだわりがあって、こうした意見は何よりも貴重で興味深いものですね。
遠慮なくどんどん書き込んでいただきたいですし、皆さんもコメント欄を楽しんでいただければと思います。

Twitterでいただいた回答もコメント欄に転記しておきました。
引き続きよろしくお願いいたします。

[PR]
by mukei_font | 2018-01-26 17:08 | その他筆記具 | Comments(0)

# 蛍光ペンといえば何色?

猫町が中学生と勉強する時のルールの1つに、「間違えた問題番号を蛍光ペンでマーキングする」というものがあります。
このマーキングにPILOTのフリクションライトを使っているという話は以前書きました。


時間の関係で間違えた問題すべてを繰り返し解くところまでなかなかいきませんが、それでも解きっぱなしにしたくないところはこんな感じでやっています。

さて、その問題番号をマーキングする蛍光ペンの色ですが、これは中学生自身に選んでもらっています。

使う蛍光ペンはフリクションライトと決めているので、イエロー、ピンク、グリーン、オレンジ、ブルー、バイオレットの中から選んでもらうのですが、グリーンを選ぶ生徒が多いです。
f0220714_23112416.jpg
「何色でもいいでーまあ間違えまくったらどの色でもうんざりしてくるけどー」と笑顔ですすめることにしているのですが、そんなことを言うからできるだけさわやかな色合いになりそうな(?)グリーンが選ばれるのでしょうか。
それとも蛍光ペンといえばグリーン、な生徒が多いのか?

ここで思い出すのは妹のことです。
以前妹の筆箱を見せてもらったときに蛍光ペンの色に驚きました。
なんと水色を使っていたのです。
水色なんて妹のもっとも嫌いな色なはず…と思ったら、「え、蛍光ペンいうたら水色ちゃうん」みたいに言われた記憶が。
え、そうなん…?

かくいう猫町は蛍光ペンといえばまず黄色が思い浮かびます。
続いてオレンジ、そしてピンク。

皆さんはどんな感じなんだろう、という訳でコメント欄に自由に書いていただければと思います。
知りたいことをまとめるとこんな感じです。

Q1:蛍光ペンといえば何色を使いますか
Q2:お気に入りの蛍光ペンがあればどうぞ(メーカーや商品名)
Q3:複数色使う場合のおすすめの色の組み合わせがあれば教えてください
Q4:学生さんかどうか(社会人の方でももちろんOK)教えてください
Q5:その他(何に使うか、自分だけのこだわりなど)何でも書いてください

なお、蛍光ペンではなく、蛍光色鉛筆等を使われている方も同様です。
蛍光系の筆記具をマーキングに使おうとする時にいったい何色を優先的に手に取るのかが知りたいのです。

こちらの記事へのコメントには個別にレスをいたしません。
皆さんが眺めて楽しいコメント欄になればと思っています。
お時間のある方はぜひどうぞ。



[PR]
by mukei_font | 2018-01-25 23:59 | その他筆記具 | Comments(27)

猫町と中学生55(中学生を魅せた文房具)。

先日より、中学生を文房具で魅せられるかということについて悶々と考えている猫町ですが、忘れていました。
中学生に「いいですねそれ!どこに売ってるんですか?」と言わせたことがありました。

じゃーん。
英語日記を書いているサンスターのSTAR WARSノートです。
表紙がちらと目に入ったらしく、とてもうらやましがられました。
f0220714_22143988.jpg
実はこのノートはブログの読者である松さんから2年ほど前にいただいたプレゼントでした。
松さんありがとうございます。
松さんのおかげで0勝100敗にならずにすみました。
これで1勝99敗です。

このエピソードから得られるヒントは、限定商品を時間をずらして使うと効果的なのではないか、ということです。

田舎なので限定商品などは目に入らないまま終わっていくことが多く、またたとえどこかで目にしていたとしても、タイムラグがあることで再び新鮮に目に映るということは十分に考えられます。
これは値段の割にインパクト大かもしれません。

自分の場合、買ってしばらくはもったいなくて使わずに寝かせておく傾向があるので、タイムラグが自然にできることもありそうです。
まだまだ望みは捨てずに頑張る猫町です。



[PR]
by mukei_font | 2018-01-24 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(0)

まちかど文具・その271〜その280。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
同じような文房具ばかりが登場しますが、使われ方がそれぞれなので飽きません。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その271。
家に電気工事の人が来る。
一人はサラサクリップの0.7とフリクションボールノックの0.7のグリーン。
もう一人はサラサクリップじゃないサラサとフリクションボールノックの0.7のグリーン。
前回の工事人もサラサやフリクションを持っていたが会社で推奨されているのかな。

まちかど文具その272。
先月パソコンを買った家電量販店へ。
お世話になった店員さんが対応してくれたので見ていると、前回同様楽ノックの0.5を使っており、やはりこだわって使っているんだなと思った。
もう一人の店員さんもすぐに胸元から紙用マッキーを取り出し、ああこれが一軍の筆記具だと思った。

まちかど文具その273。
お正月の寿司を予約しに行く。
女性店員が商品名や数をメモするのに使っていたボールペンはノック部分にミニオンズがついたもの。
かなり使い込まれていた。
注文のメモは控えのためにもう1枚書いてくれたが、こういう時のカーボン紙では…と一瞬思ってしまった。

まちかど文具その274。
正月早々書店へ。
カウンタに転がっているのはクリップのところに店名が入ったPILOTのパティント。
夜は焼肉屋。
店員さんが忙しく注文をとるのに使っているのはジェットストリームの緑軸。
書店員や文具店員の頃は自分も2日から働いていた。
働き者の文房具たちといつも一緒だった。

まちかど文具その275。
店員さんが使っている文房具を見る楽しみはそこにこだわりを感じる瞬間があるからだ。
先日の店員さんはオレンジ派のようだった。
パティントもクリフターもオレンジ軸で、ポケットから出してきたカシオの電卓もキャロットオレンジだった。
語らずとも好みが垣間見えるのが楽しい。

まちかど文具その276。
家人が車の点検のことでディーラーに電話をしている。
その車を買った時の担当者が使っていたのはクロスのクラシックセンチュリーメダリストだった。
そのばっちりはまった感じはおしゃれさよりも安心感や説得力を与えた。
文房具は見た目派ではない自分にもそれは分かった。

まちかど文具その277。
保険のことを聞きに郵便局へ。
丁寧にあれこれ教えてくれた親切な局員さんが使っていたのはZEBRAのジムノック。
郵便局名の書かれたテプラが貼られていた。
気になったのはボールペンではなくペンの持ち方で、自分も人のことは言えないが相当個性的な握り方をしていて心配になった。

まちかど文具その278。
保険のことを聞きに再び郵便局へ。
今日の局員さんの胸元にはジェットストリームが3本とアクロボール3が1本。
来客用にカウンタに置いてあるボールペンはZEBRAのタプリクリップ、テプラが貼られたボールペンはジムノック。
郵便局はZEBRA派だが局員さんの好みは違うのだろう。

まちかど文具その279。
カウンタの中にあるいろんな文房具も気になる。
PUMAの電動鉛筆削りがあって、PUMAだから三菱鉛筆かなと思って調べたらクツワのだった。
鉛筆を使う場面もあるのか。
電動鉛筆削りは贅沢品と子どもの頃に言われたせいか一度も所有したことがない。
大きな音がしそうなのも困る。

まちかど文具その280。
保険のことを聞きにみたび郵便局へ。
書類に記入する必要があり、先日の局員さんがジェットストリームを貸してくれる。
1.0のペン先は広い面積に名前を書くのにぴったりで、頼もしい線がぐいぐいと書けるのにダマもできず手も汚れず優秀だった。
普段自分が使わないペンは新鮮だ。

[PR]
by mukei_font | 2018-01-23 23:59 | まちかど文具 | Comments(0)

コメントへのお返事。

いただいていたコメントへのレスをアップいたしました。
今年はあまりため込まないうちにレスできるように努力するつもりです。

無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。
いつもたくさんのコメント誠にありがとうございます。


続きはこちら。
[PR]
by mukei_font | 2018-01-22 23:59 | わたくしごと | Comments(0)