人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(102)
(64)
(35)
(33)
(9)
(8)
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こんにちは。 ユニボー..
by YAS at 16:57
これ、文具女子博で買いま..
by りお at 13:45
珍しい これほしいな。突..
by おもしろい at 10:53
こんにちは。いつも見てま..
by しんじょう at 21:58
カドケシのリンク先にある..
by くりぞう at 12:55
はじめまして。突然で失礼..
by タンスにゴンゴン at 08:35
16日までなら文具がイオ..
by alchemie0629_a20 at 02:40
アルファベットやひらがな..
by alchemie0629_a20 at 17:13
私は、そのペンの商品名を..
by れみ at 08:47
私はアルファベットを書く..
by まこ at 08:14
おお!!同じ色鉛筆持って..
by りお at 11:00
猫町さんブログ10周年お..
by ペンスキー at 03:07
10周年おめでとうござい..
by ホウレンソウ at 23:46
「はんこ下描きノートは方..
by うさむし at 11:42
「ダイアリーの月間ページ..
by ナツキ at 09:56
紙は白くなくてはならない..
by suhei-nanjou at 21:18
「ビジネスで使うインクは..
by S6061_K at 20:59
模様付きの可愛いペン..
by ミナミ at 02:00
“LAMY サファリ シ..
by pentelfan at 16:36
遅ればせながら10周年お..
by alchemie0629_a20 at 15:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

猫町文具店(仮)からのお知らせ(ロールペンケース)。

猫町文具店(仮)より、猫町ロールペンケースのお知らせです。

すでに木琴堂のブログやTwitterでご紹介していますが、こちらだけをご覧になっている方もおられるのでお知らせします。

詳細は下記のリンクをどうぞ。
万年筆を入れた感じの写真も載せていますのでご覧ください。




なお、これまでのものは在庫表でご確認ください。
最後の1つになると「最後の1個です」と明記し、布が残り少ないものには*を付けています。

トンボ柄、うずまき柄はこれまでと同様ある程度の個数を作ることができますが、レトロシリーズは基本的に一点ものです。

木琴堂が遠い方には通販もいたします。
定形外郵便での発送になりますので、送料は1つお買い上げの場合で120円です(例外あり)。
非公開コメントもしくはメールでご連絡ください。

メールやコメント欄への書き込みは、

・お名前(最初はハンドルネームでも大丈夫です)
・購入希望の商品
・個数
・(非公開コメントの方は)メールアドレス

といった簡潔なもので結構です。
折り返しこちらからメールを送信いたします。

猫町のメールアドレスはこちら。
nekomachi_fumiwoあっとまーくyahoo.co.jp(あっとまーくを@に)

猫町ロールペンケースは「猫町」と名前にはありますが、木琴堂全員で作っている思い入れのあるペンケースです。

特に今回の「レトロシリーズ」は木琴堂の12周年を記念した限定品で、昭和レトロな生地見本から生地を選び、それに似合うレトロなボタンを探しながら作りました。

縫製は半世紀近くミシンを踏み続けているおかみさんが、すす竹のボタンは店主が担当しています。
手前味噌ではありますが、その品質は折り紙つきです。

やわらかく、広げてもがちゃがちゃいわない静かなロールペンケースをこの機会にぜひ使ってみてください。

by mukei_font | 2018-08-11 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

シャーペン同好会のisuさん@猫町文具店(仮)。

この記事の日付である8月10日、木琴堂にシャーペン同好会のisuさん(@mpdokokai)が来てくださいました。

isuさんといえば、フリスクケースに入る文房具セットを作る「文房具改造講座」や実用的でかっこいい「isu式展開筆入れ」、そしてシャープペン好きの方々がいろいろな情報を交換し合う「シャーペン同好会」でおなじみのisuさんです。

ここをお読みの方の中にもワークショップに参加されたことのある方や、シャープペン好きの方ならisuさんのお名前をご存じの方もたくさんおられるのではないでしょうか。

その偉大かつ有名なisuさんに猫町は…

お会いできず。

なんとういことでしょう。
せっかく都会からこんな田舎までわざわざ足を運んでくださったというのに…

何しろ夏休みは中学生との勉強に明け暮れており、木琴堂にはまったく出勤しなかったのです。

その日の夜、木琴堂の店主やおかみさんに、「なんか遠くからお客さんが来たよ」と言われ、「こんなこと言うてた」「あんなことも言うてた」みたいな情報をつなぎ合わせてまさかisuさんでは…となった時の自分はまさにもうすぐ開催される「ムンク展」のそれでした。

聞くところによるとどうやら「isu式展開筆入れ」もお持ちくださっていた様子。
Oh...

そしてこちらがisuさんがお土産にくださったgripsharp。
ご覧のように鉛筆にぐさっと挿して回すと木だけが削れ、先から出て来た芯で書くという仕組みです。
シャーペン同好会のisuさん@猫町文具店(仮)。_f0220714_14270853.jpg
いただいた当初は(こんなごっついものを使いこなせるのだろうか)と思いましたが、ちょっとメモをする程度なら頼もしい書き心地で、その存在感から鉛筆を見失うこともなく楽しく使っています。
isuさん、珍しいものを本当にありがとうございました。

しかしisuさんといえば昔からの文房具好きであり、文房具を純粋に楽しむことにこだわりのある方という印象なのに、自分のようなへらへらした人間を認識してくださっていたというのは今もって謎です。
そのあたりのことも、もしいつかお目にかかる機会があればうかがってみたいなと思います。

isuさん、記事にするのが遅くなりましたが、暑い時期に遠いところからありがとうございました。

by mukei_font | 2018-08-10 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

捨てずに救われたもの。

部屋が散らかっている人はたいてい捨てることが下手です。
いつかいるような気がして、とりあえず取っておいてしまうのです。

わ た し で す。

しかしその悪癖のおかげで救われた話をしたいと思います。

ある日、部屋に穴あけパンチの抜きカスみたいなものが落ちていました。
どこから出てきたんだろう、と思いつつもゴミ箱に捨てかけましたが、黒くてつやっとしているし紙じゃないしなんだか硬いしそもそも少し大きいし…と机の上にとりあえキープしておいたのです。

しばらくして携帯電話を開いてすべての謎が解けました。
穴あけパンチの抜きカスだと思っていたのはガラケーの「決定ボタン」だったのです(中央にあるやつ)。

セーーーーーフ!
捨ててしまっていたらかなり厄介でした。

しかし決定ボタンは確保したものの、凹んだところにそっとはめるくらいでは、すぐにまたなくしてしまいそうです。
とはいえ、ボタンの下はメカに直結している気がして接着剤などは怖くてぬれません。

かくなる上は…

採血した後に貼ってもらう小さなテープみたいなものをマスキングテープで作り、いざとなったらはがせるように3ミリ幅の耳まで作って決定ボタンの上からぺたり。

うわーん…
解決はしたけどせっかくの深澤直人デザインが…

(あまりにもせつないので写真はなし)

by mukei_font | 2018-08-09 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

第8回OKB(お気に入りボールペン)48総選挙。

今年もOKB(お気に入りボールペン)48総選挙が始まりました。
もう第8回になるんですね。

過去にはぺんてるの名品ハイブリッドテクニカが選抜メンバーだったこともあり、ハイブリッドテクニカに票を投じることも応援メッセージを送ることもできたんだなと思うと涙が出そうになりますね。

さて、今年はどんなメンバーかな、とひいきにしているペンをチェックしてみてもう絶望。
PILOTのジュースがない…だと…?
ジュースアップでお茶を濁されている?

ああ、これはひどい。
まったく話になりません。

しかしボールペンは依然として好きなので今年もWEBで投票すると思います。
もはやシグノRT1(の替芯であるUMR-83)にしか愛を叫べませんが。

今年買ったボールペンの中ではZEBRAのRougel(ルージェル)は相当良かったです。
あとは買わなかったですが、PILOTのアクロ1000とかも。
どっちも選抜メンバーにいないけどー(小石を蹴る)

しかしTwitterを見ていると、(そういうツイートをリツイートしているから特にそう思うのかもしれませんが)やはりこのイベントを楽しみにしている方が多いんだなと思います。
わあ、こんなイベントがあったんだ!とか今年こそ握手会(試し書き)に行くぞ!とか。

でも握手会なんて一気には無理にせよ年がら年中自分でできるのに、ボールペンについてだって年がら年中考えられるのに、なんだか不思議な気がします。
毎日がOKB(お気に入りボールペン)48総選挙なんじゃよ、と脳内の猫町はささやいております。

by mukei_font | 2018-08-08 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

マルマン図案シリーズ60周年大感謝クイズキャンペーン。

マルマンのルーズリーフの話になったついでにこちらも。
マルマン図案シリーズ60周年大感謝クイズキャンペーン。_f0220714_23230375.jpg
6月に大阪に行った時に立ち寄った文房具屋でもらってきました。
図案シリーズのグッズなんて欲しいに決まっているのに、A賞B賞C賞のラインナップを見て微妙な気持ちに。

A賞がすごすぎる。
B賞以下は急に適当になっていて、当選人数も少ない。

図案シリーズの車を作りましょう!
だめならせめてスーパーカブを…
みたいに熱いプレゼンをしたチームがいたのでしょうか。

自分はC賞の缶バッヂが欲しいなあ。
紺色の地味な鞄に付けたりするんだ。

応募葉書には図案スケッチブックに関する思い出エピソードを1つ記入するようになっているのですが、パッと思いついたのはあまり良くない思い出でした。

もちろん二番目に思いついた無難なエピソードを書きますが、メーカーの人はこういう時、ポジティブなエピソードもネガティブなエピソードも両方とも読んでみたいのではないでしょうか。

どうせ当たらないだろうし、正直に最初に頭に浮かんだBadなエピソードを書いてみようかしら。

それにしても難しいクイズダナー…

by mukei_font | 2018-08-07 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

選ばれし無罫リーフ。

数種類の無罫リーフを数年かけて十分に吟味した結果、リピートするならこれだと猫町が判断したのはこちら。
ドオオオオン…
選ばれし無罫リーフ。_f0220714_16571846.jpg
ということで、無罫リーフの王者はマルマンの「書きやすいルーズリーフ」に決定です。

え、前回の記事の写真にはなかったんじゃ…と言われてしまいそうですが、実は同社のルーズリーフパッドを以前使っており、紙質的には断然あれがよかったなと思っておりました。

紙質的には、というのはルーズリーフパッドには落とし穴があったからです。

さて、紙に惚れ込んでこのたびいきなり100枚入りを買いましたが、パッケージの見た目もいいし、100枚という厚みもいいし、使い始める前からこの買い物は正解だったと確信しています。

用途は自分で勉強する用のノートなので、贅沢かなと一瞬思いました。
ダイソーの無罫リーフもけっして悪くなかったし、お得感を追求するのなら100均アイテムでも?
いや、紙であればいいのならコピー用紙にルーズリーフパンチで穴を開ける方法もあります。

が、そうはしたくないと思ったし、する必要もないと思いました。

使用頻度的にもゆっくりだし、遊んでいるわけではないので上質な紙を使っても罰は当たらないだろうと思ったのです。
気に入ったルーズリーフで勉強のやる気が持続するのなら、270円なんて安い投資ではありませんか。

マルマンの紙が気に入ったのは80g/m²という厚みです。
そのしっかりとした紙に0.5のシャープ芯(HB)で刻み込むように文字を書いていくのも、0.7や0.9のやわらかめの芯でやさしく文字を書いていくのも、鉛筆で書くのもすべて気持ちがいいと思えました。

素敵な無罫リーフにたどり着いたのが本当にうれしいし、それもこれも気が済むまでいろいろ使い比べて自分が見つけた答えというのが格別にうれしいのです。

by mukei_font | 2018-08-06 23:59 | ノート | Comments(0)

ここにもリーチな人たち。

ようやくヨボヨボと8月の日付の記事を書いている猫町ですが、記事を更新しない間いったい何をしていたの?と聞かれたら、文房具を使っていました、と答えたいと思います。

そうなのです。
文房具を使っていたのです。

文房具は勉強や仕事や作業に関係する道具なので、それらを使っているということは、駄目なりもなにがしかの前進をしているということなのです。

びっくりするほど小さなことから自分をほめていく。
そういうスタンスで生きていきたいと思います。

ということで、猫町のじりじりとした匍匐前進にともない消費された各社の無罫リーフたち。
ここにもリーチな人たち。_f0220714_08494089.jpg
科目や問題集を分けて少しずつ使ううちにどの袋も残り少なく、ペラペラになってきました。
うれしい感触です。

さあ。
ここまできたら次の無罫リーフについて考えても文句は言われないでしょう。

さてさて、見事猫町に選ばれた栄えある無罫リーフとは…(続く

by mukei_font | 2018-08-05 23:59 | ノート | Comments(0)

猫町文具店(仮)からのお知らせ(うさむし年賀はんこ)。

2度目の宣伝記事になります。
初めての人はよろしくお願いいたします。

今年もうさむし(@usamusi_works)ブランドの年賀はんこを販売することになりました。
うさむしのイベントに参加できない遠方の方は是非ご利用ください。

一昨年、昨年と同様に、うさむしの年賀はんこに興味のある方とはメールで直接やりとりさせていただきます。
猫町あてにメールを送っていただければ、折り返しはんこの画像やサイズ、価格などをお知らせいたします。

いきなりメールは面倒だという方は、ブログのコメント欄に「非公開」でメールアドレスを入れていただいても結構です。
こちらからご連絡いたします。

猫町のメールアドレスはこちら。
nekomachi_fumiwoあっとまーくyahoo.co.jp(あっとまーくを@に)

まれにhotmailの方とのやりとりでエラーが出る場合がございます。
hotmailの「差出人セーフリスト」に猫町のアドレスを登録していただくと幸いです(やり方はこちらを参照)。

申込の締め切りは11月5日

こちらは亥年はんこの一部。
猫町文具店(仮)からのお知らせ(うさむし年賀はんこ)。_f0220714_18114788.jpg
ブレインストーミングという名の雑談から生まれたはんこです。
猫町の提案するアイデアはほぼスルーされるのですが、時々こうして形になるのがうれしいです。

なお、毎年使えてうれしい縁起物はんこや「賀正」「HAPPY NEW YEAR」などの文字はんこもございます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

by mukei_font | 2018-08-04 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(2)

買わずに後悔した限定品。

前回はぺんてるのエナージェルフィログラフィの限定版に心惹かれていると書きましたが、自分は基本的に限定品に弱くないタイプです。

えー昔々はジェットストリームのクールターコイズ、今年もシックde深みカラー買ってたやん。
サラサのフレンチカジュアルも買ってなかった?

などと指摘されるとギャフンと言わざるを得ないのですが、それらは安価なことも手伝い、限定品に手を出したという感覚さえないものですよね。

しかし。
買っておけばよかった…と今なお思い出すたびに歯ぎしりしたくなる限定品があるのです。

AURORAのルナという万年筆。
あれは買っておけばよかったです。

ホワイトマーブルレジンの軸が月のイメージにピッタリの素敵な万年筆。
でも、ショートサイズの万年筆だったこと、舶来品のペン先が自分に合うかどうか自信がなかったこと、けっして安い買い物ではなかったことなどから躊躇して買い逃して今に至ります。

あらゆる限定品の中でも万年筆の限定品はもっとも自分に縁遠く、縁遠いゆえにきれいな軸を見てもまったく心が揺れないのですが、このルナだけはいまだに忘れることができません。
ペン先のことなど気にせず、とりあえず所有しておけばよかったです。

限定品というキーワードに踊らされている人を見ると気の毒な気がしますが、時には素直に限定品に乗ってみるのもいいのかもしれないとしみじみ思うのでした。


by mukei_font | 2018-08-03 23:59 | 筆記具・万年筆 | Comments(2)

気になる新商品〈ぺんてる・エナージェルフィログラフィ限定版〉。

もうペンは使い慣れたものを、と心から思っています。
新たなものを開拓する必要はないという気持ちに嘘はありません。

たとえばゲルインクボールペンなら三菱のゲルインクボールペンの替芯UMR-83が使いやすいのでこれで十分なのです。
この芯をこの芯が入る軸に入れて機嫌よく使う。
それでいいのです。

が、新たな「軸」が登場した場合はどうでしょう。
使い慣れたものを、と思う気持ちと相反しないような気がするのですが、これは許されることでしょうか。

ぺんてるからエナージェルフィログラフィの限定版が出るという情報をうっかり得てしまい、動揺しています。

これまでのエナージェルフィログラフィにはあまり関心がなかったのに、クリップが黒になった途端気になり始めてしまいました。

普通にかっこいい。
こういうかっこいい軸に安い替芯が入っているというのが最高に好きなのですが、これはいいですね。

ZEBRAのRougel(ルージェル)の時と同様に、もちろん中にはUMR-83を入れたいのです。
UMR-83を繰り出し式ボールペンで使う…
なんて贅沢なんだ…

ただ…
本当にUMR-83が入るのかしらん。
たぶん大丈夫だと思うのですが、繰り出し式だし確認したいなあ。

もし地元の店に並んだら、恥をしのんでカウンタで芯(UMR-83)を入れさせてもらおうかしら。
それがいいかもしれない。

ZEBRAのRougel(ルージェル)にUMR-83という組み合わせが最高に良く、高級軸に愛用の芯という贅沢品に目覚めてしまったのでどうにも気になるのです。

よし、もし地元の店に並んだら、にしよう。
例によって流れに身をまかせることにします。

by mukei_font | 2018-08-02 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(1)