人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(96)
(57)
(33)
(32)
(9)
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 22:31
個人的に切望しているのは..
by 雪野 at 18:57
一番望むのは、ぺんてるで..
by alchemie0629_a20 at 16:01
いつも楽しくブログ読ませ..
by はるな at 15:44
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 20:20
普段、モノ消しゴムは使わ..
by ともこ at 12:58
早速リンク踏んで読んでみ..
by alchemie0629_a20 at 15:30
確かにイオンに無いけどT..
by alchemie0629_a20 at 00:18
猫町フミヲ様 記事にし..
by たまみ at 08:40
猫町フミヲ様こんばんは。..
by たまみ at 21:26
GetNavi 2019..
by てっつぁん at 17:58
シャーペン増えますよね…..
by alchemie0629_a20 at 03:52
こんにちは。 それはや..
by ともこ at 12:24
ワタクシも定番インクはど..
by りお at 10:37
四季織シリーズ、色合いが..
by りお at 10:33
お湯につけるとか、後ろ側..
by りお at 10:30
最近は万年筆インク大流行..
by alchemie0629_a20 at 11:44
Hello. I'm ..
by mukei_font at 18:51
HI, I am lo..
by SUSAN TSAI at 21:27
家の最寄りのSeriaで..
by alchemie0629_a20 at 13:42
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2019年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

平成おおつごもり。

というわけで、平成も最後となりました。

猫町ごときが平成を総括するのもおこがましい話ですが、インターネットという情報通信技術の進歩により、何のとりえもないただの一般人がこうして世界に向けて簡単に自分の思いをつぶやくことが許される時代になったことは本当にすごいことだなと思います。

ブログを始めたのは平成中期からですが、ブログを書くことで自分の考えを整理し、深め、少しずつ世界を広げながら今日に至っている気がします。

今後ブログやネットがどういう形になっていくのかは自分には想像もつきませんが、ネットがない頃からずっと書き続け、考え続けてきた自分自身の歩みがどんな形であれ続いていくであろうことは確信しています。

皆さん、日々仲良くしてくださってありがとうございます。
今後とも無罫フォントをどうぞよろしくお願いいたします。

by mukei_font | 2019-04-30 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

コメントへのお返事(2019年4月)。

今月もたくさんのコメントありがとうございました。
本来ならコメントをいただいたらすぐにお返事するべきですが、申し訳ありません。

ということで4月にコメントをくださった、

あるけみさん
非公開コメントさん
miyamoさん
龍の尻尾さん
Kさん
KAZさん
fugajiさん
shigefuさん
ともこさん
さかなさん
たまみさん
ももさん
てっつぁん
tenohirakoubouの雅風さん
ua0007さん
YASさん

お返事遅くなりました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

なお、無関係の方も多数おられると思いますので、コメントは折りたたんでおきますね。


続きはこちら。
by mukei_font | 2019-04-29 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

コクヨ・鉛筆シャープTypeMx・0.9。

ということで、平成最後の文房具記事で取り上げるのはコクヨの鉛筆シャープTypeMx・0.9。
f0220714_16174262.jpg
これまで何度か「気になっている」とか「イオンの店頭で見かけた」などと書いてきましたが、買ったとは書いていませんでした。
実は例のサクラFESTIVALで入手していたのです。

またしても

「気になる新商品」というタイトルで記事にした文房具は高確率で買ってしまうの法則

です。

本当はもっと欲しい気持ちを熟成させてから、と思っていました。
が、思いのほか売れ行きがよく、このままでは店頭からなくなってしまうと焦り、あわてて購入した次第です。

実際にこの後イオンの店頭ではTypeMxが0.7、0.9、1.3ともに完売となりました。
TypeMはまだ残っているのですが、高くても低重心設計&金属グリップのTypeMxがきっちり売れているあたり、赤穂の民はシャープペン好きなんでしょうか。

さて、あらためて鉛筆シャープTypeMxを見ていきましょう。
選んだ芯径は0.9です。

「enpitsu sharp」のロゴがかわいいですよね。
pの中が鉛筆の六角形になっていて、「鉛筆シャープ」と耳にした感じよりもずいぶんしゃれています。
f0220714_22271492.jpg
0.7はカランダッシュの849コレクション・シャープペンシルを買ったばかりだったし、実物を握ってみたところ軸が太かったので、これはおおらかな作業がむくと判断し0.9にしたのですが、この勘が見事的中。

使ってみて思うのは軸自体の重みだけで書ける感じがとても気持ちいい、というものです。
なんだか自分の意志ではなく、誰かに操られているのかもしれないと錯覚するような心地よさで、書いていてうっとりしてしまうのです。

この心地よさの秘密はまだうまく説明できないのですが、あるいは芯に秘密があるのかもしれません。

ぺんてるのP209にはPILOTのグラファイトの2Bを入れているのですが、明らかにそれとは異なる、落ち着いたなめらかさを持ったシャープ芯…
コクヨのシャープ芯って実はこのメーカーが作っていますよ、みたいなことがあるのかなと思うのですが、どこだろう。

違う芯を入れてもこんなに気持ちいいのか試せばいいのですが(あるいはP209にコクヨの芯を入れてみるとか)、今の奇跡的な気持ちよさで十分満足してしまい、探究を怠っているありさまです。
これは令和時代への課題としたいです(すぐやん)。

購入前に心配していた収納式パイプも毎回引っ込むタイプではないので気になりません。
それもこれも「おおらかな作業」に使うことにしているからかもしれませんが…
f0220714_22273226.jpg
f0220714_22273962.jpg
魅力の探究も含めて今後も長く仲良くできそうなシャープペンです。

by mukei_font | 2019-04-28 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(1)

勢いにまかせて買ったが後悔していない文房具ランキング。

GWだというのに寒いですね。
うっかり@@でも引いてはならぬと猫町はヒートテックを着てマフラーを巻き、こたつの電源も入れています。

天気も悪くどうにも気が滅入るので、ここ数ヶ月限定で「勢いにまかせて買ったが後悔していない文房具ランキング」をやってみたいと思います。

第3位はカランダッシュの849コレクション・シャープペンシル。
f0220714_18364638.jpg
これは腰痛にむしゃくしゃしてまさに勢いで買ったものでしたが、買ってよかったと思えるシャープペンです。

上記記事にも書きましたが、軸が短めでノックが近いのがありがたいし、六角形の軸も握りやすく手になじみます。
何よりサファイアブルーの色味が目を満足させるというか、このシャープペンが机の上に転がっているだけで、ペンケースに入っているだけでうれしくなるのです。

今は少し使いにくい感じの芯が入っていますが、使いやすさはぺんてるのP207が担当しているので、こちらはしばらくこのままで使ってみようと思っています。

文房具は見た目より使いやすさ、とずっと思っていましたが、素敵な見た目にふと気持ちがまろやかになることを教えられました。

第2位はZEBRAのサラサクリップ・ビンテージカラー(新色セット)。
f0220714_08430952.jpg
イオンのサクラFESTIVALではじけて買ってしまったもので、しばらくは衝動買いしたことが恥ずかしいのともったいないのとでケースに入れたまま飾っていました。

が、やはり好奇心を抑えられず、先日の「平成ラストチャレンジ」で手紙を書くのに使ってみたのですが、これが素晴らしいものでした。
インクの色が素敵なのはもちろん、インクの出が気持ちよく、書くのがまったく苦にならないのです。

そんなの当たり前では?と言われてしまいそうですが、自分は割とZEBRAのサラサクリップのチップ(ペン先)と相性が悪く、使い始めは特にガサガサしてインクがついてこないことも多々ありました。

とりわけ定番のインクではないカラーボールペンを買った時に苦戦することが多いので、今回のような特殊なカラーなのにつるつる書ける、というのは皆さんが想像するよりも自分にはすごいことなのです。

インク色の素敵さについてはまたあらためて記事にしたいですが、セピアブラックが手紙を書くのにちょうどよく、ダークグレーも十分使えそうな色でした。
カシスブラックは手帳で目立たせたい項目を書くのにいい色です。

第1弾として発売されたビンテージカラーも今回の新色も、色のラインナップがいかにも万年筆に入れたくなるインク色、というのがいいなと思います。
これまでは万年筆でしか表現できなかったインク色が手軽にボールペンで楽しめるというのは本当にありがたいことです。

さあ、そして栄えある第1位は…
コクヨの鉛筆シャープTypeMx・0.9!
f0220714_16174262.jpg
え…
ねこまっつぁん、いつのまに…?(続く

by mukei_font | 2019-04-27 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

猫町、ついにダイソーのらくがきちょうに手を出す。

中学生との勉強に100均のホワイトボードを導入し始めたのは昨年の5月のことでしたが、最近新たに導入したのはらくがきちょうです。

ホワイトボードよりもむしろこっちでしょう?
なぜ今頃?

と言われてしまいそうですが、紙に汚い字を殴り書きするのが好きではないため、なんとなく敬遠していました。
字を殴り書きすると思考も雑になりそうで嫌なのと、何より汚い字の証拠が残るのが嫌なのです。

その点、ホワイトボードだと殴り書き文字も様になったり、証拠隠滅ですぐに消せるのがありがたかったのですが、ホワイトボードで説明したことを自分自身も記録しておく必要に迫られ、ぐぬぬと葛藤した末にらくがきちょうの購入に落ち着きました。

使い始めてみるとこんなに便利な物はなく、なんといっても使い慣れた無罫というのがありがたい。
殴り書き文字が残る点は苦々しいものがありますが、ゆっくりきれいに書く場面でもないし、何より勉強内容の充実を優先しました。

購入したのはダイソーのらくがきちょう。
他にも種類がありましたが、猫もかわいいし、100枚で108円なんてお得感満載ですよね。
f0220714_12414586.jpg
f0220714_12415256.jpg
紙は薄くて次のページに書いた文字が透けて見えるほどですが、表面が少しざらついていてめくりやすく、鉛筆の芯との相性もこのうえなく素晴らしく、頼もしい丈夫さもあります。

これまでホワイトボードに書き殴っていたことを書くだけなので品質的に何も問題なく、使い終わったら丸ごとリサイクルに出せるのがいいなと思い、リング式のクロッキー帳ではない「らくがきちょう」を選びました。

おかげで勉強中に言ったことや起こったことをもらさず記録し、後でノートにきれいにまとめることで保存用の記録の充実も図れています。

今までは何とかなっていたことも、少しずつ勉強の進め方を変えていくにつれてやり方を見直す必要が出てきました。
それらが文房具に関係することならば、こうした試行錯誤はどこまでも楽しいものであるはず。

普通はここで「手段が目的化して…」などと自分を責めるものですが、猫町の目的は最初から文房具。
とことん楽しむしかありません。

by mukei_font | 2019-04-26 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

猫町好みの切手、あるいは理想的な切手の使い方。

手紙の話になったので切手の話を少々。

いつの頃からか「特殊切手」と呼ばれる記念切手やグリーティング切手が数多く発行されるようになり、年がら年中素敵な切手が手に入るようになりました。

昔は記念切手自体が非常に珍しく、普通の切手ではない切手で届いた郵便物がとても貴重に思えましたが、今は特殊切手があまりにも多く流通しているため、何の珍しさも感じなくなりました。

もちろんこうした飽和状態の中でも素敵な切手は素敵だと思うし、季節にふさわしい切手やレター用品にぴったりの切手で届くとうれしいのですが、それでも昔ほどの感動はない気がします。

お金をどんどん発行するとお金の価値が下がる、というのは経済の基本ですが、昨今の切手事情を見ていると、まさにそんな感じだなあと思うのです。
初代ドラえもん切手で大騒ぎしていた頃が懐かしい。

閑話休題。

レター用品同様切手もまた「いつか素敵な手紙を書き上げポストに出しに行く自分」を夢想してせっせと買ってしまう猫町ですが、ここで猫町の好みの切手を発表したいと思います。

例えば2017年5月2日発行の「日デンマーク外交関係樹立150周年」切手。
絵柄も色もむちゃくちゃかわいくて2シート買いました。
1シートは使ってもう1シートは保存用…ということでもう使えません(泣)。

2018年9月3日発行の「灯台150周年」切手もいいです。
自分が使いがちな寒色系の封筒に似合いそうな切手なので迷わず購入。
しかしシートとしての完成度が高すぎて、どうしても1枚ずつちぎりたくない…
ということで使えず(泣)。

これから発行される切手では2019年5月30日発行予定の「夏のグリーティング」と2019年6月27日発行予定の「ILO創設100周年」もかわいい。
でも絵がつながっている系はこれまた使えずに終わってしまいそう。

こうして見ると、自分はどちらかというとシール式ではなくのり式タイプの、くっきりしたイラスト系の切手が好きなようですが、それは葉書や封筒の宛名を書く自分の字とのバランスを無意識のうちに考えているからかもしれません。

もらう場合はそこまで考えないのですが、自分が手紙を出す立場になるといろんなことを考えるわけです。
字がきれいだったらそんな小細工をしなくてもいいのかもしれませんが…

さてこういう素敵な切手は葉書や封筒に貼って手紙を送る用途にこそ使いたいと思っています。
選び抜いた1枚の切手を葉書や洋2、洋3の封筒に貼って「手紙」を届けるためだけに使うのはなんて贅沢で素敵なことだろうと思うからです。

そしてそれこそが正しい切手の使い方のように思うのです。
いつものことながら、猫町が勝手に考えているだけですよ。
切手の使い方に正しいも正しくないもないのですから。

ただそれが理想だと思っている、ということです。
理想だと思っているということは、なかなか実行できていないということでもあります。

美しいレター用品に心のこもった手紙を書き、それにぴったりの特別な1枚の切手を選んで貼り、ポストにことりと落としに行く…

どこかでそれを実行しているかもしれないパラレルワールドの猫町よ。
どうかそのまま素敵を貫いてほしい。
できたら自分もそちらの世界に近づきたいと思っているのです。

by mukei_font | 2019-04-25 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

平成ラストチャレンジ。

今月は比較的手紙を多く書いたので良い月でした。

手紙は書くのももらうのも大好きなのに、近年なかなか書くことができず(肩こり&頭痛持ち)、自分でも歯がゆい思いをしています。

理想が高すぎるのかもしれません。
手紙なんて気楽に書こうYO!とかつては何度もコラムに書いたのに、自分が一番それを実践できていないという…

楽な姿勢でさらさらと書ける字じゃないのがいけません。
まったくきれいな字じゃないのですが(最近特にきたなくなっている)、少なくとも自分の満足のいく字でそこそこおもしろいことをうまくまとめなければ、と気合いを入れてしまうのです。

レター用品売り場にある見本みたいなあたりさわりのない手紙を書ければいいのですが、あれは美しい字で書くから様になるような気がするし…

などと考えていると、なかなか筆が進みません。
心配しなくても、自分が手紙を送る相手はそんなことちっとも気にせず何でも喜んでくれそうな人たちばかりなのに馬鹿だなあ。

引き出しいっぱいのレター用品と買いすぎた切手はいったいいつ使うつもりでしょうか。
猫町よ、もっと大胆になれ。

これ、以前も書きましたね。
今年も3分の1が過ぎたのに、全然実行できてねえ…

それでも今月は頑張りました。
誕生日の人にバースデーカード(レター)を送ったし、「平成ラストチャレンジ」として「ぎりぎり平成のうちに手紙が届くかチキンレース」もやってみました。

こういうおもしろいことはもっと計画的にやればよかったのですが、思いついたのがぎりぎりだったので、4月25日に1通、4月26日に2通の手紙を送っただけ。

大阪なら翌日に着くので大丈夫だろうとは思ったものの、10連休前でいつもとは違うかも?と思いながらどきどきして投函するのは楽しかったです。
翌日に着くって考えるとすごいですよね。

たまたま4月26日に木琴堂のお客さんに送るものもあったのですが、こちらは関東地方なので令和になってから届くはずです。
令和最初の郵便物になるのも晴れがましいですよね。

あーもっと頑張ればよかったー
平成中に届くかチキンレースも、令和一番乗りも両方とも頑張ればよかったー
そして年賀状を書くのをやめればよかったー

令和こそ、そう令和こそ気軽に手紙を書ける人間になるぞ…と「手紙ありがとう!」という友人からのはずんだメールに思いをあらたにする猫町でした。

by mukei_font | 2019-04-24 23:59 | 手紙 | Comments(0)

コクヨの測量野帳、何に使う?

〈前回までのあらすじ〉

長年興味はあるものの罫種との折り合いがつかず、横目で眺めてきたコクヨの測量野帳に無罫の限定品が発売されることを知った猫町。
一も二もなく買う決心をするが…

そこにばばんと現れたのは大天使猫町。

お待ちなさい猫町よ。
お前はそれを何に使うつもりなのですか?

ああいう小さな帳面は外出する人のためのアイテムのはず…
丈夫な表紙も裏表紙も出先でしっかり筆記できるためのものでは?

お前はいったいどこに出かけようというのです?
いつどこで何のためにどうやって使うつもりなのですか?

…そうだよなあ。
大天使猫町の言うとおりです。

かつて無印良品のポリプロピレンのA6サイズのリングノートを愛用していたことがあります。
職場の行き帰りの電車の中で思いついたことを書くのにちょうどよかったからでした。
大きなリングの中にボールペンが挿せるところも気に入っていました。

しかしあのノートは電車で通勤していたからこそ使っていたものでした。
仕事を辞めるとまったく使わなくなり、転職すると復活するかと思いきや、とても座っていられない混んだ地下鉄に乗る羽目になった途端、またもや使わなくなったのでした。

文房具はライフスタイルに大きく左右される。
無印のポリプロピレンのリングノートが教えてくれたことでした。

そうなるとインドアな今の自分に測量野帳なんて…
買っただけで終わってしまうとフクロモモンガもかわいそうです。

その時です。
しぼみかけた心に豆電球のひらめきがチカッと灯るのでした。

競馬…!
マークカード入れ?になると誰かが教えてくれた気がする…!

あった、これでした。
この記事にコメントくださったたましいさん!
マークカードを挟んでおくホルダーがわりになり、表紙が硬いので台紙にして立ったままカードを塗るにも便利。
もちろん、買い目をメモするなどノートとしても。

心は決まりました。
出会えたら買います。
そしてこれを持って来年再開されるらしい姫路競馬場へ…

by mukei_font | 2019-04-23 23:59 | ノート | Comments(2)

コクヨの測量野帳に無罫。

発売から60周年を記念してコクヨの測量野帳に限定品が発売されるようです。

今回の限定品の素晴らしいところは、表紙のデザインがかわいいなどといった次元ではなく、いつものラインナップにはない罫種があること。

定番の罫種はレベルブック、トランシットブック、スケッチブックの3種類ですが(こちら参照)、今回は無罫であるエブリブックと横罫であるノートブック、タテ開きのオフセットブックの3種類が加わるようです。

ついに!
野帳に!
無罫が!

今までどんなに雑誌などで野帳の魅力を取り上げられても、実際に使っている人の素晴らしい野帳を見ても、どうしても心が動かなかったのは罫種がまったく自分には合わないということが分かっていたからでした。

レベルブックやトランシットブックはもちろん、自由に使えるのではないかと思えるスケッチブックでさえあの網戸のような細かい方眼がどうしても受け容れられなかったのです。
もう縁がないとあきらめていました。

それがここに来て無罫。
これはもう入手するしか…

しかも罫種のことで頭がいっぱいで目に入っていませんでしたが、記事をよく読むと、
60周年記念の限定デザイン野帳は、測量野帳の特長である「スリムなポケットサイズ」を、「ポケットをもつ動物」(有袋類など)のイラストで表現した。
有袋類…
なんて気の利いたコンセプト…
なんでフクロモモンガやねんと思った自分にビンタ一発…

これは…
これはもう買うしかない!(続く

by mukei_font | 2019-04-22 23:59 | ノート | Comments(0)

平成カウントダウン、あるいは10連休の予定。

これを書いている今日は平成最後の昭和の日。
4月29日です。
ということは、明日の4月30日が平成最後の日ということになります。

「平成最後の~」というフレーズはもう聞き飽きましたが、こういう明るい雰囲気の中行われる代替わりを見るのも最初で最後かもしれないし、さよなら平成セールだのおめでとう令和セールだのといった軽いノリでカウントダウンを楽しんでいる世の中を平和な気持ちで眺めています。

10連休のほうはどうなんでしょうか。
皆さんは何か特別なことをされていますか。

ブログのアクセス数を見ると、年末年始ほどではありませんがパソコンからのアクセスが減り、皆さん小旅行や家族サービスなどに忙しくされているのかな、と思っています。

年末年始…
ここで猫町の頭をかすめるのは、年末の恒例行事である借金返済祭りのことです。

あの1分1秒を惜しみながらブログを更新しまくり、おおつごもりにすべり込む愚かなイベント…
ほぼ誰も見ていないのに自分だけが熱くなり、除夜の鐘の中燃え尽きた心と体を横たえ眠るおおつごもり…

あれを今回もやるべき…なのか?
「平成の借金平成のうちに」なのか?

10連休の話に戻ると、猫町に10連休はあまり関係がありません。
多少休みもありますが、ほぼ普段と変わりがありません。
平成最後の晩餐を食べよう、という友人からの誘いにもスケジュールを合わせることができませんでした。

こんな状態でそぎゃんこつできるわけなか。

でもできる限りは頑張ってみましょうか。
昭和の人間らしく。

by mukei_font | 2019-04-21 23:59 | わたくしごと | Comments(0)