人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(96)
(57)
(33)
(33)
(9)
以前の記事
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
おはようございます。ほん..
by たまみ at 09:51
年賀状の季節ですね~。 ..
by くら at 17:53
毎年出す派です。そしてほ..
by tenohirakoubou at 13:19
コクヨのキャンパスダイア..
by YAS at 20:56
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 16:33
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 22:31
個人的に切望しているのは..
by 雪野 at 18:57
一番望むのは、ぺんてるで..
by alchemie0629_a20 at 16:01
いつも楽しくブログ読ませ..
by はるな at 15:44
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 20:20
普段、モノ消しゴムは使わ..
by ともこ at 12:58
早速リンク踏んで読んでみ..
by alchemie0629_a20 at 15:30
確かにイオンに無いけどT..
by alchemie0629_a20 at 00:18
猫町フミヲ様 記事にし..
by たまみ at 08:40
猫町フミヲ様こんばんは。..
by たまみ at 21:26
GetNavi 2019..
by てっつぁん at 17:58
シャーペン増えますよね…..
by alchemie0629_a20 at 03:52
こんにちは。 それはや..
by ともこ at 12:24
ワタクシも定番インクはど..
by りお at 10:37
四季織シリーズ、色合いが..
by りお at 10:33
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2019年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。

プレゼントのお披露目月間(8月)最後の記事はカナダのお土産として生徒からいただいたこちらのノートです。
f0220714_11012061.jpg
Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。
f0220714_11012455.jpg
表紙のイラストと「ALL-WEATHER」とあることから水に強いノートなのかな、と思って中を見るとノートの最後に解説が付いており、それによるとどんな天候や場所でも書くことができるタフなノートのようですね。
f0220714_11020130.jpg
筆記具についても細かく説明があり(乾いている時のみOKなものとか濡れていても乾いていてもOKなものとか)、猫町のような細かい人間相手にも行き届いているあたりにゾクゾクしてしまいました。
f0220714_11020716.jpg
ノートは縦19.2センチ×横12.2センチ×厚み1.7センチのハードカバーのしっかりしたつくりで、中は無罫。
写真では見えませんがページにはミシン目が入っています。
が、マイクロミシンカットのような「やわな」ミシン目ではないので普通に使っているぶんにはページはちぎれないはず。
f0220714_11021094.jpg
また、ページにはページ数が印刷されています。
2から155まで打ってありました。
f0220714_11015513.jpg
ちなみにこちらがノートを開いたところ。
かっこいいなあ。
こういうの何に使えばいいんだろう。
f0220714_11015044.jpg
ところで中が無罫なのは偶然ではなく、生徒が猫町が無罫好きなことを熟知しているからでした。
特に熱弁した覚えはないのですが、それだけはしっかり記憶していたようで…いや、知らず知らずのうちにいろいろ話しているのかな。

なぜいつも無罫なのか聞かれた気もするし、なぜいつも片側のページだけを使うのか聞かれた気もするし、なぜいつも鉛筆なのか聞かれた気もする…
しかし最近黄色が好きなことは言っておらず、これには大興奮してしまいました。

自分の手持ちのものに青系が多く、その中に黄色のアイテムが混じるととてもきれいなところが気に入っていたのですが、いただいたノートがまさにそういう黄色だったので驚きました。
まだ誰にもちゃんと言ってなかったのに…

ブルーグレーのEDiTと並べて「ほらきれい」とはしゃぎ続ける猫町を

(´_ゝ`)

な顔で見守る若者に神の祝福あれ。
とても素敵なノートをありがとうございました。

by mukei_font | 2019-08-30 23:59 | ノート | Comments(0)

トンボ・モノカラー誕生50周年記念セット。

また少し間が空いてしまいました。

日々いろいろなことがありますが、ここにはやはり文房具をめぐる楽しいことを書いていきたいと思っています。
というわけで、この夏いただいたもののご紹介を続けます。

以前の記事で、ジャンヌダルクKさんからサマーギフトとしてなごやちょうとおはぎやまのグッズをいただいたと書きましたが、実はこの時にもう一つとても素敵なものをいただいていたのです。

なんとトンボの「モノカラー誕生50周年記念セット」です。
ははーっ(平身低頭)。
f0220714_10052954.jpg
詳しくはトンボのプレスリリースに載っていますが、歴代デザインのMONO消しゴムと限定のピンバッチがセットになった贅沢な一品です。

前回の記事の中で、「皆さん絶妙に猫町が持っていない文房具や、あえて避けている文房具を突いてきますね」と書きましたが、これもまた典型的なその筋のアイテムでした。

見ない見ない見ない見ない…
見ても見てない見てない見てない…
あれは夢…あれは幻…あれは妄想…
見ない見てない知らない最初からない…

そうやってやり過ごしたアイテムが届いたプレゼントの中から出てきた時というのは、喜びというよりも「で、出た~」みたいな感じの驚きが勝りますね。
そして爆笑。

ジャンヌダルクKさん、真夏に驚きと笑いをありがとうございました。
誕生日に近かったので勝手に誕生日プレゼントが届いたことにして浮かれ騒いでおりました。

さて、こういったセットはもったいなくて100%飾られることになる運命です。
文房具は本来使われてなんぼのものですが、こうしたセットはあえて使わなくていいのです。
ずっと目を楽しませてね。

しかし。
猫町が気になってしかたがないのはそのスリーブの下です。
昔のMONO消しゴムって消しゴム本体にロゴが印刷されていましたよね。
記憶違い?

ネットで調べると1969年のMONO消しゴムについては出てくるのですが、80年代もありませんでしたっけ?
シードのレーダーと混同しているのかな?
一時期はレーダーもMONOもスリーブの下にロゴがあるなあと思っていたのですが…

こういうことを文紙MESSEで聞きたいんですよね。
きっと来夏も行けないでしょうが、未来の式神(?)のためにここに書いておくことにします。

by mukei_font | 2019-08-29 23:59 | 消しゴム | Comments(1)

セーラー・四季織マーカー〈夏〉。

記事の日付が8月のうちに夏の間にいただいたものをご紹介しておきましょう。

こちらは誕生日当日に友人が送ってくれたものです。
セーラーの四季織マーカー〈夏〉。
f0220714_23293719.jpg
セーラーが万年筆用インク・四季織シリーズのカラーで水性マーカーを作ったのは知っていました。
が、これまで四季織シリーズからほどよい距離を取り、うまく逃げのびてきた猫町が今さら四季織シリーズの名を冠した水性マーカーを自ら手に取ることはあり得ませんでした。

Q:なぜ距離を取る必要があったのか。
A:見たら欲しくなると思ったからです。

というわけで、今後も知らずに生きていけるはずだった猫町の元に〈夏〉という名前の素敵なセットがやって来てしまいました。
f0220714_23294047.jpg
水性マーカーはツイン式になっており、片方は筆タイプ、片方は細字タイプになっています。

猫町は筆タイプのペン先が苦手で、例の「つるにはまるまるむし」のおじさんしか書けないのですが、いや待てよ、今は結構ワイルドな字を書きながら勉強したりもするから使える場面もあるかもしれない。
細字タイプのほうはちまちました字が得意の猫町の独擅場ではないかと楽観視しています。

ということで、これを機に四季織シリーズのインクが気になってきたぞ、とならない程度に楽しく使おうと思います。

それにしても皆さん絶妙に猫町が持っていない文房具や、あえて避けている文房具を突いてきますね(笑)。
心やさしい友人に感謝です。

by mukei_font | 2019-08-28 23:59 | その他筆記具 | Comments(1)

万年筆の洗浄とマイブームなインク。

しばらく使っていなかった万年筆を洗いました。
セーラーのプロフェッショナルギアスリムとPILOTのカスタムヘリテイジ912。

どちらも放置していた割には優秀で、特にカスタムヘリテイジ912の気密性は素晴らしく、もうさすがに死亡しているだろうと思って手に取っても何事もなかったかのように普通に書けるなど底なしの実力を感じます。

とはいえ、やはりそんなにたくさんの万年筆を同時には使えないので、自分の手に負える数(だいたい2本)の万年筆をローテーションして使うようにしています。

インクはここにきてPILOTのブルーブラックがマイブームです。
f0220714_18461013.jpg
今年の春にこの定番インクの良さに目覚めて以来、使えば使うほど落ち着き払った青の魅力に取り憑かれ、今後はもうこのインクだけでいいのではないかと思ったりしています。

また、変に主張しない青だからこそのどの軸にも似合ってしまうようなところがあり、万年筆の魅力を損なわないのも素晴らしいと思っています。

かといってすべての軸にPILOTのブルーブラックを入れてしまうとそれはそれで楽しくないような気がして、やはりセーラーの軸には顔料インクを、他の万年筆にはたとえすぐに飽きてもいつもとは違う色のインクを入れたいなと思ったりするのでした。

それにしてもきれいさっぱり洗われて銀色に輝くペン先は本当に美しいですよね。
贅沢なものを持っているなあとあらためて思います。

by mukei_font | 2019-08-27 23:59 | インク | Comments(2)

夏の日のステフォレと幻のポムの樹。

台風19号が通過していった10月13日の朝です。
あちこちで甚大な被害が出ており言葉もありませんが、(ざわつく自分の)心を落ち着けるためにもいつも通り雑文を書いていきたいと思います。

もうすぐ8月の記事も終わりですが、8月に友人のピアノコンサートを聴きに姫路に行った際、偶然「ステフォレ」という文房具カフェを見つけて立ち寄りました。

以前かつめしこさんが猫町文具店(仮)にいらした時(6年以上前!)にお話を伺った記憶があるのですが、もともとは加古川にある文房具カフェのようですね。
その姫路店が「イーグレひめじ」という施設の2階にも入っているのでしょう。

しかしイーグレひめじの中で見つけたステフォレの中に入っていった猫町の足取りは軽いものではありませんでした。
むしろ行き倒れ寸前に近く、いかなる時も文房具優先で行動するこの猫町がステフォレの「文房具」ではなく「カフェ」に惹かれて入っていったくらいに疲れ果てていました。

というのも猫町はイーグレひめじの中で「ポムの樹」というオムライス店を探していたのでした。
猫町は毎晩眠りにつく前たいていひどく空腹なのですが、その空腹時に食べたいものの東の横綱が「牛の形の鉄板にのったハンバーグ」なら西の横綱が「『ポムの樹』の和風オムライス」なのです。

しかし田舎在住の悲しさ、「ポムの樹」は近くにはなく、毎晩かつて大阪で行ったあちこちの「ポムの樹」を思い出してはせつなくなっていたのですが、検索すると姫路のイーグレの中にあるというではありませんか。

姫路に行った時こそチャンス。

というわけで、ぎらつく気持ちを抑えて「みゆき通り」をのしのし歩きイーグレなる施設に入ってみたのですが、なんだか公的な施設なようでがらんとしており、どこにも「ポムの樹」はなく…

間違っていたのかと思い、妹にメールをして調べてもらいましたが、やはりイーグレと出るらしく…

閉店したのか?
そんな…
猫町は古いデータを信じてはるばる田舎から…?
連夜のひもじさを返せ…

とボロ雑巾のような疲労とともにたどりついたのが上記のステフォレだったというわけでした。
カフェではとりあえず焦点の合わないまま紅茶を飲み、焦点の合わないまま文房具を眺めて帰ってきましたが、感想としては、

ほぼ客がいなかったが大丈夫なのだろうか。
イーグレという施設自体あまり人が来なさそうだが大丈夫なのだろか。

という「経営は大丈夫か」ということに尽きました。

居心地自体はとてもよかったです。
何しろ静かだし誰もいないので。
カフェで飲み物を注文して書き物などをするには最適な場所で、実際猫町もここでピアニストの友人にカードを書きました。

しかし大丈夫なのか。
余計なお世話ですがそればかりが気になりました。

あまりにもがらんとしていたので次に行った時には「ポムの樹」のようにもうどこにもなくなっていたりして。
そもそも自分は本当にそこに行ったのだろうか。

一応これがそこでもらってきたショップカード。
f0220714_10281888.jpg
こちらが注文した紅茶に貼ってあったシール。
f0220714_10282253.jpg
それにしても「ポムの樹」はどこにあるのでしょうか。

by mukei_font | 2019-08-26 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

後日談その3・背表紙マステのその後のその後。

いつの後日談?という話ですが、ノートの背表紙に幅の細いマスキングテープを貼り、そこに通し番号やアルファベットを書くことでノートを識別することにした、という2年以上前の記事の続きです(正確には後日談の後日談)。

必要な時にぽつぽつ行ってきたこの作業ですが、バタバタと過ごすうちにずいぶんため込んでしまい、ノートから飛び出た付箋の色や雰囲気でノートを識別するはめになり重い腰を上げました。

作業自体は単純なものですが、たった1冊のためにするのはなんだか面倒なのです。
だからといってため込みすぎるのもどうかと思いますが…

ということで単純作業をもくもくとこなし、再びバスローブにワイングラス片手に高級ホテルの高層階から都会の夜景を見下ろす的心境に。
もっと早くすればよかったです。

で、この作業中に感動したのがまさに2年以上前に貼り付けた初代のマスキングテープがきれいに貼り付いたままだったということ。
100均のマスキングテープなのにたいしたものですよね。

これらのノートは完全な消耗品なのである程度時間が立てば処分するつもりなのですが、ここまでしっかりしているともう少し長期に保存するものにも応用できるのかなと思ったり。

それにしてもそろそろ初期の頃のノートは処分しないといけません。
使い切ったノートで棚がいっぱいで、置き場所が厳しくなってきました。

でも背番号を付けてずらりと並んだノートはずっと眺めていたいかわいさに満ち、まさに捨てがたい気持ちになるのです。

by mukei_font | 2019-08-25 23:59 | ノート | Comments(0)

自分に一番いいペンの長さを追究する。

最近新たな一人遊びを発見しました。

鉛筆を使っていて、「今が一番いい長さなんじゃないか?」という瞬間の長さを測るのです。
できたら普段は長さの調査をしていることは意識せず、「おや、いい長さ」と思った時に測るくらいがいいでしょう。

そんな調査を何度も何度も何度も何度も繰り返して平均し、自分にとって一番いいペンの長さを把握しようという試みです。
何度測っても同じ長さになったらそれはそれで楽しいですし、あるいは鉛筆の濃さなどによっても感じ方が違ったりするのかもしれません。

というわけで、第0回目として試しに赤青鉛筆(正確には赤しか削っていない赤青鉛筆)でやってみました。
f0220714_23415430.jpg
f0220714_23415841.jpg
思いつきでやったので測るのを忘れてしまいましたが、比較しているカランダッシュのシャープペンが13センチくらいの軸なので、自分は結構短めが好きなんだなと分かりました。

こういう実験は刻一刻と長さを変えていく鉛筆ならではですよね。
鉛筆を使うのがますます楽しくなってきました。

なお、以前も似たような記事を書いています。
いわば今回の試みは「今が一番楽しい時間~鉛筆篇~ 」とも呼べるものです。

が、自由度の高い鉛筆から得られたデータを今後のボールペン、万年筆選びに生かそうという壮大な計画でもあるのです。
さあ、楽しくなってきましたよ。



by mukei_font | 2019-08-24 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

軸ジプシーは純正軸に戻るか。

【軸ジプシー】
純正軸に不満がある、あるいは替芯の魅力に取り憑かれ、芯の能力を最大限に引き出すことのできる理想の軸を探し求めて放浪するボールペンユーザーの意。

猫町もその一人でした。
理想の替芯である三菱のUMR-83をいろんな軸に入れて使ってきました。

三菱のジェットストリームのスタンダード軸、ロフト限定ジェットストリーム、ZEBRAのサラサクリップ、Rougel(ルージェル)、ぺんてるのエナージェルフィログラフィ、そしてエジプト展で手に入れた名もなきペンに至るまで。






もっともこれは何も驚くことではなく、常にUMR-83が入るかどうかという基準でボールペンを選んでいるので、こうなるのは自然の流れなのです。

しかし、こと戦闘モードに突入すると自然と手が純正軸を求めていることに気づきました。
純正軸、すなわちシグノRT1そのものを求めていることに気づいたのです。

が、替芯は田舎のイオンや文房具屋にも売っているのに、シグノRT1自体はなかなか売っていません。
これはかつてたまみさんと東京文具旅をした時もそうでした。

あの時は新宿の世界堂でようやく手に入れたのですが、その貴重なシグノRT1の軸を以前生徒にあげてしまった猫町…
気前よすぎ…

でも待てよ。
持っているじゃないかシグノRT1を。
実は多色のゲルインクボールペン(カスタマイズペン等)の性能の悪さに業を煮やし、緑色のインクのシグノRT1を買って使っていたのです。
f0220714_09395841.jpg
f0220714_09395406.jpg
とりあえず緑色のインクはエナージェルフィログラフィにin。
空になった緑軸のRT1に3年日記専用ボールペンの替芯であるUMR-83をin。
よっしゃー。

ところで「戦闘モード」ですが、もちろんそれは3年日記のまとめ書きに他なりません。
借金43時代にすでに緑軸に移行しており、今も緑色のRT1を握りしめてガリガリと書いております。

by mukei_font | 2019-08-23 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(1)

猫町と3年日記・その35(ありえない借金)。

最大43までふくらんだ3年日記の借金を完済したのは7月1日でした。
もうむちゃくちゃすっきりしましたね。

俺はやったぞ。
やり遂げたぞ。

ゴールを決めたサッカー選手のように吼えながら勢いよく芝生の上をすべっていきました。

少々喜びにひたりすぎたんですかね。
そのままずるずると行ってしまい、気がつけば再びとんでもない借金を背負ってしまいました。

75。

うーむ。
我ながらこれはすごい…
これはもう日記とかじゃないですよね。
何かの作業というかノルマというか…

そうです、作業でありノルマなのです。
何の?
3年日記専用ボールペンの替芯であるUMR-83の調査のための。
あるいは3年日記のすべての欄を文字で埋め尽くしたいという欲望のための。

書けるかなあ。
10月の自分に7月の日記が書けるだろうか。
あの暑さをもう忘れつつある自分に。

EDiTにも他のノートにも何一つ証拠が残っていない日があったらどうしよう。
UMR-83のためにもすべての行を埋め尽くさないといけないのに。

その時は写経でもしようか。
漢字だらけというのは替芯のデータにも影響するだろうか。

というわけで、ここ数日毎日5日分ずつ書いているのですが、なんだかいけそうな気がしてきました。
手がかじかむ前になんとか借金を完済し、今度は雄叫びもほどほどにして年末までひた走りたいと思います。

by mukei_font | 2019-08-22 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

君はダイソーのマステに小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか!

普段は「マステ」とは言わないのですが、タイトルの字数の関係ですみません。

マスキングテープの記事の流れで今年の誕生日にたまみさんからいただいたマスキングテープをご紹介します。
たまみさんからはいつも素敵なものをたくさんいただくのですが、その中の1つがこちらのマスキングテープとスタンプのりでした。
f0220714_19100378.jpg
以前、「消しゴムは贈り物になるか。」という記事を書いたことがありますが、百円ショップの商品も贈り物になると思っています。
その人のことを思って選んだものは何でもプレゼントになるのです。

持っているかな、持っていてもいいか、自分はこれがいいと思うんだよな、使ってくれるかな、使い倒してほしいな、そんなことを思いながら時ににやにやしたりしながらプレゼントを選んでいくのが楽しいのです。

というわけで、ダイソーのマスキングテープですが、4つも入っていてうれしいな。
それぞれが3メートルずつなので、いろんな柄や色を少しずつ使える感じがいいですね。

ちなみにピアニストの友人にもらったハウステンボスのマスキングテープが10メートル、生徒にもらった水族館のマスキングテープが8メートル、妹にもらった国技館のマスキングテープが10メートルでした。
あまり何メートル巻とか意識したことはなかったのですが…

しかしマスキングテープは自然に増殖していきますね。
今は粘着力が病気のダイソーの付箋を補強するという素晴らしい目的がありますが、それを使い切ったらどうしよう…

まあ探せば病気の付箋もまだあることでしょう(あるんかい)。
それらとの二人三脚で楽しく使っていけたらと思っています。

たまみさん、小宇宙高まるマスキングテープをありがとうございました。

by mukei_font | 2019-08-21 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(1)