猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(58)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


インクのたっぷり入った3色ボールペン。

3色ボールペン探してるんですけど、できるだけいっぱいインクが入ったやつ。

と言われて、(いっぱいかあ…でもPILOTのBSRF/BKRFが入ってるやつが最高ちゃうかなあ…とりあえずFEEDとかクリップオンGとかジェットストリームとか見てもらって芯の長さに納得してもらお)と考えながらペンを取りに棚に向かう夢を見ていた。

夢の中でも地味に仕事してます。
自作自演の想定問答お疲れ。

でもまあ、そんな感じですよね。
油性ボールペンで一番たくさんインクが入った芯ということなら、PILOTのBPRFやZEBRAのH-0.7、三菱のSA-7N、ぺんてるのBKLなどが思いつくが、全部単色だもんなあ。

うーん…
何か見落としがあるだろうか…

しかし世の中には多色・多機能ユーザーというのは驚くほどいるものだと思う。
替芯を買いに来るのがそれらのユーザーだからそう思うだけかもしれないが。
小生自身、非常に多色や多機能が苦手なので、(おお…使いこなしている…)と芯を取り替えるたびに感心してしまう。

特に油性の緑色の芯まできっちり使う人とか。
あんなに発色悪いのに。

多色、多機能についてはまたあらためて書こうと思います。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-22 07:28 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(4)

限定プレラの真実。

たまには「さすが文具店員だなー」みたいなことを書かなくては。

というわけで、PILOTの万年筆、限定プレラに魅せられている方々に新情報です。
別に秘密でもなんでもないから情報の漏洩とかではないと思う。

実はあの限定プレラ、展示会の時点で「最初は限定だけど、人気のあるものは定番に残るかも…」ということだった。
で、先日PILOTから来年の新しいカタログが送られてきたので、真っ先に万年筆のページを開いてみたところ…

限定プレラの一部が「コンバータ付きプレラ」として残るようです。
わーパチパチパチパチ。
ちなみに発売は来年2月。
そのころにはHPにも載るのかな。

で、気になる選抜メンバーは…
すばりワンポイントが透明の人たち(限定プレラ「色彩逢いiro-ai」。参照)。
やっぱりこっちが人気みたいですねー

ということで、真実「限定版」なのはワンポイントが不透明の人たち。
複数欲しいなーと買う順番を迷っておられる方、ワンポイントが不透明な人はたぶん最初のセットにしか入っていません。
気になる色は早めにゲットを。

そしてワンポイント透明派の皆さんも要注目。
安心するのはちょっと早いかも。

最初の限定プレラのセットに入っているワンポイント透明組は10本。
が、カタログに載っている、今後定番となるコンバータ付きプレラは7本。
3人は選抜メンバーからもれたわけです。

この3人とは…
透明パープル、透明グリーン、そして小生の買った透明ブルーブラック。
よっしゃーーーーー
小生の審美眼キタコレ!(いや、キタコレなのか?選抜されてないけど…あほか、貴重やからえんや)

したがって残るのは、

透明ブラック
透明レッド
透明ピンク
透明オレンジ
透明ライトグリーン
透明ライトブルー
透明ブルー

の7名。

もちろんペン先はF、Mの両方あるみたいです。

ということで、ワンポイントが不透明のものおよび、透明パープル、透明グリーン、透明ブルーブラックのものこそが真の限定プレラという話。

たまにはいいこと言います。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-21 09:11 | 筆記具・万年筆 | Comments(4)

白い文房具屋MoMo。

文房具屋で週6日働いた帰り道にだって文房具屋をうろつく。
それが文房具マニアというものだ。

ということで、先週末は天王寺のアポロの地下に先月オープンしたMoMoなる文房具屋へ。

ここにはそれまでオフィスプラザという文房具屋が入っていたが、ディスカウント価格で売っているわりにLIFEや美篶堂の紙製品が充実していたり、それより何より舶来ものの筆記具や替芯、万年筆のインクが異常にそろっていたりするなど謎すぎる店だった。
もちろん小生などは大歓迎で大興奮だが、小生が行く時間帯がたまたまなのか店内はいつもあまり忙しそうではなく…まあいろんな意味で不思議な店ではありました。

そのオフィスプラザがMoMoなる文房具店に変わったのだが…
なんだかスタッフの皆さんは以前のままのような気も…

同業者ということで、どこの問屋から入れているのだろうとか、どこ系列の文房具屋なんだろうとかいろいろ気になるが、以前社長に聞いても知らないみたいなことを言っていたなあ。

それはさておき新しい店内ですが、とにかく白い。
什器が白くて新しいのはいいとして、床が白い。
そのせいでなんか店内が白い。
白すぎる。
なんでこんなことしたんやろ、とやや戸惑う。
嫌ではないが、小生が店舗をかまえるならこんな白さにはしないなあ。

ざっと見たところ基本的に以前のオフォスプラザのレイアウトを踏襲している感じではある。
もちろん全体的にすっきりしているが(というか以前のレイアウトにも特に不満はなかった)。
あと、たぶんもうディスカウント価格ではなくなっている感じ。
薄利多売からの脱却なのか。

ふむふむとあれこれチェック。
あ、ミドリのMDノートのヌメ革カバーも置いてますね。
サンプルはA5サイズ。
まいりました(小生の店では新書サイズ)。

オフィスプラザ時代は便箋コーナーに多数のサンプルが置いてあり、その頑張っている感がとても好ましかったのにちょっと見当たらなかった。
紙製品にはサンプルがありがたいけどなあ。

で、小生の目は一冊のノートに釘付けに。
MoMoオリジナルノートですって。
店舗と同じく真っ白の表紙のA5ノート。
メヌエット紙使用。
サンプルが置いてある。

中身は…
ハイ来た無罫!
無罫入りましたーーーーー(よろこんでーーーーー)

開く。
ひゃっと開く。
開き完璧。
良すぎて180度以上開いてしまういきおい。

ああ。

せめてサンプルが単なる開きと束の見本で、商品が横罫なら買わずにすむのに…と思い、店員に「これは商品も中身が真っ白なんですか」と質問。
商品も真っ白ですね、とやや申し訳なさそうに。
もしかして店員は小生が無罫であることを残念がる客のように思ったのではないか。
ノン。

ああ。
買わなあかんやんーーー
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-20 08:54 | 文具屋めぐり | Comments(0)

限定「色彩雫iroshizuku」セット。

逃避ついでにインクの話も。
限定プレラと一緒にPILOTの秋の展示会でお披露目された万年筆インク、限定「色彩雫iroshizuku」セットについて。

そもそも限定プレラがスケルトンでコンバータまで付いているのは、色彩雫をもっと手軽に楽しんでもらおうという試みだと思う。
今までは色彩雫を使いたい場合、まず万年筆を購入し、さらにコンバータを別途購入する必要があった。
それが限定プレラのおかげでぐっと身近になったところで、なんと色彩雫までもが小瓶セットで歩み寄り。

店頭の限定「色彩雫iroshizuku」セットを激写。
f0220714_1743680.jpg

ちなみに従来の色彩雫はこんな感じ。
f0220714_175559.jpg

気になるお値段は、従来の色彩雫が50mlで¥1500(税抜)、限定版は各20mlが3本セットで¥3000(税抜)。

色彩雫についてはPILOTのHP参照。
HPには色彩雫見本帖なるページもあり楽しい。

余談だが、展示会のたびにハアハア興奮して手がつけられなくなる小生に(やや引きながらも)冷静かつ熱く商品をすすめてくる担当者は長谷川さんという人だということが今分かった。

セットの内訳は以下の通り。

Aセット:月夜・冬将軍・冬柿
Bセット:紺碧・深緑・霧雨
Cセット:山葡萄・松露・露草
Dセット:山栗・朝顔・孔雀

さて、一番人気があるのはどのセットでしょう。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-19 17:17 | インク | Comments(2)

限定プレラ「色彩逢いiro-ai」。

完全に現実逃避で優雅に万年筆の話など始めてみたいと思います(瞳孔全開)。

実はずっと自慢したくて自慢したくてうずうずしていたのがこの人。
その名も限定プレラ「色彩逢いiro-ai」。
f0220714_1610127.jpg

限定プレラについては以前もふれたが(限定プレラ待ち。参照)、PILOTの定番万年筆プレラのボディがスケルトンになり、コンバータが付いた限定版。
ちなみに定番のプレラたちはこんな感じ。

今年のPILOTの展示会で小生の心拍数がもっとも上がったのがこの限定プレラであり、後述の「限定色彩雫セット」と並んで、ただ今小生が働いている文具店において、もっとも心ときめき、夢あふれる自慢の一品。
こういうのを作ってくれるからPILOTのことはどうしても嫌いになれない。
他のどのメーカーがこんなキラキラしたものを作ってくれるというのか。

ちなみにわが店の陳列はこんな感じ。
f0220714_16103896.jpg

なんだかどんよりしてしまっていてすみません。
綺麗な色から売れてしまいまして。
追加注文しても、綺麗な色は入って来なくて。
もちろん一つ一つはキラキラしているのですが、最初に入荷したときのキラキラ加減はもう言葉にならないほど(思い出しキュンキュン)。

この限定プレラをめぐってはなかなかドラマがあります。
あれは10月のことだったか。
万年筆を求めて来られたお客さんにいつものようにあれこれ熱弁していた際、展示会で見た限定プレラについて話したのだ。
安いのに割としっかりした万年筆で、ボディはスケルトンで、最初からコンバータも付いているからインクを吸い上げる楽しみもあって、それが確か11月に発売になるはず云々。
ただし、それが当店に入荷するかどうかは分かりませんよ、と付け加えるのも忘れなかった。

実際小生は展示会で見ただけだったし、あのセットをうちに仕入れるかどうかまでは小生の関与するところではないから。
小生の記憶では、感激して手の付けられない小生を見た社長が「入れたらええやん」みたいに言っていたのは間違いのないところだが、社長の「ええやん」は大人の口約束。
それを鵜呑みにする小生でもないので、お客さんには(その時期に他店をのぞいてみては…)という意図で話したのだった。

ちなみにこれはよくやります。
うちには入荷して来ないが他店にはあるはず、とか、うちには置いていないがどこそこには並んでいる、とかそういう情報を包み隠さず伝えること。
うちの売上にはならなくても、お客さんのためになることだから。
それにそういう接客を喜んでくれる人はきっと戻って来てくれるから。
(あんたの言われたとおり行ったらあったわ)とささやきながら電池やボールペンを買いに来てくれるから。
もちろんラッキーで終わるだけの人もいるけど、できるだけ正確な地図まで書いて送り出す。
嘘になってはいけないから、ときどきは他店をチェックしたり、電話番号を調べたりもする。

まあ、こんな感じでこのときも限定プレラの情報のみを伝えたつもりだったが、感激したらしいそのお客さんは「入ってなくてもまた来ます。11月に。出来たら入れてほしいけど」みたいに帰って行ったのだった。
この話を雑談感覚で店長にしながら、「あんなのうちに入ってきませんよねー」みたいに聞いたたところ、ブッチホン(古)よろしく、PILOTの担当者に話が行き、聞けば大阪でもほとんどどこの店頭にも並ばないらしい貴重なセットであるところの限定プレラたちが庶民感覚満載のうちに来てしまったという訳。

実際本当に超がつくほど貴重らしく、並べた初日に来たお客さんは一人で6本買って行かれました。
ずいぶん探しまわったらしく…
で、その後も目を留めたお客さんに小生が熱弁というパタンで、いろんなお客さんのもとに何本も何本も旅立って行った限定プレラ。
もちろん入荷のきっかけを作った女性のお客さんも予告どおり来て感激して買ってくれたし、小生に洗脳された同僚も買ってくれた。
当然小生も。

小生のはこれは何色になるのかな。
限定プレラにはワンポイントが透明のものと不透明のものがあるのだが、綺麗なのは断然透明のもの。
売れ行きも透明の方がよい。
たくさん並んでいるとそれだけで綺麗だし、不透明のも綺麗だけど、その中から1本を選ぶとなるとどうしても透明のほうに目が行く。
綺麗なワンポイントが分かるでしょうか。
f0220714_16111646.jpg

f0220714_16114555.jpg
色は透き通ったブルーブラックといったところ。
実は同じく青系好きの同僚とかぶったらどうしようかとハラハラしていたのだが、幸い同僚は明るい青色が好きとのことで、無事かぶらず。
青だけで3種類ほどパタンがある感じ(先ほどの店頭の写真で青の3人が確認できます。右側のかたまり)。
本当は全部欲しいのだけど…とりあえず今はこの人だけで我慢。

この限定プレラ、美しすぎてまったく使う気になれない。
ひとたびインクを吸い上げたらこの透明感は失われてしまう(そりゃそうだ)。

もうしばらく君を眺めていよう。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-19 16:15 | 筆記具・万年筆 | Comments(2)

まだ板のまま。

ぎゃわー。
年末恒例、えとの引き継ぎ式も行われてしまったというのに、年賀状の準備が全然です。

今年は少数精鋭で作成しよう。
DM感覚でのやりとりに何の意味もありませんから。

それなら文具マニア同士、これは何で書いたのかな(ハアハア)、あのペンかなこのペンかな(ハアハア)…てやったほうが何倍も楽しいもん。

頑張って、自分。
f0220714_904184.jpg

[PR]
# by mukei_font | 2010-12-18 09:02 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

廃番あれこれ。

ガチガチガチガチ。
こんばんは、猫町です。

なんですかこの寒さは。
小生が変温動物と知っての狼藉か。

真冬には体温が34度前後になる小生。
口開けて寝てるんやろと医者の友人は言うが…

閑話休題。
今日はたけのさんからのご質問にあった「廃番」問題について語ります。
ただし、語るといっても文具業界歴がたいして長くない小生のこと。
ふわっと参考程度に聞いていただければと思います。

まず、「ある商品が廃番になる場合、メーカーから告知があるものなのでしょうか、それとも突然にですか?」ということですが、メーカーから告知があることはまずありません。
メーカーから告知があること自体そもそもなくて、あったとしたら何か商品に問題があったため回収とかなんかそんな感じ。

廃番に気づくパタンは何通りかあって、まず、バージョンアップした新商品が出た場合。
あれ、じゃあ前のはどうなるの?と思いメーカーに聞くと、売り切ったあとは廃番にします、というパタン。

例えばPILOTのフリクションが出たとき、最初はフリクションラインなるマーカーがあったはず。
が、蛍光ペンであるフリクションライトが出るやフリクションラインはフェイドアウトしていき、廃番に。
そんな感じのパタン。

次にカタログからそっと消えていくパタン。
実は時期的にちょうど今、続々と各メーカーから来年の新しいカタログが送られて来ているのですが、そのページから落ちてしまった人は廃番なわけです。
なので、小生などは個人的にひいきにしているが世間的にはイケてなさそうな商品のページを真っ先にチェック。
三菱の油性ボールペンNO.550とか(2011年版にも載ってた。ホッ)。

また、注文しても入って来ないなーと思い、メーカーに確認したら実は廃番なんです…みたいなパタンも。
PILOTのG-3の緑とか。

が、廃番もグレーゾーンなところがあり、いったんは廃番にすると言ったものの、やっぱり要望が多いので廃番にせずに残しました、みたいなケースもあります。

例えばPILOTの替芯BRF-20F。
油性Aインキの替芯BRFN-30Fが出たとき、同型の旧商品であるBRF-20Fは廃番になる予定だったはずが、油性Aインキじゃない従来の芯の需要があったのか、BRF-20Fが入った高級筆記具が多く出回っていたからか、BRF-20Fも黒だけになったものの生き残っているという。
そういうことがままあります。

また、前述の「カタログから消えた=廃番」も絶対ではなく、例えば確か去年のぺんてるのカタログにはあろうことか小生の伝家の宝刀ハイブリッドテクニカ0.4が載っていなかった。
0.5は載っているのに0.4が載っていなくて、ははあ…芯だけ残して本体は廃番にする気やな…と思ったものですが(で、新品を買いなおした)、今年のカタログにはしれっと載っていたり。

「気に入ったモノはずっと使い続けたいと思ってしまうタチなので、突然入手できなくなるのはさびしい気がしてしまいます」というたけのさんのお気持ち、とてもよく分かります。
というか、それは全文房具マニア共通の思いであるはずです。
もちろん小生もそうです。

「それに備えて買い置きする手もありますが、先日の記事のなかで、ゲルインクの寿命は約2年、シグノは長くて5年とありましたので、買い置きするには難がありますよね」とのことですが、廃番になる傾向として、本体は廃番になっても芯は生き続けるケースがほとんどです。

PILOTも三菱も今や水性ローラーボールの本体は廃番で陰も形もありませんが、その芯はずっと生きています。
新しいところで言えば、三菱のキャップ式パワータンクは廃番になりましたが、その替芯SP-7、SP-10はまだまだ残ると思います。

これらがいつまで残るかはさすがに分かりませんが。
あるいはずっと先にはプリントゴッコの消耗品みたいになってしまうかもしれませんが、でも傾向として。

なので、お気に入りの筆記具がある場合は、その本体を少しキープしておく程度でいいような気がします。
あとは、芯に頑張ってもらいましょう。

ただし、本体が廃番になった筆記具の替芯をずっと置き続けてくれる文具店ばかりではないと思うので、もしかしたら取り寄せ扱いになり、最小発注単位が10本…ということになるかもしれませんが。

小生の廃番観はこんな感じです。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-16 23:56 | 文房具与太話 | Comments(4)

師走の替芯祭。

たまには優雅に万年筆やインクの話もしたいし、ノートの話だってゆっくりしたいが、いかんせん毎日毎日忙しすぎる。
忙しすぎて殺伐としてくる。
帰宅しても茫然としてしまう。

忙しいことを理由に適当にはしたくない小生は、光速でカタログをめくり、可能な限り熱弁を続けるが、それでも忙しさのあまり殺気立ってしまうときがある。
その結果ものすごい早口になる。
こんなんじゃだめだよなーと猛烈な速さでおつりを数えながら思うが、次々に押し寄せて来るお客さんにもうどうしようもない。

以前働いていた文房具屋が入っていたビルのコンビニに変な店長がいて、まさしく機械のように「イラッシャイマセコンニチハアリガトウゴザイマースイラッシャイマセコンニチハアリガトウゴザイマース」と繰り返すのだが、例えば店内に入ってきた客にそう呼びかけるならまだしも、客(=小生)のレジ打ちをしている最中も、ひっきりなしに「イラッシャイマセコンニチハアリガトウゴザイマース」と言っていて、この店長はわれわれの間では「クレイジー店長」と呼ばれていたが、今の小生はまさしくあんな感じではないか。

ほとほと嫌だ。

が、そんな壊れかけのクレイジー猫町に親しみを持ってくれる奇跡のようなお客さんもいて、忙しい中早口であれこれまくしたてたことを感謝されたり、汚い字で走り書いて渡したメモを握りしめて再来店してくれたり、みんなどんだけ死んでからええとこ行く気やねん。

ありがとうございます。
お客さんに本当に救われてます。

今日も今日とて一日の終わりかけに替芯祭。
出たーーー
キャラクターものの名もなき替芯ーーー

最初は同僚が応対していたが、ペンからこぼれ出た部品が元に戻らなくなり(ありがち)、バトンタッチ。
なぜ小生に交替されるときはさんざんこんがらがったあとなんだろうか。
絶対にばらけてはいけない頭冠やクリップまで分解されているときなどもあって目眩がしてしまう。

今日のキャラクターものは3本ともキティさん。
小生の分類ではキャラクターものの名もなき芯にも大きく分けて短いのと長いのがあるが、今回はオール前者。
後者は切りたい位置までインクが入っているケースがあり難航するが、前者の場合はうまくいけば三菱のS-7SやZEBRAのSK-0.7あたりが入ったりする。

が、そう簡単にはいかないのがキャラモノ芯。
3本のうち1本はPILOTのBSRFが入るタイプで光速解決したが、残りの2本が。
1本はSK-0.7が長すぎ、ノックを引っ込めても芯がのぞいているパタン。
もう1本はS-7Sがノックできるものの、ほんの少ししか芯が出ていないパタン。
前者は芯をカットし解決したが、後者はどうにもこうにも無理だった。

おもしろかったのは、BSRFが入ったボールペンと、SK-0.7が入ったボールペンがほとんど同じ外見のキティさんボールペンだったこと。
軸にほんのりキティさんがプリントされている。
ラバーグリップは何かの模様がぼこぼこしている。
なのに中の芯は全然違うのだ。

これはお客さんも初めて気づいたようで、片方に入れば片方にも入るだろうと思っていたらしいが、バネの長さが全然違った。
なんだよーーー
もうちょっと話し合って作ってくれよーーー

とまあ、ばたばたと忙しくても、替芯その他頑張っております。
ただし、替芯に関するお問い合わせは少々熱中してしまうきらいがあるので、暇な時間帯をねらって来ていただけるとうれしいです。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-14 23:30 | 文具屋日記 | Comments(0)

ステッドラー・製図用シャープペンシル2.0・¥1200(税抜)。

すったもんだの先週末。
まんまと財布を忘れて行った小生だったが、文具券のおかげで求めていたものを無事入手。

ステッドラーの製図用シャープペンシル2.0。
うっとりしてしまうくらい素敵です。
この人と結婚する。
f0220714_915324.jpg

2.0のシャープペンには従来のシルバーシリーズのものもあり、さんざん迷ったが、ネイビーのこの人にした。
シルバーのもロゴがネイビーで入っており、ネイビーもシルバーも同じくらい好きな小生はもう頭から湯気が出そうなほど悩んだが、それでもネイビーのこの人にした。

小生が持たずして。
そう思った。

入手したのは東急ハンズの製図用品のフロアだが、そこを徘徊しながら思ったことは二つ。

製図用品はそそる。
そしてステッドラーは素晴らしい。

前者は機能美とでも言いましょうか。
びしっとしたストイックさの中にある色気にくらくら。
製図用のシャープペンは長い間、グリップ部分のざりざりしたローレット加工や、口金の独特のくびれが好きじゃなかった。
その存在はずっと知っていたが、手に取るといつも距離があった。
なんだか遠い存在だった。

が、いつの間にかビールを美味しいと思えるようになるように、小生の中でも機が熟し、彼らの良さが分かるようになってきたのだ。
元来「頭の良さそうなもの」や「びしっとしたもの」に親近感のある小生にとって、そこは本当に居心地の良い世界であり、これからも少しずつ仲良くなっていこうと思うのであった。

そして中でもステッドラーが素晴らしく思えるのは、やはり小生が青好きだから。
製図用筆記具、ということで今まで遠巻きに見ていたが、そこに抵抗がなくなった今、ステッドラーほど素敵な青を打ち出して来るメーカーが他にあるでしょうか。

確かにトンボのMONOカラーも神がかっているが、ステッドラーはメーカー全体のカラーがブルーとシルバーという感じ。
素晴らしい。
消しゴム一つとっても素晴らしい。

気づくのが遅すぎたが、遅くても気づけてよかった。
とりあえずは2.0のシャープペンと仲良くなります。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-14 09:02 | 本日のお買い上げ | Comments(0)

シャー芯プロジェクト覚え書き。

仕事中も気づけばシャープ芯について考えている。

あれは…どの芯なんだ。
一番濃いのはハイユニなのか。
それともステッドラーやファーバーなどの海外組なのか。
固いのはシュタインかフォープロか。
いや、フォープロは固くてももう少しくっきり書けたはず。
固いだけのあの人はいったい…

ハッツ。
何か目的が違ってきているような。

いつしか10本のシャープ芯を当てる一大クイズになってしまっているではないか。
落ち着け。
当てる必要はないんだ。

ただただ純粋な気持ちで芯を味わい、違いがあることを体感できればそれでいい。
そして自分自身のお気に入りに出会えたらそれだけでいいはずなのだ。

なのにすぐにムキになるのが僕の悪い癖(猫町右京)。

話は24時間前にさかのぼる。

昨日、うさむし宅で再スタートしたシャー芯プロジェクト。
書いていくうちに発生した問題点やそれへの対応策を以下に列挙。

軸の番号順に書いているといつも同じ印象になってしまう
→ランダムに使うことに

明らかに濃い人(8番)と、明らかに薄い人(5番)がおり、いくらランダムに使ってもこの人たちの後に来る人たちは評価がぶれてしまう
→8番と5番を一時的に除外

芯がすり減って太ってくることが芯の印象を左右しているのではないか
→「すべてのシャープペンをクルトガに」(byうさむし)
 「却下」(by猫町)
→まとまった長さの文章を書きながら芯の太いところ、尖ったところを味わうことに

しかし難しいです。
楽しいけど相当難しいですこれ。
この難しさには、手続きの難しさと、表現の難しさがあるように思う。

手続きの難しさは、何と言っても感触が長く残らない点。
自分の感触だけが頼みのこの実験。
1つ使って、次のを使ったら、その次のを使う頃には最初の感触を忘れているという。
もちろん書いたものを眺めることはできるけど。

表現の難しさは、感触を言葉にする難しさに尽きる。
芯それぞれに違いがあるのはまず明らかなところで、前述の除外された二人などはキャラ立ちしすぎなわけだが、それ以外の人たちもどこかしら特徴がある。
が、それを言葉にするのが難しいのだ。
油断したらすぐに「好き」とか「嫌い」とかに流れそうになる。

何か手がかりとなるキーワードはないか。
混沌とした感触をある程度ぱきっと評定できるようなキーワード。
最終的には個人内相対評価で夢のレーダーチャートを作成したいのだ(あの五角形のやつ)。

ということで各メーカーのシャープ芯のコラムをはしごし、以下の5つの視点を得た。
すなわち、

濃さ
強さ
なめらかさ
定着性(汚れにくさ)
消去性(消しやすさ)

である。

これらに着目しながら、引き続きあれこれ試してみたい。
ただ漫然と試すよりも少しはましなはず。

連日シャープ芯の話ばかりで申し訳ないです。
結果を楽しみにしてくださっている方もたくさんおられますが、光が見えるまで使い続けるつもりですので、長い目で見守っていただけたらと思います。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-13 22:01 | シャー芯プロジェクト | Comments(2)

シャー芯プロジェクト本番。

昨日始めたばかりのシャー芯プロジェクトだが、いったんはあきらめたファーバーカステルのシャープ芯が手に入ることが分かり、再度仕切りなおすことに。

それに実はトラブルもあった。
どの軸にどの芯を入れたかを書いた極秘のメモを、昨日うさむしがうっかりわが家に忘れて行ったのだ。
それに気づいた小生が、もちろん内容を見ずに小さく折りたたんでテープで封をしたが、それでもほんの一瞬でもそれを見ていないことにはならないことが気がかりだった。

というわけで、ファーバーカステルのシャープ芯を代打したぺんてるのハイポリマーと取り替えるついでに、昨日の番号をすべて組み替え直すという作業を再度うさむしに依頼。
うさむし、ありがとう。
あなたが理解ある友人でよかった。
普通ここまでやってくれませんよね。

あらためまして、こちらが本プロジェクトにエントリーされたシャープ芯たちです。
f0220714_23215639.jpg

左から、
PILOT・ネオックスグラファイト
ぺんてる・シュタイン
ぺんてる・フォープロ
三菱・ナノダイヤ
三菱・ハイユニ
トンボ・MONO-WX
ZEBRA・ドラフィックス
ステッドラー・マルスマイクロカーボン
ファーバーカステル

ちなみにこの人が昨日代打したぺんてるのハイポリマー。
f0220714_23245824.jpg

ごめんね。
一日だけだったけど、ありがとう。

さて、仕切りなおして今日も二人して書きまくり。
書きまくっているといろいろな問題が発生するが、お互いにアイデアを出し合いながらひたすら書き書き。
ああでもない、こうでもない、とひたすら書き書き。
f0220714_2337811.jpg

繰り返しになりますが、理解ある友人うさむしに感謝します。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-12 23:39 | シャー芯プロジェクト | Comments(0)

炎の完璧主義者。

たった今、ファーバーカステルを見つけた。
実験は仕切りなおす。
象牙の塔で鍛え抜いた完璧主義を遺憾なく発揮(他のことは学ばず)。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-12 11:06 | シャー芯プロジェクト | Comments(0)

シャー芯プロジェクト開始。

全国のファーバーカステルファンの皆様、申し訳ありません。
シャー芯プロジェクトにエントリーされたものの、入手が間に合わず、急遽代打の登場でプロジェクトをスタートさせていただきました。

代打はぺんてるのハイポリマー。

実験協力者はうさむし。
以下の手続きはうさむしのみによって行われた。

JOINTEXの9本のシャープペンから芯をまず取り除く。
それぞれにエントリーのシャープ芯を各3本ずつ投入。
軸に番号をふった付箋をテープで貼付け、何番の軸にどの芯を入れたかをメモ。

こんな感じで始まりました。
f0220714_10524740.jpg

早速あれこれ試し書き。
試筆紙には能率手帳の用紙で作られたというレポートパッドを使用。
f0220714_10535658.jpg

[PR]
# by mukei_font | 2010-12-12 10:57 | シャー芯プロジェクト | Comments(2)

シャー芯プロジェクト直前レポート2。

シャープロ(シャー芯プロジェクトの略らしい)もいよいよカウントダウン状態。
が、まだ一人そろわない…
ファー(バーカステル)様ーーー!
f0220714_9523450.jpg

[PR]
# by mukei_font | 2010-12-11 09:53 | シャー芯プロジェクト | Comments(0)

休憩中…

財布忘れてきた…

この年の瀬にまさかの妖怪財布忘れ!
今年だけでいったい何回目!?
何やってん自分!
せっかくの花金が!

大丈夫。
文具券があります。
てゆうか文具券しかありません。

換金目的で竹ひご買う人にならないようにします。
[PR]
# by mukei_font | 2010-12-10 15:54 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)