人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(96)
(57)
(33)
(33)
(9)
以前の記事
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
おはようございます。ほん..
by たまみ at 09:51
年賀状の季節ですね~。 ..
by くら at 17:53
毎年出す派です。そしてほ..
by tenohirakoubou at 13:19
コクヨのキャンパスダイア..
by YAS at 20:56
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 16:33
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 22:31
個人的に切望しているのは..
by 雪野 at 18:57
一番望むのは、ぺんてるで..
by alchemie0629_a20 at 16:01
いつも楽しくブログ読ませ..
by はるな at 15:44
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 20:20
普段、モノ消しゴムは使わ..
by ともこ at 12:58
早速リンク踏んで読んでみ..
by alchemie0629_a20 at 15:30
確かにイオンに無いけどT..
by alchemie0629_a20 at 00:18
猫町フミヲ様 記事にし..
by たまみ at 08:40
猫町フミヲ様こんばんは。..
by たまみ at 21:26
GetNavi 2019..
by てっつぁん at 17:58
シャーペン増えますよね…..
by alchemie0629_a20 at 03:52
こんにちは。 それはや..
by ともこ at 12:24
ワタクシも定番インクはど..
by りお at 10:37
四季織シリーズ、色合いが..
by りお at 10:33
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


年賀状アンケート。

リアルな暦は12月4日です。

猫町の地元では12月14日の義士祭(赤穂浪士の討ち入りをしのぶ祭り)が終わらないと年賀状を書く気にならない、というムードがあるのですが、時間のかかる年賀状を作る場合はそう悠長なことも言っておれず、日々年賀状が頭の中を占める割合が高くなっています。

しかし年賀状というのは本当に労力のかかるものですよね…
自分自身あと何年こういうことができるのか、来年から子年が始まるわけですがそれが亥年になる頃までずっと続けていられるのか甚だ不安です。

そこでふと興味がわいたのでTwitterで以下のアンケートをやってみました。

・すべて印刷だが受け取る人への個別メッセージあり
・すべて手書きだが受け取る人への個別メッセージなし

どちらの年賀状がうれしいものでしょうか、という質問です。

なおこの場合の「すべて」というのは宛名、差出人、イラストおよび定型文のことです。
定型文というのは「あけましておめでとうございます」とか「今年もよろしくね」みたいな文言を指し、個別メッセージというのは「今年もUMR-83命で頑張るYO☆」みたいなものを指します。

1日たった結果では圧倒的に前者が支持されており、たとえ手作り感満載の力作年賀状でも個別のメッセージがないと評価されないということが分かりました。

まあ気持ちは分かります。
でもオール手書き派からすると個別メッセージの手前ですでに燃え尽きていることがほとんどなんですけどね…

ちなみに格付けを勝手に考えてみると、

横綱:宛名、差出人、イラスト、定型文がすべて手書きで個別メッセージあり
大関:宛名、差出人、イラスト、定型文がすべて印刷だが個別メッセージあり
関脇:宛名、差出人、イラスト、定型文がすべて手書きで個別メッセージなし
小結:宛名、差出人、イラスト、定型文がすべて印刷かつ個別メッセージなし

といった感じでしょうか。

こうして見てみると小結の存在意義とは、という気もしてきます。
これなら気の利いたメールやLINEのメッセージのほうがまだいいような…

年賀状をPRしている嵐の人たちにはこのあたりについても切り込んで欲しいですよね。
影響力のある方たちなので。

さて、皆さんはいかがでしょうか。
年賀状?そもそも興味ないし、という方はさておくとして、まだ年賀状を卒業できないでいる同志の皆さんのご意見をぜひおうかがいしてみたいです。

横綱~小結についての評価、あるいはまったく別なご意見などお待ちしております。
同じく手書き派の方からのなぐさめやはげましも常時受付中です。

# by mukei_font | 2019-11-10 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(2)

布団の中から文具話・その2。

今日は年賀はがきを買ってきました。

この束に全部はんこを押して、宛名を書いて、差出人を書いて、定形文を書いて、個別のメッセージを書くなんてどうかしてるぜと思うのですが、毎年やっているんですよね…

本当に馬鹿ですね。

今年は万年筆のインクを地味なブルーブラック系にして楽しみたいと思っています。
締め切りが近づいてくると数をこなすことばかりに夢中になってしまうので、少しずつ書いていくつもりです。

# by mukei_font | 2019-11-09 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

布団の中から文具話。

自分の体温で布団をぬくめるのが好きです。
たいていぬくもったことを確認する前に寝てしまうので、いい感じにぬくもってる〜と思うのは朝なわけですが…

さて今まさに自分の体温で布団をぬくめているところなのですが、同時に文房具についても考えており、何についてかというと年賀状についてです。

年賀状については年中うっすらと頭の隅にあり、夏頃には(今年こそ早目に年賀はがきを買って、郵便番号だけでも先に書いておくぞ)と思っていたのですが全然…

年賀はがきを買っていないどころか、何枚買えばいいか数えてさえないという…
なのに万年筆を洗浄したりしてやる気を出してみたり…

あーあ。
そろそろ観念してまずは年賀はがきを買いに行かねば。
もう師走なんて嘘やろ…

# by mukei_font | 2019-11-08 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

うさむしブランドより(はんこ実演@東急ハンズ梅田店)。

おや、こんなところを読んでいる場合ですか?
ああ、大阪あるいは梅田に移動中の電車や地下鉄の中で読んでいるのですね。

本日13~18時、うさむし(@usamusi_works)が東急ハンズ梅田店10階上りエスカレーター前にて消しゴムはんこの実演と作品の販売を行います。

関西でうさむしの消しゴムはんこを入手できるのは今年は今日が最後かもしれませんよ。
どうしても用事で行けない人と体調不良の人以外は東急ハンズ梅田店に出かけ、かわいいはんこを1つ2つ3つとカゴに入れていきましょう。

こんなにかわいくて出来が素晴らしいものはそうありませんから。
f0220714_12394918.jpg
うさむしのはんこを楽しむ前後にはもちろんダイアリーや文房具の衝動買いもいいですね。

個人的なおすすめはコクヨの鉛筆シャープの一番高いやつ(TypeMx)の0.9と0.9の2B芯です。
必ずコクヨのシャープ芯(2B)を買ってみてください。
この組み合わせのありえない気持ちよさを体験してほしいです。

あとは最近出たトンボのモノタフですよね。
消しゴムを1個だけ買ってもつまらないので、PLUSのエアインやぺんてるのAin、三菱のマークシート用消しゴム、ステッドラーの消しゴムなんかも一緒に買いますか。

もちろん従来のモノを買ってどれくらいタフになっているかの実験も基本ですよね。
実験のためにはいろいろな濃さのシャープ芯、あるいは鉛筆、紙があったほうが…(瞳孔の開いた目で)

# by mukei_font | 2019-11-07 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

うさむしブランドより(はんこ実演@東急ハンズ梅田店)。

いつも案内がギリギリになってしまいますが(というか半分終わってるし)、友人のうさむし(@usamusi_works)が明日12月1日の13~18時、東急ハンズ梅田店10階上りエスカレーター前にて消しゴムはんこの実演と作品の販売を行います。

もう売り切れている作品もあるかもしれませんが、今年は関西でのイベントは明日が最後だと思うので、大阪近辺の方は用事があってもなくても明日は東急ハンズ梅田店に向かいましょう。

うさむしの力作たち。
すごすぎて信じられませんが全部手作業です。
f0220714_22560866.jpg
年賀状は印刷ですませるor書かないという方もおられると思いますが、普段使えるはんこもたくさんあります。
どさくさにまぎれて衝動買いしましょう。

ちなみに上の写真の右上にいる足のあるヘビは「蛇足ちゃん」という名前のはんこでして、猫町のアイデアを珍しくうさむしが気に入って作ってくれたものの再販です。
うれしいなあ。

見るだけでも楽しいですが、はんこは買って帰ってからが楽しさの本番。
ぜひお気に入りを連れて帰ってくださいね。

何度も言いますが、明日は何が何でも東急ハンズ梅田店にGOです。
何をしに来たかは10階上りエスカレーター前に行ってから考えましょう。

# by mukei_font | 2019-11-06 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

猫町と3年日記・その37(手書き文字から分かること)。

猫町を苦しめ続けている3年日記の借金ですが、ついに7月の日記を書き終えました。
デストラーデ風のガッツポーズから側転と宙返りを脳内で決めてご機嫌な猫町です。

なぜに7月分?もしかして8月も9月も10月もまだ…というわけではなく、書けそうなところから書いていくうちに7月分だけが大量に残っていたのです。
こたつに入って真夏の日記を書くむなしさよGood-bye!

これで借金も11月分だけになりました。
年内になんとか書き終えるとしても1ヶ月くらいの内容なら振り返って書くのも苦にならなさそうです。

ところで今にもインクがなくなりそうな今年2本目の替芯であるUMR-83はまだなくなっていません。
このインクのために泣く泣く7月分から順番に書かざるを得なかったストレスも経験した者(=自分)にしか分からない鬱陶しさがあります。

まあすべては日記を毎日書けない自分が悪いのです。
さらに言うと、日記を適当に書けない自分が悪いのです。

ササッと書ける文字ではないので、きちっと書こうとするとへろへろな体調の時や自然光のない夜中には書きにくく、それで借金がたまってしまいます。

さてそこまでして書いている3年日記ですが、書かれた文字を眺めていて分かるのはやはりボールペンのインクが減っていくさまです。
無機的と思われているボールペンの筆跡にも表情があり、しだいに筆記線が細くなっていくのが楽しいのです。

が、前述のように借金を重ねながら過去にさかのぼって日記を書いているので、なぜに7月の日記がこんなに細い線で…?ということになっているのが残念ではありますが。

あと意外と分かる手書き文字からの情報としては「ここ、書きながら寝ていたな」という箇所です。
眠気をこらえながら書いているとそこだけ字が不安定になったり小さくなったりして、後で読んでいると自分にはよく分かります。

しかしいつも思うことですが自分の日記帳はあまり生気が感じられない人工物のようなもので、たとえば自分がドラマの小道具を作る係で日記帳としてこの日記帳を持って行ったなら「バカヤロー!一日で書き上げたような一本調子のもの作ってきやがって!」と怒鳴られてしまうことでしょう。

さて。
今年もあと少し。
2本目のUMR-83の最後を楽しみに人工的な3年日記を続けていきます。

# by mukei_font | 2019-11-05 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

けしごむーず32(はないちもんめ)。

消しゴムたちが何かを話しています。
f0220714_20104408.jpg
「今日は何して遊ぶ?」
「『はないちもんめ』しよ」
「どうやるんやっけ?」
「やってたら思い出すで」

「か~ってうれしいはないちもんめ」
f0220714_20110933.jpg
「まけ~てくやしいはないちもんめ」
f0220714_20140688.jpg
「あの子が欲しい」
f0220714_20110933.jpg
「あの子じゃわからん」
f0220714_20140688.jpg
「@@ちゃんが欲しい」
f0220714_20144410.jpg
「@@ちゃんじゃわからん」
f0220714_20145164.jpg
「@inちゃんが欲しい」
f0220714_20145797.jpg
「@inちゃんじゃわからん」
f0220714_20150375.jpg
「@inちゃんが欲しい!」
f0220714_20154397.jpg
「@inちゃんじゃわからん!」
f0220714_20154979.jpg
「………!」
f0220714_20154397.jpg
「………!」
f0220714_20154979.jpg
「コラコラコラコラー」
「怖い怖い怖い怖いー」
「誰やねんこんな微妙な時期にこんな危険な遊び始めたんは」
「大丈夫や、裸になってる奴もおるし誰か分からんようにはなってる」
「そうや、名前も伏せ字やしギリ大丈夫や」
f0220714_20213275.jpg
「最近モテモテやね」
「ヱヘ」
f0220714_20155526.jpg

# by mukei_font | 2019-11-04 23:59 | 〈けしごむーず〉 | Comments(0)

けしごむーず31(タフガイ登場)。

消しゴムたちが何かを話しています。

「来たでー花の都『けしごむーずランド』!」
「またの名を、約束の地『けしごむーずランド』!」
f0220714_19585567.jpg
「ここの旦那はMONO一族に冷たいらしいから、心して過ごそな」
「よっぽど煮え湯を飲まされてきたんやろ…でもたぶんイケるで」

「「なぜなら俺たちはタフガイだから!!」」

「でもさあ、ちゃんと使ってほしいよな…こういう説明もちゃんと読んでほしい」
「うん、確かにいろいろ書いてあるな。若干くどいくらい説明がある」
f0220714_19585857.jpg
「指の位置まで書いてあるけど…苛々せんと使ってくれるかな」
「指示は守らんと思うけど使うんは使うやろ。なんせ興味津々みたいやから」
f0220714_19593997.jpg
「…ところでさっきからなんか声がせえへん?」
「先輩らちゃう?仲良くできるかなあ。行ってみよ」
f0220714_19594136.jpg
続く

# by mukei_font | 2019-11-03 23:59 | 〈けしごむーず〉 | Comments(0)

イベント終了ほっと一息。

オータムフェスティバルin龍野、無事に終了しました。

前回の記事でご紹介した限定版のロールペンケースを含め、今回もたくさんの方にロールペンケースを手に取っていただき、感謝しています。

イベントにはロールペンケースではないペンケースもいくつか持って行きました(写真が整理できしだいご紹介します)。

前回書いたように「一つのペンケースにthe bestを求めるのは難しいし、そうである必要はない」というのが自分の考えです。

万能型のペンケースではなく、ぴたりとはまればきらりと光る地味で働き者のペンケースを今後も考えていきたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

# by mukei_font | 2019-11-02 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

猫町文具店(仮)からのお知らせ(ロールペンケース)。

猫町文具店(仮)より、猫町ロールペンケースのお知らせです。

すでに木琴堂のブログやTwitterでご紹介していますが、こちらだけをご覧になっている方もおられるのでお知らせします。

昨年に続いて今回も「オータムフェスティバルin龍野」(11月22日~11月24日)に合わせて限定もののロールペンケースを作りました。
詳細はこちらをどうぞ。
f0220714_11111875.jpg
3柄ともレトロなかわいさあふれる生地を選んでおり、どれも正真正銘の一点ものです。
f0220714_11112189.jpg
f0220714_11112491.jpg
f0220714_11112963.jpg
中身については上記のリンク記事をご覧いただければと思います。
ポケットの深さは11.5センチで、万年筆を入れた感じの写真も載せていますのでご覧ください。

なお、これまでのものは在庫表でご確認ください。
在庫が1となっていても、それで終わりというわけではありません。
最後の1つになると「最後の1個です」と明記し、布が残り少ないものには*を付けています。

木琴堂が遠い方には通販もいたします。
定形外郵便での発送になりますので、送料は1つお買い上げの場合で120円もしくは140円です(生地によって重さが違うため)。
非公開コメントもしくはメールでお気軽にご連絡ください。

メールやコメント欄への書き込みは、

・お名前(最初はハンドルネームでも大丈夫です)
・購入希望の商品
・個数
・(非公開コメントの方は)メールアドレス

といった簡潔なもので結構です。
折り返しこちらからメールを送信いたします。

猫町ロールペンケースは「猫町」と名前にはありますが、木琴堂全員で作っている思い入れのあるペンケースです。
縫製は半世紀近くミシンを踏み続けているおかみさんが担当しており、手前味噌ではありますが、その品質は折り紙つきです。

世の中にはいろいろなペンケースがあり、それぞれに良さがあります。
一つのペンケースにthe bestを求めるのは難しいし、そうである必要はないと思っています。

数あるペンケースの一つだけど、使っていてそう悪くはない。
猫町ロールペンケースがそういう平凡で幸せなペンケースであれば幸いです。

# by mukei_font | 2019-11-01 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

増税前てんやわんや・その3(衝動買いする愚か者)。

今やすっかり消費税10%に慣れてしまいましたが、ちょうどこの記事の日付の頃である9月末は増税直前ということでかなりバタバタしていました。

何か買っておかないといけないような焦り。
でもここで衝動買いなんぞしてはたまるかという虚勢。

値の張るものほど衝動買いへの誘惑は大きく、しかしここで万年筆などを買う馬鹿者じゃないんだわたしは、と鼻の穴をふくらませて警戒に警戒を重ねて過ごしていました。

危険な時期に値の張るものを売る店から遠ざかる。
賢明な判断でしょう。

しかしだからといって安い物を売る店に近づくのもどうでしょうか。
1つ1つの物の安さについ我を忘れて買いすぎてしまう危険性が潜んでいます。

安い物でも買いすぎてしまった時点でそれは値の張る物を衝動買いするのと同じことなのです。
愚かとしか言いようがありません。

わ た し で す。

違うんです。
ちょうどこの頃ちょいと休みができ、ぶらりと大阪へ繰り出してしまったのが運の尽きでした。

値の張るものから遠ざかろうとディスカウント系の文具店に行ったのですが、もともと小洒落たセレクト系の文具店よりも多少がさつでもいろいろ置いてある事務用品系文具店のほうが血湧き肉躍る猫町。

旅の当初は(もう物を見るのはしんどいワ…)などとアンニュイになっていたはずが、いざ文具店に足を踏み入れるや否や野に放たれた飢えた狼のごとく買い物を楽しんでしまったというわけです。

さあ、その衝動買いの中身をのぞきにいってみましょう。
11月の世界へワープ(アナザーディメンション)!

これまでのてんやわんやについてはこちらをどうぞ。



# by mukei_font | 2019-09-29 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

ブログをめぐるひとりごと。

(以下、完全なひとりごとです)

今年はいけると思ったのに今年もワープの術(アナザーディメンション)を使わないといけなくなりそうだなあ。

昨年はいつワープしたんだっけ…
昨年のEDiTを見ると12月10日に9月の記事を書き終えて12月の記事にワープしているぞ…

今年はどうしようかなあ。
10月は無理でも11月にワープして残りの日々で2ヶ月分書けるかしらん。

今年も多分大晦日まで仕事だろうし、年末に暇になるなんてことは絶対にないんだよな…
でも結構あれこれ写真に撮ったし、書いておきたいこともあるしなあ…

しかしなんでこんなに1年が速いんじゃ!
小学生のキッズたちの中にはもったりとした濃密な時間が流れているのだろうか。

あと自分体力なさすぎ。
ストレスの御し方も下手すぎ。

とりあえず自分はできると信じて今年は1ヶ月だけワープしてみよう。

(以上、ひとりごとでした。でも昔はブログってこんな感じでしたよね?)

# by mukei_font | 2019-09-28 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

コメントへの感謝とお願い。

いつもブログにコメントをありがとうございます。

なかなかお返事できませんが、コメントをいただくたびにパソコンのモニターの前で舞を奉納するレベルで喜んでいます。

今年は頑張って月末にまとめてレスすることにしていましたが、それも4月で力尽き、5月分からレスをため込んでしまっています。
年末にまとめてレスするつもりですので、どうかあと1ヶ月と少々お待ちいただければと思います。

…ということは、今年もあと1ヶ月と少々?
ギャーーーーー
f0220714_11082063.jpg
ちなみに上記の楳図かずお先生のイラストはこんなシールの一部です。
イオンの果物売り場でもらいました。
f0220714_11082610.jpg
柿がGUWAKI!!…

ということなので、本当に申し訳ないとは思いますが、コメントへのレスは今年こそ年末に必ずいたします。

ときどきいただいたコメントの数が減ることがあり、せっかく書き込んでくださった方があまりの返事の遅さにそっと削除されているのではと申し訳なくなるのです。

どうかコメントはそのままに…
本当に1つ1つがとてもありがたく、ブログを続ける力にもなっておりますので。

こんなブログにコメントをくださる方お一人お一人に何か素敵なことが起こりますようにと毎日祈っています。

# by mukei_font | 2019-09-27 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

# お願い、キャンてる!

前回の続きです。

コクヨがぺんてるを子会社化しようとしているというニュースから勝手に2つの会社が合体することを夢想し、陳腐な発想力で「キャンてる」という新ブランド名を考えてみた猫町です。

当事者たちは大変でしょうが、末端のユーザーである自分は無力なぶん気楽でもあり、このどさくさに「キャンてる」に希望することを書いてみようかと思います。

・ぺんてるが廃番にしたハイブリッドテクニカ(キャップ式)の復活
・ぺんてるのシャープペン・P200シリーズをレギュラー化
・P200シリーズの限定版を出す時は0.7以上の芯径についても出すこと

・コクヨはキャンパスジュニアペンシルのデザインをなんとかすべき
・鉛筆シャープ用のシャープ芯が爆発的に良いのにパッケージがダサすぎる
・キャンパスノート、ルーズリーフの上部の余白(無駄な面積)について再考

パッと思いついたのがこんな感じ。
もし皆さんもこの機会にぺんてるやコクヨに叫びたいことがあればコメント欄に吐き出してください。

個別にレスはできないかもしれませんが、皆さんが眺めて楽しいコメント欄になればと思っています。
お時間のある方はぜひどうぞ。

# by mukei_font | 2019-09-26 23:59 | 文房具与太話 | Comments(4)

コクヨとぺんてる。

このところちょっと忙しすぎて全然プライベートのあれこれをこなせません。

ブログも書きたい、3年日記も仕上げたい、EDiTに手書きしたり切り抜きを貼ったりするだけでいい…
新しいダイアリーについても考えたいし、文房具の写真も撮りたいし、そろそろ年賀状についても考えないと…

しかし優先すべきことが他にあったり、まぶたがけいれんしていたり、頭がガンガンしていたりでなかなか文房具的なオアシスに近づけない日々…

ということで、今日も寝る前に短い記事を。

夕方見たニュースでコクヨとぺんてるのことをやっており、コクヨがぺんてるの株を過半数取得してぺんてるを子会社化するとかなんとか。

食器を洗いながら離れたところにある画面を見ていたのでよく見えませんでしたが、コクヨとぺんてるを分かりやすく示した画面に出てきた文房具をもっとよく見たかったなあ。

コクヨ側にはキャンパスノートが、ぺんてる側には筆ペンがあったように思ったのですが、ぺんてる側にはエナージェル的なボールペンもあったと思うし、コクヨのほうももっとよく見ればよかったです。

一般的にコクヨと言えばキャンパスノートになるのでしょうが、ぺんてると言えば何になるのでしょうね。
サインペン?
絵的に地味すぎるか…

で、子会社化するだけで合体するわけでもないのに疲れた猫町は両者がくっついた時の名前を考えてみました。

コクてる
ぺんヨ

ぺんヨがかわいい。
親会社の名前が後にくるなんて(しかも「ヨ」だけなんて)絶対にないけど。

あるいは思いきってコクヨをオフィス家具部門と文具部門とに分け、文具部門の社名を「キャンパス」にした上でぺんてると合体して「キャンてる」…

とりあえずキャップ式のハイブリッドテクニカを復活させてくれたらなんでもいいや。
Cantelでもなんでも…(と言いつつ早速それっぽい表記にしてみる)

# by mukei_font | 2019-09-25 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)