猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(58)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


気になる新商品・その3(三菱・限定ジェットストリーム)。

ほとんど自分へのメモですが、気になる新商品について書いておきます。

何度目やねんと思うのですが、限定カラーのジェットストリームに少々心惹かれています。
少々、というのはパソコンの画面で見る写真では判断できないため。

シックで深みのある落ち着いたカラーながら、カジュアルにもビジネスシーンにもアクセントになる軸色

なるものを早くこの目で見てみたい。

猫町の分析ではこの手の新商品はイオンに高確率で並びます。
ドラッグストアに並ぶこともあります。
早く来い来い新商品☆

気になる色は「Uネイビー」と「Uグレー」。
この色展開はZEBRAのクリップオンマルチが昔やっていた「和心」みたいなシリーズを彷彿とさせますね。

「Uネイビー」があの時の紺青みたいな色ならいいなと思っているのですが…
「Uグレー」も青みがかったブルーグレーなら最高なんだけど…

これらの軸に入れるのはもちろんUMR-83です。
さらに0.5を使いたい時用にUMR-85Nも買ってあるのでそれを入れてもいいな。

これが店頭に並ぶ頃にはいろいろなことが終わっているはずなので、自分へのごぼうびと洒落込みたいところです。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-28 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

情報求ム~STALOGY・ゲルインキボールペン~

ちょっと教えていただきたいのです。

昨年Twitterで、ニトムズの「STALOGY」からゲルインクボールペンが発売される、というニュースを見ました。


リンク記事の写真をご覧いただければと思いますが、どの軸もとても素敵で、これにUMR-83が入ればなあ…と思っているのですが、こちらのペンをすでに使っている方はおられますか?
もしおられたらぜひ芯の互換性について教えていただきたいのです。

ノック式のシグノに入っている芯(UMR-83など)は入りますか?
ノック式のシグノが手元になければZEBRAのサラサの芯やぺんてるのエナージェルの芯でもいいです。
入れてノックできますか?

あと、軸の質感みたいなのがよく分からないのですが、どんな感じでしょうか?
いろいろ文字が書いてありますが、使っているうちに剥がれる系ですか?

Amazonでは入手できるようなので、UMR-83さえ入れば買ってみたいなと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-27 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(1)

素敵ペンまであと2日。

先日イオンで出会ったペンについて毎日考えています。
あと何回寝たら買いに行ける、と考えるたびにわくわくが増幅していくような気がします。

さて、そのペンがどのペンかについていろいろ考えてくださってとてもうれしいです。
ヒントは替芯以外にも記事中にたくさん書いてしまっています…

猫町の好みははっきりしているので簡単な問題ではないでしょうか。
正解は画像とともに。

あと2回寝たら買いに行きます。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-26 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

旅とかジプシーとか。

理想のアイテムを求めてあれこれ探し回り、さまよい続けるさまを「@@を求める旅」とか「@@ジプシー」などと言うことがあると思います。
文房具好きの方の中にもいろいろな旅を続けておられる方も多いのではないでしょうか。

文具店員時代にセーラーのペンドクターの川口先生の講演を聞いたことがあるのですが、先生によれは万年筆ジプシーは5万円以上(このあたり記憶曖昧)のいい万年筆に出会うことでぴたりと終わる、とのことでした。
安い万年筆をいくつ買っても旅は終わらない、いい万年筆を使いなさい、みたいな話だったと記憶しています。

さて、猫町の赤ボールペンを求める旅は赤青鉛筆に出会ったことで終わってしまいました。
ボールペンの中ではサラサドライが断然よかったのですが、ひとたび赤青鉛筆を手にしてしまうと…
f0220714_01151860.jpg
もっとも高く評価している点は、手もノートも汚れない点です。
これは素晴らしい。
まさしくノーストレス。

色鉛筆ということもあって芯はもともとゆるめに削りますが、丸をつけているうちにどんどん線が太くなっていくのも好きです。
丸をつけるだけなので、どこまで太くなっても問題なし。
線が太くなろうと裏抜けの心配もにじみの心配もないおおらかさはこの上なく素敵です。

あるいはキャップなしで裸で使えるところ。
裸のまま放置しても何の問題もないところ。
とことん軽く、何の負担も感じないところ。

良い点がどんどん思い浮かびます。

これだけだと別に赤青鉛筆でなくとも赤鉛筆だけでもいいようなものですが、青鉛筆にも役割をしっかり与え、効果的に使っています。
例えば一度間違えた問題に再挑戦して正解したら青で丸をつけたり、凡ミスの多い生徒の場合は「これぞ凡ミス」という箇所に青で×をつけたり。

唯一の欠点は字を書く役割をほぼ果たせないこと。
折れない程度に鋭く削って下敷きを敷けば字を書くこともできるのですが、どうしても薄く、迫力のない字になってしまいます。
まあ、ボールペンを併用すればいいだけの話ですが。

予定ではいろいろな赤ボールペン(あるいは赤色サインペン)を試して詳しくなると同時に多くの魅力的な選択肢に迷うことになるはずでしたが、安上がりな自分にぴったりの素敵な終着駅にたどり着いてしまったようです。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-25 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

猫町、買う予定のなかったペンに心を奪われる(問い)。

そんなことより、猫町はイオンで素晴らしいペンに出会ってしまいました。

もしかしたらどこかでそのペンの情報を見聞きしていたかもしれないのですが、自分には縁がないだろうと完全に興味の外でした。

パッと見た時はまだ「ふーん」という感じだったのです。
色の展開も好みから遠かったし、コンセプトや見た目もそれほど…

が、試筆するやいなや、こ、これは…!(ぶっとい汗)と、替芯の品番を凝視する羽目になりました。

欲しい。

でも待て。
冷静になれ猫町よ。
買った後にまた「落とし穴」とか言い出すんじゃないのか?

内なる猫町の声に従い、もう一度しっかり握って試筆してみました。
うむ、間違いなく素晴らしい。

とはいうものの、あまりにも突然の出会いだったので動揺し、すぐには購入せずに帰宅して頭を冷やしたのですが、どう考えても使いこなせる自信があり、今日買いに行きました。

が、イオンの入り口に「今週末に買ったほうがお得」的なポスターがあり、そっと引き返してきたのです。
今週末、必ず入手いたします。

ということで質問です。
猫町が心惹かれたペンは何だったでしょうか。

ヒントは猫町が一番好きな芯が入ること、です。
猫町フミヲでした。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-24 23:59 | 文房具与太話 | Comments(6)

猫町、エナージェルインフリーに出会う。

イオンの文具売り場をのぞいてみると、前回記事にしたばかりのエナージェルインフリーが入荷していました。

しかもすでに結構売れており(ターコイズの替芯は完売)、この感じだと発売日直後に入荷していたようですね。
うっかりしておりました。

で、猫町はブルーブラックの0.4の替芯だけを買ったのですが、先日も言及した「直感的にインキ色がわかるクリア軸デザイン」はやはり突っ込みどころ満載でした。

実際に軸を見た感想は、

・「直感的にインキ色がわかる」のはブルーとターコイズとオレンジだけ
・ブラックとブルーブラックの区別は微妙
・そもそもボール径の区別はできない

というものでした。

ブルーは色的には分かりやすいですがボール径が分からないので△。
結局ボールペンそのものを完璧に見分けられるのはターコイズとオレンジだけでした。

結論は「やっぱり普通に色見てるやん」ということです。
しつこいようですが、「直感的にインキ色がわかる」なんて言われるとどういうことかな?と思ってしまうんですよね。

普通に軸やノブに色がついているペンと何が違うのだろう。
従来のカラーボールペンの軸で色を見分けるのが視覚で今回のが直感?なぜ?

あ、違うな、そういうことじゃないな。
「直感」というのは「反射的」みたいな意味合いで使われているのかな。
でもそれじゃあ今までのタイプも反射的に色が分かったみたいな話になるからやっぱりだめだ。

もしこのコピーを考えたのが友人なら「なあ、なんで『直感』とかゆうたん?」と聞きますね。
あまりにも「直感」の定義が適当で気になりすぎます。

肝心のリフィルについてはまた使ってから記事にしましょう。
とりあえず店頭で軸を手に取ることができ、直感も試せたのでとても満足しています。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-23 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

気になる新商品・その2(ぺんてる・エナージェルインフリー)。

気になる新商品が多くてなかなか記事が追いつきません。
今回はぺんてるの新商品、エナージェルインフリーについて。


ということで、インク色がブルーブラック、ターコイズブルー、オレンジのエナージェルが発売されるようです。
詳細を見ると、

ブルーブラックは0.4/0.5/0.7の3種類あり。
ターコイズブルーとオレンジは0.5のみ。
各種替芯あり。
ただし数量限定商品。

このニュースを読んで反射的に思ったのは芯だけ欲しい、というものでした。
エナージェルの芯はいろんな軸に入るし、エナージェルの軸は自分の手には少し太い気がします。

とりあえず、ブルーブラックの0.4を試してみたいなあ。
色味を見てみたい。
スリッチのブルーブラックみたいな感じかな?

ターコイズも気になりますが、ボール径が0.5ということになると使用場面も限られ、買っただけになってしまいそうです。
ただでさえ水性染料インクということで持て余す可能性大なので。

うーん、ターコイズも0.4を出してほしかった。
いずれにしても色味が気になるのでぜひ店頭で見てみたいです。

赤穂に来るかな。
来てほしい。
「P200 for BOYS & GIRLSシリーズ」だって来たのだから来てほしい。

実物を見たらあるいは軸ごと欲しくなるかもしれません。
何しろ「直感的にインキ色がわかるクリア軸デザイン」ですからね。

しかし「直感」て、リフィルパイプの色を視覚的にとらえてるからやん、と思ってしまいましたが…
「直感」というからにはそういう手がかりなしでインク色が分かるようにしないと…(どういうメカニズムになるかは知らんけど)

とまあいつもの癖であれこれ突っ込んでしまうのですが、新商品のキャッチコピーである「フリーアドレスのオフィスに似合う」とかも「ん?」と思ってしまいました。
今話題の「働き方改革系ボールペン」ということなんですね。

で、ターコイズブルーやオレンジのインクが「発想のフック」になるとか。
一つ一つの表現がビジネス書的というか、まあそういうコンセプトなんだろうと理解しました。

と、ここで猫町が思い出すのはエナージェルユーロが出た時のキャッチコピーです。

「スーツは買った。就活ペンはどうする?」

みたいなコピーで、履歴書用のペンとしてエナージェルユーロをすすめるキャンペーンだったように記憶しているのですが、その時のPOPに登場していた男性が印象的でした。
確かにスーツをバリッと着こなしてはいるのですが、髪型がアフロ風だったんですよ。
髪型のクセがすごい。

これは本当に30度見くらいして、そのたびに(とりあえずあんな頭で就活ペンとかゆうてる場合じゃないで…もしかしてアフロじゃなくてものすごいクセ毛?それとも風がバオーて吹いててたまたま?)と考えるはめになりました。

ぺんてるの今回のビジネス書風キャッチコピーはあのアフロ頭の就活生を思い出させました。
あのPOP置いておけばよかったな…(チラシくらいはとってあるかも?また探してみよう)

最後に誤植を発見したので書いておきます。
販売仕様の表、「ボール径」が「ボール系」になっていますね。

ボール系、などと言われると、非ボール系の存在も意識せざるを得ず、それぞれ一歩も譲らず「きのこたけのこ戦争」みたいな感じになるのかな、とこれまたあれこれ想像して楽しませていただきました。
非ボール系でぺんてるだとプラマンとかの熱烈信者だったらおもしろいですね。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-22 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(4)

猫町と英語日記・その26(2月の反省と今後の展望)。

再来月で3年目になる英語日記ですが、完璧主義的な性格が災いしてしばしば中断します。

『はじめての英語日記』(中経出版)の石原真弓さんは著書の中で「文法的に正しく、きっちり書こうとしなくてOK」と励ましてくださっていますが、どうしても正確な文法で書こうとしたり、きれいに書こうとしたり、せっかくだからとパソコンに打ち込んで保存したりと時間をかけてしまいます。

その結果借金がかさみ、いろんな日付の日記をばらばらに下書きノートに書いていくうちに清書の借金もかさんでしまうという…(清書の場合は時系列順じゃないといけないので)
あかん、これなんか間違うてる。

ということで、オリンピックのことなども英語で書いてみたかったのですが思い切ってあきらめ、11月から続いていた連続記録も2月で止まりました。
借金の完済はあきらめ、前を向くことにします。

それでもそれなりに楽しめてはいるのです。
書ける英語が限られていることもあり、英語日記にしか登場しない話題などもあって自分の日常にはこういうこともあるんだなと思ったり。

また勢いで文房具について書いたり、夢日記を書いたりもしています。
こちらも稚拙でぎこちないからこその面白みがあります。
夢日記はもともと支離滅裂なので英文も支離滅裂でもいいのだ、と自分に甘くなれるのも気が楽です。
f0220714_22474690.jpg
f0220714_22475400.jpg
さて、この先の英語日記用ノートですが…
当初の計画では10冊の横罫のノートを予定していましたが、STAR WARSノートが終わった時点で無罫ノートか連用日記に切り替えることにしました。

中学生との勉強で無罫ノートに英語を書いていると(ああ…無罫に書く英語はこんなに気持ちいいし、それなりにきれいに書けるのに英語日記も無罫に書きたいぜ…)という気持ちがどうしても抑えられなくなってきたのです。

また、同じくらい連用日記にもそそられており、というのも連用日記なら好きなところから書けるので時系列にこだわらなくてもいいのです。
これは3年日記で実証済みなので、英語日記を値の張る連用日記で!?などと思わずに、英語日記だからこそ連用日記なのかなと思うのです。

そのためにも少しずつでも毎日書いていかなくては。
最近表紙のきれいな青色につられて英単語の参考書を買ってしまったので、そこに出てきた単語を無理やり登場させるなどして楽しんでいこうと思っています。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-21 23:59 | 〈猫町と英語日記〉 | Comments(0)

気になる新商品・その1(ZEBRA・サラサマークオン)。

春が近いからか、連日のように魅力的な新商品の情報が飛び込んできます。

すでに持っている文房具をしっかり使っていこうという気持ちもありますが、実物を見てみたい、ぜひ使ってみたい、と思わせる文房具も多く、やはりわくわくしてしまいます。

心惹かれた文房具の筆頭はZEBRAのサラサマークオン。


書いた文字の上から蛍光ペンを引いてもにじまないなんて、これはかなりそそられます。
蛍光ペンを引いた文字がにじむのと同じくらい(あるいはそれ以上に)蛍光ペンのペン先が汚れるのが嫌な自分としては、ぜひ使ってみたいなと思います。

きっと水性顔料インクなんですよね(サラサドライでだまされましたがこれは大丈夫なはず)。
サラサだとまたあのにおいがするんだろうな…と若干暗い気持ちにもなるのですが、あらたな水性顔料インクを見届けねばという気持ちが今は勝っています。

0.4の黒をまずは試してみたいです。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-20 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

机上文具、あるいはマウスパッド。

ようやく右手人差し指のひび割れが完治しました。
ひび割れていた皮膚が硬くなり、割れ目を覆うさまはクサガメの目に似ています。
f0220714_23455335.jpg
閑話休題。
先日の広い机が欲しいという話から、机上文具について書きたいと思います。

といってもマウスパッドの話ですが。
マウスパッドも机上文具…ですよね。

少し前にマウスパッドを新調しました。
これまで使っていたものがよれよれになり、くるくる動くようになってしまったので、パソコンを買い替えて以来ずっと探していたのです。

が、意外と条件に合うものがなく、ネットでもなかなか見つかりませんでした。
条件というのはできるだけ面積の小さいマウスパッドであることと、できたら猫関係のデザインであること。

とにかく前者が重要です。
何しろ猫町の机はこたつなのでノートパソコンを置いている時点で作業スペースが限られており、そこにマウスパッドまで主張させるわけにはいかないからです。

ということで、見つけたのがこちら。
f0220714_23481373.jpg
これまで愛用していたもの(おそらく先代のノートパソコンを買った時のおまけと思われるマウスパッド)よりは大きなものになりますが、まあ許せる大きさで、猫のシルエットもかっこいい。
非常に薄いマウスパッドで意味があるのかないのか分からないほとですが、今のところ機嫌良く使えています。
f0220714_23482707.jpg
ちなみにドラマ「相棒」で右京さんが使っているのはロゼッタストーンのマウスパッドですよね。
あんな大きなものを置ける机がうらやましい。
そしていつも片付いている机も。

自分はどうしてすぐにカオスを作ってしまうのだろう…
せめて使わない時にノートパソコンをのせておける台みたいなのが脇にあればなあ。
できたら歯医者さんの道具置き場みたいににゅーんと伸びてくる台で、上のほうの空いている空間が利用できればなあ。

ということを100回くらい考えています。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-19 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

文房具の消費に感じる幸せ(ただし例外あり)。

前回の記事を書きながら、(でもあれがなくなった時は嫌だな)というのがあったので書いておきます。

テープのりです。

テープのりを使い切っても全然ときめきません。
くす玉も割れないし、感動も興奮もありません。

え…もう?
早くない?
何に使ったんやろ…

などと、恨めしい気持ちになってしまいます。
この差はなんでしょう。
はい、コストの差ですね。

テープのりの便利さは一度使ったらやめられないほどですが、本当はスティックのりでも十分対応できることに使っているんですよね。
背徳感を感じながら使う贅沢品なんですよ。
だからつめ替え用のテープが高くても当たり前。

と、分かってはいるのですが…
使い終わりはかなりせつない…

特に愛用のこの人は中が見えないので突然のTHE ENDにショックが大きかったです。
文房具の消費といってもいろいろあります。
f0220714_22571145.jpg

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-18 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

文房具の消費に感じる幸せ。

些細なことで落ち込む質ですが、同じくらい些細なことで幸せになれる質です。

例えばシャープペンの芯が短くなって芯が新しくなるタイミング。
学生時代には日常茶飯事だったはずのことも、大人になるとシャープペンを手にする機会自体が少なく、芯が短くなる瞬間などはかなりレアです。

特に自分はシャープペンを英語日記の清書か自分のための勉強くらいにしか使わないので、芯がスッと引っ込み、芯の終わりを告げられるとくす玉が割れたような気分になります。
よく頑張った、むちゃくちゃ頑張った、おめでとおおお自分!

これはボールペンの芯を使い切るのとはまた違った感動であり、何しろそれは突然なのです。
インクが減っていくのが見えるボールペンとは桁違いの興奮があるのです。

その感動の瞬間が立て続けに訪れたので猫町の気分はいつにもまして高揚しています。

というのは、ぺんてるのシュタインのBを入れた英語日記用のシャープペンと、ぺんてるのシュタインのHBを入れた勉強(&たまに手帳記入)用のシャープペンの芯がほぼ同時になくなったからなのです。

使用頻度は圧倒的に前者で、後者などは永遠に芯がなくならないんじゃないかと思っていただけに、まさに「!(びっくりぽん)」な感動が、そして時間がたつにつれてじわじわとした感動が心を満たしました。

こういうことははっきりさせたい性分の猫町はちょっと計算してみたのですが、シャープペンの芯が減る速さの比は英語日記用のシャープペン:勉強(&たまに手帳記入)用のシャープペン=6:1でした。

ということで小躍りしたいくらい幸せな気持ちになりつつ、はや次の素敵な瞬間に思いをはせているわけですが、シャープ芯に限らず文房具を使い終わる時というのはうれしいものです。
きっと同じように感じている方も多いことでしょう。

こうした幸せがいい循環となって文房具を使う楽しさを増幅させているのでしょうか。
誰もほめてくれない大人というものになって久しいですが、こうしてたまに文房具に小さく祝福されながら生きてゆく毎日です。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-17 23:59 | 文房具与太話 | Comments(1)

結局一番欲しいもの。

右手人差し指のひび割れですが、少しずつよくなってきました。
結局普通の絆創膏をこまめに貼り替えながらしのいでいるのですが、どんどん貼り方が上手くなり、違和感を感じずパソコンも使えるようになりました。
このテクニックを来冬までキープしていられるかな…

さて、相変わらず日々雑事に追われ、年末にはそれなりにきれいになったはずの部屋がゴミの散乱した海岸みたいになってきました。
布団を敷かないといけないスペースが海で、それ以外のスペースによく分からない書類たちが集まって打ち寄せられている的な…

こんなんじゃろくな考えも浮かばないし、ろくなものも生まれません。
部屋を片付けるべき?
もちろんそれもありますが何が自分に一番必要かと考えてみるとそれは…

大きな机です。
何も置かれていない広ーい机。

これ、ずっと欲しくてたまらないんですよね。
とても贅沢な話ですが、それでも広い作業スペースに憧れます。

図書館の広いテーブルみたいな場所が自分にあったらなあ。
いろんなものをわーっと広げて、使い終わったら何も置かないというルールで大きな机を使ってみたい。
普段の机はこたつでいいから、作業用にどかんとそういう場所があればなあと心から思うのですがスペース的には難しい…

しかし広い作業スペースは本当に重要で、手芸屋さんの布を裁つ台とか、イオンのサービスカウンターの中にあるラッピングする時用の台とかを見るといいなあと思います。
文具店員時代はものすごく狭いスペースでラッピングしないといけなくて、ラッピングの技術よりも包装紙を切る作業にまず往生したことを思い出します。
とにかく広い作業スペース重要。

広い机が欲しい、というといい机が欲しい、という流れになり、余裕のある大人の机上文具、的な流れになりがちですが、自分の場合はまったくそういう興味はありません。
いつものダイソーノートといつもの鉛筆でいいので、それをのびのびと使うスペースがあればなあと夢見るのです。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-16 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

握られたメモたち(まちかど文具スペシャル版)。

日々の食料品の買い出しが好きです。
肉とか野菜とか豆腐とかパンを買うのが好きです。
今日はいつもよりも何円安いぞと思いながらほくほくと買い物するのが好きです。

買い物の時はメモを握りしめて行くのですが、スーパーの店頭には猫町以外にもメモを握りしめた人が大勢います。
そのメモをちらと見るのがとても楽しいのです。

などと書くとのぞき見趣味的で嫌な感じですが、実はメモの内容はほぼ見ておらず、メモとなった紙と記入に使われた筆記具を一瞬だけ観察しているだけなのでお許しいただきたいなと思います。

猫町調べでは紙は白色のメモ用紙かチラシの裏であることが多いです。
それらはたいてい無地なのですが、中には罫線入りの紙を握っている方もいて、お、と思います。
罫幅や紙の薄さから手帳の後ろのフリーページっぽい場合もあるのですが、古い手帳をちぎったりするのでしょうか。

また、白色のメモ用紙といってもいろいろで、いわゆるブロックメモのたぐいの市販されているメモ用紙だったり、白色の紙を手頃なサイズに切った手製のメモ用紙だったり、それもハサミで切られていたりカッターで切られていたりちぎられていたり、いろいろです。

もっとよく見たいのですが、たいてい握りしめられてくしゃくしゃになっているのでよく分かりません。
もちろんそのくしゃっとなり具合から紙の厚さを想像するのも楽しいのですが。

そこに書かれた文字の観察となるとさらに難しいものがありますが、雑な観察では黒の油性ボールペンや鉛筆で書かれていることが多いのではないでしょうか。
サインペンのような太めの筆記具や色ペンで書かれたものはあまり見ないように思います。

ボールペンの種類まではさすがに断言できませんが、いわゆる普通の油性ボールペンが多いような感じです。
同じように肉や野菜をのぞき込んでいる場合だと接近しているのでそれがジェットストリームで書かれたものかどうかまで分かったりするのですが、遠目からは難しいですね。

また、買い物メモはレジ付近でも再確認する場合があり、レジに並んでいる時に観察できたりもします。
長蛇の列に並びながら見るともなしに見ていると、手帳を広げて確認を始めたりする人などもいて、なるほどと思います。
おそらくスマートフォンをメモ帳がわりにしている人もいるのでしょうが、スマートフォンは買い物メモ以外の用途も多いのでよく分かりません。

などとさらっとした観察を楽しんでいるわけですが、楽しいのはデータの収集ではなく、紙や筆記具の手がかりからそのメモが書かれた状況を想像する時間です。

どんな家のどんな机でこれを書いたのだろう。
その机の上のペン立てにはどんなペンが並んでいるのだろう。

メモ用紙や書かれた文字の雰囲気からうかがえるその人の文具事情をあれこれ想像するのが楽しいのです。
ぼそぼそした油性ボールペンで書いている人を見ると、もらってから時間のたったノベルティのボールペンで書いたのかな、と思うし、チラシの裏をメモ用紙にしている人を見ると同様のメモ束があるちゃぶ台を想像するといったぐあいに。

かくいう猫町はといえば…

と、ここでメモの写真を載せるか相当迷ったのですが、とにかく思いつきでこの記事を書き始めたので本当にある日の殴り書きメモです。
きれいに書き直したい、と思ったのですが、それだとリアルにならないので本当に汚くて申し訳ないですが…
f0220714_10023566.jpg
誰かがこのメモをのぞき見て猫町の文具事情をあれこれ想像してくれたら楽しいですが…どうでしょうか。
字も汚いし、文房具に興味があるようにはとても見えませんね。

いちびって(ふざけての意)万年筆でメモを書いた情報カードをはさんだジョッターでも持ち歩いたろか?とも思うのですが、それはあまりにもスーパーマーケットには似合わなくて笑ってします。

おそらく今後も雑なメモを握りしめてぎらついた目で肉売り場を徘徊する多くの客の一人でいると思います。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-15 23:59 | まちかど文具 | Comments(4)

ひびわれる猫町。

右手人差し指のひび割れへのアドバイス、ありがとうございます。
もういいだろうと絆創膏をはがすのが早すぎて再びぱっくりいってしまいました。

あるけみさんがおっしゃる手ごねハンバーグですが、まさにハンバーグを作ろうとした日にぱっくりいき、ビニールの手袋をはいて泣きながらこねるはめになりました。
焦りすぎた…

というわけで再び絆創膏付きの指でもたもたやっております。
パソコンはまだなんとかなるのですが、手書きがつらいです。
もともと人差し指に負担をかけるようなペンの持ち方をするので特に。

同じ調子の文字で日記を書きたいので各種日記は中断中。
EDiTはしかたなくヨボヨボの字で書いていますが苛々しますね。
早く治れ…

おすすめの絆創膏、見に行ってみます。
次回の手ごねハンバーグまでには治したいと思います。

[PR]
# by mukei_font | 2018-02-14 23:59 | わたくしごと | Comments(0)