人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(120)
(77)
(41)
(33)
(14)
(13)
(9)
(9)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
おおう、コメントに感想あ..
by まこ at 14:17
だいさん、こんにちは。 ..
by 忍耐2 at 17:47
あー。わからんでもないで..
by まこ at 11:41
私も、替芯がらみでこちら..
by あむ at 16:47
お久しぶりです、あむです..
by あむ at 16:19
オオギリンピックふせん、..
by 日本海沿いのSです at 14:25
いいですね。ちょっとした..
by MIYAZAWA at 00:30
すみません、何故か3回も..
by さやえんどう at 00:07
こんばんは。 受験時代..
by さやえんどう at 00:04
猫町さんが無地の紙から作..
by alchemie0629_a20 at 16:35
イオンでコクヨのエラベル..
by alchemie0629_a20 at 19:49
初コメ失礼します。 猫..
by パペ at 02:40
安っぽいボールペンは備品..
by まこ at 07:46
猫町さんご無沙汰です。 ..
by cheery_box at 09:02
 猫町さん、こんにちは。..
by pitasumin at 18:47
「みてない」に思わず声に..
by まお at 23:31
本来なら値引きされた金額..
by alchemie0629_a20 at 11:25
お久しぶりです。 まだ..
by 松 at 13:38
 猫町さん、こんばんは。..
by piyas at 22:00
どうも、通りすがりのボー..
by S6061_K at 20:52
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:#コメント欄を楽しむ ( 13 ) タグの人気記事

# ここ数ヶ月の世の中と文房具ライフ。

タイトルに「コロナ」の文字を入れるかどうか迷いました。

が、今はやめておきます。
文字を見るのもうんざりするような方も多いだろうし、この事態がいつまで続くか分からないこともあります。

いつか事態が収束から終息に近い状態になれば、その時にこっそりタイトルに補足しておくことにしましょう。

さて、2月の終わりから現在に至るまでの世の中の動きにともなう皆さんの文房具ライフの変化についておうかがいしたいと思います。

一番興味があるのはテレワークなどの勤務形態の変化による文房具への影響ですが、ここ数ヶ月の変化というのは別にテレワークだけではありませんよね。

仕事によっては忙しさが増した方もおられるでしょうし、お子さんが家にいることで一緒に勉強することになった方もおられるでしょう。

あるいは長く続くステイホームでも何か変化があったかもしれません。

断捨離の最中に思いがけず昔の文房具に再会した方、家にいる時間が増えたことでこれまで以上に書き物を楽しんでいる方、手紙を書いてみようと思われた方などもおられるかもしれません。

また自粛自粛のストレスにむしゃくしゃしてつい文房具を衝動買いしてしまった方などもおられるかも。

ということで、ここ数ヶ月の世の中の動きと連動した文房具エピソードがあれば何でも募集します。

お気軽にどうぞ。
今回の記事も例によって皆さんが主役です。
楽しいコメント欄になればと思っています。

ちなみに猫町は…

今のところハンドシュレッダーの記事やワゴンセールのフリクションいろえんぴつ、先日のブレンの衝動買いなどがそれになるのかなと思っていますが、あらためて記事にすることもあると思います。

なお、この記事は数日間はブログのトップに置いておき、その後は5月1日の記事として後ろに回す予定です。

その間も記事をアップする予定ですので、この記事の下もちらりとのぞいていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

by mukei_font | 2020-05-01 23:59 | 文房具与太話 | Comments(3)

# マイベスト文房具(補足)。

先日の記事にたくさんのコメントをありがとうございます。

「マイベスト文房具」の定義について少し補足します。
強調したいのは、

狭い範囲のナンバーワンを決めるシステムなので複数あってもよい

ということです。

全文房具の中からたった一つを決める、という話ではありません。

現に猫町は、シャープペンの「軸」ならぺんてるのP200シリーズ、ゲルインクボールペンの「替芯」なら三菱のUMR-83と細分化した中で挙げています。

猫町が聞いてみたいのはそれが「マイベスト」となった経緯です。
それぞれにヒストリーがあるに違いないので、それに興味があります。

また、その文房具への思いをはかる基準としては前回挙げた、

☆今後どれだけ素晴らしい文房具が登場しても同率首位の座には間違いなくとどまり続ける

☆廃番が決まったら暴れまくる

に加えて、

☆その文房具への思い入れゆえに、同スペックの新商品が出ても使いたくない、認めたくないという歪んだ気持ちになる

☆廃番などを恐れて複数所持していないと落ち着かない

☆むしろ「こんなんなんぼあってもいいですからね」という気持ちになり、限定柄なども盲目的に買い足す

なども追加しておきましょうか。

複数所持や限定柄の買い足しなどは「マイベスト文房具」に限らず見られる行為ではありますが、あくまでも前提となるのはそれが「マイベスト文房具」となるに至った経緯であり、これらは補足的なエピソードといった感じです。

今の時点では「ベスト」と思っていても、ライフスタイルの変化で「ベスト」が変わったり、文房具が廃番になるなどして長く蜜月が続かないのもしばしばあること。

深く考えずに、もしかして自分はこの文房具が好きなのではないか?考えてみればずっと使っているかもしれない、なくなったら結構やばいかもしれない、というものが見つかったら気軽に書き込んでみてください。

また、特定の文房具というよりは「こだわり」みたいなものが自分にはあるぞ、という方はぜひ下記の記事にコメントを。

どのコメントも素晴らしく、文房具好きの方なら思わず何か言いたくなること間違いなしです。

「コメント欄を楽しむ」タグの記事はコメント欄が主役の記事です。
古い記事も含めてお楽しみいただけたらと思います。

by mukei_font | 2020-04-27 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

# マイベスト文房具。

ということで、皆さんの「マイベスト文房具」を募集します。

これまでにもいろいろな形で聞いてきましたが、ある程度の歴史を経てたどり着いた皆さんのベスト文房具をそのエピソードとともに知りたいのです。

何しろ「ベスト」ですからなかなか難しいはず。

あるジャンルのこれに関してはこれ、みたいな細かい話になってくるでしょうし、むしろそういう話が聞いてみたいです。

「ベスト」の定義は難しいですが、今後どれだけ素晴らしい文房具が登場しても同率首位の座には間違いなくとどまり続ける、あるいは廃番が決まったら暴れまくる、くらいの勢いは欲しいところです。

ちなみに猫町のベスト文房具は以下の2つを挙げておきます。

シャープペン…ぺんてる・P200シリーズ
# マイベスト文房具。_f0220714_21513042.jpg
ゲルインクボールペンの替芯…三菱・UMR-83
# マイベスト文房具。_f0220714_9455529.jpg
例の「コメント欄を楽しむ」タグを付けておきますので、ステイホームでお時間のある方など自由に楽しんでみてください。

補足記事も書きました。


by mukei_font | 2020-04-22 23:59 | 文房具与太話 | Comments(14)

# 集まれ!みんなのささやかでかたくななこだわり。

「@@は@@でなければならない」

というかたくななこだわり、ありますよね。

例えばそれが誰かの尊厳を傷つけるようなものであれば困りものですが、自分の小さな世界の中だけに有効なささやかだけれどもかたくななルールであるならばかわいいじゃないの、と思ったりするわけです。

誰に強制するわけでもない自分だけのこだわり。
バランスを欠いていることは重々承知してはいるけれども絶対に譲れないこだわり。

こうしたこだわりは強ければ強いほど他人から見たら滑稽だったりするわけですが、不安なニュースばかりで心が沈みがちな今、文房具に関する皆さんの「こだわり」を聞いてみたいと思います。

「こだわり」というと上品で気が利いている感じがしてしまいますが、自分が聞いてみたいのは極端な「思い込み」に近い「こだわり」です。

「@@は@@でなければならない」

と固く信じて行動に移しているかたくなな感じのエピソードをお待ちいたしております。

ちなみに猫町のこだわりは、

「0.9シャープの芯は2Bでなければならない」

です。

他の文房具、例えばゲルインクボールペンやノートなどだと「@@もいいけど@@もいいね」と強弱をつけて楽しむようなところがあるのですが、0.9シャープに関してだけは「2B以外は退場」と若干キレ気味に思うくらいには思い込んでいます。

もちろん0.9の硬い芯が好きな方もおられることでしょう。
自分のこだわりはあくまでも自分だけのものなので、自分とは違う意見についてはへえ…と思うだけです。
むしろ反応としては「0.9シャープいいですよね!」になってしまいそう。

というわけで、

「@@は@@でなければならない」

というノリで何か極端なことを宣言し、熱い思いを語っていただけると幸いです。

具体的な商品名をバンバン出しても、熱い思いを語る中で否定的に語る文房具が出てきてもいいと思います。
あくまでもその人のこだわりなので、読んでるほうも興味深く思うだけでしょうから。

なんでも書いてください。
まずは、

「@@は@@でなければならない」

と宣言してから始めていただけるとあとでコメント欄を読むのが楽しいかなと思います。

自分も追加で考えてみます。

by mukei_font | 2020-02-28 23:59 | 文房具与太話 | Comments(14)

# お願い、キャンてる!

前回の続きです。

コクヨがぺんてるを子会社化しようとしているというニュースから勝手に2つの会社が合体することを夢想し、陳腐な発想力で「キャンてる」という新ブランド名を考えてみた猫町です。

当事者たちは大変でしょうが、末端のユーザーである自分は無力なぶん気楽でもあり、このどさくさに「キャンてる」に希望することを書いてみようかと思います。

・ぺんてるが廃番にしたハイブリッドテクニカ(キャップ式)の復活
・ぺんてるのシャープペン・P200シリーズをレギュラー化
・P200シリーズの限定版を出す時は0.7以上の芯径についても出すこと

・コクヨはキャンパスジュニアペンシルのデザインをなんとかすべき
・鉛筆シャープ用のシャープ芯が爆発的に良いのにパッケージがダサすぎる
・キャンパスノート、ルーズリーフの上部の余白(無駄な面積)について再考

パッと思いついたのがこんな感じ。
もし皆さんもこの機会にぺんてるやコクヨに叫びたいことがあればコメント欄に吐き出してください。

個別にレスはできないかもしれませんが、皆さんが眺めて楽しいコメント欄になればと思っています。
お時間のある方はぜひどうぞ。

by mukei_font | 2019-09-26 23:59 | 文房具与太話 | Comments(4)

シリーズ・みんなの文房具~買い物メモをどう消し込むか~

年の瀬に新シリーズを立ち上げることにした猫町です。
猫町が記事中でコメントを募ったり、コメント欄に貴重な意見が集まった場合、それらをまとめる必要があるのではないかと考えました。

過去にもいろいろな記事でコメントを募ってきたので、将来的に爆発的に時間があればそれらもまとめたいですが、まずは先日の記事から始めます。
シリーズが定着すればカテゴリやタグなど考えますね。

以前、買い物メモについて記事にしました。
手に握りしめて行った買い物メモを消し込めないことの不便についての記事でした。

ありがたいことに貴重なコメントをいくつかいただいたので、以下にご紹介します(コメントは一部を抜粋しています)。

まずなぎねこさんからは、
メモ用紙1枚にペグシルを挟んでおくのはどうでしょうか?
なるほどペグシル!
かさばらない筆記具はいいですね。
スパイ感覚で消し込めるかも?
そのためにもウインズに行かないと…(違うか)

続いてはおいもさん
私も消し込みたいのにできない派です。
右手はカートを押して、左手はメモを握りしめて…だとスムーズにペンを使えず。
なので諦めて、メモ紙を線で8分割し、スーパー内のだいたいの売り場ごとに商品名を分けてメモして、精肉コーナーが終わったら野菜コーナーへというように売り場ごとに買い忘れがないか目視でチェックしてます。
なんという頭脳派…
メモ作成時からすでに買い物は始まっていたのですね。
猫町も周回をイメージしてメモを書いていましたが、8分割というのはより視覚的にすぐれている感じがします。

お次はあるけみさん
自分の場合、買い物メモの内容が多いときは消し込みをするタイミングは買い物終わってからテーブル席のあるフードコートなどで小休止しつつ、振り返りながら普段携帯しているお気に入りのペンで消し込み、特に多くなければ消し込むところを破り捨てる、もしくは折り込んで見えなくするパターンが多いです。
フードコートで小休止…
できそうでできない大人の余裕。
せめてどこかのベンチにでも座りたいところです。
「消し込み」にこだわっていた猫町にこのあたりから「折り込む」というアクションへの気づきが生まれます。

お次はさかなさん
消し込みはスーパーなどの混雑した店内ではなかなか難しいですね。
何度も見直してチェックしています。
買い物メモとは別に”見つけたら是非とも欲しいものリスト”というのを手帳にリストアップしていて、そこではゼブラマイルドライナーのマイルドグレーで消し込みをしています。
同じような苦労をされている方がいるのはうれしい…
記事にしてよかったです。

まずは「何度も見直してチェック」ですよね。
そして買い物メモとは違う「見つけたら是非とも欲しいものリスト」いいですね。
マイルドライナーのグレーで消し込むのも達成感&好きな文房具でご機嫌な印象です。

そしてはじめましての南条素兵さん
自分の場合は細いふせんに買う物をメモして、手帳に貼っています。
ふせん1枚につき買う物を1つ書いておき、買ったらふせんを折りたたんで書いた文字が見えないようにします。
この方法だとペンを使わずに済みますが、買う物がたくさんある場合はその分ふせんもたくさん……(苦笑)
そういう時こそ、100均のふせんはありがたいです。
ここで付箋の登場ですね。
言われてみれば付箋もメモに使えるなと思うのですが、思いつきませんでした。
しかも100均付箋を惜しげなく使うという作戦。
そしてここでも「折りたたむ」というアクションが出てきます。

そしてこちらもはじめましてのよもさん
わたしも忘れやすいのですが、ギザギザのハサミで切ったものにタスクを書いています。
タスクが終わったらその隣のギザギザを折り込んでいます。
実を言うと神戸派計画のメモからアイデアを参考にしているのですけど、少しお値段が張るので、横着してそこらの紙で作っております。
綺麗に折ろうとしなければ、片手だけでも折れるので、もしかしたら買い物メモでも使えるのやもしれません。
これはナイスアイデアですね。
すでにある商品からのアイデアということですが、簡易なものを自作するのはいいと思います。

なるほど、消し込みに筆記具を使えないのならメモしたものを折り込んでいけばいいのか。
これは聞いてみないと分からないことでした。

このほかにもてっつぁんQ太さんといったなじみの読者の方々からはスマートフォンをメモ代わりに使うという声が届きました。

てっつぁんによると、スマホならToDoリストやノート機能付きのチェックリストが作れるのアプリがあって便利、とのこと。
Q太さんは今はスマホのメモに落ち着いたけれど、以前は財布の内側に付箋を貼り付けてパコパコ確認していたというエピソードを教えてくださいました。

最後はうさむしで、こちらは猫町と同じく今までは爪でグギュッとやっていたそうですが(いわゆるウルヴァリン方式)、携帯のメモ機能やメールの下書きを使うこともあるとか。
こちらは消せていけるのが便利とのこと。

なるほど。
売り場で見つけたものを携帯のメモに入力するのはしょっちゅうやっていましたが、逆の発想はなかったなあ。
ペンを出して消し込むよりは操作もしやすそうだし、これもありですね。

などなど、たくさんの意見をいただき誠にありがとうございました。

猫町はよもさんのギザギザはさみのメモの案がとても気に入ったので、メモ用紙の左側に買い物項目に合せてハサミを入れ、ぴらぴらを作っておき、買い物するたびにそのぴらぴらを折り込んでいくことにしました。
家で予行演習した感じではバッチリ。

だったはずですが、買い物メモを書く時はすでにソルジャーな気分になっていることが多く(特にイオンの火曜市)、早朝から弾丸のようにスーパーに向かうのでこの作戦のことをすっかり忘れ(駄目なソルジャー)、先日も普通の買い物メモを握りしめ、ウルヴァリンしてきました。

何事も心の余裕が必要だなと悟った次第です。

by mukei_font | 2018-12-20 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

猫町、買う予定のなかったペンに心を奪われる(問い)。

そんなことより、猫町はイオンで素晴らしいペンに出会ってしまいました。

もしかしたらどこかでそのペンの情報を見聞きしていたかもしれないのですが、自分には縁がないだろうと完全に興味の外でした。

パッと見た時はまだ「ふーん」という感じだったのです。
色の展開も好みから遠かったし、コンセプトや見た目もそれほど…

が、試筆するやいなや、こ、これは…!(ぶっとい汗)と、替芯の品番を凝視する羽目になりました。

欲しい。

でも待て。
冷静になれ猫町よ。
買った後にまた「落とし穴」とか言い出すんじゃないのか?

内なる猫町の声に従い、もう一度しっかり握って試筆してみました。
うむ、間違いなく素晴らしい。

とはいうものの、あまりにも突然の出会いだったので動揺し、すぐには購入せずに帰宅して頭を冷やしたのですが、どう考えても使いこなせる自信があり、今日買いに行きました。

が、イオンの入り口に「今週末に買ったほうがお得」的なポスターがあり、そっと引き返してきたのです。
今週末、必ず入手いたします。

ということで質問です。
猫町が心惹かれたペンは何だったでしょうか。

ヒントは猫町が一番好きな芯が入ること、です。
猫町フミヲでした。


by mukei_font | 2018-02-24 23:59 | 文房具与太話 | Comments(6)

# 蛍光ペンといえば何色?

猫町が中学生と勉強する時のルールの1つに、「間違えた問題番号を蛍光ペンでマーキングする」というものがあります。
このマーキングにPILOTのフリクションライトを使っているという話は以前書きました。


時間の関係で間違えた問題すべてを繰り返し解くところまでなかなかいきませんが、それでも解きっぱなしにしたくないところはこんな感じでやっています。

さて、その問題番号をマーキングする蛍光ペンの色ですが、これは中学生自身に選んでもらっています。

使う蛍光ペンはフリクションライトと決めているので、イエロー、ピンク、グリーン、オレンジ、ブルー、バイオレットの中から選んでもらうのですが、グリーンを選ぶ生徒が多いです。
# 蛍光ペンといえば何色?_f0220714_23112416.jpg
「何色でもいいでーまあ間違えまくったらどの色でもうんざりしてくるけどー」と笑顔ですすめることにしているのですが、そんなことを言うからできるだけさわやかな色合いになりそうな(?)グリーンが選ばれるのでしょうか。
それとも蛍光ペンといえばグリーン、な生徒が多いのか?

ここで思い出すのは妹のことです。
以前妹の筆箱を見せてもらったときに蛍光ペンの色に驚きました。
なんと水色を使っていたのです。
水色なんて妹のもっとも嫌いな色なはず…と思ったら、「え、蛍光ペンいうたら水色ちゃうん」みたいに言われた記憶が。
え、そうなん…?

かくいう猫町は蛍光ペンといえばまず黄色が思い浮かびます。
続いてオレンジ、そしてピンク。

皆さんはどんな感じなんだろう、という訳でコメント欄に自由に書いていただければと思います。
知りたいことをまとめるとこんな感じです。

Q1:蛍光ペンといえば何色を使いますか
Q2:お気に入りの蛍光ペンがあればどうぞ(メーカーや商品名)
Q3:複数色使う場合のおすすめの色の組み合わせがあれば教えてください
Q4:学生さんかどうか(社会人の方でももちろんOK)教えてください
Q5:その他(何に使うか、自分だけのこだわりなど)何でも書いてください

なお、蛍光ペンではなく、蛍光色鉛筆等を使われている方も同様です。
蛍光系の筆記具をマーキングに使おうとする時にいったい何色を優先的に手に取るのかが知りたいのです。

こちらの記事へのコメントには個別にレスをいたしません。
皆さんが眺めて楽しいコメント欄になればと思っています。
お時間のある方はぜひどうぞ。



by mukei_font | 2018-01-25 23:59 | その他筆記具 | Comments(27)

# わたしのOKR(お気に入り替芯〈リフィル〉)。

前回の記事の最後に書いた「OKR(お気に入り替芯〈リフィル〉)」についてコメントを募集しようと思います。
コメント欄に自由にお気に入りの替芯を書き込んでくださいね。

どのボールペンの芯か分かりやすく書いていただくことと、できたらボール径や色へのこだわりも聞いてみたいです。
コメントへの個別のレスはいたしませんのでどうぞご自由に。

今後もこんな感じでゆるくコメントを集めることがあるかもしれないなと思ったので、そういう記事の目印にするために記事のタイトルに「#」を付けました。
#付きの記事はコメントへのレスをせず、皆さんが眺めて楽しいコメント欄になればと思っています。

ということで、まず猫町のOKRから。

前回も書きましたが、これはもう三菱のUMR-83で決まりです。
替芯だけの比較でいうと、伝説のペン・ぺんてるのハイブリッドテクニカ0.4の替芯KFGN4をも凌駕する魅力があると思っています。
# わたしのOKR(お気に入り替芯〈リフィル〉)。_f0220714_9455529.jpg

この替芯が猫町にとって重要なのは、ノック式のゲルインクボールペンというものを長年信用していなかった自分を良い意味で裏切った替芯だったということに尽きます。

ノック式のゲルインクボールペンのザリザリした余裕のない書き味。
ノックできるという便利さのためには書き味の悪さを我慢しなきゃいけないのか?とうんざりし、ゲルインクボールペンはキャップ式だと長く信じてきました。

が、その考えを変えたのがシグノRT1の登場とともに出現したUMR-83です。
替芯の品番は以前のものと同じですが、中身はシグノRT1の登場以降新しくなっています。

エッジレスチップと呼ばれるチップもインクもこれまでのものとは違い、ノック式なのにザリザリせず気持ちよくインクが出るなめらかさがありつつもべたつかないところや、水性顔料インクなのに比較的速乾であるところなど、ノック式のゲルインクボールペンをここまでストレスなく使える時代が来るとは…と今なお感動がとまらない替芯なのです。

開発してくださった方々、ありがとうございます。
どうかこのままの品質で長く供給してください。
どこにも不満はありませんのでどうかマイナーチェンジなどはなさらずに。

ということで、猫町の安心はUMR-83のストックに比例します。
新品がまだあるぞ、と思うとほくほくとした気持ちになり、もしかして今ストックゼロ?と思うとそわそわする、そんな替芯。

わたしのOKRはUMR-83です(続きがあります)。
# わたしのOKR(お気に入り替芯〈リフィル〉)。_f0220714_947637.jpg

by mukei_font | 2017-12-03 23:59 | 替芯 | Comments(12)

猫町と中学生32(採点用のペンに関するアンケート・学生篇)。

採点用のペンについてのアンケートを前回載せましたが、学生さんの中でもこだわりのある方がおられるかも、と思い、一応学生さん用のページも設けてみました。

Q1:学年をどうぞ
Q2:どんなペンで丸付けをしていますか
Q3:そのペンを選んだ理由は何ですか
Q4:その他何でもどうぞ

ということで、期末テストが終わって暇な学生さんたちは遊んでいってくださいね。

ある程度まとまったら記事にするかもしれないし、まあ例によって深く考えていない企画です。
お気軽にどうぞ。
by mukei_font | 2016-11-13 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(8)