人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(102)
(64)
(35)
(33)
(9)
(8)
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こんにちは。 ユニボー..
by YAS at 16:57
これ、文具女子博で買いま..
by りお at 13:45
珍しい これほしいな。突..
by おもしろい at 10:53
こんにちは。いつも見てま..
by しんじょう at 21:58
カドケシのリンク先にある..
by くりぞう at 12:55
はじめまして。突然で失礼..
by タンスにゴンゴン at 08:35
16日までなら文具がイオ..
by alchemie0629_a20 at 02:40
アルファベットやひらがな..
by alchemie0629_a20 at 17:13
私は、そのペンの商品名を..
by れみ at 08:47
私はアルファベットを書く..
by まこ at 08:14
おお!!同じ色鉛筆持って..
by りお at 11:00
猫町さんブログ10周年お..
by ペンスキー at 03:07
10周年おめでとうござい..
by ホウレンソウ at 23:46
「はんこ下描きノートは方..
by うさむし at 11:42
「ダイアリーの月間ページ..
by ナツキ at 09:56
紙は白くなくてはならない..
by suhei-nanjou at 21:18
「ビジネスで使うインクは..
by S6061_K at 20:59
模様付きの可愛いペン..
by ミナミ at 02:00
“LAMY サファリ シ..
by pentelfan at 16:36
遅ればせながら10周年お..
by alchemie0629_a20 at 15:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:いただきもの ( 102 ) タグの人気記事

PILOT・birdie(バーディ)3点セット。

今回も素敵ないただきもののご紹介です。

ホワイトデーの前日に突然木琴堂に素敵なプレゼントが届きました。
差出人のお名前に心当たりがなく、ドキドキしながら開けてみるとブログにときどきコメントをくださるまこさんからでした。

うれしいなあ…

お手紙が本当に楽しくて、まるで向かい合ってまこさんのお話をお聞きしているような感じがしました。
こんな楽しさを独り占めして申し訳なくなります。

プレゼントの中身はこちら。
PILOTのbirdie(バーディ)です。
しかも万年筆、ボールペン、シャープペンの3点セット。
PILOT・birdie(バーディ)3点セット。_f0220714_11383896.jpg
PILOT・birdie(バーディ)3点セット。_f0220714_11384852.jpg
まこさんは猫町が書いた以前の記事を読んで「これは!」とひらめいたと書かれていましたが、いつそんな記事を書いたんだろうと自分の記事を検索してみると確かに書いていました。

Q太さんが店に来られた時に見せていただいたのがPILOTのbirdie(バーディ)だったのです。
おお…Q太さんなつかしい…
牛肉のしぐれ煮を持ってきてくださったQ太さん…

あらためて見ると本当に細くて軽い軸に必要最小限の機能がぎゅっとつまっていてかわいいですよねえ。
おもちゃみたいなチープ感がとてもおしゃれに感じます。
PILOT・birdie(バーディ)3点セット。_f0220714_11384211.jpg
特にシャープペンの口金付近の愛らしさ。
PILOT・birdie(バーディ)3点セット。_f0220714_11384595.jpg
もちろんこうした筆記具は実際に使ってみると持ちにくかったりするのですが、そもそも長時間使うために作られたものではないと思うのです。

それこそ手帳に挿したりして、出先でちょこっとメモを取ったりするのに使うことを想定した筆記具なわけですよね。
今はその「ちょこっとメモをとる」のもすべてスマホなどに取って代わられつつあるわけですが…

おそらく発売当初はいろんな色があったのでしょうが、その当時これらの筆記具にときめいて買った方たちがそれらで何を書いたのか、そしてその後どんな人生を送り、今はどんな筆記具を手にされているのか…
そこにはきっとたくさんの物語があるのでしょうね。

まこさんのお手紙の中にはこうしたかわいい筆記具を気に入って使っていたこと、しかしあるご友人にすすめたところ「そんな安っぽいペンは使わないことにしている」「こだわりのある方だし」と言われたことが心の奥にとげのように刺さってしまったことなどが書き綴られていました。

分かります。
分かりすぎます。
自分自身もよくありました。

文房具が好き、万年筆が好き、と言うとすぐにモンブランなどのブランドものの筆記具の名前を矢継ぎ早に挙げられ、持っていない、あまり心惹かれない、などと言うと途端にド素人扱いされて軽蔑される、ということが文具店員時代も含めしばしばありました。

いやいやいやいや…
思い出しても腹が立ちますね。
まこさんのお手紙を読んで思い出し怒り。

「文房具」が好き、って言ってるやん。
「文房具」ってめっちゃいろいろあんねん、安いもんから高いもんまで。
こっちだってこだわっとんじゃ。
単に安いから好きとかそういうペラペラの理由じゃないねん。
あれこれ使ってこれや!これやな!ってなっとんねん。
その道のりにめっちゃお金かかっとんじゃ。
高いのんでもええな思たら買うわ。

とまあ言いたいこともいっぱいありますよね。
もしかするとこういう風に言いたいことがいっぱいあるからブログを書いているのかもしれません。

あー平和だな。
そしてありがたい。

好きな文房具について書いていたら同じような考えの人が(うんうん)とうなずいてくれて、心に刺さった棘がなくなった気分だと言ってくれて…

もちろんいろんな考えの人がいていいのです。
好みもいろんな風にうつろっていきますから自分だってこの先どういう文房具に心惹かれていくかは分かりません。

でも安い文房具は変わらず好きだし、小馬鹿にされると腹が立つのも数十年前から変わらないような。
安い文房具こそが猫町の原点というか、そこはいつまでも青い気持ちを持ち続けたいものだと思ったりします。

大切なことをたくさん思い出させてくれたまこさんに心から感謝しています。

by mukei_font | 2020-03-15 23:59 | その他筆記具 | Comments(1)

長3封筒いっぱいの贈り物。

毎日不安になるニュースばかりで疲れてしまいますね…
せっかくこれから春なのに…

こんな田舎に住んでいても鬱々としてしまうのだから、人の多い都会で生活しておられる方々は毎日どれほど神経をすり減らしていることだろうかと思います。

皆さん、どうか家ではぼんやりご機嫌に過ごしてくださいね。

いろいろなイベントが中止になってしまったのは残念ですが、今使っている文房具について考えたり、欲しい文房具をリストアップしたりしながら楽しい気分になりましょう。

というわけで、この冬猫町のところにやってきた素敵なものたちをご紹介することにします。

まずは2月にいただいた素敵な贈り物から。
送り主は日本海沿いにお住まいのSさんです。

Sさんには昨年の9月にも素敵なものをいただいており、そちらもまだ記事にできておりません…

今回いただいたのはこちら。
長3封筒いっぱいの贈り物。_f0220714_22062733.jpg
鉛筆削りとスケジュール用スタンプのセットとぷっちょのおまけ。
これらがきっちり長3封筒に入っていてうれしくなってしまいました。

鉛筆削りはクツワのBABY-K。
長3封筒いっぱいの贈り物。_f0220714_22092600.jpg
日本製の刃であることがパッケージの表にも裏にも書いてあります。
ものすごく小さいのにカバー付きの鉛筆削りというのが素晴らしい。

Sさんは猫町が昨年末に書いた下記の記事を読んでこちらを送ってくださったようで、恐縮してしまいます。
こんなに小さくまとまった素敵な鉛筆削りがあったなんて全然知りませんでした。

今は三菱のユニパレット・ポケットシャープナーを色鉛筆用の鉛筆削りにして日々酷使しているのですが、力尽きたらBABY-Kを使ってみようと思います。

一方こちらはスケジュール用スタンプ。
長3封筒いっぱいの贈り物。_f0220714_22095385.jpg
6本も入っています。
長3封筒いっぱいの贈り物。_f0220714_22095684.jpg
一目見た瞬間からキッズたちとの勉強場面で使っているポイントカード用のはんこにしたい!と思ったのですが、Sさんも猫町の下記の記事を読んでプレゼントしてくださった様子。
いやはやありがとうございます。

最後はぷっちょのおまけ。
長3封筒いっぱいの贈り物。_f0220714_22095946.jpg
調べてみるとどうやら「にゃ~消し」という「ネコ型消しゴムフィギュア」のようです。
なるほどペンの先にくっつけて遊ぶのですね。
長3封筒いっぱいの贈り物。_f0220714_22100298.jpg
ぎゃお!
めっちゃかわいい!
Sさんもお手紙に書いておられましたが、鉛筆のお尻に挿せばバランスを調整できておもしろいかもしれません。

Sさん、素敵なものをたくさんありがとうございました。
どれもピンポイントに必要なものばかりでびっくりするやら感激するやらでした。
大切にしますね。

by mukei_font | 2020-03-14 23:59 | おもしろ文具 | Comments(1)

マジックふりかけの落とし穴。

前回はあむさんにいただいたマジックふりかけの話を書きましたが、もう少し詳細に述べたいと思います。

というのも、実はこのマジックふりかけをあまり上手く使いこなせなかったからなのです。
愚かな猫町はなんとこのごくシンプルなふりかけを使う際に落とし穴にはまってしまいました。

順を追って説明するとこうです。

まず猫町はふりかけをぐるぐると回して開けてしまいました。
シンプルな筒が顔を出します。
マジックふりかけの落とし穴。_f0220714_20463317.jpg
へえ…案外大胆な作りだなあ…
この細筒からふりかけをさらさらと?
時代劇で毒薬混ぜる時の筒っぽい…
しかし一気にドバッと出るなドバッと…

と何度か使ったのです。
そうこうするうちに猫町の心は寺西化学のマジックインキと生まれて初めて出会った数十年前にタイムスリップしていました。

幼稚園での出来事でした。
みんなでお絵かきをすることになり、マジックインキを使うことになりました。
幼い猫町も1本を手に取ります。
キャップをねじねじ回しながら開けました。
ペン先はありません。
なんだか黒い穴が見えます。

そうです。
猫町は開けてはいけないところを開けてしまったのです。
キャップを外す時にやたらとねじってはいけませんでした。
キャップはピッと外せばよかったのです。

ピッ…?

ハッツ。
もしや自分は幼稚園児猫町と同じミスをやらかしたのではないか?
そう思い再びキャップをねじ込み、ピッとキャップを外してみたのです。

これや。
こっちや。
こっちが本来の姿や。
マジックふりかけの落とし穴。_f0220714_20463623.jpg
わては今まで何をやってたんや。
これからはこっちの先端からふりかけるでー

しかし出てきません。
なんや、固まっとるんかいな。
振り回しても振り回しても出てきません。

普通に使い切っていました。

~Fin~

by mukei_font | 2020-03-11 23:59 | おもしろ文具 | Comments(2)

マジックふりかけ。

しばらくばたばたしておりました。

いや、正確に言えばもたもたしてうとうとしていただけなのですが…
忙しぶってすみません…

そうこうしているうちにブログの日付が実際の日付とずれ始めるといういつもの悪いパターンになってきました。
今年はほどほどにしないと、と思っています。

ということで順番に書いていきましょう。
まずは最近猫町が楽しんだとあるグッズの話から。

昨年の6月、猫町文具店(仮)にあむさんが遊びに来てくださいました。
その時のことはまだ記事にしていないのですが、その日も素敵なお土産をいただいたのに、後日あむさんからまたもやプレゼントが送られてきて、その中の一つを最近楽しんだ、という話です。

こちらがそのマジックふりかけ
マジックふりかけ。_f0220714_20391238.jpg
寺西化学の「マジックインキ」とふりかけのコラボということで、以前ブログにも記事を書いたことがあります。
あまり乗り気ではない内容で申し訳ないのですが…

上記の記事にも書いたように猫町には文房具と食べ物がどうしても結びつきません。
文房具のパッケージを見た瞬間に文房具のにおいがリアルに想起され、食品とは相性が悪いような気がしてしまうのです。

メイク用品などとのコラボにも違和感があり、文房具と間違えそうというひやり感を楽しめないというか、かわいいけれどもなんかちょっと違うぞ、ここは文房具の出番ではないぞ、と思ってしまうのです。

しかーし…
実物を手に取るとそれはそれで楽しんでしまった…

よくできているなあ、と眺めること数ヶ月。
愛ですぎてうっかり賞味期限があやしくなり、もったいないなあと思いながら実際にふりかけて美味しくいただいてしまいました。
マジックふりかけ。_f0220714_20391507.jpg
あむさん、ありがとうございました。
田舎では実物に出会うことなく終わっていくはずが、思いがけず都会的なアイテムを手にすることができ、良い経験になりました。

※この記事には続きがあります。

by mukei_font | 2020-03-10 23:59 | おもしろ文具 | Comments(0)

ぺんてるP200・DELFONICS限定モデル。

先日ある方からとても素敵な贈り物をいただきました。

同封されていたお手紙によるとこのブログを読んでくださっている方からのようでしたが、封筒には某県某市としか書かれておらず、お名前は書かれていませんでした。

あまりにも素敵な贈り物だったのでなんとかお礼をしたいと思いましたが、ご連絡先を聞き出せるどころかさらに先日贈り物をいただいてしまい、これはもう一刻も早く記事にして無事に受け取ったことをご報告せねばと思った次第です。

というわけでこちら。
ぺんてるP200・DELFONICS限定モデルです。
ぺんてるP200・DELFONICS限定モデル。_f0220714_19241159.jpg
P200とDELFONICSの夢のコラボ…
ぺんてるP200・DELFONICS限定モデル。_f0220714_19241448.jpg
すっきりのびたパイプの美しいこと…
ぺんてるP200・DELFONICS限定モデル。_f0220714_19241702.jpg
このシャープペンの存在は自分も把握しており、1月9日のEDiTに、

DELFONICS別注のぺんてるのP207、P209…
いるに決まってるやろ!!キーッ!!

と書いてあります。

受験シーズンが終われば自分へのごほうびに買うつもりでした。
そしてそのことはブログにもTwitterにも書いていませんでした。

なのに猫町の心の内を知る者が…!

ぺんてるのP200系統のシャープペンに関する猫町の愛は以前書きましたが、低価格で高品質という奇跡を具体化したようなそれは、もはやどんな名品やブランド品が束になってかかってもかなわないような別格のシャープペンと言っても過言ではありません。

それがずらりと送られてきてしまった…
本来買うつもりのなかったP205や「レッド」という色に躊躇し、保留しようとしていた軸まで…
ここで大声でお名前を叫んで感謝したいのに、お名前も分からないなんて…

きっと罰が当たりますね。
自分はこんな素敵なものを突然プレゼントされるに値する人間ではないのです…

それでもこうして縁ができたわけですから大切にそして楽しんでたくさん使いたいと思います。

二度にわたって素敵なものをプレゼントしてくださった心やさしい方。
本当にありがとうございました。

by mukei_font | 2020-02-22 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(1)

ノッポンボールペン。

うさむし(@usamusi_works)の話が出たところでうさむしにもらったボールペンについて書いておきます。

昨年12月、東急ハンズ渋谷スクランブルスクエア店でのイベントのため上京したうさむしの東京土産です。
東京タワーのノッポンのボールペン。
ノッポンボールペン。_f0220714_23284965.jpg
ノッポンについては何年も前からうさむしと「東京タワーのキャラクターやのにパッとしない」ということで注目していました。

パッとしないというかかわいくないというか色も形も気持ち悪いというかもっと他になんかあるやろという気にさせられるノッポン。

ホームページを見てみると「東京タワー公式キャラクター"ノッポン兄弟"」の文字。

そうか、ノッポンって兄弟おったんや…
単に青い服を着たり赤い服を着たりしているだけかと思っていました。
ということで、うさむしにもらったのはノッポン(兄)。

で、どんなボールペンかというと…
なんとねじ式キャップ!
ノッポンボールペン。_f0220714_23285387.jpg
ゆるキャラのボールペンなのに意外とこだわっている?
というか普通に使いにくいのだが?

ちなみに中はこんな感じ。
出たー名前のない白い芯ー
ノッポンボールペン。_f0220714_23285911.jpg
で、書き味はといきたいところですがインクは見事に死亡していました。

うさむしによると東京タワーにノッポングッズはこのペンしかなく、しかもほぼほこりをかぶっているみたいな感じだったとのこと。
売り場の隅で静かに死亡していたのですね…

申し訳ないと謝るうさむしには「いきなりの芯探し、楽しいよ」と返事。
普通は使い切って初めて訪れる興奮の瞬間がいきなりですもんね。
わくわくしますよ。

こうした芯探しは芯の長さよりもペン先の太さに注意が必要です。
一見普通のボールペンに見えて実は流通している芯よりもペン先が細いタイプ、というのがまれにあり、そうした場合は芯の長さが合っても口金の穴からペン先が出てこないことになります。

しかし幸いノッポンのペン先はよくある普通の芯(PILOTのBSRF等)でも大丈夫なようです。
あとは長さの合う芯を見つければなんとかなりそう。

問題はそこまでしてノッポンボールペンを使いたくないということでしょうか。
眺めているだけでおなかいっぱいです。

by mukei_font | 2020-01-10 23:59 | おもしろ文具 | Comments(0)

Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。

プレゼントのお披露目月間(8月)最後の記事はカナダのお土産として生徒からいただいたこちらのノートです。
Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。_f0220714_11012061.jpg
Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。
Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。_f0220714_11012455.jpg
表紙のイラストと「ALL-WEATHER」とあることから水に強いノートなのかな、と思って中を見るとノートの最後に解説が付いており、それによるとどんな天候や場所でも書くことができるタフなノートのようですね。
Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。_f0220714_11020130.jpg
筆記具についても細かく説明があり(乾いている時のみOKなものとか濡れていても乾いていてもOKなものとか)、猫町のような細かい人間相手にも行き届いているあたりにゾクゾクしてしまいました。
Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。_f0220714_11020716.jpg
ノートは縦19.2センチ×横12.2センチ×厚み1.7センチのハードカバーのしっかりしたつくりで、中は無罫。
写真では見えませんがページにはミシン目が入っています。
が、マイクロミシンカットのような「やわな」ミシン目ではないので普通に使っているぶんにはページはちぎれないはず。
Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。_f0220714_11021094.jpg
また、ページにはページ数が印刷されています。
2から155まで打ってありました。
Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。_f0220714_11015513.jpg
ちなみにこちらがノートを開いたところ。
かっこいいなあ。
こういうの何に使えばいいんだろう。
Rite in the Rain(ライトインザレイン)ノート。_f0220714_11015044.jpg
ところで中が無罫なのは偶然ではなく、生徒が猫町が無罫好きなことを熟知しているからでした。
特に熱弁した覚えはないのですが、それだけはしっかり記憶していたようで…いや、知らず知らずのうちにいろいろ話しているのかな。

なぜいつも無罫なのか聞かれた気もするし、なぜいつも片側のページだけを使うのか聞かれた気もするし、なぜいつも鉛筆なのか聞かれた気もする…
しかし最近黄色が好きなことは言っておらず、これには大興奮してしまいました。

自分の手持ちのものに青系が多く、その中に黄色のアイテムが混じるととてもきれいなところが気に入っていたのですが、いただいたノートがまさにそういう黄色だったので驚きました。
まだ誰にもちゃんと言ってなかったのに…

ブルーグレーのEDiTと並べて「ほらきれい」とはしゃぎ続ける猫町を

(´_ゝ`)

な顔で見守る若者に神の祝福あれ。
とても素敵なノートをありがとうございました。

by mukei_font | 2019-08-30 23:59 | ノート | Comments(0)

トンボ・モノカラー誕生50周年記念セット。

また少し間が空いてしまいました。

日々いろいろなことがありますが、ここにはやはり文房具をめぐる楽しいことを書いていきたいと思っています。
というわけで、この夏いただいたもののご紹介を続けます。

以前の記事で、ジャンヌダルクKさんからサマーギフトとしてなごやちょうとおはぎやまのグッズをいただいたと書きましたが、実はこの時にもう一つとても素敵なものをいただいていたのです。

なんとトンボの「モノカラー誕生50周年記念セット」です。
ははーっ(平身低頭)。
トンボ・モノカラー誕生50周年記念セット。_f0220714_10052954.jpg
詳しくはトンボのプレスリリースに載っていますが、歴代デザインのMONO消しゴムと限定のピンバッチがセットになった贅沢な一品です。

前回の記事の中で、「皆さん絶妙に猫町が持っていない文房具や、あえて避けている文房具を突いてきますね」と書きましたが、これもまた典型的なその筋のアイテムでした。

見ない見ない見ない見ない…
見ても見てない見てない見てない…
あれは夢…あれは幻…あれは妄想…
見ない見てない知らない最初からない…

そうやってやり過ごしたアイテムが届いたプレゼントの中から出てきた時というのは、喜びというよりも「で、出た~」みたいな感じの驚きが勝りますね。
そして爆笑。

ジャンヌダルクKさん、真夏に驚きと笑いをありがとうございました。
誕生日に近かったので勝手に誕生日プレゼントが届いたことにして浮かれ騒いでおりました。

さて、こういったセットはもったいなくて100%飾られることになる運命です。
文房具は本来使われてなんぼのものですが、こうしたセットはあえて使わなくていいのです。
ずっと目を楽しませてね。

しかし。
猫町が気になってしかたがないのはそのスリーブの下です。
昔のMONO消しゴムって消しゴム本体にロゴが印刷されていましたよね。
記憶違い?

ネットで調べると1969年のMONO消しゴムについては出てくるのですが、80年代もありませんでしたっけ?
シードのレーダーと混同しているのかな?
一時期はレーダーもMONOもスリーブの下にロゴがあるなあと思っていたのですが…

こういうことを文紙MESSEで聞きたいんですよね。
きっと来夏も行けないでしょうが、未来の式神(?)のためにここに書いておくことにします。

by mukei_font | 2019-08-29 23:59 | 消しゴム | Comments(1)

セーラー・四季織マーカー〈夏〉。

記事の日付が8月のうちに夏の間にいただいたものをご紹介しておきましょう。

こちらは誕生日当日に友人が送ってくれたものです。
セーラーの四季織マーカー〈夏〉。
セーラー・四季織マーカー〈夏〉。_f0220714_23293719.jpg
セーラーが万年筆用インク・四季織シリーズのカラーで水性マーカーを作ったのは知っていました。
が、これまで四季織シリーズからほどよい距離を取り、うまく逃げのびてきた猫町が今さら四季織シリーズの名を冠した水性マーカーを自ら手に取ることはあり得ませんでした。

Q:なぜ距離を取る必要があったのか。
A:見たら欲しくなると思ったからです。

というわけで、今後も知らずに生きていけるはずだった猫町の元に〈夏〉という名前の素敵なセットがやって来てしまいました。
セーラー・四季織マーカー〈夏〉。_f0220714_23294047.jpg
水性マーカーはツイン式になっており、片方は筆タイプ、片方は細字タイプになっています。

猫町は筆タイプのペン先が苦手で、例の「つるにはまるまるむし」のおじさんしか書けないのですが、いや待てよ、今は結構ワイルドな字を書きながら勉強したりもするから使える場面もあるかもしれない。
細字タイプのほうはちまちました字が得意の猫町の独擅場ではないかと楽観視しています。

ということで、これを機に四季織シリーズのインクが気になってきたぞ、とならない程度に楽しく使おうと思います。

それにしても皆さん絶妙に猫町が持っていない文房具や、あえて避けている文房具を突いてきますね(笑)。
心やさしい友人に感謝です。

by mukei_font | 2019-08-28 23:59 | その他筆記具 | Comments(1)

君はダイソーのマステに小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか!

普段は「マステ」とは言わないのですが、タイトルの字数の関係ですみません。

マスキングテープの記事の流れで今年の誕生日にたまみさんからいただいたマスキングテープをご紹介します。
たまみさんからはいつも素敵なものをたくさんいただくのですが、その中の1つがこちらのマスキングテープとスタンプのりでした。
君はダイソーのマステに小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか!_f0220714_19100378.jpg
以前、「消しゴムは贈り物になるか。」という記事を書いたことがありますが、百円ショップの商品も贈り物になると思っています。
その人のことを思って選んだものは何でもプレゼントになるのです。

持っているかな、持っていてもいいか、自分はこれがいいと思うんだよな、使ってくれるかな、使い倒してほしいな、そんなことを思いながら時ににやにやしたりしながらプレゼントを選んでいくのが楽しいのです。

というわけで、ダイソーのマスキングテープですが、4つも入っていてうれしいな。
それぞれが3メートルずつなので、いろんな柄や色を少しずつ使える感じがいいですね。

ちなみにピアニストの友人にもらったハウステンボスのマスキングテープが10メートル、生徒にもらった水族館のマスキングテープが8メートル、妹にもらった国技館のマスキングテープが10メートルでした。
あまり何メートル巻とか意識したことはなかったのですが…

しかしマスキングテープは自然に増殖していきますね。
今は粘着力が病気のダイソーの付箋を補強するという素晴らしい目的がありますが、それを使い切ったらどうしよう…

まあ探せば病気の付箋もまだあることでしょう(あるんかい)。
それらとの二人三脚で楽しく使っていけたらと思っています。

たまみさん、小宇宙高まるマスキングテープをありがとうございました。

by mukei_font | 2019-08-21 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(1)