猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
まさかの正解に驚いていま..
by さくらんぼ at 22:13
こんにちは。 うさむし..
by ともこ at 12:22
ネットで調べた感じでは ..
by YAS at 12:18
自分も気になって考えてい..
by YAS at 11:46
◎本命:Signo307..
by GB at 21:38
オート リバティに一票!
by ほあゆう at 15:46
エナージェルインフリ..
by 輪音 at 02:19
ではこの流れで私も初めて..
by たにむら at 23:56
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:いただきもの ( 56 ) タグの人気記事

ちくわペンケース。

先日うさむしからホワイトデーにおもしろいものをもらいました。
ちくわのペンケースです。
f0220714_10472481.jpg

ちゃんと穴まであるのもすごいですが、生地の模様が絶妙でちくわ感がすごいです。
それにモフモフしているのもかわいい!
ちくわはモフモフしていないけど、それはそれとしてかわいい!
f0220714_10473933.jpg

が、穴に力を入れすぎた結果、収納力が若干犠牲になってしまったようです。
見た目はそうでもないのですが、内側に穴のための布が迫ってきていて案外入らないのです。

ご覧のようにジェットストリームがこんな感じで入る程度なので、それより背の高いプレフィールやアイプラスは意識してもぐらせる感じになります。
愛用している15センチのハイタイドのアルミ定規(全長16.5センチ)は入らず…
長めの鉛筆なんてとても入りません。

が、そもそもこういうペンケースに収納力がどうのこうのというのはナンセンス。
おもしろペンケースということでいいではありませんか。
f0220714_10475128.jpg

いったいこのペンケースはなんだろうと思ったら、こんなタグが。
ネルサイユ宮殿…?
というか、この顔に見覚えがあるぞ。
f0220714_1048338.jpg

あー…カネテツ
てっちゃんかあ…
ネルサイユ宮殿についてはこちら
おもしろいことを考える人がいるものだなあ。
f0220714_10481337.jpg

余談ですが、ちくわといえば木琴堂で「ちくわじゃないよ!」のキャッチフレーズで売っているものがあります。
鹿の角のチャームです。
急にワイルドになってしまってすみませんが、これもかなりちくわ感があります。
ちなみに1個¥800(税込)。
よろしくね!(便乗営業)
f0220714_10482469.jpg

[PR]
by mukei_font | 2016-04-03 23:59 | おもしろ文具 | Comments(2)

君の名は(中篇)。

ドオオオオン…と登場した謎の消しゴムの続きです。
f0220714_952067.jpg

実はこの消しゴムはバッタさんからのプレゼント。
神奈川県からはるばる木琴堂に遊びに来てくださった折、いただいたものでした。
バッタさんについては以下の記事をどうぞ。

筆箱拝見!~バッタさん篇・壱~
筆箱拝見!~バッタさん篇・弐~
筆箱拝見!~バッタさん篇・参~
筆箱拝見!~バッタさん篇・肆~

バッタさんにはこの消しゴムのほかにも素敵なものをあれこれいただいたのですが、もったいながりの猫町はいただきものをなかなかすぐに使えません。
素敵なラッピングを開けてしまうのも惜しく、もったいないもったいないと鑑賞しておりました。

が、消しゴム熱が高まる今、この謎の消しゴムを使わないでいられようか。
というわけで、ついに使い始めたというわけです。

さて、使うに際してまずしたのはスリーブを作ることでした。
ご覧の通りの「はだかんぼう」なので、このままだと抵抗があります。

自分だけではないと信じたいのですが、自分はスリーブなしで消しゴムを使うことができません。
裸の消しゴムを触りたくないのです。
(ああ、ダメになる)と思ってしまうのです。
手の脂なんかがついて、汚れがびやっとなったりする気がするのです。

が、消しゴムのスリーブには「使用後はこのケースに入れてください」と書いてあることが多く、誰が裸にして使っているんだ?いったい何のために?と驚愕するのでした。
もちろんちゃんとした理由があるのでしょう。
非難する気はありませんが…つるかめつるかめ。

余談ですが、消しゴムにはスリーブが必要か?スリーブなしで使っていると消す力が弱まるか?みたいなことについて以前とあるメーカーの人に聞いてみたことがあります。
返事は「へーそんなことないんじゃないの?」というものでした。

手の脂等は猫町の妄想かもしれませんね。
その人の言うことを100%信じたわけでもないのですが(「これまで消しゴムを使ってきた人の生きたコメント」にも「消しゴム開発者の正確なコメント」にも思えなかったので)、消しゴムのスリーブの役割は手の脂対策というよりも、他のプラスチップ製品にくっつかないようにするためというのが大きいのかなと思うのです。

が、文房具に対する態度というのは個人のエピソードによって決まる部分も多々あり、実際手の脂で嫌な思いをしたことがあるんですよね。
まだ小学生の頃の話ですが、兄と同体験をしました。
たぶん兄も今でも裸の消しゴムを恐れているはず。

というわけで、スリーブを作ってみましたよ。
f0220714_953974.jpg

スリーブというのは厚めのつるつるした紙で作ってあることが多いですが、見た目重視でかわいいのを作ってみました。
ダメになったら作り変えればいいや。
裸じゃなければなんでもいいのです。

このスリーブのもとになったのはこちらの包装紙。
実は昨夏てっつぁんからゆずジュースをいただいた時の包装紙なんです。
紺色に黄色がかわいいのですが、封筒を作るには折りじわが多く、どうしようもないのですがどうしても捨てられませんでした。

神奈川県の消しゴムに高知県のスリーブ。
わーい、よかったね(続く)。
f0220714_955311.jpg

[PR]
by mukei_font | 2016-03-20 23:59 | 消しゴム | Comments(4)

ZEBRA・デルガード0.3使用感。

ある方からZEBRAのデルガードの0.3をいただきました。
ありがとうございます。
f0220714_22572329.jpg

ご覧のとおり色は白。
自分なら青か黒かで迷ってしまいそうですが、そうか、白という選択肢があったか。
白に水色のラインが入った非常に美しい外見です。
f0220714_2257485.jpg

f0220714_2258484.jpg

これまでデルガードというシャープペンにはあまり縁がありませんでした。
というのも、学生時代からシャープペンの芯を折って苦労した経験があまりなく、自分には特に必要のないものだったからです。

しかし、それは芯の太さが0.5だったからでしょう。
0.3だとさすがに何度か芯を折っていたので、デルガードの0.3が出たら使ってみたいと思っていました。
0.3で折れないならかなりすごいなと。

ということで、早速デルガードの0.3を使ってみました。

ちょうどコクヨのキャンパスノートのA罫に英語の問題集を解いている最中だったので、続きをデルガードの0.3で書いていくことにしました。

最近は鉛筆ばかり使っていたので、線の細さにかなり違和感がありましたが、気にせず普段と同じ大きさの字を書いていきます。
記入は筆記体、筆記速度はかなり速めです。

結果的に芯は折れませんでした。
今までの0.3(PILOTのS3や三菱のシフト)ならとっくに折れていたような筆圧だったと思います。
これがデルガードシステムか…

が、不満な点がいくつか。

まず、芯の減りが速すぎること。
折れないのでつい強い筆圧で書いてしまい、その結果芯がガンガン減るはめになったのかもしれませんが、こんなに忙しくシャープペンをノックしなければならなかったことはちょっとありませんでした。

で、そのうち焦れて思わずノックしすぎると芯が折れました。
HPだと4回以上ノックするとダメとありますが、3回でも厳しかったように思います(厳密には減りかけでノックしていたので3.5回分くらいの長さになっていたのかもしれません)。

とにかく、いくら「折れない」と言われてもあんなに小刻みにノックしながら使うのは使いにくいです。
あ、今分かったのですが、芯が折れるのを恐れてノックをちょっとしかしないからすぐに芯が減るのですね…

あとは、書き心地の問題でしょうか。
クルトガよりはずいぶんましですが、やはりパイプが安定しないシャープペンは書きにくいですね。
が、デルガードはまさにここにこそこだわったシャープペンなのだから、不満を言うのは申し訳ないような気もします…(クルトガもそうか)

あとは、ペン先を見つめていると酔うこと。
最初は(おおこれがデルガードシステムか)とちょっと楽しいのですが、あとは目をそらす感じで。
ちなみに最初に使ったのが英語の筆記体だったのでこの程度ですみましたが、試しに「デルガード」と書いてみるとぺくぺく感がすごかったです。
0.5を店頭で試筆した時はこんなに感じなかったけどなあ…

しかしまあ、従来のシャープペンならとっくに折れていたであろう使い方をしても芯が折れないのはすごいと思いました。
問題は0.3のシャープペンをいつ使うかということです。

線が細いのも困りものですが、それよりももっと困るのは筆記線の薄さです。
線が細くても濃さがあれば、極細ボールペンのような感じで楽しめる可能性もあるのに、0.3の場合2B以上だと折れるとHPには書いてあります。

Bだと少しましなのかなあ。
デルガード替芯って何か工夫されているのかな?
何の説明もないけど…
パッケージをかっこよくしただけだったら笑うなあ。

まあいくら芯が折れないとはいえ、0.3のシャープペンでわざわざ問題集を勢いよく解く必要もなく、極細のペン先には極細のペン先向きの用途があるのでしょう。
美しい軸を眺めながら、ゆっくり考えてみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-13 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(6)

あをによし奈良の刺客は四角なり。

先日妹が帰って来ておりました。

いつもお土産をくれるやさしい妹。
今回は奈良のお土産とのこと。
f0220714_9574236.jpg

重みから紙製品だと思ったのですが、もしかしてこれは…
f0220714_9575612.jpg

あ…
f0220714_958599.jpg

コラコラコラコラーーーーー!
f0220714_9581843.jpg

なんということだ。
なんということだ。
よりによって猫町の苦手、ブロックメモではないですか。

思わず爆笑してしまい、手短に最近書いた記事のことなどを説明したのですが、いやはやこんなことがあろうとは。

いや、だからこそおもしろいんですよね。
こういうことを妹に話したことはなかった気がするし、自分はSNSで身近な人間に近況を知らせようという意図がなく、家族や友人がブログ等を読まないほうが正常(というか安心)だと思うから、知らないものは知らないでいい。

しかし、笑いました。
こうやって入り込んでくるのか、みたいな!
せっかくのお土産に失礼な反応だったかもしれませんが、これは使うのがとても楽しみです。

妹にはこちらのお土産ももらいました。
オシャレな缶に入った紅茶。
f0220714_958363.jpg

と思ったら、「進撃の巨人展」のお土産だそう。
なぜ「進撃の巨人」で紅茶なんだろう?
「爽やか」とか「甘酸っぱい」とかとは程遠い世界観のように思ったが…
f0220714_9584996.jpg

缶にもちゃんと巨人がいました。
紅茶は大好きなので、頑張った日にいただくことにします。
素敵なお土産をたくさんありがとう!
f0220714_959058.jpg

[PR]
by mukei_font | 2015-11-07 23:59 | その他紙製品 | Comments(2)

太陽の塔と文房具。

2冊目の英語日記が松さんからいただいたスター・ウォーズのノートだと以前書きましたが、松さんにはお会いするたびに素敵なものをいただいているような気がします。

今月も遊びに来てくださり、これは「筆箱拝見!」カテゴリに書くべき記事かどうか迷ったのですが、今回こそ一切何の文房具も拝見しておらず(それどころか文房具の話さえほどんどせず)、こちらの「おもしろ文具」のカテゴリに書かせていただくことにしました。
というのも、今回も素敵なプレゼントをいただいてしまったから。

まずはこちらの消しゴム。
ニョロニョロの黒い消しゴムは松さんと、松さんのお嬢さんとおそろいとのこと。
うれしい!
f0220714_16281569.jpg

こうしてブログを書いていると、「@@を研究されているんですよね。これも使ってみてください」といろいろな方からいろいろなものをいただきます。
本当にうれしいし、ありがたいなと思うのですが、「研究」といっても気まぐれに使ってにやにやしているだけなので、どうか猫町を甘やかさないでくださいね。

でも本当にありがたいんですよ。
田舎で手に入らないものも多いですしね。
大切に使わせていただき、ゆっくりとでも記事にしていきたいなと思っています。

続いてはシャープペン。
見るなり「お、好きな青!くすんだ青!」と叫ぶと、「ふっふっふ。だいぶ好みが分かってきましたよ」と得意げな松さん。
自分は好きな青がいくつかあるのですが、これはその中の1つ。
f0220714_16304585.jpg

万博公園のお土産とのこと。
太陽の塔のシルエットがかわいい。
f0220714_16305762.jpg

実は自分は相当太陽の塔が好きなのですが、大阪にいた頃は2、3回くらいしか見に行きませんでした。
大阪に住んでいるとは言っても、なかなか吹田のほうまで行く機会もなく。
ああ、もっと見ておけばよかった。

こちらは一筆箋。
かっこいい!かっこいい!
f0220714_16312954.jpg

裏表紙は背中部分の黒い太陽。
f0220714_16314053.jpg

ちなみに自分は未来を表すという黄金の顔が本体から離れているところと、首のところの猫背な曲線と、全体的にむっちりしているところが不気味で好きです。

お土産が入っていた紙袋もかわいかったです。
ほのぼのタッチ。
ああ、太陽の塔を眺めに行きたいなあ。
民博にも行きたい…
f0220714_16315950.jpg

松さん、素敵なものをありがとうございました。
しばらく飾っておきます。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-21 23:59 | おもしろ文具 | Comments(4)

プレゼントにマスキングテープ。

先日の誕生日にも友人や妹からもらいましたが、マスキングテープのプレゼントというのは自分の場合はとてもうれしいものです。

田舎にいると手に入らないような限定品ももちろんうれしいですが、見たことがある柄のものでもキャッキャします。
見たことがあるからといって持っているとは限らないからです。

最近はマスキングテープの種類も爆発的に増え、なかなか持っているものとかぶりません。
いや、仮にかぶってもうれしいのです。

理由は使うものだから。
使い方が難しくないので、家族みんなで使えるのもうれしい。

こちらはこれまでにいただいたマスキングテープ。
もったいないので開けるのをためらいますが、開けてしまえば積極的に使います。
f0220714_23302613.jpg

もっとも自分の使い方は、はさみで真っ直ぐに切って貼るだけ。
それでもこれまでに何個も使い切っているのがすごいなと思います。
あ、台所で使う時はさすがにちぎりますが。

ちなみに自分が一番使うのは3センチ幅のもの。
存在感があっていいですよね。
通販の際の封かんに本当によく使います。

しかし、こうしたマスキングテープを上手に使おうとすると、貼る相手はシンプルじゃないといけません。
レター用品などは特に。

これは切手にも言えることですが、封筒がにぎやかだったり、華やかだったりすると映えないんですよね。
そう考えると、この先ずっとシンプルなレター用品だけでいい気もしてきます。

なのになぜ、自分はファンシーショップでレターセットを買ってしまうのであろうか…
このあたりの反省についてはいずれ稿を改めて。
[PR]
by mukei_font | 2015-09-08 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)

Suicaペンギンステーショナリー(プレゼント)。

プレゼントってうれしいですよね。

いかにも自分が選びそうなものを見つけてきてくれるのも、自分では選ばなさそうなものを手渡されるのも、本当にうれしくてありがたいなと思います。
自分のことを考えながら選んでくれたというだけで、すでに多くを受け取ったような気持ちになるからでしょうか。

ということで、誕生日にもらった文房具を今日もご紹介。
こういう記事はカテゴリに迷うのですが、「おもしろ文具」というカテゴリにいただきもの系の記事が集まっていたのでこちらにしました。

こちらはSuicaペンギンのステーショナリーセット。
田舎者でも知っているSuicaペンギン!
都会に住む友人からの贈り物です。
いろいろ入っていますが、もったいなくて開けることもできません。
f0220714_612815.jpg

さらにこちらはSuicaペンギンとマルマンのクロッキーブックとのコラボ。
f0220714_6122128.jpg

正方形のクロッキーブックSQなんですが、これはですね、今回の2度の大阪文具旅でもくちびるを噛んで買うのを見送ったとてもとても欲しいものでした(昨年も我慢している)。
f0220714_6122852.jpg


とにかくその存在に気づいて以来ずっと欲しかったのですが、これでも紙製品を買いすぎているという自覚があり、(罰が当たる罰が当たる…)と我慢していました。
こんな形でうちに来るなんて!
神様ありがとうございます!
でももったいないから使えないな…

マルマンのクロッキーブックとのコラボと言えば、昨年の誕生日にうさむしにもらったこちらもそうでした。
まだ記事にしていなかったと思いますが、こちらは「よつばと!」のポケットクロッキー。
むちゃくちゃかわいい!
もちろん眺めているだけですが、非の打ちどころがないマルマンのクロッキーブックと好きなキャラクターのコラボって最強ですよね。
f0220714_6123815.jpg

今年もいろいろとありがとうございました。
しばらく眺めて楽しみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-08-24 23:59 | おもしろ文具 | Comments(0)

PILOT・ツープラスワンエボルト(プレゼント)。

タイムマシンに乗ったり停まったり、ごそごそしているうちにまた1つ年を取りました。
真夏生まれにはとても見えないとしばしば言われますが、8月生まれの猫町です。

いよいよえらいこっちゃな年齢になってしまったにもかかわらず、今年も素敵なカードやプレゼントなどでお祝いしてただき、恐縮しております。
また1年間頑張りたいと思います。

さて、先日大阪に行った時に友人Mにプレゼントをもらいました。
かつて、うさむしとこの友人Mと猫町の3人で「文房具ぶんぶん倶楽部」という同好会を作っていたことがありましたが、飽きっぽい2人は早々に文房具から離れてしまい、2人顔を合わせるたびに「フミヲはまだ文房具文房具ゆうてるなー」「せやなー」みたいな感じになるそうです。

閑話休題。
「誕生日やったやろ?」と渡されたプレゼントがこちら。
わー包装紙がめちゃくちゃおしゃれ。
f0220714_19471458.jpg

広げてみるとますますおしゃれ。
安野光雅さんのデザインのよう。
ネットで検索するとこれの青バージョンもあるとか!
f0220714_19472626.jpg

で、プレゼントは受け取った瞬間に(筆記具かな?)と思いました。
手になじみのある厚みと重さの包みだったので。

ということで、じゃーん。
PILOTの何が出てくるのかドキドキ…
f0220714_19473476.jpg

こ、これは多機能ボールペン、ツープラスワンエボルト。
わー多機能ボールペンをプレゼントにもらったのって初めてかも!
f0220714_19474116.jpg

はじめまして、エボルトさん。
青くてドットがキラキラしていてとても素敵です。

友人M曰く、「真っ青のんもあったんやけど、指紋が付くねん」とのこと。
はーん、ありがたい。
f0220714_19474850.jpg

しかもなんとアクロインキ搭載。
思いがけずアクロの4C芯が手に入ってしまった(またすぐ替芯に反応)。
f0220714_19475746.jpg

でも一番うれしかったのはこちら。
名入れですよ。
しかも「Fumiwo」。
本名よりもずっと愛着のある名前なのでうれしいです。
f0220714_1948472.jpg

ということで、早速使ってみています。
まだ少し声がかすれた感じのアクロインキですが、そのうち快適に走り出すことでしょう。
こういう多機能ボールペン、持っているようで持っていなかったのでとてもうれしいです。

「筆記具をプレゼントする」をテーマにまとめ記事もいろいろ書きましたが、やっぱりプレゼントってすごいというか、あらゆる理屈をすっ飛ばして「わあ☆」となりますよね。
なので、あまり難しく考えなくてもいいんじゃないかなと思ったりしました。
[PR]
by mukei_font | 2015-08-22 23:59 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(6)

南国より。

基本的に文房具のことしか書かないと決めているブログですが、うれしいことがあったので記事にします。

先日南国より素敵な贈り物が届きました。
このブログが縁で知り合った方からの贈り物でした。
f0220714_9363067.jpg

赤穂人も知っている「ごっくん馬路村」!
瓶詰めされたジュースなのに、箱を開けただけでゆずの香りがしました。
うれしい!
ゆず大好き!
ありがとうございます。
f0220714_9364899.jpg

送り主はいつぞや店に遊びに来てくださったてっつぁん
「ワレモノ注意」の人がてっつぁんにそっくりで、またお会いしたくなりました。
美しい奥様や、奥様がかわいがっておられる爬虫類さんたちが皆お元気だといいなと思います。
f0220714_9365733.jpg

それにしても突然なぜ!?とメールを送ると、「夏@@をもらわぬようビタミン摂取してください」とのこと。
常に@@の可能性を案じられる猫町…

そういえば初めてQ太さんが来てくださった時も、「栄養をつけてください」と牛肉のしぐれ煮をいただいてしまったような(汗)。
それ以来わが家ではQ太さんのことを「肉の人」と呼んでいます。

というか!
そんな心配されないようにぶっとくたくましく、車田正美先生や本宮ひろ志先生の描く濃いキャラのように生きていきたいです!

てっつぁん、このたびは素晴らしい贈り物をありがとうございました。
[PR]
by mukei_font | 2015-07-23 23:59 | わたくしごと | Comments(2)

余談(猫町のセルフイメージ)。

妹の筆箱を見せてもらった話を3回にわたって書きましたが、「黒子のバスケ」の話から、それをもとにした「ひよこのバスケ」なるシリーズ(?)がある話になり、その中でとてもかわいいキャラを見つけたので思わずグッズを買い求めました。

こちらのバッジです。
f0220714_1155163.jpg

なんでも「青峰大輝」という名前のキャラがひよこになったものらしいのですが、妹の好きな緑間真太郎同様、青峰という人にも何やら特殊な能力があるようです(そういうマンガですもんね)。

で、なぜこのバッジが気に入ったかというと、もちろん「青いから」というのもあったのですが、その表情ですよ。
これは…猫町に似ています!
f0220714_116585.jpg

眉間が特に…
いろんなことに眉をひそめているうちに、いつしかくっきりと眉間にしわがきざまれてしまった悲しさ…
嗚呼、加齢よ!

これが青峰という人のどういう特徴をつかんだひよこなのかは分かりませんが、一目見て自分の分身のように思いました。
グッズによっては口元が引きつっているものもあり、ますます自分!と思ったのですが、まあ1つバッジを得てご機嫌です。

苛々する時やすさんだ時は、このバッジを見て心を落ち着けたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-07-13 23:59 | わたくしごと | Comments(5)