猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(63)
(33)
(33)
(20)
(9)
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
ご無沙汰しております ..
by なぎねこ at 17:53
こん◯は。 手帳や..
by YAS at 18:43
>あーす
by mukei_font at 14:47
キャーーーー
by うさむし at 00:29
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 18:17
こん◯は。 ユナイテッ..
by YAS at 20:29
数年前に店舗で従業員をし..
by だだひま at 00:50
遂にゲットされたのですね..
by YAS at 17:24
こん○は。 先日、ジュ..
by YAS at 17:18
>ksjjさん 情報あ..
by mukei_font at 08:55
神戸のナガサワで22日ま..
by ksjj at 09:38
最近はスリムタイプのデル..
by alchemie0629_a20 at 07:23
猫町さま、こんにちは。 ..
by さかな at 19:27
>ともこさん カモ井の..
by mukei_font at 13:05
こんにちは。 ラベル、..
by ともこ at 12:43
あぁ、これはいい...。..
by 猫田トラン at 11:40
以前どこかで読んだ(ここ..
by horenso39 at 00:03
こんにちは。 「ほ..
by YAS at 15:24
自分の2019年の手帳は..
by alchemie0629_a20 at 14:06
この記事を読んで、茶ッキ..
by alchemie0629_a20 at 08:54
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:使い切る ( 20 ) タグの人気記事

再びPILOTのボードマスターSを使い切る。

ホワイトボードについて書いたのでホワイトボードマーカーについても書いておきましょう。

10月5日にインキカートリッジを交換したPILOTのボードマスターSですが、ちょうど1ヶ月でインクがなくなりました。
結構使っていると言うべきなのか、すぐにインクがなくなるペンだと思うべきなのか。

細字のボードマーカーなのにカートリッジの交換ができてしかも簡単という素晴らしいペンなのですが、案外使い切りタイプのほうが長持ちするのかな。
カートリッジは安いと思ったけど(本体価格80円)、すぐになくなるのならそうでもないのかも…

同じPILOTのホワイトボードマーカー補充タイプも同時に使っているので、こちらが薄くなれば補充インキを買って補充しながら使ってみましょうか。
面倒くさそうなほうが安いと相場は決まっているし。

ただ、ホワイトボードマーカー補充タイプは本体にマグネットがついていなくて置き場に困るのと、やっぱりペン先が中字なので細かい字が…

でもまあ補充インキというものを見てみたいので(結局好奇心)、おそらく最終的にはこちらの路線になるのかな。
だって約15回も補充できるとか聞くとうれしくなってしまいますよね。

ところで買った時から調子の悪かったボードマスターSの極細ですが、インク自体は残量があるのが気になっていました。
これはインクが悪いのか?
それともインクの吸い上げが上手くいかなくなっただけでインクは問題ないのか?

これも実験、とインクの切れたボードマスターSの細字のカートリッジを問題のカートリッジに替えてみました。
問題なく使えました。
なるほどインクは問題なかったか。

買った時から書けず、何度もゴミ箱に投げ捨てようと思いましたが、インキカートリッジ部分だけでも役に立って良かったです。
そしてそれだけデリケートなホワイトボードマーカーをこれからもきちんと使っていこうと思うのでした。

[PR]
by mukei_font | 2018-08-31 23:59 | その他筆記具 | Comments(0)

フリクションライトのグリーンを使い切る。

本日PILOTのフリクションライトのグリーンを使い切りました。
パチパチパチ。
f0220714_05571878.jpg
もっとも「使い切った」と言ってもまったく色が出なくなったわけではないのですが、この薄さだともうマーキングの意味がないな、というところまでは使いました。

以前も記事にしたように、フリクションライトのグリーンは中学生との勉強場面でもっとも使う色です。
間違えた問題の番号に塗っていくのですが、他の色に比べてさわやかなのがいいのでしょうか。

一応他の色もそろえてはいるのですがグリーンばかり使うので他の色のインクが減りません。
グリーンが薄くなった段階で他の色を試しに使ってみたのですが、これまでずっとグリーンだったのに、みたいな顔をされたのでリピートしました。

これで3本目です。

グリーンのいいところは使い始めに濃すぎないところ。
紙質にもよるのですが、ブルーなどは最初はちょっと濃いな、と思ってしまいます。

蛍光ペンは用途によって使いたい色の鮮やかさが違いますよね。
ZEBRAのマイルドライナーのようなさりげない色味で目立たせることがうれしい場面もあれば、ひたすらキンキンと目立って欲しい場面もあります。

自分がフリクションライトを使う場合は後者なので、フリクションライトソフトカラーはちょっと使ったことがありません。
一応全色試し書きをしたみたことがあるのですが、どうも頼りない気がして。

でも紙質にもよるし、フリクションライトで濃いと思う色(ブルーやバイオレット)をソフトカラーで使ってみると案外ちょうどいいということがあるのかもしれません。

今日から使い始めたグリーンが終わったら、次はソフトカラーを試してみたいと思います。

[PR]
by mukei_font | 2018-08-01 23:59 | その他筆記具 | Comments(0)

PILOTのボードマスターSを使い切る→初インキカートリッジ交換。

先日記事にしたPILOTのボードマスターSの細字を見事使い切りました(写真下)。
パチパチパチ。
f0220714_22195991.jpg
同ボードマスターSの極細がハズレの個体だったのでおっかなびっくりでしたが、細字は最初から最後まで優秀で、ボードマスターSのサイトにあるとおり、

濃く、かすれない
最初から最後まで安定した筆跡濃度。

の言葉そのままでした。

また、インクの終わりが非常に分かりやすく、インクが薄くなってきたと思ったら「もう無理っす」と一気に昇天する感じもサイトにあるイメージ図どおりでした。

こういうグラフ好きだな。
こういうのを分析するような人生でありたかった…

さて、使い切ったらすぐにインキカートリッジを交換したくなり、早速やってみたのですが非常に簡単でこれはきっと誰でもできるでしょうね。
エコだし手も汚れないし、素晴らしいの一言。

マグネット付きがうれしいのは言うまでもなく、イレーザーも…と言いたいところですが、今後も長くこの軸を使うのではないか?と思った猫町はなんとなくイレーザーを使うのがもったいなく、イレーザーは最初に買ったボードマーカーに付いているものを使っています。

インキカートリッジはくるくる交換できるのにイレーザーがボロボロで買い直さなきゃ、となる展開はせつないなと思って。
その前にペン先が駄目になるかな?
そのあたりの調査も続けていきたいところです。

ところでホワイトボードを使うにあたり、ボードマーカーへの不満は一切なくなったのですが、やはり消す時に出るカスがすごいんですよね。
自分の場合は小さなホワイトボードに書いては消し、書いては消しを繰り返すのでカスもすごいのです。

これもイレーザーを高品質のものにすると全然違うということがあるのでしょうか。
今のところゴミ箱の上でゴシゴシ消してはパラパラとカスを落とすのが定番のスタイルになっています。

[PR]
by mukei_font | 2018-07-20 23:59 | その他筆記具 | Comments(1)

替芯をじかに握る。

終わったようで終わっていなかったエナージェル0.5の赤の話の続きです。

確かにボールペンの最後の瞬間というのはいろいろなパタンがあるのですが、比較的潔く終わる(シグノRT1の替芯である)UMR-83に慣れすぎてしまったのかもしれません。
何しろUMR-83は心持ちインクのトーンを落として最後の日々をひた走った後、ある日ぴたりと書けなくなるので。

さて、エナージェルの替芯LRN5をどうしましょう。
f0220714_19485330.jpg
まだインクが出るとは言え、何かの軸に入れるほどはもたないはずなので替芯のままの状態で机に転がしておき、一瞬のメモ書きに使うことにしました。
替芯を直接握って書くのです。

この光景は中学生との勉強場面でしばしば見るものです。

最初見た時はぎょっとして根掘り葉掘り聞いてしまいましたが、意外とよく見る光景で、(またか)と聞かなくなりました。
彼らの話を総合すると、ボールペンを雑に扱ううちに本体を壊してしまい、しかしまだインクがたくさんあるので芯だけで使っている、というもの。

親に買ってもらわないのか、頻繁に壊すので親に怒られるのが嫌で黙っているのか、そのあたりは分かりませんが、使っている彼らに共通して言えるのは悲壮感がないこと。
なぜかそれなりになじんでいるんですよね。

これは自分で芯を直接握ってみて思いました。
案外いける。

単色のゲルインクボールペンの替芯は結構な太さがあり、握れないこともないのです。
手帳用の細軸ボールペンだと思えば似たような太さというか。

欠点は油断するとどこまでも転がっていってしまうことですが、そうこうしているうちに完全に使い切る瞬間がおとずれることでしょう。

[PR]
by mukei_font | 2018-07-16 23:59 | 替芯 | Comments(1)

エナージェル0.5の赤を使い切る。

先日リーチがかかっているとはしゃいでいたエナージェル0.5の赤を見事使い切りました。
パチパチパチ。
f0220714_19484688.jpg
中学生と勉強を始めた頃に、どの赤ボールペンがいいのだろうといろいろ買ってみた中の1本でしたが、こうして使い切ることができてよかったです。

ちなみに次にスタンバイしている替芯はサラサドライ0.5の赤で、エナージェルも全然悪くなかったのですが、前にサラサドライを使い切った時に感動して早々と替芯を買ってしまっていたようなのです(失念)。

軸はもちろんジェットストリームのUボルドーに入れます。
これは本当に買って正解だったペンで、○付けに使う赤ボールペンの「えらそうな感じ」をやわらげてくれるように思います。

しかしここで落とし穴。
終わったはずのエナージェルからまだインクが出るではありませんか。

え?生きてた?と思い、3つ続けて○を付けると4つめでかすれてしまいます。
やっぱりだめだなと放置してふと手に取るとまた3つ分の○だけ書けるのです。

が、後が続かずカスカスになっていくのがみじめで思い切って芯を替えたのですが、裸になった芯でそっと書いてみると書けるのです。
ぐるぐるを書いてみると、しつこく書けるのです。

うーむ。
エナージェルめ、結構粘るなあ(続く)。

[PR]
by mukei_font | 2018-07-15 23:59 | 替芯 | Comments(0)

リーチな人たち。

少し前の記事に抽象的なことを書きました。

一見文房具の選択肢は狭まり、同じ文房具との作業を繰り返すだけに見える日々の中でも、それらとかみ合っているからこその作業というものがありました。
単なる繰り返しに見える日々は実はらせん階段状になっており、ふとした瞬間に見えるちょっと違う景色が日々自分を生かす原動力になっている気がします。

今回はその具体例について書こうと思うのですが、例えばこの2本。
今まさにインクがなくなりそうなカウントダウン状態のペンです。
あるいはリーチがかかっているといってもいいと思います。
f0220714_08395175.jpg
f0220714_08400093.jpg
ちなみにジェットストリームUボルドーに入っているのがエナージェル0.5の赤。
ジェットストリーム0.5青の軸に入っているのがシグノRT1の替芯であるUMR-83の黒。
f0220714_08400839.jpg
これを眺めるのが非常に好きです。
わくわくしてどきどきして、ため息とともに目を閉じて鼻をくんくんさせてしまいます。

やあ!
働き者の君たち!
そして一緒に働いてきたであろう自分よ!

小さな事実を確認し、うむうむと自分を少しだけほめて、また歩き続けるのです。

[PR]
by mukei_font | 2018-07-06 23:59 | 替芯 | Comments(0)

猫町と3年日記・その26(3年日記専用ボールペンを使い切る)。

先日記事にした三菱のゲルインクボールペンの替芯UMR-83(シグノRT1等に入っているボール径0.38の黒インクの替芯。3年日記専用ボールペンに使用)ですが、やはりあの後すぐになくなりました。

上記の記事の写真が6月9日のもので、6月14日の日記を書いている最中になくなりました(下の写真の「像」の字)。
f0220714_14310586.jpg
2016年…7月7日(2015年7月製造)
2017年…7月24日(2016年1月製造)
2018年…6月14日(2017年3月製造)

これは元日から使い始めたUMR-83を使い切った日付ですが(カッコ内は替芯に印字してある替芯の製造年月)、同じように日記を書いているのにどう考えても今年は1本目の替芯がなくなるのが早すぎです。

2017年頃からインクが変わったのかな?
今年の2本目は2018年3月の替芯を入れてみることにします。

自分は替芯というものが好きすぎて使い終わっても捨てられないのですが、こういう時役に立ちますね。
多少変わったとはいえUMR-83は猫町のOKR(お気に入り替芯〈リフィル〉)なので、今後もしっかり使っていきたいと思います。

[PR]
by mukei_font | 2018-05-07 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

猫町と英語日記・その29(ついに4冊目のノート終了)。

パァン!(クラッカーの鳴る音)

ついに猫町は4冊目の英語日記用ノートを使い切りました。
やったーーー
f0220714_23010514.jpg
4冊目からブロック体で英語を書くことに挑戦したのですが、ぱらぱらめくるとこれまでとは違った充実感を感じますね。
よくやった、よくやったぞ自分。

今回はちょうど半年で1冊を終えました。
ブランクは2月7日から25日の19日間だけで、今までで一番スムーズに使い切ることができたように思います。

それもこれも大借金から逃げず、たった数行でもいいから、と自分自身を鼓舞し続けたおかげかも。

お疲れさま。
でも旅はまだまだ続くよ。
f0220714_23055080.jpg

[PR]
by mukei_font | 2018-05-05 23:59 | 〈猫町と英語日記〉 | Comments(0)

猫町と英語日記・その24(ついに3冊目のノート終了)。

ついにこの時が来ました。
3冊目の英語日記用ノートを使い切ったのです。

以前、「問題集用のノートを使い切るのが『着替え』くらいの重みとすると、英語日記用のノートを使い切るのは『遷都』くらいの重み」だと書きましたが、今もまったくその通りだと思います。

普段勉強で使っている時は一瞬で使い終わり、30枚のノートなんてぺらぺらで話にならんと思うのですが、そのノートのなんと分厚くはてしない道のりだったことか。

1冊目と2冊目は5ヶ月で使い切ったのですが、3冊目は使い切るのに1年半近くかかりました。
何度も中断し、もう自分には英語日記は無理だと思ったのも一度や二度ではありません。

が、それでも何度も立ち上がり、鉛筆の魅力につられ、あるいはシャープ芯のBを試してみたい一心でなんとかやってこられました。

干支の引き継ぎならぬ英語日記の引き継ぎです。
C-3POからルーク・スカイウォーカーへ。
これからも倒けつ転びつ頑張りたいと思います。
f0220714_22341332.jpg

[PR]
by mukei_font | 2017-12-07 23:59 | 〈猫町と英語日記〉 | Comments(0)

猫町と3年日記・その24(大解剖!3年日記専用ボールペン)。

何が「大解剖!」だよと思いながら苦しまぎれのタイトルをつけた猫町ですが、時々記事にしている3年日記専用ボールペンについて書いてみたいと思います。

3年日記専用ボールペンについてはこれまで6つほど記事にしておりまして、〈猫町と3年日記〉カテゴリの4分の1を占めています。

「書くこと」が好きなので、書くもの(=筆記具)も書かれるもの(=ノート)も同じくらい重要で、たとえメインは3年日記であっても筆記具を無視することはできません。

さて、2016年の元日から「3年日記専用のボールペン」をスタートさせ、昨年は2本の替芯(シグノRT1の替芯であるUMR-83)を使いました。
今年も元日に新しい芯を下ろし、7月に1本目を使い切り、今は2本目を使っています。

こちらがその写真。
f0220714_168239.jpg


f0220714_1681567.jpg


f0220714_1683176.jpg

芯に書いているとおりですが、昨年の2本目の替芯は完全に使い切っていません。
まだまだ書けるはずです。

が、記録を狂わせたくなかったので、今年は今年で新しい芯から始めています。
今年は1本を使い切るのに昨年よりも時間がかかったので、おそらく大晦日には昨年よりももっと多くのインクが残っていることでしょう。

中途半端にインクの残ったこれらの芯をどうするかって?
もちろん使います。
この芯が入る軸は無数に持っており、だいたいどの軸も好きなのでまったく困りません。

今回の「大解剖!」記事で一区切りがついたので、昨年の残りの芯をお気に入りの軸に入れて機嫌良く使う毎日です。

猫町と3年日記・その12(来年への準備)。
猫町と3年日記・その13(3年日記専用ボールペンのその後)。
猫町と3年日記・その14(ついに3年日記専用ボールペン終わる)。
猫町と3年日記・その16(2本目の3年日記専用ボールペン)。
猫町と3年日記・その18(いつも心に実験を)。
猫町と3年日記・その19(今年の3年日記専用ボールペン)。
[PR]
by mukei_font | 2017-11-29 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(6)