人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(96)
(57)
(33)
(33)
(9)
以前の記事
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
おはようございます。ほん..
by たまみ at 09:51
年賀状の季節ですね~。 ..
by くら at 17:53
毎年出す派です。そしてほ..
by tenohirakoubou at 13:19
コクヨのキャンパスダイア..
by YAS at 20:56
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 16:33
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 22:31
個人的に切望しているのは..
by 雪野 at 18:57
一番望むのは、ぺんてるで..
by alchemie0629_a20 at 16:01
いつも楽しくブログ読ませ..
by はるな at 15:44
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 20:20
普段、モノ消しゴムは使わ..
by ともこ at 12:58
早速リンク踏んで読んでみ..
by alchemie0629_a20 at 15:30
確かにイオンに無いけどT..
by alchemie0629_a20 at 00:18
猫町フミヲ様 記事にし..
by たまみ at 08:40
猫町フミヲ様こんばんは。..
by たまみ at 21:26
GetNavi 2019..
by てっつぁん at 17:58
シャーペン増えますよね…..
by alchemie0629_a20 at 03:52
こんにちは。 それはや..
by ともこ at 12:24
ワタクシも定番インクはど..
by りお at 10:37
四季織シリーズ、色合いが..
by りお at 10:33
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:落とし穴 ( 57 ) タグの人気記事

PILOT・2020(フレフレ)にフラフラ。

年がら年中文房具にふらふらしている猫町ですが、田舎在住ということで見なくてすんでいる(=買わなくてすんでいる)文房具というのもかなりあり、相当助かっています。

いったん見てしまうと買わないにせよ心がざわざわします。
どうして買う必要がないのか、ということを欲望のままに行動しようとする動物的な自分に理路整然と言い聞かせるのは結構骨の折れる作業だからです。

しかし田舎にも落とし穴。
猫町がしょっちゅう行くのはイオンの文具売り場ですが、そこには並んでいないものがTSUTAYAに並んでいたりすることがままあるのです。
そしてTSUTAYAのほうがチョイスが大人目でおしゃれ目…
巧みに棲み分けしやがって…

ということで、ネットでその情報を見ても見事にスルーしていたPILOTの2020(フレフレ)を手に取ってしまい、理性と本能のはざまで懊悩する羽目になってしまいました。

幼い頃は魅力的に映った振って芯を出す機構に関してはいまやまったく惹かれないし、「2020」の懐かしい響き、すなわち生まれて初めて見た振って芯を出すシャープペンの衝撃、それを使っていた先生がかっこよく見えたこと、自分も2020ROCKYを購入したことなどのノスタルジックな思い出もなんとか抑え込むことができたのですが、猫町がどうにもそそられてしまったのが軸の長さでした。

軸が短めで使いやすそう。

親指の短い猫町は軸の短めのシャープペンに目がなく、常に心のどこかで探しているようなところがあります。
猫町が普段使っているシャープペンは約14センチであることが多いのですが、2020はそれより5ミリくらい短く見えました。
5ミリの差は大きいですよね。

軸が短いシャープペンが好きと言っても手帳用みたいな軸まで細いのは使いたくないのでこうした通常のシャープペンの体裁で軸が短めのものを見るとそそられてしまいます。

はあ…
あんさん素敵やなあ…(続く

by mukei_font | 2019-09-14 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(1)

増税前てんやわんや・その2(まとめ買いする愚か者)。

今日も増税前のてんやわんや話を書いておきます。

増税前にはテレビでもさんざんまとめ買いの是非について取り上げられていました。
まとめ買いしたほうがお得なものから、焦って買い込まなくてもいいものまでいろいろありましたよね。

猫町が地元のスーパーで目撃した感じでは、ティッシュペーパーやトイレットペーパーを買い込む人が多かったように思います。
ものすごい量のそれらをカートにつんで駐車場まで運んでいる人を見ると、本当ににいるんだなあとちょっと感動してしまったり。

こうしたまとめ買いについてもやはり冷静になるべきでしょう。
確かに今後の出費の増加を考えると今動きたい気持ちは分かるのですが、だからといってそこまで急いで大量に買わなくてもいいものだってあるはずですよね。
落ち着こうよ、と言いたくもなります。

特に単価の安いものや今本当に急いで必要かと問いたくなるようなものまでまとめ買いしようとしている人は愚かとしか言いようがありません。

わ た し で す。

違うんです。
増税直前に行った大阪でも売っているところを見つけられなかった幻の消しゴム、PLUSのエアインキッズをこの機会に買おうと思っただけなんです。

エアインキッズは以前ヨドバシカメラで1つ購入したことがあり、今回もヨドバシドットコムにお世話になることにしました。
が、スリーブの色を選べないシステムなんですよね。

エアインキッズが手に入るだけで満足しなくちゃいけないのは分かっているのですが、やはりいろんな色のスリーブを眺めてニヤニヤしたいじゃないですか。

うーん…
これってまとまった数を注文したら全色来たりするのかなあ…
ええい、ままよ(クリック音)。

ショボン…
f0220714_10014875.jpg
ということで、タイミング的には完全に「2円4円が惜しくて安いものをまとめ買いする愚かな人々の一人」になってしまったという…

なんのなんの。
ヨドバシのシステムが甘いものじゃないということが分かったからいいのです。
幻の消しゴムも手に入りましたしね(小石を川に投げる)。

by mukei_font | 2019-09-13 23:59 | 消しゴム | Comments(0)

猫町とEDiT・その32(ブリリアントの耐久性)。

こちらをご覧ください。
ちょうどこの記事の日付の頃、猫町は来年のEDiTのリフィルを購入したようです。

来年で4年目になるEDiT。
カバーも傷んでいないし、今回もリフィルのみ購入。
f0220714_09540015.jpg
とルンルン気分でしたが、上記の記事を書いた直後にカバーが破れていることに気づいた猫町。
つるりと落とし穴に落ちていきました。

もっとも破れていると言ってもそんなに大変なことになっているわけではないのです。
ついついカバーのそでの部分にあれこれはさみすぎてしまうのですが、ぱんぱんになった部分が上下ともに裂け始めていることに気づいたのでした。

うーん…これは来年でこのカバーも終わりにしないとだめかもなあ。
再来年のラインナップにちゃんとブリリアントのブルーがあるかしら。
もうこの色以外は受け付けない体になってしまっているのですが。

ブリリアントの魅力は何といってもカバーと中身の一体感。
ただでさえ嵩の高い1日1ページ式のダイアリーなので、カバーの余計な主張はいらないというのが猫町の考えなのですが、その点からもこのブリリアントが最高なのです。

ブリリアント以外に一体感のありそうなものはカバーが取り外せないタイプなんですよね。
「プリントジャケット」はカバーも外せてブリリアントっぽくはあるけれど、表紙に「2020」が入ってしまっているのがなあ…
リフィルを替えて使うのが楽しいのに…

でもマークス的にはブリリアントやプリントジャケットのカバーを使い回すことは想定していないんだろうな。
淘汰されたらいやだよーーーーー

もしブリリアントがなくなったらリフィルだけを使おうかしら。
そんな人用に(?)カラーのリフィルもあるのですが青色が好みじゃないし…
かといって白いリフィルを裸で使うのもせつなすぎるし…

そしたらやっぱりカバーが取り外せないタイプの「ニュアンスカラー」かな。
この青色は良さそうに見える。

いずれにしても再来年の話ですが、あっという間に時間がたつのである程度は考えておかないと来年の今頃あわてるのは目に見えています。
とりあえず4年目のブリリアント(カバー)で来年も頑張ります。

by mukei_font | 2019-09-11 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

サラサドライ昇天。

ということで、布団の中で一言つぶやいてから寝ることにします。

今日久しぶりにサラサドライ(0.5・赤)を使おうとしてノックしたら死亡していました。

まだめっちゃインクあるのになんなん。
ペン先から空気が入った?
それはないわド素人でもあるまいし。

芯には使い始めた日付を書いているのですが、それによると使い始めは2018年10月4日。
インクが2センチ減ったところで中断してしばらく放置していたら死亡したもよう。

さみしがりやのかまってちゃんか。
そんなんじゃここ(猫町の周辺)ではやっていけないぞ。

赤鉛筆にうつつを抜かしていたのは事実ですが、そんなにスピーディーに昇天されてしまっても。

許さん。

by mukei_font | 2019-09-02 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

ピアニストと音楽モチーフ。

中高校時代に一番仲のよかった友人はピアニストになったのですが、その友人のコンサートが夏にあり、出かけました。

お土産はいらない、と言われたものの、いい歳をして手ぶらというわけにもいくまい、とメッセージカードを受付に託したのですが、やはり(多少邪魔になっても)何かプレゼントを持って行くべきだったかと華やかな受付を見てしょんぼりしました。
そういう場に行き慣れないので作法がまったく分かっていない猫町です。

さて、その時のメッセージカードの話をしたいのですが、密かに心に誓ったことがありました。

絶対に音楽モチーフのものは使わん。

ピアニスト相手だからこそ音楽モチーフ、という安易さは全力で避けるべきだろうと思いました。
もう飽き飽きするほどそういうものに囲まれているはずなのです。
音符もト音記号も五線譜もグランドピアノもバイオリンももう普通の人の何百倍何千倍も見てきているはずなのです。

誕生日でもお祝いでも結婚式でもないからこういう時は「For you」的な多目的なカードがいいのだろうとカード売り場を物色。
出先でおしゃれにカードを書こうと筆記具の類いは持って行っていました。

ところが多目的のカードには音符とト音記号とピアノの嵐…
これはいかん…

こんなこともあろうかとマイコレクションの中から非音楽モチーフのカードを持って行っていたので結局そちらにちまちまとメッセージを書いたのですが、後日友人に会った時「あのタイプライターのカードかわいかった!」と言ってもらえてうれしかったです。

どちらかと言えば文房具好きの人が好きそうな質感も楽しい活版印刷のカードをあたためていたのですが、芸術の世界に生きるピアニストに喜んでもらえたのはよかったです。

ちなみにそのコンサートは最後にアンケートがあり、今後何を演奏して欲しいですかという問いがありました。

すらすらと答えるだけの教養のない猫町は匿名で「リストの超絶技巧練習曲第14番」と書いたのですが、帰宅後すぐにそれは「第10番」であったことに気づき(だいたい超絶技巧練習曲って12番までしかないやん、14番てそれが入ってるCDのトラック番号やないか)がーん…と思っていたら、「アンケートもありがとう」と言われてしまい、あー安易に字の記憶が結びつくようなメッセージカードを書くんじゃなかった…といろいろ間違っていたことに気づいたのでした。

やはり次回からは無難に手土産を持って行った方が良さそうです。

by mukei_font | 2019-08-17 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

増税直前!猫町、消しゴムを買い逃す。

前回の記事では「優秀な消費者」風を吹かせてしまいましたが、全然そんなことはないのです。
すでに敗北しています…

自身の体力を質に入れてでも物欲に溺れたい(嘘)猫町は増税前のこのタイミングでお気に入りの消しゴムの箱買いをもくろんでいました。

20個一気に買うのは無謀な気もしましたが、入試を受けに行く生徒に配ると決めている消しゴムでもあり、今後も必要なものだという確信がありました。

某ネットショップでいい感じの価格のものを見つけたのです。
1個あたりの値段に直すとなかなかお得です。
大阪に行った時にディスカウント系文具店に立ち寄るのと比較しても、地下鉄代等を考えれば通販の方が安いと思いました。

~♪

もう買った気になっていました。
が、こういうネットショップの価格って変動するんですよね。
最近比較的高価な電気製品を買う機会があり、価格ドットコムなどを頻繁にチェックしていて学びました。

そうなんです。
いよいよ満を持して注文すべくサイトをのぞくと、ガツン!と値段が高くなっていたのです。

なんじゃこりゃあ…
増税を意識して早めに高くしたのか?
こんな消しゴム誰も見ていないと思ったのか?

@@@@@!
わけのわからぬ言葉(おそらくよからぬ言葉)を叫びながら猫町関は風呂へと消えていきました…

by mukei_font | 2019-08-09 23:59 | 消しゴム | Comments(1)

ダイソー・4カラーフィルムふせんの落とし穴。

この流れで言わせてもらおう。

先日記事にしたダイソーの地味な色の付箋、にちゃにちゃが残って使いにくいんじゃ。
f0220714_23125521.jpg
先日は地味な色ゆえに目立たず失敗した、と書きましたが、色以前に付箋としての出来に大いに疑問を感じざるを得ないのです。

「にちゃにちゃ」というのは付箋を貼ってはがした後のにちゃにちゃではありません。

もしかしたらそこもにちゃにちゃなのかもしれませんが、もしそうだとしたら貼ったままはがさなければ我慢して使えるかもしれない分ましです。

問題はそうではなく、付箋の表側がにちゃにちゃなのです。

付箋の表面に前の付箋の粘着が強く残っており、付箋を使おうとするとその表面のにちゃにちゃにいろいろなものがくっついてしまいます。
ノートや本に貼るとページが開きません。

地味な色ではあるものの、付箋自体は丈夫で頼もしいです。
油性の極細マーカーで見出しを書くとインデックスにもなって便利です。

が、付箋の表面の粘着はやはり相当難儀です。
いつか大事なものに引っ付いたり、引っ付いた紙やページはがそうとして破れたり、ひどいことになりそうです。

100均の付箋に文句を言ってもしかたがありませんが、地味な色がいいよねーではすまないこともあると思うのです。

とにかくにちゃにちゃに注意せよ、と声を大にして言いたいですが、もしかして猫町が買ったものだけがハズレだったりして…
とりあえず、今はにちゃにちゃ部分にマスキングテープを貼ってしのいでいます。

by mukei_font | 2019-07-29 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(1)

〈シリーズ・今さらの学び〉付箋の色目。

ブログの借金と3年日記の借金で夜逃げ寸前の猫町ですが、文房具に関して言いたいことというのは相変わらずあれこれあります。

もともと視野が狭く偏った人間なので、他の人には新しくも何ともないことに感動したり、今さらかよということに落胆したりすることがよくあるからかもしれません。

ということで、眠気で意識が遠のきそうな猫町が今ここで言っておきたいのは、

付箋は派手な色を使え。

ということです。

こちらはダイソーで購入したフィルム素材の付箋なのですが、色が好みで衝動買いしたものの、実際に使ってみるとあまりにも色が地味すぎてまったく目立たないのです。
f0220714_23125521.jpg
少し考えたら分かりそうなことも分からなくなってしまう。
それが文房具屋の店頭であり、100円ショップの店頭なんですよね(続きあり)。

by mukei_font | 2019-07-23 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)

猫町、チープなスリルに身をまかせる~Three Starシャープ・2~

あまりの忙しさに我を忘れ、青くて安い素敵な0.7mmシャープ「Three Starシャープペンシル」を衝動買いした猫町。

前回はチープ篇として「チープでキッチュな佇まい」について見てきました。

もちろんそういったことも織り込み済みで購入しているのですから、別にいちゃもんをつけているわけではないのです。
いいじゃないですか。
チープでキッチュなシャープペン。

しかしここからはそうも言ってはいられなくなってきます。

というわけで、今回はスリル篇。
まずはノックのスリル。

自分は普段シャープペンを使う時、2ノックくらいで書くのですが、この「Three Starシャープペンシル」は1ノック目はまあいいとして2ノック目で急に芯がずん!と出てくるのです。

下の写真でお分かりいただけるでしょうか…
f0220714_09520435.jpg
f0220714_09521477.jpg
比較のためにぺんてるのP205の写真も載せておきます。
上から1ノック、2ノックした時の写真です。
f0220714_09522587.jpg
f0220714_09523541.jpg
「Three Starシャープペンシル」を堪能すべく、実際に勉強に使ってみたのですが、一番困ったのがこの2ノック目で芯が急に出るという現象でした。

2ノック目というか、書いている途中の補充の1ノックでもずん!と出てくるので、おいおいこんな長い芯で書いたことないYO!と焦ってしまうのです。

なので、ノックしながらちょんちょんつついて芯の長さを調整する必要があり、しかもまだ不慣れなので一発で決まらず、これは相当面倒くさかったです。

次の落とし穴は「Three Starシャープペンシル」どうこうではなく、こうした細軸の軽いシャープペンシル一般に言えることかもしれないのですが、重心というものがまったくないがゆえに握りしめる必要性が生じ、その結果むちゃくちゃ手が疲れるということです。

以前、PILOTだったかの展示会で重心の位置がいろいろになっているシャープペンのどれが疲れるか、疲れないか、みたいな実験があったと記憶しているのですが、ああしたちょっとした実験の場ではピンとこなくても、まとまった時間使ってみると、こうしたただただ軽いだけのシャープペンはとても疲れるということがよく分かりました。

グリップ部分にラバーがあるだけでまた違うと思うのですが、君はステッドラーのホルダー芯の4本入りのケースかい?というくらい軽いプラスチックの筒みたいな軸なので、手の疲れもしゃれにならないものがありました。

ということで、「Three Starシャープペンシル」はどういった人におすすめかということをまとめるとずばり、

チープなスリルに身をまかせたい人

ということになると思います。

あるいは、

ペンだこを育てたい人

鉛筆の持ち方が悪い猫町は2つペンだこがあるのですが、30分ほどこのシャープペンを使っただけで、その2つのペンだこが成長したような気がしましたからね。

でも楽しい買い物だったし、見た目はかわいいからレギュラーチームに入れて使うつもりです。
f0220714_09524424.jpg

by mukei_font | 2019-06-15 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)

猫町、チープなスリルに身をまかせる~Three Starシャープ・1~

先日「どさくさの物欲」として、ネットショップでよさそうなチープなシャープペンを見つけ、買ってしまったという話を書きました。

これです。
DELFONICS WEB SHOPで見つけたデッドストックアイテム「Three Starシャープペンシル」。
f0220714_09435590.jpg
f0220714_09450256.jpg
0.7mmで青くて安くて三拍子そろって買わいでか(買わないでおられようか)。
と鼻息荒く買い求めたのですが、デッドストックという言葉と値段で覚悟していたもののさまざまな落とし穴が待ち構えていました。

というわけで、今回はチープ篇。
どうチープかをまず見ていきたいと思います。

わー安っぽくてかわいいーと早速試筆してみてまず気づいたのはその芯の薄さでした。
とにかく硬い。

これはいったい…
粗悪なHBなのかスタンダードなHなのかそれとも粗悪なHなのかスタンダードな2Hなのか…

普段はあまり好きじゃない芯が入っていてもデフォルトの芯に敬意を表してそのまま使い続けるのですが、数分で無理と判断、ぺんてるのシュタイン芯Bに替えました。

まあしかたないですよね。
そういうこともありますよ。

その芯を入れ替える過程で発見したのがノック部分のバリ。
うん?
なんだかテキトーだな…
f0220714_09460969.jpg
さらにテキトーだったのが芯の長さがバラバラなこと。
折れたわけでもなさそうだし、あたかもさっきまで誰かが使っていたような微妙な減り方(もちろん自分が試筆した分はあるでしょうが3本ともバラバラの長さ(笑))。

真上から見たところもなんだかチープ感が漂っているし、これがDELFONICS WEB SHOPに書いてあった「チープでキッチュな佇まい」というやつなのかも…
f0220714_09465903.jpg
でも「キッチュ」と聞くとどうしても松尾貴史の顔が思い浮かぶ自分は学生時代土曜日の「部長刑事」を楽しみにしていた世代です(続く)。

by mukei_font | 2019-06-14 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)