人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(119)
(77)
(41)
(33)
(14)
(13)
(9)
(9)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
私も、替芯がらみでこちら..
by あむ at 16:47
お久しぶりです、あむです..
by あむ at 16:19
オオギリンピックふせん、..
by 日本海沿いのSです at 14:25
いいですね。ちょっとした..
by MIYAZAWA at 00:30
すみません、何故か3回も..
by さやえんどう at 00:07
こんばんは。 受験時代..
by さやえんどう at 00:04
猫町さんが無地の紙から作..
by alchemie0629_a20 at 16:35
イオンでコクヨのエラベル..
by alchemie0629_a20 at 19:49
初コメ失礼します。 猫..
by パペ at 02:40
安っぽいボールペンは備品..
by まこ at 07:46
猫町さんご無沙汰です。 ..
by cheery_box at 09:02
 猫町さん、こんにちは。..
by pitasumin at 18:47
「みてない」に思わず声に..
by まお at 23:31
本来なら値引きされた金額..
by alchemie0629_a20 at 11:25
お久しぶりです。 まだ..
by 松 at 13:38
 猫町さん、こんばんは。..
by piyas at 22:00
どうも、通りすがりのボー..
by S6061_K at 20:52
よく考えたらシグノRTの..
by パソ活 at 14:06
参考にしてくださりありが..
by パソ活 at 20:24
デルガードで頻繁にノック..
by ななし at 15:12
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:落とし穴 ( 77 ) タグの人気記事

ワゴンセールの落とし穴、その時猫町は…

らんららん。

ワゴンセールで入手した激安替芯でナイスなジュースを作り、ルンルン気分で買ってきたものを並べて満足していた時のことです。

レシートをふと見るとギョギョ!
替芯が安くなっていない…だと…?

何度見てみても値札(30円)とは違う価格でレジ打ちされています。
なぜ?
バーコードを通せば激安価格になるような設定になっているのではないの?

でも…
まあいいか…

他の文房具を相当安くゲットしたわけだし、数十円のことで騒ぐのもなあ。
文房具の神様に怒られるかもしれないし、うん、このままなかったことにしておこう。

…と数日過ごしたのですが、やっぱあかんやろ…という気持ちが日に日に高まり、ついにイオンに言いに行きました。

やっぱあかんやろ、と思った理由は2つあり、1つは自分が文具店員をしていたことがあるだけに、そういうミスは気づいた人に指摘してもらったほうがありがたい、ということもあるのではないかと思ったからでした。

もう1つの理由は、こういったワゴンセールで替芯を手に取るような替芯好きの人をがっかりさせるようなことがなんだか残念に感じられたからでした。

手に取る文房具で差別するなと言われそうだし、個人的な印象で申し訳ないのですが、替芯好きの人というのは数十円の替芯だけを買ってケチに生きているわけではなく(もちろんそういう人もいるでしょうが)、そういう細かいことを気にする情熱を他の文房具にも注ぎ、あれこれ購入するいい人(=いい客)かもしれないじゃないか、と思うわけです。

さて、猫町の勇気凛々の行為に対してイオンの人は非常に気持ちよく対応してくださり、(ケッ、もともと安くなっているのになんだよ)とか(ワゴンセールに群がる@@どもめ)などと思われるのではないかと懊悩した時間が嘘のようでした。

もちろんそのさわやかさに応えるべく(というわけでもないですが)、さらにワゴンセールで買い物をするなどしたのは言うまでもありません。

接客業が長かっただけに感じの悪いクレーマーになってはいけない、と常々思いながら生きているのですが、今回は許されるかなあと自分を慰めています。

それにしてもあの替芯の山から替芯を買った人は何人くらいいたのでしょうか。

猫町の指摘により初めて気づいたミスのようでしたが、レシートを見直さない替芯好きのソウルメイトたちがあちこちでウキウキしながら芯を入れ替えているところを想像するとそれはそれで平和な気もするのです。

by mukei_font | 2020-05-31 23:59 | 文房具与太話 | Comments(1)

三菱・uni-ball one(ユニボールワン)使用感・その3。

「その3」といっても「その1」の続きなんですが、いつもかすれるuni-ball one(ユニボールワン)についての報告です。

急に記事にするのを思いついたのと、書いたものが買い物メモなのでとても字が汚くて申し訳ないのですが、uni-ball oneのリアルな一面ということでお許しください。

こちらです。
三菱・uni-ball one(ユニボールワン)使用感・その3。_f0220714_10055115.jpg
これまでさんざん「紙片が嫌い」と言っておきながら買い物メモはついチラシを切ったものを使ってしまう猫町。
ザ・貧乏性。

しかもこういうチラシを切る作業も完璧にしないと気が済まないほうで、写真ではゆがんで見えますがいつでも木工用ボンドで天のりのメモ帳が作れるくらい完璧に切ってしまいます。

さてこうしたメモ用紙をクリップで留めて使っているのですが、書くときは十数枚の紙の上で書くことになり、適度なやわらかさもあります。
そうした環境で書いてみてこれです。
三菱・uni-ball one(ユニボールワン)使用感・その3。_f0220714_10055468.jpg
先頭のチェックボックスが少しかすれ、「イオン」の「イ」の字がかすれています。
「しめじ」の下の点線も先頭がほとんどかすれています。

なお、これは別の紙にぐるぐるを書いてウォーミングアップした後の状態で書いています。
いきなりだともっと書けません。

最後は「鉛筆削り」の「り」の字の中抜けです。
だいたいこんな状態で、これが自分にとってのuni-ball oneという感じです。
三菱・uni-ball one(ユニボールワン)使用感・その3。_f0220714_10055869.jpg
これまでのuni-ball oneの記事のコメント欄でS6061_Kさんが詳しく教えてくださっていますが、やはりインクに用いられている新しい顔料インクが紙質や速書きと相性が悪いのだと思います。

ちなみにまったく同じチラシ裏のメモにシグノRT1等の替芯であるUMR-83で書いたものがこちらなのですが、ペン先のウォーミングアップなしで書いてもかすれなしで書けます。

なんとなく字まで違うように見えますが、普通にインクの出るペンといつもかすれがちのペンとでは力の入れ方も変わってくるのかもしれません。
三菱・uni-ball one(ユニボールワン)使用感・その3。_f0220714_10060011.jpg
かくなる上は、下記の記事のコメント欄でS6061_Kさんがおっしゃっているように、uni-ball oneと相性のいい紙を探す旅に楽しさを見出すことではないかと思います。

早速やってみたところ、S6061_Kさんおすすめの感熱紙への筆記は、十分にウォーミングアップした後に書いてもほぼ中抜けの文字になってしまい、かなり書き続けないといい感じの文字にはなりませんでした。

もっとも感熱紙への筆記はUMR-83でも同様に中抜けし、ZEBRAブレンではきれいに書けました(ただしウォーミングアップ後)。

今はゲルインクボールペンの話なのでエマルジョンインクボールペンのブレンを混ぜて論じたくはありませんが、ブレンの書き出しかすれ具合もまた相当なものがあります。

それぞれインクのなめらかさや濃さなどを追求する中で犠牲になる部分があるのは当然のこととして受けとめつつ、使い始めにウォーミングアップなどしながら相性の良い紙を探したり、かすれながらでも気にならない使い方を探すという方向で行けるところまで行ってみるつもりです。

追記:
記事をアップしてから気づきましたが、uni-ball oneのインクはブルーブラック、UMR-83のインクは黒です。
色をそろえて比較すべきでしたが、uni-ball oneの黒もブルーブラックと同じような状態です。

タグ:
by mukei_font | 2020-05-23 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

今年のダイアリーの反省と来年の方針。

現時点ですでにダイアリーについて反省点がいろいろあるので書いておきます。

昨年の増税前にかなり盛り上がって購入した高橋書店の「ティエラ4・日曜始まり」、全然使いこなせてねえ…

今年はサブダイアリーはこれだけにして、ティエラ4を仕事用(ON)にEDiTをプライベート用(OFF)にと使い分ける予定です。
なんて書いていますが、EDiTはともかく仕事用のメモはすべてカレンダーに記入して十分回ってしまっているという…

転記とかしている時間がないというか…
そもそも出歩かないのに壁のカレンダー見てりゃいいという話だったというか…

カレンダーについては昨年の似たような時期に心に誓っただけあって、ちゃんといいのを買いました。

字が大きくて遠くから見え、一日のマス目の中に罫線があって予定が何段か書けるようなやつ。
いわゆる普通の紙でできたぺらぺらのカレンダーで、鉛筆でそのまま記入ができる気さくなやつ。
100均のとにかく最高すぎるやつ。

この人だけで十分でしたわい…

もちろん「ティエラ4・日曜始まり」も使っていないわけではないのです。

そもそも購入の目的は「仕事の予定にプラスした情報を書き添えること」でしたが、確かにそういう風に使ってはいるものの、まだまだその素晴らしさの数分の一しか使いこなせてはいないのです。

せっかく自分の好みのレイアウトなのに、どの筆記具で書いても気持ちのいい素晴らしい紙質なのに、どう考えてもその可能性を持て余しているのがつらいのです。

やはりこういう素晴らしいダイアリーを使うならこれをメインにすべきでした。
サブダイアリーに高橋書店の「ティエラ4・日曜始まり」なんて贅沢すぎました。

結論。

来年はEDiTと100均のマンスリーだけにします。

タグ:
by mukei_font | 2020-05-22 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)

雑な感想3連発。

比較的最近記事にした文房具のその後を雑に報告します。

三菱・uni-ball one(ユニボールワン)

未だにかすれ続けている(黒もブルーブラックも)。
書き出しはあきらめて他の紙でウォーミングアップし、かすれなくなってから書き出すもキュッと線を引くと中抜けする。

いきなり横線×
いきなりぐるぐる×

横線に比べると縦線がまだましで、ゆっくり田んぼの「田」など書くと機嫌が直る。
はっきり言ってむちゃくちゃ扱いが難しい。

昔ハナヲ(猫)がピリピリしてまったく言うことを聞かなくなってしまった時期があり、毎日どうしたらハナヲが暴れないか真剣に考えた時のことを思い出す。
ハナヲだと思ってつき合うしかない。

ZEBRA・ブレン

最初は軸の汚れが気になったが、使い始めると結局エマルジョンインクの「ダマ」に悩まされている。
出始めのスラリの時はインクの薄さが気になったが、そちらは良くなっているようだ。

でもダマは困るなあ。
線を引いたりすることが多いから駄目なのかな。

今やかっこいいボールペンにはほとんどエマルジョンインクの芯が入っているんだし、ZEBRAは自信満々なのだろう。
まあ書けないよりはいいけど…

ステッドラー・蓋付きシャープナー(2穴)

削れすぎ!
ほんのちょっと回転させたつもりがピンピンになってしまってギョッとする。

刃が良すぎるのか、あまり削れなくなってきたユニパレットと同じように力を込めすぎているのか…(たぶんこれ)

慣れが必要。

タグ:
by mukei_font | 2020-05-21 23:59 | 文房具与太話 | Comments(1)

最近の買い物~ステッドラー・テキストサーファードライ~

先日「はたらくぶんぼうぐ」の記事でご紹介したクツワの鉛筆の蛍光マーカーですが、やはり蛍光鉛筆の緑色が欲しい、ということで今度はステッドラーのテキストサーファードライのネオングリーンを購入してみました。

クツワの蛍光マーカーは本当に良いものですが、芯が折れやすすぎるのも…と思ったためです。
最近の買い物~ステッドラー・テキストサーファードライ~_f0220714_06122167.jpg
届いたものを早速試すと、なるほどクツワの蛍光マーカーは本当に素晴らしいものであったようです。

というのも、テキストサーファードライのネオングリーンの発色がほぼ普通の色鉛筆と変わらなかったからです。

まあ確かにすでに持っているネオンピンクもそんな感じなのですが、グリーンはクツワのものを愛用していただけに違いが際立ってしまいました。

クツワの蛍光マーカーは発色と引き換えに芯がもろくならざるを得なかったのですね。

さて、いきなりつるりと落とし穴にはまってしまった猫町ですが、普通の色鉛筆だってアンダーラインを引く上で素晴らしい働きをすることはよく分かっています。

せっかくなので思い切り使うことにして、この機会にテキストサーファードライを削ることのできる鉛筆削りが欲しくなりました。

出たー
物欲の連鎖です。

これまではちまちまとカッターで削っていましたが、削る手間につい手が遠ざかり、ネオンイエローもネオンピンクも言うほど短くなってはいません。
やはり買ったからには短くなるまで使ってあげないとね。

ということでルンルンで鉛筆削りの検索を始め、太軸の鉛筆を削ることのできるステッドラーの鉛筆削りを購入することにしました(続く)。

それにしてもライフスタイルが変わると使う文房具も変わるというか、初めてテキストサーファードライを買った時はこんなに色鉛筆の類いを使うようになるとは思わなかったなあ。
いいこと、いいこと。


タグ:
by mukei_font | 2020-05-12 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(2)

文房具の汚れとか傷とか。

まだあれこれ考えている猫町です。

しつこい、なんて思っては駄目ですよ。
ここは文房具についてぼやくための場所なんですから。

ということで、文房具の汚れや傷についてつらつらと考えていました。

今回のブレンの汚れについてはもう慣れました。
おそらくきれいな写真を撮りたい気持ちが強かったのと、初手から激しく汚してしまったことによる動揺が大きかったのだと思います。

さてこうした「動揺」は、やはり文房具の価格に比例して大きくなるものではないかと思います。

ブレンのように安価なものでもショックなのだから、例えばそれが高級筆記具や高級ノートだったら…
まさにリセットボタンを押したいような気持ちになるのではないでしょうか。

とここまで書いて、過去のやらかしのことを思い出しました。

猫町にしては高級なペンであるぺんてるのエナージェルフィログラフィに傷をつけてしまったことがありました。

あの時のショックに比べたらブレンの汚れなんてシャボン玉です。

美しいダークブルーの表面を引っ掻き、地の色である金色がちらりとのぞいてしまったショック…
なぜ金属クリップのペンと並べてペンケースに入れたのかと悔いても時既に遅し…

こうした経験は皆さんにもあるのではないでしょうか。

ちなみに猫町はこのショックをどう切り抜けたのか書いていませんでしたね。

そりゃないぜ~ねこまっつぁんよ~と言われるのが嫌で今まで黙っていましたが、大胆不敵にも三菱のPIN(油性)でおりゃ!とひと塗りして視界から金色を消し去りました。

じっと見れば色も違うしトホホですが、金色に光る傷が嫌だったので自分的にはまあ解決です。

そりゃないぜ~(耳をふさぐ)

タグ:
by mukei_font | 2020-05-07 23:59 | 文房具与太話 | Comments(2)

続・白軸の筆記具は汚れるか。

前回の記事を読まれた方の中には、あれ?猫町さん三菱のuni-ball one(ユニボールワン)も確か白軸ですよね、と思われた方もおられることと思います。

はい。
あれも汚れます。
あっという間にどんより汚れてしまいました。

ただ、汚れ方のスピードにまだ少し段階的なものがあったように思うのです。
白軸を買った時点で覚悟していた程度の汚れ方というか…

ブレンはuni-ball oneに比べてラバーの色がより白く、ラバーグリップの面積も広いです。
またラバーの質も違うというか、ブレンのラバーの方がやわらかく、もっちりしている気がします。
そのため汚れるスピードもブレンの方が速く感じたのかもしれません。

もっとも、軸の汚れ方は周りの文房具環境にもよります。
猫町の場合はシャープペンや鉛筆などが机の上に転がっているし、またノートの字もシャープペンで書いていたことから悲劇が始まりました。

もしボールペンだらけの生活をしている人なら、汚れはほこり程度でおさまった可能性もあります(ボールペンのインクがちょん、と白グリップに付く絶望的な悲劇も知っていますが)。

でも…
シャープペン等の芯の汚れがここまでラバーに付きやすいのならuni-ball oneなんて学生さんに使ってほしそうにしてたのになんか矛盾…

とも思いますがどうなんでしょう。
買った人のその後が知りたいところです。

Twitterのuni-ball oneのレビューなどを見てみると「インクが濃くて素敵」「買ってよかった」みたいなのが多く、確かにインクが濃くて素敵で買ってよかったんだろうとは思うものの、ずっと使っているうちに感じるネガティブなこと、例えば軸の汚れなどについてのリアルなコメントも気になります。

おそらくメーカーはユーザーの声を拾おうと一生懸命SNSをチェックしているわけでしょう。

メーカーがうれしくなってリツイートしたくなるようなポジティブなコメントだけじゃなく、リアルなコメントももっといっぱい見てみたいけどなあ。
メーカーの人も現実を知るべき。

だって、もしブレンやuni-ball oneの盛り上がりを「今、白軸がキてる☆」みたいに文具業界が誤解して白軸が増えてきたら困るじゃないですか。

汚れるっちゅうねん普通に。
シャープペンとかと同時に使ってたら普通以上に。

それとも汚れたらまた買い直してね、みたいなことなんでしょうか。
それはそれで持続可能性に逆行するよろしくない考え方だと思うぞ。

もっともブレンに関しては黒軸やグレー軸があるし、限定軸なども発売されたので一度白軸で痛い目を見た方は絶対にそちらの軸に乗り換えたはず。
パステルカラーのラバーも危ういけれど、真っ白よりはましなような…

猫町の場合は青インクが使ってみたかったのでいきなり白軸に行かざるをえなかったのですが、ここまで汚れやすいとリアルに想像できていたらどうだろう…

グレー軸を買って青芯を入れればよかったようにも思います。
でも使わない芯が余るのは嫌だしなあ…

まあ、ここからは軸の汚れを気にせず使いますよ。
使ったらまたちゃんと「ブレンの」記事を書くことにします。

白軸のボールペンについて以前こんな記事を書いたことがあるのですが、今も同じ問いに対して同じ答えをするでしょう。


タグ:
by mukei_font | 2020-05-05 23:59 | 文房具与太話 | Comments(3)

ZEBRA・ブレン(半日後)。

今から書くことはよくないことです。

なのでZEBRAのブレンをご神体とあがめている方はこの記事を読むのをやめたほうがよいと思います。

しかしブレンを使ったことのある方は、しかも猫町が買ったものと同じものを使ったことがある方はもう猫町が何を言いたいか分かりましたよね。
ZOOMでも使ってなぐさめ合いましょう(絶対せんけど)…

ということで、買ってきてからの流れをざっくりとまとめてみました。

レシートの時間を見ると購入したのは14:16

ルンルンで家に帰り、少し試筆。キャッキャッ。

その日はそれ以降手にせず就寝

寝起きで手に取り試筆。ニヤニヤ。いいものを買ったぞ。ニヤニヤ。

朝食および洗顔

よし、ちゃんと使ってみよう。どれどれ。

ぬお!
もう汚れているだと!?

白軸だからな…気をつけないと…
消しゴムできれいにできるかな…

まず消しゴムのコンディションを整えて、それからゴシゴシ…
うむうむ、きれいになった、きれいになっ…

なってねえ!

文字を書いたノートの上でごそごそしていた自分も大馬鹿者ですが、ブレンのグリップに猫町フォントがきれいに転写されているのを見た時は目玉が飛び出しそうになりました。

転写!
転写とかしている場合じゃねえ!
ちょっとおもしろいけど今じゃねえ!

きれいな紙の上でやるぞ…
もっかい消しゴムのコンディションを整えて…

ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ…
マスキングテープで消しカスを取り除くぞペタペタペタペタ…

うーん……………
きれいになった…のか?
なんだかもうだいぶくたびれたみたいにどんよりしてしまった。

泣きたい。
もっかいやり直したい。

しかたがない。
きれいなうちに写真を撮っておこう。

これはもうこれからむちゃくちゃに汚れていく一方だろうから、とりあえず写真だけ撮ってあとはもうむちゃくちゃに汚しながら使っていくしかない。

しかしその撮影の最中も油断するとすぐに汚れてしまうブレン。

あ、また汚れてる!
マスキングテープ、ペッタペッタペッタペッタ…

え、また?なんで?
ペッタペッタペッタペッタ…

なんて汚れに弱いんだ。
なんて汚れに染まりやすいんだ。

なぜかここで脳内に『木綿のハンカチーフ』が流れ出す猫町。
くっそ、田舎の絵の具に染まりやがって…(錯乱)

というすったもんだの末に撮影したのが前回の記事の写真でした。
次回以降はグリップにモザイクをかける予定です。

長くなりすぎたので記事を分けることにしました(続きはこちら)。

タグ:
by mukei_font | 2020-05-04 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

三菱・uni-ball one(ユニボールワン)使用感・その2。

久しぶりに三菱のuni-ball one(ユニボールワン)の記事です。

濃さが自慢のユニボールワンインクが入った芯(UMR-38S)とどうも相性が良くないという話は以前書きました。

あれからも使ってみていますが、どうしても書き出しがかすれてしまうので、今はメモ書きなどの軽い用途で使っています。

ということで、今回は軸の話。

uni-ball oneの良さはやはりクリップではないでしょうか。
見た目がおしゃれなだけでなく、挟む力もしっかりしていて魅力的なクリップです。
三菱・uni-ball one(ユニボールワン)使用感・その2。_f0220714_19472329.jpg
書店員や文具店員などエプロンをつけて働くタイプの接客業を長くしていた関係で、クリップがしっかりしたペンを見かけるといまだに(これはエプロンのポケットによさそうだ)と思ってしまいます。

接客業をしている時の一番のお気に入りは単色のジェットストリームの0.5の替芯SXR-5だったので、自分ならuni-ball oneの中をSXR-5に入れ替えてエプロンのポケットに挿しているだろうな。

もしかしたらuni-ball oneは青を買って中に黒のSXR-5を入れるかもしれない。
なくした時にあわあわしないようuni-ball oneの軸を複数本買い、SXR-5入りのスペアを何本か用意しておくような気もする。

ちなみに自分はブルーブラックのuni-ball oneの中身をシグノRT1の替芯であるUMR-83‎にして使っているのですが、同時にuni-ball oneの黒も使っており、ぱっと見これらの軸の区別がつかないのです。

白軸にほんの少し色が入っているだけの軸なので、色の部分のパーツが黒とブルーブラックとなると…

これら2本のペンの置く場所を決めてみたり、使う前にしげしげと色の部分のパーツを眺めたりしながら使っているのですが、もう少し見分けやすい色にすべきだったなあとほんの少し後悔しています。

タグ:
by mukei_font | 2020-04-19 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

すべての缶は文房具である。

お菓子やチョコレートが入っているきれいな缶や箱が大好きです。

バレンタインシーズンにはきれいな缶や箱を眺めに何度もバレンタインコーナーに足を運びます。

中身よりも圧倒的に缶や箱に興味があります。
何を入れよう、どうやって使おう…

なので人にプレゼントする時もつい缶としての魅力込みで選んでしまいます。
余計なお世話ですね。
案外淡白に缶や箱を処分するタイプかもしれないのに…

さて、そんな猫町のところにやってきた缶について今日は書きたいと思います。

もともと缶好きなところにプレゼントとしてやって来た缶をどうして無下にすることができようか、ということで中身を食べ終わらないうちからどう使うかで頭がいっぱい。

じゃーん。
ムーミンの缶。
すべての缶は文房具である。_f0220714_19143341.jpg
青い!ボコボコしてる!かわいい!
すべての缶は文房具である。_f0220714_19143030.jpg
サイズは外寸で12センチ×12センチ×7センチ。
すべての缶は文房具である。_f0220714_19143770.jpg
~♪
何入れよう~♪

ところで缶の落とし穴って何だと思いますか。
私は2つあると思っています。

1つめは今回の缶には該当しませんが、フタが真っ直ぐでないものが多いこと。
ふんわりアーチ状になっているものなどが多く、ややスタッキング泣かせなところがあります。

2つめは中に入れるものによってはうるさい音を立てるところ。
硬いものを入れると取り出す時にガンガラガンガラうるさい音を立てるはめになります。

缶の容積に魅せられてついテープのりや修正テープ、デコラッシュなどを入れたくなりますが、うるさくなることを考えればそれらは紙製の箱に入れるべきなのです。

ということで、この缶にはうるさい音をたてそうにないミニカードやファンシー付箋、マスキングテープなどを入れることにしました。
これくらいの音なら大丈夫。

というわけで、青いのにカラフルなかわいい缶はあっという間に文房具入れになりましたとさ。
めでたしめでたし。

by mukei_font | 2020-04-18 23:59 | その他文房具 | Comments(3)